« 2014年のこんにちは・・・北陸新幹線E7系! | トップページ | 富山な東京駅 »

2014年6月30日 (月)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(エピローグ)・・・仏との交流は繭のみに非ず “繭と鋼” 行きは東武で帰りは西武

富岡製糸場へのミニトリップから戻ったあと・・・

 

P6079451s

その時点では、富岡製糸場が登録されるという新聞記事のある場所・・・

 

P6079449s

神奈川県立歴史博物館でフランスと神奈川県の交流に関する特別展があるとことを知り、行ってきました。

 

P6079424s

副都心線と東急東横線が直通しているので、新宿三丁目駅から一気にみなとみらい駅までは、西武電鉄の電車で・・・

 

P6079429s

各駅停車に乗り換えて馬車道駅まで東急電鉄の電車で・・・

 

P6079430s

スケルトンの椅子が素敵なホーム・・・

 

P6079433s

赤レンガ造りの駅構内から地上に出ると・・・

 

P6079435s

直ぐそばに、明治時代に横浜正金銀行本店として建造された現・神奈川県歴史博物館があります。

 

P6079438s

格調あるエントランス・・・

 

P6079439s

振り返ると・・・

 

P6079476s

中に入ると・・・

 

P6079442s

見上げると・・・

 

P6079470s

精巧で素晴らしいステンドグラス・・・

 

P6079471s

神奈川県の近代建築マップをみながら廊下を進むと・・・

 

P6079472s

特別展「繭と鋼」の会場へ。

 

P6079450s

富岡製糸場で製糸業とフランスのかかわりを知ったのですが、フランスとの交流はこれにとどまらず、たとえば横須賀の造船業、もとになる鉄鋼業との関わりも大きかったのでした。

 

今回の展示では、日仏文化研究の第一人者・クリスチャンポラック氏のコレクション絵画・写真などなど数々が展示されていました。

 

日本にやってきたフランス人のための観光ガイドも・・・

 

ふと思いました。そういえばミシュランガイドのタイヤメーカーミシュランもフランスの会社。フランス人は好奇心旺盛なのかなぁって。この展示でも日本の文化、子供背負ってデンデン太鼓なんて絵画もあったりして、当時の日本の生活を細かく観察していたのです。おそらく、日本以外の国でも、同じようなことをしているのでしょう。

 

P6079447s

じっくり展示物を鑑賞し、前述のような納得感を得たら、お腹が空いてきました、って目の前に喫茶室の文字が・・・

 

P6079448s
レトロで素敵な雰囲気・・・、

 

P6079454s

手作りサンドイッチにコーヒー、アップルパイのお手軽ランチ・・・

 

P6079462s

ともしびという名前の喫茶室は、群馬から神奈川へと続いた一連の旅に想いを巡らすのピッタリな、趣も落ち着きもある空間でした。

 

P6079445s

歴史の一端として飾られているピンクレディーの写真を見て・・・

 

P6079477s

表へ・・・

 

P6079485s

馬車道らしい馬の水飲み場や、ポールを見て・・・

 

P6079481s_2

帰りのホーム電光掲示板、東武と西武の駅が一緒に示されていました。

 

P6079489s

帰りの電車は東武鉄道・・・

 

P6079490s

東京近郊の交流が、これから盛んになることを感じた土曜日でした。(終)

 

P6079483s

|

« 2014年のこんにちは・・・北陸新幹線E7系! | トップページ | 富山な東京駅 »

photo」カテゴリの記事

グッズ・催し物・美味しい物(Goods, Events & Delicious foods)」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

「神奈川県歴史博物館」立派なものですね~! 風格ある建物で、その外観だけでも見る価値がありそうです。

訪れる機会は少ないのでしょうが、しっかりメモしておきましょう!

投稿: サヌ・ヒロ | 2014年6月30日 (月) 07時13分

おはようございます。

横浜にはたしかにまだ古くて美しい建物が
残っていますデスね。元は銀行だったのですか?eye
何だか教会の様な重厚な建物ですね。。confident
まだ訪れたことはありませんが、機会があったら
行ってみたいです。happy01
馬車道って実はゆっくりと歩いた記憶がないですが
水飲み場も残っているのですね。eye

投稿: korokoro | 2014年6月30日 (月) 11時03分

こんばんは^^
横浜方面へはほんとに便利な路線でしたscissors
もう、過去形になりましたが、横浜在住の友人もこの
電車のおかげで新宿御苑がぐっと身近になったと言ってましたよhappy01

投稿: ターコイズ | 2014年6月30日 (月) 19時58分

サヌ・ヒロさん

そうなんです、スッゴク趣きと重厚感を兼ねそえた作りですよね。横浜には、こうした建物が数10か所あるようです。ゆっくりっまわりたくなっちゃいました。

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロさんへ | 2014年6月30日 (月) 21時34分

korokoroさん

そうなんです、馬や牛の水飲み場が残っていて、しかもタイルでビックリでした。
いろいろ、歴史ある建物残る横浜、機会ありましたらぜひ!です。

投稿: キハ58 から korokoroさんへ | 2014年6月30日 (月) 21時37分

ターコイズさん

そうですよね、便利になりました。代わりに渋谷で乗るかたがちょっと大変になっちゃいましたけど。埼玉からも横浜からも、その中心が新宿御苑あたりですね!

投稿: キハ58 から ターコイズさんへ | 2014年6月30日 (月) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/59892000

この記事へのトラックバック一覧です: フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(エピローグ)・・・仏との交流は繭のみに非ず “繭と鋼” 行きは東武で帰りは西武:

« 2014年のこんにちは・・・北陸新幹線E7系! | トップページ | 富山な東京駅 »