« 日本三大車窓・姨捨通過(後編)・・・1本の特急列車から広がった1,300キロの鉄旅(前編)⑩ | トップページ | 厚岸駅・海鮮たらば蟹かきめし・・・駅弁夕食な土曜日 »

2016年3月12日 (土)

松本から塩尻へそして中央西線へ・・・1本の特急列車から広がった1,300キロの鉄旅(前編)⑪

スーパーあずさのE351の姿が現れたここは・・・

 

P2264843

長野県のへそともいえる・・・

 

P2264835

お城や美ヶ原への起点になる松本、今日は・・・

 

P2264846

直ぐにバイバイです。

 

E257系あずさもいて、中央本線系の特急電車が勢ぞろいです。

 

P2264849

南松本駅の広大な貨物ヤードを疾走・・・

 

P2264853

「線路間につくりました」って印象の駅を過ぎると・・・

 

P2264855

ポイントが多くなってきたら塩尻駅・・・中央東線と中央西線の分岐駅ですね。

 

P2264856

ホーム名物のブドウ棚もいまはひっそり・・・

 

P2264861

発車すると新宿駅につながる東線が右(南東)へ分岐していきます。

 

ここからはJR東海の区間・・・

P2264862

程なく右側から合流してくる線路・・・

 

P2264863

東線とつながっている線路ですね。

 

P2264865

やがて背景に登場するなだらかな稜線、解放感ある信州ですね。

 

これから一転、木曽路に入ります。(続)

| |

« 日本三大車窓・姨捨通過(後編)・・・1本の特急列車から広がった1,300キロの鉄旅(前編)⑩ | トップページ | 厚岸駅・海鮮たらば蟹かきめし・・・駅弁夕食な土曜日 »

鉄道&旅行-北陸・中部(Hokuriku, Chubu)」カテゴリの記事

コメント

松本市から塩尻へ向かう途中の、右手にある波田地区はスイカの産地で、夏になると臨時でスイカの産直販売所ができたりします。

何度か立ち寄って試食させてもらいました。

電車の旅は車と違ってノンビリできるのですが、そういう立ち寄りが難しいのは難点ですね。

投稿: サヌ・ヒロ | 2016年3月12日 (土) 10時56分

私の中で「あずさ」と言ったらE351系を連想しちゃいます。
一度だけ、新宿から信濃大町まで乗ったことがあります。

投稿: しゅうちゃん | 2016年3月12日 (土) 22時07分

サヌ・ヒロさん

そうですね、駅から遠いところなど、タクシーなかったら行きにくいですから。
スイカの産地、そうなんですね!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロさんへ | 2016年3月12日 (土) 22時21分

しゅうちゃんさん

乗車されましたか!
E351系、かっこいいですよね(^.^)
E353系が今後出てくるので、だんだん減っていきそうです^^;

投稿: キハ58 から しゅうちゃんさんへ | 2016年3月12日 (土) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松本から塩尻へそして中央西線へ・・・1本の特急列車から広がった1,300キロの鉄旅(前編)⑪:

« 日本三大車窓・姨捨通過(後編)・・・1本の特急列車から広がった1,300キロの鉄旅(前編)⑩ | トップページ | 厚岸駅・海鮮たらば蟹かきめし・・・駅弁夕食な土曜日 »