« どこか懐かしい夏旅へ・天浜線⑪・・・いよいよ!天竜二俣駅転車台ツアー(おまけ編) | トップページ | どこか懐かしい夏旅へ・天浜線⑫・・・浜名湖にチッカイ駅へ »

2014年8月15日 (金)

ロビン・ウィリアムさん、安らかに

天浜線の途中ですが、ひとつ記事を。

 

movie

 

812日に大好きな名優の訃報を知りました。

 

劇場で観た1,200-300本の映画作品の中で、何度でも見たい大好きな10本を選んだら、その1本に入る作品ガープの世界で主演したロビン・ウィリアム氏です。

 

Img_0972s_2

ジョン・アービング原作のベストセラーを、“明日に向かって撃てのジョージ・ロイ・ヒル監督がフィルムにしました。

 

青空にニコニコ顔の赤ちゃんが登場するイントロから、この子(ガープ)の一生が描かれるんだなあ~ってイメージを持っていると、お母さんがガープを身ごもるところのエピソードからしてただごとではないと予感でき、その通りに幸せと不幸の背中合わせガープのエピソードが、どこか温かいまなざしで次から次へと繰り出される群像劇です。

 

その温かさを生ませているのは脚本や演出もそうですが、Rウィリアム氏の真面目に明るいひたむきさによっていたと感じました。

 

Img_0971s_2

そんなRウイリアム氏の役柄は、グッドモーニング・ベトナムDJ今を生きる"の教師、“トイズ”のおもちゃ工場経営者など、どれも真面目に明るいひたむきさを感じたものでした。

 

ちなみにアカデミー主演男優賞に3回ノミネートされましたが受賞にはいたっていません(グッド・ウィル・ハンティングで助演男優賞を受賞しました)。でも記憶に残る役者であったことは、間違いありません。

 

これからも、映画の中のロビン・ウィリアムさんには時々会いに行きたいと思います。

 

でも今は、なによりも ゆっくりお休みください。

 

映画館での楽しくもホッロとしちゃった時間をありがとうございました、ロビンさん!

|

« どこか懐かしい夏旅へ・天浜線⑪・・・いよいよ!天竜二俣駅転車台ツアー(おまけ編) | トップページ | どこか懐かしい夏旅へ・天浜線⑫・・・浜名湖にチッカイ駅へ »

お気に入りMovie」カテゴリの記事

コメント

優しい人も、懐かしい人も、惜しい人も、次々に亡くなりますね! 

永遠は無いと判っていても、寂しく、空しいものです。

投稿: サヌ・ヒロ | 2014年8月15日 (金) 07時18分

おはようございます。

本当に残念ですね。。。despair
何だか名優さんがどんどん旅立たれてしまい
寂しいです。(._.)
ロビンさんの映画は沢山は拝見しておりませんが
ユーモアの中にも憂いがあって・・それを表現出来る
貴重な役者さんだったと思います。
心からご冥福をお祈りいたします。

投稿: korokoro | 2014年8月15日 (金) 09時12分

こんにちは。モモパパです。
ロビン・ウィリアム氏。
惜しい名優を亡くしてしまいました。
僕的には「グッドモーニング・ベトナム」のDJ役がすごく記憶に残ってます。
ご冥福をお祈りします。

投稿: モモのパパ | 2014年8月15日 (金) 09時52分

サヌ・ヒロさん、korokoroさん、モモのパパさん

共感してくださり、とてもうれしいです。多くの方の心に残っている俳優であったことを改めて感じました。
作品の中でまた会えるし、会いたいですね!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロさん、korokoroさん、モモのパパさんへ | 2014年8月15日 (金) 15時33分

僕は「グッドモーニング・ベトナム」と「レナードの朝」が好きです。
前向きに頑張る姿が心打たれるんですよねえ。
今更ながら「グッド・ウィル・ハンティング」観ようかなあ。
ご冥福をお祈りします。

投稿: junistoosexy | 2014年8月15日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/60149964

この記事へのトラックバック一覧です: ロビン・ウィリアムさん、安らかに:

« どこか懐かしい夏旅へ・天浜線⑪・・・いよいよ!天竜二俣駅転車台ツアー(おまけ編) | トップページ | どこか懐かしい夏旅へ・天浜線⑫・・・浜名湖にチッカイ駅へ »