« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月25日 (土)

海とたい焼きとタイムスリップ⑨・・・関東最東端の駅 銚子電鉄・海鹿島駅

P3113681

君が浜のきらきら海に見送られ・・・

 

P3113668_3

途中、頭をすくめている亀のような岩に出合いました^.^/

 

海のそばだし、イイ感じです。

 

P3113671

ここから坂道を上ります。

 

P3113673

振り返ると、道の突き当りに海・・・海をみていた午後、が聴こえてきそうです♪

 

P3113674

坂上のバス停、素敵ですね!

 

ここで標高20メートルにもなんですよ。いい運動でした。

 

P3113676

海岸から約10分・・・とっぱずれ!?

 

P3113675

お家のような海鹿島駅です。

 

P3113679

ベンチの汐風の駅というフレーズが雰囲気タップリ。

 

P3113678

とっぱずれ海鹿島です。

 

P3113684

関東最東端の駅に、元元・京王電車、元・伊予鉄道の電車がやってきました^.^/

 

その到着した電車には・・・(続)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

海とたい焼きとタイムスリップ⑧・・・陽光きらめく犬吠埼

P3113670

春の日差しいっぱいに受けた犬吠埼。

 

P3113644

311日に訪れたためか、思わず目が行きました。

 

P3113654_2


こしてみると弓状の浜の先端にある灯台がよくわかります。

 

P3113651

打ち寄せる波・・・

 

P3113659

目を上げると、ウィンドサーフィンが木の葉のようにゆらゆら。

 

P3113664

もっと上を見ると、気持ち良さそうなぽっかり雲。

 

P3113643

灯台の反対側は順光のせいか青さが一段と鮮やかです。

P3113657_2

陽光きらめく海・灯台のある風景に身をゆだねた土曜日のことでした。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月23日 (木)

海とたい焼きとタイムスリップ⑦・・・キャベツ畑と銚子電鉄 のち 君が浜の海へ

P3113621

外川駅の近くにあるキャベツ畑越し、トコトコ走る京王線カラーの銚子電鉄は、なんとものどか^.^/

 

P3113618

駅北側のありがとうの塔から10分ほど歩くと、道路案内が現れました。

 

P3113624

犬吠埼~!の文字。

 

P3113625

右側に折れると踏切。

 

P3113631

外川駅の1つ銚子よりの犬吠駅です。

 

P3113630

城っぽい駅舎は、南の海岸イメージですね^.^/

 

P3113636

駅舎の中には、銚子電鉄を救ったとされる濡れせんべいのお店があります。なんと・・・

 

P3113633

1日乗車券で1枚もらえちゃうんです(^.^) でもここで濡れせんべい写真撮るの忘れちゃいました^.^;;

 

P3113638

そんな犬吠駅を後にし潮の香りの方へ進みます。

 

P3113639

雰囲気、雰囲気!

 

P3113642_2

おおっ! イイ感じのドライブウェイ登場、そして。

 

P3113649

太平洋~!

空の青と海の青、清々しさいっぱいです^.^/(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

原宿・表参道・・・風の街2017

P3053427

中庭のあるカフェ。

 

P3053430

初めて出会ったフレンチトーストのブリュレ。

 

P3053421

レトロ感が印象的な駅舎ある原宿。

 

P3053423

十代で初めて訪れたときのワクワクと同じように、いつ訪ねても新鮮さにあふれています^.^/

 

P3053425

裏通りでティータイムを楽しんだこの街を知ったは、山田パンダさんの風の街が印象的だったTBSドラマあこがれ共同体でした。桜田淳子さん、西城秀樹さん、郷ひろみさんなどアイドルが主演、原宿を舞台にそれぞれの夢を追い求めて・・・原宿って、なんて素晴らしいところなんだ!と思ったものです^.^/

 

P3053435

原宿の代名詞・キディランドも変わらず大盛況。

 

P3053461

50周年なんですね、凄いなぁ。

 

P3053436

思い出のつまったレストラン・フレンチクオーターも健在!

 

P3053438

脇道に入ると2017年らしい感じ・・・

 

P3053442

新も旧もです。

 

P3053446

写真展にも行きました。

 

SNS友達が出品していたんです^.^/ 皆さん、日常感やアート感あふれ、」心に届く見事な作品ばかりでした!

 

P3053456

そして、表参道ヒルズのある通りへ。歩道橋の上から日本のシャンゼリゼをそよぐ風を感じた、そんな日曜日のことでした。

P3053450

そうそう、バス停がイイ感じでした~^.^/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

海とたい焼きとタイムスリップ⑥・・・ありがとう駅 レトロ素敵な銚子電鉄・外川駅

P3113607

電車を降りると、その先に。

 

P3113588

澪つくし号として走っていたレトロ車両が静態保存されていました。

 

ちょっとした博物館になっているようです^.^/

 

P3113596

外川駅舎はこのブログで2度目の紹介!

 

P3113609

4年前と違うところがあります。

 

P3113608

ありがとう・・・そう、ありがとう駅という名前が付きました!

 

ネーミングライツを使ってのことですが、いいですね^.^/

 

P3113611

さあ折り返し、出発の時間。

 

P3113610

P3113613

P3113614

P3113615

電車が行った後の外川駅ホーム。

 

のどかで、どこか懐かしい感じがいいですね~^.^/

 

P3113616

駅舎の中だって!

 

P3113600

待合椅子の醤油広告が、銚子さしかったです。

 

P3113599_2

さあ、最初の「海」へ。()

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

海とたい焼きとタイムスリップ⑤・・・第3の人生を歩む銚子電鉄の電車

P3113573

JR銚子駅・島式ホームの先端に銚子電鉄のホームがあります。

 

P3113575

チラと見えるのは・・・

 

P3113576

京王電鉄5000形→伊予鉄道700系→銚子電鉄3000形と40年近く活躍している電車です!

 

P3113580

扉そばの乗車案内板が楽しいですね^.^/

 

P3113578

海カラーで第3の人生!

 

P3113581

中吊りのPRもイイ感じですね。

 

P3113582

さあ、運転席最前席で走行車窓をパチリ・・・って考えていたのですが、残念ながら禁止旨の張り紙有、気持ち切りかえてゆっくりオンタイムで楽しみました^.^/

 

P3113586

途中、ユニークな駅名に出会ったりして・・・

 

P3113605

20分弱で全長6.8キロを走り終えました^.^/

 

P3113604

のどかな改札口のあるこの駅は・・・

 

P3113601

その名も外川駅と言います・・・なかなかレトロな雰囲気をチラ^.^/(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

海とたい焼きとタイムスリップ④・・・空か高い!銚子駅

P3113555

密林を走る総武本線の単線区間。

 

P3113561

やがて視界が開けると、左から成田線が近づいてきます。

 

P3113562

分岐駅となる松岸駅手前は楽しいポイント区間。

 

P3113564

再び単線となった左手には銚子の車庫線がたくさん登場しました。

 

P3113566

東京駅から1時間50分、御茶ノ水駅を起点とする総武本線の終点・銚子駅に到着しました!

 

Photo

そういえば、総武本線って、結構ジグザグッていますね^.^/

 

P3113568

お疲れさま特急しおさい255系!

 

P3113773

特急横づけの改札を抜けると・・・

 

P3113769

目の前には、清々しさいっぱいの空高い銚子の街が広がっていました。

 

P3113770

振り返ると少し工事中の駅舎が現れました・・・よっ4年ぶり^.^/

 

P3113569

なんて、今回はすぐ乗り換えです。

 

NHKドラマ澪つくしの舞台になった沿線へ(^.^)()

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

海とたい焼きとタイムスリップ③・・・下総の車窓風景を^.^/

P3113531

千葉県の県庁所在地・千葉駅まできました。

 

P3113533

ここから総武本線は北上、ブログで記事にした千葉モノレールをくぐります。

 

P3113535

お米の美味しい千葉らしい冬風景。

 

P3113536

やがて、線路が多くなります。

 

P3113537

成田の老舗・和菓子屋さんの看板登場を合図にして・・・

 

P3113539

成田線が分岐していきました。

 

P3113540

東に進路を変え、ビニールハウスが見えてきます。

 

P3113541

落花生で有名な八街駅で交換停車。

 

P3113542

向かいからも255系がやってきました!

 

P3113549

別の駅で単線のポイントを眺め・・・

 

P3113551

海が近づいていることを示す風車が気持ち良さそう^.^/

 

P3113552

片面ホームののどかな駅も登場しました。

 

終点の銚子駅はもう直ぐです。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

海とたい焼きとタイムスリップ②・・・日本初の駅弁サンドイッチ 大船軒ある風景

P3113521

東京駅踊で購入したのは、駅弁サンドイッチとして日本で初めて発売された大船軒の復刻パッケージのものです。

 

P3113512

折角なので、特急列車らしい椅子テープルで^.^/

 

P3113525

新幹線では味わえない大きい窓で・・・

 

P3113520

そんな車窓にはスカイツリー!

 

P3113518_2

ツリーおひざ元の錦糸町駅で房総キャンペーンの見送りを受けた後、早速。

 

P3113526

パッケージを開けると昔ながらのお手拭も登場!

 

P3113528

そして、ハムサンドとチーズサンドといった、まさに王道のサンドイッチ^.^

 

P3113530

シンプルな味わいに、パッケージに負けない懐かしさを感じます。

 

P3113522

車窓に広がりが見えてきました。

 

P3113524

江戸川を渡り、千葉県へと入った255系特急しおさい です。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

海とたい焼きとタイムスリップと①・・・大好きな255系!

P3113501

青と黄色で構成されたカラーリング、大きい窓・・・

 

P3113508_2

VIEWのロゴ・・・今のような特別リゾート列車登場する前に注目を集めました。

 

P3113502

255系・ビューエクスプレスといいます。

 

P3113493

週末、いつもの東京駅弁販売所・祭でない踊で、朝食を購入して向かった先。

 

P3113496

東京駅舎の帽子をかぶった赤ポストの横を降りて地下4階へ。

 

P3113507

久しぶりの対面!

 

P3113498_2

なかなか存在感ある面構え・・・この車両はヘッド―マーク無くても許せちゃうんですよね^.^/

 

P3113497

今は、総武本線・成田エクスプレスと2枚看板。さあ、出発(^.^) (続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

この世界の片隅に・・・すず と のん 奇跡の出会い^.^/

Img_2603

心の引き出しにしまいたい宝物に出会いました!

 

Img_2599

その場所は、新宿3丁目のテアトル新宿。

公開して4か月ほど、まだまだ混雑。

movie

 

映画賞や評判、特にキネマ旬報・邦画1位まで上りつめたアニメ作品・・・いえ、絵本が動く・・・そんな感覚に、ようやく会ってきました。

 

Img_2604

戦時中の広島を生き抜いた、絵の感性が素晴らしいものの、ただただ普通に大人になっていく女性・・・戦争という外因の中で、そのつましく、でも前向きに生活していく様の対比が胸を締め付けます。

 

そして、その前向きの中にあるのどかな感じを2倍にも3倍にもしているのが、主人公・すずさんの声を演じた、あのあまちゃんののんさん・・・心に語りかけられたようです。

 

もうひとつ、物語の初めに流れる歌♪・・・昨年・多部未華子さんの作品で感動しまくりのあの曲が使われるなんて・・・クラウドファンディングで作られた作品ということを知りました。いろいろな皆さんの静かなる思い、ただただ感謝です。

 

出会えて、良かった^.^/

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

ホワイトデー・・・贈り物文化は気持ちの文化

Img_2948

紅茶バナナタルトの美形ホイップ付きで・・・

 

Img_2945

ブランチしたこの日曜日。

 

Img_2934

定着した感あるWday前のデパートは、本来の売り場からお店がこぼれてきていました。

 

Img_2936

クリスマス、バレンタイン・・・いろいろあるイベント日をきっかけに、贈り物文化が広がるというのはイイですね。相手を思いやる気持ちはもちろんとして、形にしてみる・・・物の如何を問わず考えるその時間が思いを膨らませてくれそうです。「会えない時間が愛育てるのさ、目をつぶれば君がいる・・・♫(郷ひろみ[よろしく哀愁])」まさに、気持ちの文化。

 

そうそう、映画などで観たことありますが、摘める野の花があったりすれば、最高の贈り物でしょうね^.^/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

銀座線01系・・・ありがとう!

P9225353

東京メトロ、の前身 帝都高速度交通営団(・・・営団地下鉄の正式名称、ご存知でしたか?)に1984年に導入された01系電車が310()に引退しました。

 

P9225337

当時、斬新なデザインが「カッコいいなあ、さすが東京の地下鉄!」なんて^.^;;

 

P9225338

今見るとアナログながら、なかなかわかりやすかった走行案内板は、ドア開閉時音も出した優れもの。

 

P9225345

そして、銀座線の目玉?

 

表参道駅から地上に出た瞬間・・・

 

1


こののびやかな風景、地下鉄が空を走るようです(01系には限りませんが^.^;;)。

 

P9225368

そして、渋谷駅へ侵入!

 

P9225414

東急東横のビルに吸い込まれていく様は、印象的です^.^/

 

P9225348

そういえば・・・

 

P9225347

運転席は冷房なく扇風機でした・・・運転手さん、暑かったでしょうね。

 

P9225384

終着の渋谷駅待避線に入る前チョコと表に出たりして。

 

P9225363

後ろ斜め45度から^.^/

 

P9225364

P9225352

そして全景^.^/

 

P9225367

表参道駅方面の地下へ・・・01系のすれ違い、見ごたえある光景でした!

 

Img_2613_2

そういえば、先月 くまモンのラッピング車が登場。

 

Img_2611

2の人生を熊本電鉄で送っている車両があるんです!今度会いに行かなくちゃ!!

 

P9225392

お疲れ様でした、たくさん乗車した01系・・・ありがとう!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

都内有数の鉄道展望台・・・北とぴあ(3/3)都電や見惚れるS字カーブ!

P2263384

都電同士の挨拶の上をE5系が声掛け過ぎていきます。

 

P2263385

そんな都電の姿・・・特に道路との併用軌道を走る姿はイイですね^.^/

 

P2263380

東側の扇大橋俯瞰辺りから北へ回ると・・・

 

P2263388

低層階から観た新幹線の俯瞰。

 

E4系が上()からやってきました!

 

P2263390

はやぶさ・こまちとすれ違い。

 

P2263393

E4系を思いっきり俯瞰しちゃいました。

 

P2263396

今度は、E5系の単独編成!

 

はやぶさデビュー当時は、これでしたね。

 

P2263399

続いて、E4系+E4系の重厚な編成!

 

P2263402

反対側からはE2系の単独編成・・・珍しい!

 

P2263406

気分爽快になった〆は、もう一度南側。

 

E7系が颯爽と、走りさって行きました^.^/

 

P2263408

地上に戻ると、都電が身近に・・・

 

P2263410

小さい曲率半径を、進んで行きます。

 

P2263411_2

JRのガード越し併用軌道の坂を上っていく姿が印象的でした。(終)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

都内有数の鉄道展望台・・・北とぴあ(2/3)高層フロアからデッドヒートを!

P2263362

高層階・南側の窓からは今の東京らしい風景が、スカッ!

 

P2263367

南西の方向に向きを変えると、少し昔の東京シンボルもシッカリ!

 

P2263366

下を向くと・・・おおっ、貴重な在来線特急185系!

 

P2263369

今度は、東武のスペーシア!

 

P2263372

なんてしていると、王子駅に入線する京浜東北線の北行と南行、加えて下りの在来線特急651系!

 

P2263375_2

そこに、上野方面へ向けうEorW7系が左側へ入りこんできました!

 

P2263376

下り651系が入っちゃったかと思うと、上りの651系が入り込んできました!

 

P2263377

左から、EorW7系、京浜東北線・南行、一つ置いて651系!

 

P2263378

3本だけになりました!

 

P2263379

こう見ると、先頭守った京浜東北線E233系のスタートダッシュ、侮れませんね~やるぅ^.^/(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月10日 (金)

都内有数の鉄道の展望台・・・北とぴあ(1/3)低層フロアで新幹線アルバムを。

P2263406

金沢旅行で乗車したE(W)7系が、気持ちいい風景の中を上野駅へ向かって走っていきます。

 

P2263346

そんな展望台がある北区王子駅そばの北とぴあへ、先週日曜日に行ってきました。

 

P2263360

蛇腹状の通路・・・

 

P2263361

以前も記事にした近未来的な通路を進みます。

 

P2263347

北側に向った窓からは、E7系!

 

P2263349

E5系!

 

P2263353

E2系!

 

P2263359

E4系!

 

P2263354

E3系・・・えっ。

 

E3系が こまち塗装のままで残っていました。

 

P2263404

さあ、高層階へ。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

冬の金沢(12)・・・鼓門が印象的なJR金沢駅

P2123231

カードで有名なアメリカンエキスプレス系の旅行雑誌で世界の美しい駅14選に入ったJR金沢駅。

 

P2123228

タクシーで駅に入ろうとする際に道から真正面に見える姿は近未来的なれど・・・

 

P2123229

間近で鼓門を見上げると迫力ある和のアートな世界がそこに。

 

そんな金沢駅構内は、今回の金沢で出会った一番人の多いところ・・・駅が立派になりお店がいっぱい入り人が集まる・・・活性化という点では○・・・いろいろ考えると・・・

 

P2123232

逆に金沢駅を見続けてきた駅前・金沢ビルにある都ホテルのティールームは、ゆったり時間が流れていました^.^/

 

P2123234

ホテルだけのことはあります、ケーキはプレートでチョイス!

 

P2123237

寒い表に、暖かい室内、冷たい飲み物・・・エコと逆行しちゃいますが、たまの旅行ということで^.^;;

 

私の選んだモンブランは、マロンの絞りと内側に入っているホイップの組合せが・・・くぅー!

 

P2113054

そろそろ金沢を後にする時間が近づいてきました。

 

P2123253

E7系が行き来するホーム。

 

P2123255

向かいにW7系が停車していたので思わずパチリ。

 

P2123248

E&W7系が兄弟のように並ぶ金沢駅から、かがやきで帰りました。

 

P2123244

そういえば、金箔ソフト!

 

P2123156

金色の海苔?・・・ちょぴっとでしたが、味わいとは別にどこか気持ち良かったです。

 

P2123159

初めて訪れた冬の金沢、思いっきり観光しちゃいました。

 

スケールや歴史の奥深さで、よく比較される京都とは違う存在ですが、コンパクトに観光するとという点でDiscover Japan で注目されたのがわかったような気がしました。 (終)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

冬の金沢(11)・・・あめの俵屋

P2123219

最初に金沢を訪れたときからのMy金沢・・・あめの俵屋です。

 

Img_2178s

Discover Japanのポスターで一躍有名になった風景は、2014年に開催された東京ステーションギャラリーの回顧でも輝いていました^.^/

 

P2123210

200年近く続く飴屋さん。

 

Img_2380

そして、なんといってもじろあめ

 

Img_2383

パッケージの中からは、楽しい栞も登場!!

 

Img_2385

とろり~ん!!!

 

Img_2386

まろやかな、やさしい甘さに包まれました!!!!

 

P2123217

数十年重ねてきた旅の思い出の原点・・・健在が嬉しいです!!!!!(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

冬の金沢(10)・・・金沢21世紀美術館2/2 居心地のいいアートな空間

P2123106

カラフルなれどなぜか落ち着くロッキングチェア。

 

P2123134

館内をつなぐガラス張りの通路がこれまた素敵!

 

P2123132

近くで観た作品を遠望できたりします^.^/

 

P2123108

屋根の上には、黄金の人がいる~!?

 

P2123145

かと思えば、屋外に人だかり・・・

 

P2123143

アルゼンチンの作家・レアンドロ・エルリッヒのスイミングプールは独創性が素晴らしく、21世紀美術館の代名詞になっているのがよくわかります^.^/

 

P2123135

もちろん企画展の現代アートも美術館の雰囲気にピッタリ!

 

P2123138

なんて、展示作品鑑賞している合間に見えたのが入場券売り場の人・人・人・・・ほんと人気あるんですね。

 

P2123146

ちなみに、トイレも・・・

 

P2123149_2

アートがあふれる美術館、素敵なひとときでした!(続)

P2123109

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

冬の金沢(9)・・・金沢21世紀美術館1/2 造りだってアート

P2123093

ここ、なんだと思われますか?

 

P2123110

ガラスに向うと、下から何か登場しました。

 

P2123096

お分かりになりましたか。

 

P2123112

そう、エレベーターなんです!

 

P2123098

そんなエレベータのある施設が、美術館で日本2番目の入場者を誇る金沢21世紀美術館^.^/

 

P2123091

庭にもアートがたくさん!

 

P2123092

透明人間が談笑しているような摩訶不思議な椅子たち。

 

P2123115

曲線を描く外観のそばには金沢らしい雪つりと雰囲気タップリ!

 

P2123118_2

館内には先のエレベーターに加え、図書スペースがお洒落^.^/

 

P2123120

開館前に入場券売り場に行ったのですが、このポールにロープ・・・

 

P2123123

混み合う人気さを垣間見ました。さあ、行きましょう。(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

冬の金沢(8)・・・お茶屋街のある風景 主計、ひがし、にし茶屋街

ポスターにもよく登場する風景です^.^/

 

[主計町茶屋街]

 

P2102807

10代の頃、初めて金沢を訪れた時に出会ったMy金沢といえばの場所。

 

P2102812

3月のどんよりした空の下、上流側と対照的な窮屈そうな浅野川沿いの格子屋や橋が、今も変わっていませんね^.^/

 

P2102814

レトロめがね橋風な浅野川大橋も素敵です。

 

P2113048

[ひがし茶屋街]

 

とにかく有名になりました。

 

P2113038

土曜日の午後だったせいか、噂にたがわぬ観光客の数^.^;;

 

P2113034

和服姿の女性も多く見かけました。

 

加えて、重厚な一眼レフを首から下げて歩く和服の女性と数回すれ違いましたが、ひがし茶屋街の今を象徴しているようです。

 

P2113040

金沢と言えばの金。

 

P2113042

金の蔵に出会いました!

 

P2113045

ソフトの金箔イメージくらいしか持ち合わせていなかったので、圧巻の一言です。

 

どんな壁の造りになっているのか、それにしても凄い!

 

P2123185

[にし茶屋街]

 

香林坊・片町から、友禅流しで有名だった犀川を印象的な橋で渡ります。

 

P2123186

程なく登場するのがにし茶屋街。

 

P2123189

日曜日の午後に訪れたのですが、ひがしとは違う静かなたたずまいでした。

 

P2123192

どうですか、なかなか素敵でしょ^.^/

 

P2123199

当時の賑わった頃が絵で残されていました。

壮観です!

 

P2123196

 

逆に、将来このようなしっとりした観光地になるとは思わなかってでしょうね。

 

P2123203

格子屋を市が改築し運営する茶屋街資料館で、当時の雰囲気に触れること出来るのが にし茶屋街の素敵なところです!

 

P2123205

もう直ぐ除夜の鐘でも聞こえてきそうな、そんな不思議な感覚の時間を過ごしました。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

冬の金沢(7)・・・片山津温泉・佳水郷で出会った水墨画のような風景

P2102844

雪風景の絵画のような素晴らしさを目の当たりにしました。

 

P2102825

場所は、金沢駅から特急サンダーバードで30分。

 

P2102826

暖簾や手作り感ある駅が楽しい加賀温泉です^.^/

 

P2102829

降りしきる雪の中、出迎えのバスで向かったのは、柴山潟畔に湧く加賀四湯の1つ片山津温泉。

 

P2112860

降ったりやんだり、なかなか素敵な潟畔風景が広がっていました。

 

P2102837

夕方近く、暮れようとしている柴山潟を宿泊先の窓から見えると・・・

 

P2102852

まるで水墨画のようでした!

 

P2102843

一転、建屋の中はところどころアートな感じに包まれます。

 

P2102848

夕食場所の入口など、外とは正反対な鮮やかな色彩。

 

Img_2304

透明で柔らかい温泉に似合う、ちょっと品のある夕食をいただきました。

 

P2102834

ちなみに、ロビーで抹茶なども楽しめ、日本旅館らしい雰囲気いっぱいです。(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

ひなまつりの日に

Img_2232

今年のひな飾り?です。

 

お雛様に込められた思いですね~(^.^)

 

Img_2570

同時にひなまつりは本格的な春の訪れを告げる催事でもあります。

 

街角で買ったタルトなど、イチゴの森状態でした。

 

Img_2573

sweetな季節、いや~welcomeです^.^/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月 2日 (木)

冬の金沢(6)・・・金沢城公園と成巽閣

P2112894

兼六園の北西隣りに位置する金沢城公園。

 

石川門の姿は有名ですね。

 

P2112935

中に入ると、どっしりとした河北門。

 

P2112936

振り返ると広大な三の丸広場。

 

P2112940

反対側には橋爪門に続く石垣が見事。

 

P2112939

雪と負けない位の白さ目立つ橋爪門、時代劇を観ているようでした。

 

P2112942

中に入ると見上げる位置に戌亥櫓跡。

 

P2112943

振り返ると、二の丸広場の奥に存在感ある五十間長屋。

 

P2112944

雪風景がこんなにもマッチするとは思いませんでした。

 

P2123161

兼六園と石川門の間の道を下がって百万石通りの坂を上がります。

 

P2123163

奥方のため兼六園に建てられた建物・成巽閣が静かにたたずんでいました。

 

P2123168

降る雪との感じが、昼版ゆく年くる年みたい。

 

P2123170

内部は写真を撮ることができないのですが、前田家がいかに栄えていたか、その一端を垣間見ることができました。

 

工芸を含めた様々な伝統が息づく街・金沢を実感できた時間でもあります。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年3月 1日 (水)

冬の金沢(5)・・・片町の古民家カフェ^.^/

3月、春の月になりました(^.^)

 

P2112967

金沢で行ってみたかったところに古民家カフェがあります。

 

P2112951

いろいろ調べて、地元で人気のお店を発見!

 

それは、古民家カフェの多いひがし茶屋街とかでは無く、香林坊続きのダウンタウン・片町にありました。

 

P2112958

フルオブビーンズというそのお店は、懐かしさと・・・

 

P2112968

アート感にあふれた和モダンな雰囲気いっぱい・・・

 

P2112961

外の冬世界とは全く違う温かみにあふれてみました^.^/

 

P2112960

五穀米を使ったプレートランチや・・・

 

P2112962

野菜たっぷりのフェトチーネなど、メニューも体に優しいものばかりです。

 

P2112963

取っ手の無い和カップのコーヒーなどもまろやかな味わいでした^.^/

 

P2112970

金沢のカフェタイム、五感で温まりました!(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ