« 秋の鉄道車両基地公開アルバム(6)No.⑮尾久車両センター(後編)・・・まさにふれあいフェスティバルの世界、そして | トップページ | クリスマス気分の六本木ヒルズで・・・愛のみ時空を超える・インターステラーに浸る »

2014年12月18日 (木)

たま~に食べたくなる関東での定番駅弁・・・100年の歴史に裏打ちされた小田原駅・東華軒の鯛めし

爆弾低気圧、大きな被害にならないことを祈ります。

さて、跳ねている、跳ねている、赤い魚が・・・鯛~!

 

Img_3900

1212日記事のシウマイ弁当発売元の崎陽軒、このブログでは紹介していませんが鯵の押しずしで有名な大船軒(大船駅・藤沢駅)と並ぶ神奈川県の3大駅弁舗である小田原駅の東華軒が送り出す駅弁・・・

 

Img_3901s

真っ赤な鯛の跳ねるパッケージの彩、鮮やかで好きですね~!

 

そして登場する、おぼろがいっぱいに敷き詰められたご飯・・・

 

Img_3902s

甘めのおぼろの下は、醤油で炊いた茶飯・・・この2つがマッチするんですよ~!

 

おぼろがこぼれやすいので、ちゃんと木のスプーン・・・いや、さじって呼びたいなぁ・・・が付いているのが、いいですね。

 

Img_3905s

おかずも、おぼろ茶飯のわき役に徹します。

 

それでも、ワサビ漬け、紅白蒲鉾、ミニちくわって小田原らしい感じです・・・

 

Img_3904s

さあ、いった・だき・ま~す!

|

« 秋の鉄道車両基地公開アルバム(6)No.⑮尾久車両センター(後編)・・・まさにふれあいフェスティバルの世界、そして | トップページ | クリスマス気分の六本木ヒルズで・・・愛のみ時空を超える・インターステラーに浸る »

口福(Nice Foods)」カテゴリの記事

コメント

へええぇぇhappy01
鯛めし弁当ですか~happy01fish
食べたことないですね~delicious茶飯ってのも
美味しそうですね。
少しお茶碗によそって、熱いお茶かけて食べたら
美味しい鯛茶漬けになりそうですね~happy02scissors

投稿: mik | 2014年12月18日 (木) 07時32分

おはようございます。

おっ! eye
昔、知り合いが小田原にいたので
何度も訪れたことがありましたが
鯛めしは食べたことがありません
でした。ガ━(;Ⅲ□Ⅲ;)━ン!!

おいしそうですね。
今度行ったら買いたいです。

投稿: korokoro | 2014年12月18日 (木) 10時26分

シンプルだけに『鯛めし』に自信のある駅弁なんでしょうね。
小田原ですか・・・食べたいけど・・・行けるかな?

投稿: しゅうちゃん | 2014年12月18日 (木) 22時41分

mikさん

そうなんです、茶飯にあうんですよね。
でも、そぼろが、でんぶ(たとえば、桜でんぶ)みたいなので、残念ながらお茶漬けは難しいと思います。
タイの身ほぐしだったら、お茶漬けにピッタリでしょね!

投稿: キハ58 から mikさんへ | 2014年12月18日 (木) 23時51分

korokorさん

そうなんですか、今度機会あったらぜひお試しください。
ただ、良くある鯛めしとは違って、でんぶ状なので、好き嫌い顔別れるようです。

投稿: キハ58 から korokoroさんへ | 2014年12月18日 (木) 23時54分

しゅうちゃんさん

はい、自信あるんだと思います。
小田原以外、都内であれば、上野駅で購入できますよ(改札出た右側のザガーデンです)。

投稿: キハ58 から しゅうちゃん さんへ | 2014年12月18日 (木) 23時57分

こんにちは~。モモパパです。
小田原駅の鯛めし。
僕も食べたことありますヨ~。
シンプルだけどおぼろがとっても美味しいですね^^。

投稿: モモのパパ | 2014年12月19日 (金) 08時44分

モモのパパさん

こんばんは。
おおっ、お召し上がりになられましたね。ライトに食べられて、niceなお弁当です。

投稿: キハ58 から モモのパパさん へ | 2014年12月19日 (金) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/60821040

この記事へのトラックバック一覧です: たま~に食べたくなる関東での定番駅弁・・・100年の歴史に裏打ちされた小田原駅・東華軒の鯛めし:

« 秋の鉄道車両基地公開アルバム(6)No.⑮尾久車両センター(後編)・・・まさにふれあいフェスティバルの世界、そして | トップページ | クリスマス気分の六本木ヒルズで・・・愛のみ時空を超える・インターステラーに浸る »