« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

春の小湊鐡道(中前編)・・・菜の花の里見駅でSL風機関車と交換^.^/

P3241502

菜の花に祝福されるかのような、ポイントの広がり。

交換設備のある里見駅です。

P3241505

向かい側のホームに、なにやら駅員さん・・・

P3241508

やってきた上りトロッコ列車とのタブレット交換!

単線運転で衝突事故が無いように、そこから先に進むための通行票を受け取ります。

P3241510

そして発車・・・

P3241516

鉄道ミニュチアのようです。

P3241523

推進運転で、SL風機関車はカーブの先に消えていきました。

おとぎに国の列車みたいです・・・

P3241524

駅員さんの見送りを受け、こちらも出発^.^/(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

春の小湊鐡道(前後編)・・・春いっぱい 最後部の車窓から^.^/

P3241476

青空のもと、爽やかさな雰囲気の中のびる鉄路・・・

P3241479

何気なく警報機もない踏切通過・・・

P3241481

沿線に菜の花がたくさん。

小湊鐡道らしい雰囲気出てきました!

P3241482

途中駅でキハ交換^.^/

小っちゃいホームにピタリですね。

P3241483

再び、小湊ストレート!

爽やかさmax!!

P3241487

虎柄の踏切ガードも、菜の花に埋もれちゃいそうです^.^;;

P3241488

基幹駅の上総牛久駅を過ぎ・・・

P3241491

乗務員ドアからの風を受け・・・

P3241492

以前、万葉軒のとんかつ弁当で登場した上総川間駅。

田に水張られ雰囲気アップ!

P3241497

そして車窓には・・・

P3241498_2

TVドラマ・CMにたびたび登場する上総鶴舞駅。

桜の頃は大賑わいです!

P3241500

そして登場した青・緑・黄色が織りなす世界・・・春に小湊鐡道訪れ会いたくなる風景が今年も登場してくれました^.^/(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

春の小湊鐡道(前中編)・・・放牧されているキハ^.^/

P3241452

懐かしいような貨車の後ろにキハ・・・

P3241456

その先を観ると・・・おおっ!

東京から近いところに、このようなキハの放牧地があるなんて^.^/

P3241467

その中の2両がやってきました!

P3241468

列車側面についているサボがいいですね~・・・

P3241472_2

最後部に乗車・・・

P3241470

その先を観ると・・・内房線を走るE217系が走ってきます!

P3241475

程なくこちらも発車・・・

P3241474

ローカル感たっぷりの車窓が広がり始めました^.^/(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

春の小湊鐡道(前編)・・・都心から50分でローカル感の入口へ^.^/

325/26日記事の菜の花畑への旅行記風記事を・・・

P3241437

山手線や東北新幹線の上を東西に横断する総武本線・秋葉原駅、ここに新宿駅発の特急がやってきました。

P3241439

特急あずさに使われているE257系の弟分です。

菜の花と海のイメージカラーが房総らしい!

P3241440

現在の The 東京風景、隅田川越しのスカイツリーはホント絵になります。

P3241444

一方車内は、背もたれの高さあってわかりにくいですが、ほぼ満席。

P3241443

うまる前に枚撮りましたが、このようなシート・・・心地よいすわり心地です^.^/

P3241446

達郎やユーミンを聴いてのんびり車窓見ていたら、秋葉原駅から約50分で京葉工業地帯の中心・市原市の中心駅・五井に到着しました!

P3241448

目の前に菜の花と気動車・・・

P3241449

小湊鐡道です!

2両編成も^.^/

P3241450

JRからの乗り換え通路もなかなか賑やか・・・

P3241462

ホームへ降りると単行気動車・・・ローカル感がとっても新鮮です!(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月26日 (木)

日本に帰ってきて・・・ときわ食堂 和食に感謝!

Img_2128

中ジョッキ!

グラスビアにはない魅力・・・飲みなれたのど越しは、クゥーッ^.^/

Img_3223

帰国後、東京都山の手の下町・巣鴨の定食屋さんで5日ぶりの和食!

Img_2130

刺身肴に、味噌汁、白米・・・浸みます~!

醤油に味噌をじかに感じるこのありがたさ・・・

Img_3220_2

揚げ物~^.^/

普段何気なく味わっている味覚をかみしめた夜です^.^/

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

高度1万メートルの朝陽・・・Back to 成田

Img_2040

深夜のメルボルンを出発し、太平洋上空で迎えた夜明・・・コメントくださる'あさひさん'のような眩しさ!・・・そして、爽やか~^.^/

Img_2051

よく見ると、ガラス窓外側に氷の粒。

高度1万メートル、外気は冷え切っています・・・

Img_2055

雲模様・・・

Img_2076

見飽きません・・・

Img_2081

オムレツの朝食で、お腹を目覚めさせます^.^/

Img_2084

やがて高度を落とし始め・・・

Img_2087

シルキーな雲に突入!

Img_2103

雲の下には、イメージ湧く海岸線登場しました。

Img_2109

歌にもなった九十九里浜~^.^/

Img_2111

そして、着陸・・・

Img_2114

成田空港へ戻ってきました。

なんか、あっという間の5日間^.^;;

Img_2123

到着便のボードの文字がその実感を与えてくれます。

そして、表示されているいろいろな地名に触れ「またどこか行きたーい」って気持ちにさせてくれる成田空港なのでした^.^/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月24日 (火)

Fabulous メルボルン㉛・・・サザンクロス駅で〆

P2244170

素敵な名前でしょ^.^/

P2244186

メルボルン市街地の西側に位置する鉄道駅です。

ひさしのウエーブがなかなかアート・・・ほんと公共建造物アートなメルボルンらしい!

そんなサザンクロス駅をワイナリーからの帰り、夜行便前に訪問し、旅を〆ました。

P2244173

構内も、アスレチック施設のよう・・・

P2244171

LED掲示板に列車案内多数・・・それに基づき写真右の自動改札から入るようです。

写真後ろに見える改札外のエスカレーターで上がると・・・

P2244175

途中、大陸を感じる形の機関車・・・

P2244181

上がり切った2階には、1階同様のLED行き先案内・・・

P2244180

橋上通路につながっています。

P2244178

ここもやはり自動改札。

P2244177

ホーム+自動改札で構成された駅・・・売店やお店はこの中には見当たりませんでした。

改札の無い駅多い海外ですが、ここは自動改札入ったら乗るだけ・・・駅そばある日本のホームとの違いを感じます。

P2244183

2階部の通路から街がよく見えます・・・

P2244185

下からみると、見下ろす写真を撮った下の階段もしっかりポップアート・・・

P2244184

アートとトラムが向かい合っていますね。

Img_1714

とにもかくにも、トラムが印象的なメルボルンの休日でした^.^/

このように記事にしていると、まるで昨日のことのようです。長らくのお付き合いをありがとうございました!

・・・って、また行きたい!って思っちゃっている今日この頃です。^.^;;(終)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

Fabulous メルボルン㉚・・・シャンドン・ワイナリー^.^/

P2243968

藤・ツツジと寄り道しました^.^;;

419日記事の続きで、もう1か所のワイナリーを・・・・

P2243958

ブドウ畑・・・

P2243961

牛の放牧を見ながら進むと・・・

P2243964

瀟洒な白い建物・・・

P2243965

目の前に視界の開けた建物間の道を進むと・・・

P2243996

ヤラバレーで最大のワイナリー・シャンドンです。

人が多く、全景はとれていないのですが、1枚目のようなバーカウンターを思わせるテイスティングルーム・・・

P2243978_2

白からテイストして、赤はピノノワール・・・芳醇~!

P2243979

輸出ワインに入っている保存料が含まれていない現地のワイン・・・1軒目のヤーリングでも感じたのですが、とにかくティスティングルームがお洒落^.^/

この辺りの演出、上手いですね~!

P2243988

各国語で案内あったのですが、久々に日本語を目にしました・・・こちらもとっても新鮮!

P2243990

整備されたワイナリーを見学し・・・

P2244005

表に出ると・・・

P2244001

オーストラリアの緑の大地、開放感~空気がおいしい・・・ワイン試飲の100倍くらい深呼吸しました^.^/(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

ツツジ いろいろが醸し出す美 根津神社

P4194525

新緑と色とりどりのツツジが相まってる、見惚れちゃう空間・・・

P4194545

東京メトロ千代田線・根津駅周辺はつつじ祭りの幟がいっぱい!

P4194544

不忍通りから小道へ入ると、由緒ある根津神社の鳥居が登場・・・

P4194510

根津神社、今までも記事にしていますけれど、つつじで有名^.^/

この重要文化財標識とツツジの組合せ・・・なんか好きなんですよね^.^;;

今年もパチリ!

P4194531

「観て!観て!」っと元気よく語りかけてくるツツジですが・・・

P4194511

庭園の斜面に様々な種が一緒している様が見事です!

P4194513

千本鳥居の入口にツツジ園あるのですが、早朝なのでクローズ・・・

P4194534

その間に水撒きしながらツツジのお手入れ・・・お疲れ様です!

P4194526

重文建造物とツツジたちの競演も・・・

P4194518

いろいろなツツジたちの集まりが醸し出す美しさを堪能した朝でした^.^/

P4194543

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

藤の宵 亀戸天神

P4204564

夕闇に気品ある色彩。

藤です。

P4204592

この日曜日からライトアップが始まった亀戸天神です。

P4204581

赤い太鼓橋の奥にスカイツリー。

亀戸天神らしい藤風景です・・・がご覧のとおり短く棚にちょっぴり・・・

P4204578

そうなんです、例年GW前位が見頃の亀戸天神の藤、今年は桜同様凄く早い開花のようで、もう藤の花ない棚も・・・

P4204561

それでも中央部に見頃の藤棚・・・

P4204568

ライトに照らされ藤色が引き立ちます^.^/

P4204554

スカイツリーも頭出し!

P4204558

夜桜見物ならぬ夜藤を楽しんだ昨金曜日です^.^/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月20日 (金)

おさかなソーセージ

Img_3496

ワイフが新潟の銘酒・久保田の純米吟醸をいただいたので・・・

Img_3498

ここは、いわゆる魚肉ソーセージ・・・好きなんですよね^.^/

Img_3499

外包みを外すと、御存知赤いボディコンなセロファンスーツまとった姿・・・

Img_3500

赤く小っちゃいリボンをひっぱるとピンクのお姿チラ・・・

Img_3501

そして、一皮むけた 血色いいソーセージ登場!

Img_3497

懐かしさいっぱいの味で、気持ちよく酔えた宵のひとコマでした^.^/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月19日 (木)

Fabulous メルボルン㉙・・・ヤーリング・ワイナリー^.^/

P2243946

シャルドネの白ワインがイイ感じ!

P2243898

高速でもないのに時速100キロで走らねばならない道を快走。

(ちなみに最高速度では無く100キロで走らなきゃいけないそうです^.^;;

P2243939

ヤラバレーというオーストラリアのワインで、いちばん歴史あるワイナリー:ヤーリングです。

P2243926

屋外美術館と見間違うような・・・

P2243937

アートでお洒落な空間!

P2243930

見学できる醸造所もお洒落・・・

P2243931

美味しいワインが出来そうです^.^/

P2243934

おおっ、これは・・・それもそのはずですね。

凄い実力あるワイナリーです。

P2243955

さあ、ティスティングルームへ・・・

P2243954

いや~、感じ良さそうな空間です!

P2243951

1枚目写真のシャルドネ、続いてピノノワール、そしてこのシラーズ赤・・・

P2243953

少し酸化させた方が旨みが出るとのことで高速回転・・・

P2243940

素敵な1軒目のワイナリーでした^.^/(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

Fabulous メルボルン㉘・・・ワイナリーのレストランでローストビーフ!

P2244031

沈み込むフカフカの芝生・・・

P2244034

ツアーの昼食で訪れたブドウ畑を覆う芝生でのことです。

歩いて、びっくり!

P2244038

オーストラリアワインの一大産地・ヤラバレー。

P2244041

その中のひとつ、ファーガソンワイナリーでランチしました。

P2244042

開店間もない山小屋風店内をパチリ。

広いのですが木の温もりが感じられ、アットホーム感満点・・・

P2244044

テーブルにはランチ用のセッティング。

P2244046

見上げると、なんとワインボトルのシャンデリア!

いかにもって感じで素敵でした。

P2244051

そうこうしていると、ドデカイお肉がメインテーブルにデーン・・・

P2244056

好きな枚数だけローストビーフをカットしてくれます^.^/

カッティングのこのライブ感がたまらない!

P2244058

私は3枚・・・ジュージーで味わい深いビーフをお腹いっぱい堪能できました^.^/

P2244063

食後はコーヒーとショコラ・・・中にはケーキ感あふれるものも・・・ブラックで

いただくとビターなコーヒーとベストマッチ・・・

P2244066

振り返ると満席!

皆お洒落して、イイ雰囲気^.^/

郊外で過ごすメルボルンの休日にちょっぴり浸ったお昼でした。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

チューリップの園・昭和記念公園2018春

P4082162

なかなか素敵な整列具合でしょう!

桜同様に春のお花の咲き具合が早いようなので、チューリップ記事を挟みます^.^/

P4082119

イチョウ時期に訪れた立川市の昭和記念公園・・・

P4082120

新緑が鮮やか!

その園内を進むと・・・

P4082130

カラフルな花園出現!

P4082144

一面のチューリップ畑です^.^/

P4082134

渓流広場で小川の両岸に広がります。

P4082140

小川にかかる橋との組み合わせも絵になってました^.^/

P4082148

その先で振り返ると、見惚れちゃうチューリップの園です!

P4082150

水が流れていなくても、チューリップの天の川登場^.^/

縁どり役のムスカリがとってもイイ感じでした!

P4082166

一番素敵だったのは、白とピンクのマーブル風チューリップでしょうか^.^/

少しソフトフォーカスで・・・お花畑の女優さん並び~!

P4082179

池みなもに映る皆さんのお散歩姿もナイスなアクセント・・・

P4082194

緑との調和が素晴らしかった昭和記念公園のチューリップ達でした^.^/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

Fabulous メルボルン㉗・・・パッフィンビリー鉄道(後編)メンジスクリーク駅で和みの時間^.^/

P2244153

おおっ、日本では見られない機関車の形!

P2244138

下車したメンジスクリーク駅で、最後部からパチリ^.^/

P2244136

多くの方がツアーで訪れためか、このように丸々1両からっぽになる車両もあります^.^;;

P2244144

そして機関車と初対面!

あれ~車輪の連棒が機関車の前のなにかにつながっている!・・・そうなんです日本では見かけない関節式(ガーラット)蒸気機関車です。

P2244149

後から調べたのですが、勾配のある海外の森林鉄道で用いられる型式。

前方の走り装置車は、水タンクが主な役割なようです。

P2244147

そして、腕木式信号・・・

P2244150

向かいから何かやってきました!

P2244151

森林火災の見守り・・・オーストラリアらしいですね。

P2244157

駅全景・・・保存鉄道らしいのどかさ、和んじゃいました^.^/

P2244160

通りへ出ると、列車が出発していきます。

遮断機ないのが、新鮮!

P2244162

列車の内外で手を振りあい、楽しいコミュニケーションタイム^.^/

P2244168

ナローな蒸気機関車旅をちょっぴり楽しみました!(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

Fabulous メルボルン㉖・・・パッフィンビリー鉄道(中編)ちょっぴり車窓

P2244091_2

雰囲気のあるベルグレイブ駅ホーム。

P2244103_2

定刻になり合図の笛・・・

P2244105_2

安全確認の緑手旗が揚がり、出発!

P2244107_2

次のメンジスクリーク駅まで30分弱の旅。

P2244108_2

駅構内には別の機関車も停機していました。

実は、まだこの客車をけん引している機関車を観てなく、このようなのかぁな・・・なんて想像。

最後部客車に乗車/あまり時間のなかったため、先頭まで見に行けなかったのです^.^;;

P2244115

車窓は・・・

P2244114

ジャングル!

P2244116

お目当ての場所にやってきたようです。

P2244117

トレッスル橋^.^/

客車が長く、橋に差し掛かった頃は、機関車は見えなくなっていました^.^;;

P2244118

木造りの橋が古くからある森林鉄道の雰囲気たっぷり^.^/

P2244122

ジャングルに中をゆっくりゆっくり・・・

P2244125

蒸気機関車はというと・・・白い煙の名残がときどき。

P2244126

最後部の車両は誰も足投げ出し座りしていなかったのですが(記念写真だけ^.^;;)、1名参加!

P2244129

道や芝生が見えてくると・・・

P2244135

メンジスクリーク駅に到着しました^.^/(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月14日 (土)

Fabulous メルボルン㉕・・・パッフィンビリー鉄道 ナローゲージな蒸気機関車(前編)

P2244117

トレッスル橋を走る長い客車。

よく見たら前方に煙が・・・

P2243882

あかね空の夜明け・・・

P2243883

土曜日朝でひと気の無い通り。

P2243885

おおっ、大陸を実感するトレーラー!

P2243888

この日は郊外でオーストラリアを体感すべく、現地でツアーを申し込みました。

まずは高速道路をスイスイ~。

日本と同じ左側通行なので、なんとなく安心です^.^;;

P2243891

やがて、北海道で出会うようなアップダウン道。

雰囲気出てきました^.^/

P2243892

市街からたった30分強でこの牧歌的な風景・・・

P2244083

この後行った場所は後ほど・・・まずは
1900年代初頭から走っている森林鉄道・パッフィンビリー鉄道です。

現在は保存鉄道として、観光鉄道の役割を担っています。

P2244084

平屋の駅舎が雰囲気満点・・・発車時刻の表示もいいですね。

P2244086

ホームへ行くと既に入線・・・客車が連なっていました。

P2244088

その客車、オープンタイプでトロッコ列車風・・・

P2244089

おとぎ列車雰囲気を盛り上げるような演出も・・・

Img_1921

この列車、こんな風に乗れるんです・・・記念にパチリ^.^/

さあ、発車です。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

Fabulous メルボルン㉔・・・素敵なフリンダースストリート駅周辺!

P2233874

トラム、高層ビル、青空・・・どこへ行ってもメルボルンとわかる風景が登場します。

P2233863

320日⑳の記事に登場したヤラ川の少し東側です。

P2233864

橋を渡ると・・・

P2233870

高層ビルを反り返ってみる彫刻・・・

P2233868

網網が印象的な建造物・・・

P2233865_2

アートセンターです。

舞台演劇の中心地らしく、いろいろアートですね。

P2233875

周囲を散歩して人通り多いところへ・・・

P2233877

トラムと教会が印象的なこの地で振り返ると・・・

P2223578

鉄道駅・フリンダースストリート駅です。

メルボルンの観光案内によく登場する景色を目の当たりにできました!

レトロな外観いいですね・・・ですが、駅構内に入っていくと直ぐに自動改札・・・人も多くて写真はあきらめました^.^;;

Img_1901

代わりにお洒落なカウンターキッチンで・・・

Img_1907


Beer・・・

Img_1897

ここはパスタで合わせて・・・大判フォカッチャまでついて・・・お腹パンパンになりました。

さあ、明日は郊外へ・・・(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

Fabulous メルボルン㉓・・・旧メルボルン監獄

P2233833

青空・緑・高層ビルのメルボルンらしい風景をすすむと・・・

P2233834

目の前に現れたのは、鉄格子の扉。

P2233838

歩道近くに案内看板が登場・・・

P2233841

旧メルボルン監獄です。

P2233848

入場料を払い中に入ると、薄暗い世界・・・

P2233851

当時のままの監獄がそこにはありました。

P2233845

このような獄中生活の再現もあり・・・リアルなところもあり、この1枚だけ。

P2233855

映画で観るような監獄でした。

P2233856

上部を観るとかまぼこ型ドームの採光がレトロ感あって監獄とは思えません。

P2233859

見学の後は、この扉から入って留置体験ができます。

1度に30人くらい、簡単な取り調べのデモ(英語圏の方が選ばれ)、留置、中庭での自由時間、整列など、ある意味貴重な体験が出来ました。

俳優ではないかと思うほどの刑務官役ガイドのリアルな演技も臨場感たっぷり!

P2233858

中庭の一部はイベントスペースとして、入場者以外にも開放されていました。

当時はこんな風景では無かったんでしょうね。。

P2233860

歴史を刻んだ外壁と鮮やかな緑の印象的な対比の中を市の中心部へ歩きました。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

Fabulous メルボルン㉒・・・王立展示館の周辺

P2233821

こうして眺めると、王立展示館の建物はほんと見事!

P2233815

続く敷地には・・・

P2233819

メルボルン博物館です。

P2233828

アートな外観・・・

P2233823

2018年にやってきた記念の数字!

P2233824

内部は涼しい!

そうそう記事にあまり書いていませんが、オーストラリアは夏真っ盛り^.^;;

P2233825

涼しい風の吹く方向を見上げると、おおっ人力飛行機!

飛んだ感、たっぷり^.^/

P2233827

この博物館かもう一つか見て決めようとやってきたのですが、もう一つの方へ行くことにしました。

量が多く、展示の幅があり過ぎて、少し時間が不足しそうだったからです。

出口からのメルボルン市街、イイ感でしょ^.^/

(chっと、ちんアナゴにも見えます^.^;;)

P2233829

王立博物館の横を通って・・・

P2233832

セブンイレブンで水を購入し(2300円くらいでしたが当たり前のようにクレジットカード^.^;;)、さあ目的の文化施設へ^.^/(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年4月10日 (火)

Fabulous メルボルン㉑・・・王立展示館とカールトン庭園

P2233786

旧財務省ビルから10分ほど散歩しながら、北へ向かいトラムの交差点を曲がると・・・

P2233789

緑豊かなカールトン庭園に到着します。

P2233790_2

東京でたとえると日比谷公園の感じでしょうか。

P2233793

ここでも、鳥たちのさえずり・・・

P2233798

庭園を進むとやがて現れるのが世界遺産の王立展示館です。

P2233799

1880年に建てられたルネッサン様式の建物・・・

P2233804

ガイドツアーが11回あるようなのですが、残念ながら詳細つかめなくて外観だけ・・・

P2233806

オーストラリアにとり、とてもメモリアルなところなのでした。

P2233805

それにしても、メルボルンの建造物雰囲気は印象深いものばかりですね^.^/

P2233810

振り返ると、噴水と緑がイイ感じに調和していました!

P2233800

緑をちゃんと守るようにスプリンクラー設置されてるカールトン庭園・・・

P2233801

緑の額縁に高層ビル街がはまっているようでした^.^/(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

Fabulous メルボルン⑳・・・博物館風な旧財務省ビル

P2233728

地上に出て、再びトラムで移動・・・

P2233732

車窓が楽しめるトラムはほんと素敵です^.^/

P2223195

着いたところは、35日記事④のカフェ付近。

P2233740

重厚感あふれる旧財務省ビルです。

なんと、フリーで入れるミュージアムにもなっているんですよ!

P2233753

クラシックな気品ある通路・・・

P2233745

メルボルンの始まりから歴史が紐解かれていました。

P2233748

映画でよく見るアメリカの開拓歴史にも似ている婦人衣装・・・

P2233754

室内もシャンデリアが印象的・・・

P2233761

この窓辺風景、とりわけ素敵でした~^.^/

P2233758

ミシン、暖炉、絨毯・・・

P2233765

かまども、お釜中心の日本とは違いますね!

P2233771

ちなみに地下へ降りていくと・・・

P2233769

風景が一変・・・一面の金庫です。

財務省らしい!

そして・・・

P2233772
P2233773

P2233774

P2233775
P2233776
P2233777

メボルン今昔姿を一面の写真で投影・・・今いるところが最後の写真の右下くらいででしょうか。

住んでいる人の記憶に残り愛されてこそ素敵な街が出来上がる・・・メルボルンの素晴らしさの源を垣間見た時間でもあります^.^/(続)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

Fabulous メルボルン⑲・・・日本の食品も活躍しています!

P2233710

図書館前、トラムの道を横切り進むと・・・

P2233711

ダウンタウンの中心、その名もメルボルンセントラルがあります。

P2233712

地下を走る鉄道駅にもなっています。

ご覧の改札口通り、トラムと同じ完全プリペイド方式。

日本のSUICAのようなカードにチャージしておかない乗車できません^.^;;

P2233715

そんな駅地下街には全豪で700店舗以上を有するスーパーのcoles(コールス)がありました。

P2233716

ス-パーと言っても野菜はこんな感じ・・・

P2233719

秤が八百屋さん雰囲気で、イイ感じ^.^/

棚をのぞいてみると・・・

P2233717

出前一丁!

最近食べていません。

ここではカップめんですが、袋入りインスタントラーメンのイメージがあります。

P2233718

S&Bのワサビと、キューピーのマヨネーズ!

輸入に加え物価の高いオーストラリアだからかもしれませんが、日本の2-3倍価格でした^.^;;

でも、海外で人気あるのは嬉しいです^.^/

P2233713

地下のセントラル駅前広場はフードコートになっていて、いろいろ味わえちゃいます。

お昼近かったので・・・

P2233720

ホットサンドとカフェのセット・・・そうそう、珍しくセットメニューがありました^.^/

AU$8ですから、7百円ちょっとでしょうか。

高価格慣れしていたものですから、これでmじょ安く感じちゃいました^.^;;

P2233722

写真では全景見えていませんが、なかなかビッグ・・・そのため食べやすく半分にして包んでくれました。

気が利く・・・嬉しい!

P2233725

改札口と一体になった、施設の垣根を越えた世界・広義のバリアフリーな地下広場がそこにありました。

ほんと居心地いいなぁ~(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 7日 (土)

Fabulous メルボルン⑱・・・ア~ト!メルボルン図書館!!

P2233665

おおっ、この空間は・・・

P2233654

トラム停留所の右側緑にチラと見えるのは・・・

P2233656

博物館?市庁舎?

雰囲気ある外観・・・

P2233659

メルボルン図書館です!

P2233661

整然と並んで、清潔感溢れる閲覧室・・・ですが・・・

P2233669

なんといっても、この図書館の凄いところは上階のバルコニーから・・・

P2233673

見おろすこの風景・・・

P2233667

幾何学的な美しさにあふれる景観です!

この最下部は、なんと閲覧室・・・写真で知り一度行きたかった場所・・・目の当たりにしてほんと驚き・感激しました^.^/

P2233674

加えてバルコニーの内側はf歴史資料館の様相です。

昔のメルボルンの姿・・・

P2233682

当時のトラムまで!

P2233693

日本の美術書もありました。

P2233694

日本では写真撮れなかったシャガールまで!

P2233700

少しずつ下りながら閲覧室へ・・・最初に出てきた閲覧室とはまた別の閲覧室です。

P2233703

見上げると、先ほどいたバルコニー。

「おおっジュリエット!」・・・なんて声がこぼれそうです^.^;;

P2233705

壁にもビッシリ蔵書たち!

P2233707

圧倒されて館外へでてくると、そこには大きなチェス!

なにからなにまで、アート尽くしなメルボルン図書館でした^.^/(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

Fabulous メルボルン(前半振り返り)

菜の花・桜記事が一段落。

324日の記事続きの再開に合わせチラと振り返ります^.^/

Img_1642

成田空港を出発し、約11時間後に到着したのが・・・

Img_1714

トラムと緑多い街並みが素敵なオーストラリア・メルボルン。

Img_1740

街角でトラム見ながらブレックファースト。

Img_1735

歴史あるセント・パトリック大聖堂の荘厳さに驚き・・・

Img_1710

トラムで25分の海辺のリゾートへ。

Img_1691

空の青さと一体化したような穏やかな海のセントキルダ。

Img_1688

白い炎・アートなメレンゲタルトでお茶・・・

Img_1681

新旧トラムの並びをみて・・・

Img_1769

市内ヤラ川畔へ戻ってきた後・・・

Img_1650

レトロなトラムカーレストランで少し早目のディナーを楽しみました。

Img_1663

上手く改造された車内でふるまわれるのは品数少な目本格的なれどコース料理。

Img_1869

翌日レトロ&アートなアーケード街でメルボルン自慢のカフェ・モーニング・・・そして・・・(続)

Img_1880

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

名残の桜・・・立川・後編(多摩モノレール・根川緑道編)

P3312028

桜の額縁に多摩モノレール登場!

春が包み込んでますね。

P3312011

残堀川と新奥多摩街道の交わるところの直ぐ先に、わかりやすい通りに看板が現れました。

モノレール通りの上をモノレールが通るなんて・・・

P3312015

花びら散る遊歩道は・・・

P3312017

立川市の桜名所・根川緑道の西端です。

P3312019

残堀川とは違った、親水公園風雰囲気・・・

P3312023

散歩道もイイ感じです。

土曜日なのに、満開名残風桜の道のユッタリ。

P3312025

平行に川沿いの桜並木・・・

P3312022

ところどころ花筏があらわれ、のごりの桜を実感しました。

P3312029

そして、春ただなかの天空の駅・・・

P3312012

重なるとなおも絢爛な桜に吸い込まれていく多摩モノレールでした。

立川駅南西部の素晴らしい桜の郷をみつっけた2018年春です。(終)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

名残の桜・・・立川・中編(残堀川編)

P3311988

青空をまとったような機関車が登場・・・

P3311989

新緑をまとったようなタンク車も^.^/

P3311928

そんな残堀川の遊歩道はイイ感じ。

土曜日なのにゆったり時間が流れていました。

P3311922

川になだれ込むような絢爛な桜・・・

P3311949

でも見上げれば既に葉桜の部分もありました。

P3311943

それもそのはず、少し強めの風が吹くと一面の桜吹雪!

P3311953

みなもには花筏・・・

P3311976

鴨の目にはどんな風景に映るんでしょうね。

P3311962

新奥多摩街道近くまで歩いていくと・・・

P3312009

少し桜が少ない部分もありますが、カーブを描いた残堀川の2/3くらいの姿をみることができました。(続)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

名残の桜・・・立川・前編(残堀川と中央線編)

P3311990

里山風景の中に登場した中央線快速E233系。

新宿駅から50分くらいの所にある素敵な地だったのでぜひ記事に。

P3311886

31日土曜日、立川駅までオレンジ色の憎いやつ(古い?)に乗ってきました。

P3311888

いつもは北側の昭和記念公園の方へ向かいますが、今日は南口から西の方へ・・・

P3311890

立川駅から青梅線へ直通するための渡り単線にも出会い・・・

P3311897

見晴らしの良い橋の上にでてきました。

写真奥は日野市です。

中央線E233系が疾走!

P3311907

しばらくすると、桜応援団が登場^.^/

E233系も張り切っちゃう?

P3311901

高台から降りてくると、そのE233系がまるで桜に吸い込まれていくようでした!

P3311920

そんな桜と中央線のコラボが楽しめる地・・・

P3312010

多摩川の支流で、残堀川といいます。

P3311931

散り始めとは思えないほどこんもりした桜の中にチラと違う色の電車・・・

P3311978

中央線なので特急あずさ・かいじに使われているE257系も登場です!

これから満開の信州へ桜を届けに行くんですかね^.^/(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

桜満開・・・飛鳥山・後編(俯瞰編)

Img_3079

ピンクのお山を横に走り抜けるE7系・・・

P3284453

都電の走る飛鳥山から北の方に見える建物があります。

P3284455

途中、王子の桜を楽しみながら小散歩。

P3284458

飛鳥山と変わらず可憐です!

P3284488

そして、10分弱・・・このブログでたびたび登場する北区の施設・北とぴあ に到着です!

前にも記載したことありますが、15年以上北区民だったので、なにかと思い出ある施設・・・

P3284467

8:30からオープンの展望スペースへ向かうと・・・目の前を走っていた都電が小っちゃく見えます^.^/

でも、併用軌道の中で窮屈そう^.^;;

P3284470

そして、ジャーン。

ピンクに染まった飛鳥山と新幹線のフェラーリと呼ばれるE6系がナイス・コラボ!

P3284486

平日朝の展望スペース、同じようにこの後出勤という方もいらっしゃいました^.^/

年度末、気持ちスッキリ、仕事もバッチリ・・・?

P3284482

俯瞰の全景はこのようなイメージ。

なかなかスケール感あるでしょ!

P3284463_2

まもなく引退の2階建て新幹線E4系と桜もパチリ。

P3284491

展望スペースを後にし向かった王子駅からは、桜バックにE233系が快走していました!

鉄道と桜のコラボが素敵な飛鳥山・・・ほんと素晴らしいです^.^/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

桜満開・・・飛鳥山・前編(地上編)

Img_3092

ビートルズのレコードジャケットには遠く及びませんが、横断歩道を渡る姿がなかな絵になる1枚から4月スタート!

専用軌道から道路との併用軌道にかわる都電・東京さくらトラムの飛鳥山駅付近です。

Img_3105

公園側から観ると都電に桜が降り注ぐようです^.^/

Img_3100

桜ピンクの車両ともコラボ・・・

P3284443

正面緑、側面桜ピンクの車両ともコラボ・・・

Img_3096

そんな飛鳥山の桜、なかなか可憐です。

バックに緑も・・・

P3284421

飛鳥山は松も多く、緑・ピンクのコラボが素敵でした!

P3284416

提灯も下がって、江戸時代からの庶民花見の地は健在です^.^/

P3284435

今の飛鳥山は都電とのコラボも楽しめる地・・・

P3284449

それでも、横断歩道がどうしても気になっちゃう^.^;;(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »