« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(エピローグ)・・・仏との交流は繭のみに非ず “繭と鋼” 行きは東武で帰りは西武

富岡製糸場へのミニトリップから戻ったあと・・・

 

P6079451s

その時点では、富岡製糸場が登録されるという新聞記事のある場所・・・

 

P6079449s

神奈川県立歴史博物館でフランスと神奈川県の交流に関する特別展があるとことを知り、行ってきました。

 

P6079424s

副都心線と東急東横線が直通しているので、新宿三丁目駅から一気にみなとみらい駅までは、西武電鉄の電車で・・・

 

P6079429s

各駅停車に乗り換えて馬車道駅まで東急電鉄の電車で・・・

 

P6079430s

スケルトンの椅子が素敵なホーム・・・

 

P6079433s

赤レンガ造りの駅構内から地上に出ると・・・

 

P6079435s

直ぐそばに、明治時代に横浜正金銀行本店として建造された現・神奈川県歴史博物館があります。

 

P6079438s

格調あるエントランス・・・

 

P6079439s

振り返ると・・・

 

P6079476s

中に入ると・・・

 

P6079442s

見上げると・・・

 

P6079470s

精巧で素晴らしいステンドグラス・・・

 

P6079471s

神奈川県の近代建築マップをみながら廊下を進むと・・・

 

P6079472s

特別展「繭と鋼」の会場へ。

 

P6079450s

富岡製糸場で製糸業とフランスのかかわりを知ったのですが、フランスとの交流はこれにとどまらず、たとえば横須賀の造船業、もとになる鉄鋼業との関わりも大きかったのでした。

 

今回の展示では、日仏文化研究の第一人者・クリスチャンポラック氏のコレクション絵画・写真などなど数々が展示されていました。

 

日本にやってきたフランス人のための観光ガイドも・・・

 

ふと思いました。そういえばミシュランガイドのタイヤメーカーミシュランもフランスの会社。フランス人は好奇心旺盛なのかなぁって。この展示でも日本の文化、子供背負ってデンデン太鼓なんて絵画もあったりして、当時の日本の生活を細かく観察していたのです。おそらく、日本以外の国でも、同じようなことをしているのでしょう。

 

P6079447s

じっくり展示物を鑑賞し、前述のような納得感を得たら、お腹が空いてきました、って目の前に喫茶室の文字が・・・

 

P6079448s
レトロで素敵な雰囲気・・・、

 

P6079454s

手作りサンドイッチにコーヒー、アップルパイのお手軽ランチ・・・

 

P6079462s

ともしびという名前の喫茶室は、群馬から神奈川へと続いた一連の旅に想いを巡らすのピッタリな、趣も落ち着きもある空間でした。

 

P6079445s

歴史の一端として飾られているピンクレディーの写真を見て・・・

 

P6079477s

表へ・・・

 

P6079485s

馬車道らしい馬の水飲み場や、ポールを見て・・・

 

P6079481s_2

帰りのホーム電光掲示板、東武と西武の駅が一緒に示されていました。

 

P6079489s

帰りの電車は東武鉄道・・・

 

P6079490s

東京近郊の交流が、これから盛んになることを感じた土曜日でした。(終)

 

P6079483s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

2014年のこんにちは・・・北陸新幹線E7系!

富岡製糸場の帰り、高崎駅で出会ったE7系・・・

 

P5178790s

なかなか乗車する機会がなく、ちょっぴり乗りに行っちゃいました!

 

P6230720s

来年の北陸新幹線 富山・金沢方面開業の一足お先に、長野駅までのあさま号として登場・・・

 

P6230732s

ホームへ行くと日本の新幹線が世界に誇るお掃除隊に迎えられ入線・・・

 

P6230737s

東京駅丸の内駅舎とツーショット!

 

P6230733s

もともとE2系(あさま、はやて)が予定されていたので、その流れにある外観・・・

 

P5178793s

はやぶさ、こまちとは違ったイメージ・・・

 

P6230738s_2

E7系の証を記念に・・・

 

P6230740s_2

一方 屋根の方、電圧計測計の奥には、丸の内ドームの上部が見えました。

 

P6230746s_2

どこかデラックスな印象を醸し出すカラーリング・・・

 

P6230749s

さあ、乗車・・・

 

P6230750s_2

シックな色合いのシートが並ぶ普通車内・・・

 

P6230751s_2

普通車でもはやぶさやこまちのようにヘッドレストがあります。これはイイ!

 

P6230753s

発車の際もスムーズ極まりないです。

 

P6230758s

シートをみておやっと思ったのは・・・

 

P6230764s

コンセントの電源が60HzJR西日本へ乗り入れる実感があります。

 

P6230765s

シートの取っ手部には、キチンと展示の案内もありまあした。

 

P6230767s

移動空間に必要なトイレも・・・

 

P6230770s

ウォシュレットつきです!

 

P6230771s

街中で見かけるのが難しい公衆電話も・・・

 

P6230769s_2

などしていると、下車する大宮駅の表示が・・・でも、おや・・・

 

P6230772s_2

そう、棚に忘れ物しないよう、ミラーがつていました(どなたかのお荷物を例に)。

 

P6230773s

下車して目についたのはパンタグラフ・・・

 

P6230774s

独特ですね。そんなE7系あさまを見送りました・・・

 

P6230775s

大宮駅から長野駅まで1時間。来年の3月には大脚光をあびるE7系です。(終)

P6230776s



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(11)・・・上州富岡駅からBye、富岡製糸場の価値に浸った4時間弱の締めくくり

繭倉庫を思い出す煉瓦の駅舎・・・

 

P5178697s

きっぷ売り場の右隅に何やら写真が・・・

 

P5178699s

なかっちょさんが熱きコメントくださった、デキの柔連でした

 

P5178698s

上信電鉄の顔ですね~。

 

P5178701s

駅舎と異なり懐かしい感じのホーム・・・

 

P5178702s

雲が絵になる空が広がっていました・・・

 

P5178703s

下を見るとどこまでも伸びているような鉄路が・・・

 

P5178705s

駅舎とホームと電車、なんかイイ感じです!

 

P5178706s

下仁田駅方面次の駅は西、高崎駅方面次の駅が東、ってわかりやすいですね。

 

P5178708s


西富岡駅方面から電車がやってきました。。

 

P5178710s

シマウマ電車です!

 

P5178712s

西富岡駅へ向かう電車を見送り・・・

 

P5178715s

こちらも発車・・・

 

P5178718s

もはや懐かしい駅を見送った車内には西武鉄道時代のプレートが残っています。

 

P5178720s


ロングシートの窓から・・・

 

P5178722s

富岡製糸場を見守ってきた・・・

 

P5178725s

上州の山々を仰ぎ見ます。

 

P5178727s

鉄路の周りは緑いっぱい・・・

 

P5178730s

美しい弧も描き・・・

 

P5178757s

電車と行き違い・・・

 

P5178761s

烏川を渡ると・・・

 

P5178771s

来年から北陸新幹線が本格開業する上越新幹線の高架下を通り・・・

 

P5178776s

デキとすれ違うと・・・

 

P5178779s

終点の高崎駅へ到着です。

 

P5178788s

近代化の出発点からの帰り、その高崎駅では最新のE7系と出会いました。

 

P5178789s

日本の近代化の歴史を垣間見た自分自身も、その歴史の旅人であることを感じた日曜日のことでした。(エピローグin横浜へ続く)

 

P5178487s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(10)・・・富岡製糸場のある町

説明ホールでは・・・

 

P5178642s

糸をつむぐ体験もできるようになっていました。

 

P5178641s

これが機械化されたんですね。

P5178636s


昔、勉強したと思うのですが(モモのパパさんやしゅうちゃんさんのアドバイスで写真はこんな感じに)・・・

 

P5178637s


蚕の一生も説明されていました。

 

P5178628s

ガイドさんから聞いた説明をこの説明・展示場でおさらいし・・・

 

P5178644s

部屋からでると、東繭倉庫内からの街並み風景が広がります。

 

P5178651s

まだまだ、膨れ上がる入場者の横を通り・・・

 

P5178653s

少しひと気が引いた瞬間に、日本の近代化の基礎となった富岡製糸場を想い出に・・・

 

P5178661s

そばには、昨晩楽しんだ日本酒の幟も・・・

 

P5178662s

駅への道沿いには・・・

 

P5178671s

物産館や・・・

 

P5178678s

蔵造りの絵手紙の展示場・・・

 

P5178680s

2枚が特に印象に残りました。「五感」「丁寧に生きる」大切にしたいです。

 

P5178693s

そうそう、お腹が空いてきました・・・

 

P5178686s

ほうほう、大正時代から続くラーメンとお団子の店?面白そう・・・

 

P5178689s

確かにみたらし系のお団子に・・・

 

P5178691s_2

ミソラーメン・・・

 

P5178687s_2

ちなみにメニューはこちら。クリームあんみつ350円に超ひかれたんですが、いまは出来ないということで断念・・・

 

P5178688s

どこか懐かしい感じのお店です。

 

P5178690s_2

店内から見た風景もどこかホッコリ。

 

P5178695s

ラーメン屋さんを出てほどなく駅に戻ってきました。ちょぴりタイムスリップから戻ってきたような、そんな感じです。

 

さあ、上州富岡駅から高崎駅へ戻りましょう。(続)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(9)・・・工女さんの姿、歴史をつなぐ写真

東繭倉庫の裏側は、今年の豪雪で乾燥場の建物が崩れていました。

 

P5178610s

三匹の子豚でしたっけ、やはり煉瓦のお家は強い!

 

P5178588s_2

その先、西繭倉庫・・・

 

P5178605s_2

日差しがまぶしい・・・

 

P5178602s_2

壊れなかった乾燥場には高い煙突・・・

 

P5178598s_2

青空とお話ししているよう・・・

 

P5178599s_2

東繭倉庫へ戻ると1階に・・・

 

P5178643s_2

解説のスペースがあります。

 

P5178613s_2

フランス製の繭から絹糸をとる機械・・・

 

P5178616s_2

当時の写真とシンクロして、イメージが掻き立てられます・・・

 

P5178617s_2

撚糸の工程もわかりやすく図解が・・・

 

P5178630s_2

そして、野麦峠のイメージではない、整った労働環境にいた富岡製糸場の工女さんたち・・・

 

P5178619s_2

チューチュートレインに見えちゃった(失礼)、工女さんたちの体操風景・・・

 

P5178624s_2

三井財閥と富岡製糸場・・・

 

P5178622s_2

三井から原合名会社・・・

 

P5178623s_2

この会社があったからこそ、世界遺産までに残ることができた片倉工業・・・

 

P5178625s_2

そして、今までの見学の見て聞いたイメージを凝縮した1枚・・・

 

P5178626s

カフェの給仕さんのような制服姿で作業している繰糸工場の様子が近代日本を感じさせてくれる見入っちゃた1枚です。

 

P5178627s

卓球大会まであったようです。凄いな~!

 

P5178634s

そんな一角に、繭玉を作ってくれる、白くうごめくものが・・・(続、でもどうしようかなあと思案中)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(8)・・・大切にされたブリュナ氏と煉瓦職人の想い

繰糸工場の奥に・・・

 

P5178543s

診療所・・・

 

P5178544s

Drコトーが現れそうな雰囲気・・・

 

P5178566s

そして・・・

 

P5178546s

フランス人技師・ポールブリュナ氏が過ごしていた家がそこに・・・

 

P5178547s

素敵な洋館です。

 

P5178555s

青空のもと・・・

 

P5178560s

瓦の屋根にハート型の文様がイイ感じです。

 

P5178561s

とても大切にされた様子がうかがえますねぇ~今風にいうと、お・も・て・な・し でしょうか。

 

P5178564s

正面から見ると、どことなくグラバー邸のイメージです。

 

P5178563s

説明を聞き、東繭倉庫へ戻ると・・・

 

P5178569s

グルーブの谷間か、人気の無い建物前にお花が素敵でした。

 

P5178572s

戻ってきて、ガイドさんが話してくれた最後のことは・・・

 

P5178578s

煉瓦職人が自分の作品であることを示す屋号のこと・・・

 

P5178579s

傘に漢数字の二・・・

 

P5178581s

自分たちの煉瓦が使われたことを記録するために小さく印を彫り込んだそうです。

 

P5178584s

約40分のガイドツアーを終え、ガイドさんにお礼を言って見上げた先には、煉瓦職人、ブリュナ氏、その他大勢の方の想いを表すかのような、輝く太陽がありました。

 

P5178585s

さあ、建物の裏側へ・・・って、右手の様子が・・・(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(7)・・・今も世界に誇る製糸技術に感動

ボランティア・ガイドさんの話に耳を傾けながら。繭倉庫の左側へ・・・

 

P5178503s

電気が潤沢ではなかった時代の知恵、明り取りのある建屋・・・

 

P5178502s

ここが・・・

 

P5178505s

日本が世界に誇る技術の結晶、繰糸工場です。

 

P5178507s

オートメーションのある意味で発祥かもしれません・・・

 

P5178508s

繭が・・・

 

P5178533s

かごに入れられ回ってきます。

 

P5178532s

ある意味、回転ずしコンベアの原型かもしれませんね。

 

P5178523s

そして、受け口へ落とされ・・・

 

P5178522s


この繰糸機へおくられます。

 

P5178535s

説明板があるのですが、ただただ その精巧さに驚くばかり・・・

 

P5178524s

日本の技術の素晴らしさが脈々と受け継がれてきているんだ、って誇りと自信を強く感じた瞬間でもあります。造ったのが、ニッサンだってことにも驚きました。

 

P5178539s

凄いのは機械だけでなくて、繭玉もです。ガイドさんが見せてくれた繭の一番下、中央のくびれが印象的な小石丸という日本固有の品種。糸になったときの、しなやかさと優雅な風合いが素晴らしいそうです。

 

P5178527s

繰糸機の元となったのがこのブリュナ・エンジン。フランス人の支援が元にあったのです。そのブリュナ氏に関する施設も残されていました。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(6)・・・想いを馳せる世界遺産

夏至の621日に、正式に世界遺産の登録認定された富岡製糸場・・・

 

P5178459s

この週末、多くの方がこの上州富岡駅へいらしたことでしょう・・・

 

P5178461s

道の彼方此方に・・・

 

P5178462s

案内が出ているので、迷わずいけますね~・・・

 

P5178463s

誘惑に負けず・・・

 

P5178465s

良くわからない近道はヤメテ・・・

 

P5178466s

楽しい看板を見て・・・

 

P5178468s

いよいよ近づいてきました・・・

 

P5178471s

ニュースで見かけた赤レンガが見えてきて・・・

 

P5178474s

駅から10分ちょっとで、、大行列の富岡製糸場に到着です。

 

P5178475s

壁沿いに並んで約10分・・・

 

P5178477s

正門へ・・・

 

P5178478s

受付の先に人の塊が見えます・・・

 

P5178482s

そうなんです、富岡製糸場はただ建物や装置を見てもキット「へ~」で終わる世界遺産と思います。

 

P5178483s

15-20人単位で数分おきに出発するボランティアガイドさんの説明に耳を傾け、頭の中で当時を思い浮かべ、目でその遺構から実感する・・・

 

P5178485s

・・・遺産でした。

 

富岡製糸場のバックグラウンドに関しては多く語られているんで、ここでは私がとっても気になったことを。それが、日本とフランスの関わりです。

 

大相撲が好き、日本のアニメが好き、フランスってそういうつながりばかり目についていたんですが、(私の歴史不勉強はひとまず置いて・・・)フランスがとても関わっていたことを知り、日本との強い関係を昔から持っていたなんて、ちーとも知りませんでした。

 

P5178491s

良く写真にでる東繭倉庫・・・繭の大切さ・・・ヨーロッパで製糸業が盛んだったのが繭の病気が蔓延し、世界にそれを求めた・・・日本も産業として国を挙げて取り組みたかった・・・最終的に絹の街・フランスのリヨンからポールブリュナ氏が招かれこの製糸場が建設された・・・

 

P5178486s

東繭倉庫を始め主な建物が出来た明治五年・・・

 

P5178488s

1872年・・・、142年の物語れる歴史がここにあります。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(5)・・・上州富岡へ

竹の皮に包まれた納豆や、烏骨鶏の卵、そして下仁田らしいコンニャクの味噌漬けなど・・・

 

P5178367s

上州・里のもてなし朝食をいただいて・・・

 

P5178371s

宿を出荷します・・・

 

P5178363s

青モミジが青空に映えて見事なこと・・・

 

P5178361s

朝はタクシーで下仁田駅まで・・・

 

P5178380s

空、山、川、上州の美しい自然が車内からでも堪能できます・・・

 

P5178382s

そして、ホッコリ感満点の駅へ到着・・・

 

P5178388s

ホームへ出ると・・・

 

P5178392s

可愛い電車が停車していました・・・

 

P5178395s

うさぎさん?・・・

 

P5178398s

可愛いラッピングです。

 

P5178404s

P5178405s

対して燃えるオレンジのロングシート・・・

 

P5178400s_2

さあ、発車・・・

 

P5178406s_2

鉄路がどんどん収れんしていき・・・

 

P5178408s

やがて、単線に・・・

 

P5178414s

鮮やかな緑の中を進み・・・

 

P5178418s

駅でもないのにポイント・・・

 

P5178420s

列車交換用の分岐線でした。

 

P5178422s

行き違いのシマウマ電車の先でまた1本に・・・

 

P5178423s

橋を渡り・・・

 

P5178427s

車窓に広がるのは・・・

 

P5178439s

南上州の山々・・・

 

P5178438s

やがて、ポイント越しに島式ホームが現れ・・・

 

P5178444s

上州富岡駅へ到着です。

 

P5178449s

のどかなホームと・・・

 

P5178454s

洒落たデザインの駅舎との対比が印象的でした。

 

P5178456s

ここから、歩いて15分ほどのところに、富岡製糸場はあります。さあ・・・(続く)

P5178458s

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(4)・・・下仁田温泉 清流荘

緑と清流に囲まれた一軒宿の温泉・・・

 

P5178379s

テルマエ2のポスターもある・・・

 

P5178378s

秘湯を守る会お馴染みの提灯・・・

 

P5178374s_2

民芸調の入口から・・・

 

P5168315s

2階に上がると山肌沿いにお部屋が・・・

 

P5168316s

少しお茶して休んで、まず川沿いの庭に作られた大きな露天風呂へ行ったのですが立ち寄りの方で混雑していて写真はありません。川風がいい感じでした。

 

P5168319s

という訳で、青モミジなどが素敵な廊下をそのまま館内の内湯へ・・・

 

P5168321s

おっ、貸切・貸切・・・

 

P5168329s

珍しい炭酸水素泉(少しシュワシュワ)の下仁田温泉・・・

 

P5168324s

川のせせらぎを楽しみながら、ゆったりした時間が流れています・・・

 

P5168331s_2

そして、お楽しみの夕食・・・

 

P5168335s_3

ヤマメの塩焼きや・・・

 

P5168337s_2

コンニャク~、さすが下仁田 本場の山フグです!

 

P5168346s

そして下仁田、ネギの天ぷらも・・・

 

P5168343s_2

牡丹鍋~、そして今宵のお供は・・・

 

P5168342s_2

その名も妙義山、富岡製糸場の西に広がる山々の名がついた冷酒・・・

 

P5168348s

そして、デザートのお皿・・・

 

P5168351s

食べ終わった後に残された青モミジ・1枚、日本の旅館の素晴らしさを改めて実感した夜でした。

 

P5178360s

そして、力一杯爽やかな翌日、富岡製糸場のある上州路の朝です。(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(3)・・・下仁田駅から一軒家の温泉へ

高崎駅を出発して1時間・・・

 

P5168255s

鉄道模型のような美しいポイントを経て、下仁田駅へ到着しました。

 

P5168258s

行き止まり、しっかりターミナル駅です!

 

P5168259s

こうしてみると、多彩な電車でなかなか賑やか。

 

P5168263s

のどかな駅舎の方へ・・・

 

P5168266s

ねぎとこんにゃくだけでなく、人情もアピールする改札を抜けると・・・

 

P5168268s

懐かしさ感じる駅舎です。

 

P5168274s

記念にパチリ・・・

 

P5168275s

駅を出て川沿いに・・・

 

P5168278s_3

山の中へ・・・

P5168286s_3

大丈夫かなって思っていると、宿の看板登場・・・

 

P5168287s

小道へ入って・・・

 

P5168288s


稜線にかかったお日様がイイ感じです。

 

P5168293s


山道を進み、駅から25分くらいで谷が現れて・・・

 

P5168297s


道端に旅館の看板、そしてその下の川向こうに一軒家の下仁田温泉・清流荘さんです。

 

P5168304s

橋を渡ると・・・

 

P5168309s

名前の書かれたお出迎え板が、歓迎してくれました。なんか、久しぶりです!(続)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(2)・・・のどかな上信電鉄風景の中を下仁田駅へ

どこか懐かしい感じの上信電鉄・高崎駅。

 

P5168157s

この路線では珍しいクロスシートが嬉しい車内・・・

 

P5168158s

歴史を感じる鉄路を進むと・・・

 

P5168161s

P5168164s

上州のシーラカンスと鉄道ファンに呼ばれているデキ電気機関車が・・・

 

P5168166s

さすが、伊予鉄道に次ぐ歴史ある地方鉄道です。

 

P5168168s

そして単線へ・・・

 

P5168171s

のどかな駅・・・

 

P5168175s

緑と空&みなもの青が鮮やかな烏川を渡り・・・

 

P5168190s

ぎざぎざ歯型の妙義山系が遠くに見えてくると・・・

 

P5168193s

明日、下車する上州富岡駅へ。富岡製糸場への最寄駅であり、かなりの方が下車しました。

 

P5168194s

身軽になった7000系。駅で広がった鉄路がまた1本になり・・・

 

P5168197s

隣の西富岡駅は片面のんびり雰囲気・・・

 

P5168198s

目の前に妙義山系南端部の山々を遠望し・・・

 

P5168200s

また、小さな駅へ・・・

 

P5168203s

ちゃんと駅長さんが改札します。

 

P5168206s

そんな目の前には、イイ感じの鉄路風景・・・

 

P5168209s

里の島式ホーム、別れて・合流して・・・

 

P5168208s

豊かな緑の中を進みます。

 

P5168223s

目の前には山が迫ってきて・・・

 

P5168227s

京成・鬼越駅では不思議な感じだったホームの遮断機も違和感なく・・・

 

P5168243s

思いっきり緑の中へ・・・

 

P5168247s

路線唯一のトンネルを抜けると・・・

 

P5168253s

拡がっていく鉄路の先に終点の下仁田駅が見えてきました。なんともイイ感じです。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

フランス人とつくった世界に誇る技術革新・富岡製糸場を巡る旅(1)・・・651系になった特急草津と上信電鉄

日本の近代化、経済そして産業の発展の歴史を今も伝え、日本18番目の世界遺産が内定した富岡製糸場。

 

P5178522s

多数のニュースが流れる中、フランスがとても寄与していたことを知ったのです。富岡製糸場のバックグラウンドに触れとても興味がわき、新緑が美しいであろう上州路へ、先月行ってきました。

 

 

スタートは上野駅1階ホーム・・・

 

P5168063s

乗車案内札がいい感じの草津へ・・・

 

P5168067s

温泉のヘッドマークがナイスな車内で、早速お昼・・・

 

P5168071s

特急草津は静かに発車、尾久車両基地で3月まで担当していた185系に挨拶し・・・

 

P5168075s

都電と交差する王子を経て、荒川を渡り・・・

 

P5168084s

大宮駅付近で東北・上越新幹線の高架、続いて埼玉ニュ―シャトルと出会うと・・・

 

P5168091s

てっぱくの横を通り・・・

 

P5168109s

やがて車窓左(西)に、山並みが遠望できるようになると・・・

 

P5168121s

利根川に注ぎ込む烏川を渡り・・・

 

P5168125s

見慣れぬ電気機関車や、カラフルな電車たちが登場すると・・・

 

P5168127s

高崎駅へ到着、乗り換えはっと、0番線でした!

 

P5168130s

ダルマに迎えられ、0番線へ向かいます。

 

P5168132s

そして、長い通路の先にの数字が見えてきました!

 

P5168135s

同時に世界遺産登録への想いも伝わる上信電鉄の高崎駅構内です。

 

P5168145s

昨年走り出した7000系に乗って・・・

 

P5168147s

製糸場の立地に選ばれた上州の地を感じるべく、終点まで行きましょう。

 

P5168153s

信号が青になりました。0番線から出発進行!(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

2014年 父の日の記録

十代の娘からは・・・

 

Img_0065s

甘いもの2題。良くわかってるぅ!

 

Img_0070s

早速、イヤー コンビニスイーツ侮れません。そうしていると・・・

 

Img_0073s

父の日ディナーのお肉登場。サシがイイ感じです。そうしていると・・・

 

Img_0074s_2

塩ゆで枝豆登場で、ちょっとくぃっと。そうしていると・・・

 

Img_0081s

そろいました~、岩手のフルーティな赤ワインとともに・・・

 

Img_0076s

ミディアムレア(たまたま)がぴったり。塩コショウのみでお肉の味わいを堪能しました。

 

Img_0082s

そして、同じく十代の息子からは、父の日セットなる詰め合わせ。いやー、バラエティに富んでいて楽しい!

 

これで、サッカー勝っていればなあと思いつつも、家族に感謝の父の日でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

三陸鉄道応援第2章な土曜日、えっ あれが!(後編)・・・東京タワーで切符カット?

夏のような日差しでギラつくのは・・・

 

P6149697s

 

いつもは都営三田線の御成門駅で下車しますが・・・

 

P6149671s

一昨日は東京メトロ群座線・上野広小路駅から日比谷線・神谷町駅へ・・・

 

P6149674s

ビジネスエリアだけあって、土曜日は静かな駅構内から地上に出ると、国道一号線沿いに案内が・・・

 

P6149681s

6月を感じるアジサイ・・・

 

P6149689s

そして、永井坂を進むと・・・

 

P6149691s

爽やかな風と共に、なにやらゴーカートの集団、楽しそう・・・

 

P6149699s_3

鯉のぼりのいなくなったタワーですが・・・

 

P6149702s

館内では、七夕飾り~!

 

P6149706s

楽しい館内エレベーターで上がっていくと・・・

 

P6149712s_2

三陸鉄道30周年記念のつながるプロジェクト・・・

 

P6149709s

写真だけでなく年表でその歩みが紹介され、ジオラマでは3.11前の島越駅があるジオラマで36(サンリク)形のキハが、元気に走っていました。

 

P6149714s

そして、今回欲しかったものが、これ・・・

 

P6149722s

三陸鉄道 キット、ずっとつながるプロジェクトで作られた、キップになるキットカット切符カットです。

 

P6149725s

100円で購入、このパッケージ 三陸鉄道に乗車すると190円のキップになるというものです。いやー、素晴らしい。ところで、このラブリーなテーブル・・・

 

P6149718s

期間限定で、マザー牧場カフェがデコレーションされています。さあ、ミルクの見ながら1番札で待つのは・・・

 

P6149724s

先のカフェ入口でイラスト紹介されていた昔懐かしナポリタン!

 

P6149720s

ケチャップに程よい塩加減がたまらない・・・

 

P6149705s

珍しいお菓子に三陸鉄道にミルクにナポリタン・・・いろいろ楽しめた東京タワーの土曜日でした。(終)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

三陸鉄道応援第2章な土曜日、えっ あれが!(前編)・・・まずは上野アメ横で梅雨用のものを

先週水曜日に六本木での写真展へ行きましたが・・・

 

Img_0054s_2

もう一か所、応援プロジェクトが開催されています。

 

 

まずは、梅雨が終わったのではと見間違うくらいの青空広がる上野駅・・・

 

Img_0008s_2

山手線と来年に東北縦貫線となる現東北線の停留線の間に、結構利用する養老の瀧。チェーン店で別にっていう方もいますが、モツ煮込みなど・・・

 

Img_0010s

有名店の大統領に引けを取らない旨さ。

 

Img_0020s

ちなみに、養老の瀧では、マグロぶつ、厚焼き玉子明太子添え、そしてモツ煮込みが3種定番です!

 

Img_0017s

たい焼きの有名店ある上野駅前通り側(山手線外側)に出てきて振り返ると・・・

 

Img_0018s

ここを境に隣の御徒町駅前通りに変わります。

 

Img_0021s

10時半、写真には無いですが、ほろ酔いでイイ感じのお客さんがいっぱい・・・

 

Img_0023s

店外暑いんで、すだれと大型扇風機が大活躍・・・

 

Img_0027s

南下して山手線の内側に入るとアメ横!

 

Img_0026s_2

その向かいには、上野の庶民派スーパーである吉池の改装テンポがデーンと・・・

 

Img_0025s_2

そして、昔ながらの構えを維持している御徒町駅、イイナア。

 

Img_0024s_2

そうそう、上野に来たのは、梅雨に履くための滑りにくいソールのUチップシューズを購入するためでした!

 

Img_0056

さあ、行きましょう。(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

京成本線にある のどかな駅と直ぐそばにあるトマトジュレ麺(後編)

乗車してきた電車が走り去った線路風景を振り返ると・・・

 

P4146371s

上野駅行きの電車が発車・・・

 

P4146369s

本線とは思えない、のどかな雰囲気ただようホームが・・・

 

P4146372s

ホッコリする影たちが現れました。

 

P4146374s

市川市にある鬼越という駅です。

 

P4146378s

何が印象的かというと・・・

 

P4146379s

幹線(本線)とは思えない、ホーム遮断機ある風景・・・

 

P4146381s

都心でこの形式は、寅さんの柴又駅とこのくらいでしょうか。

 

P4146386s

自動改札も3カ所・・・

 

P4146391s

こじんまりした駅のそばはお花が沢山・・・

 

P4146388s

駅に入ってくる電車を見て・・・

 

P4146400s

真間川というところを渡って・・・

 

P4146404s

JR総武線の高架をくぐると、コルトンプラザというショッピングパークのはしりだった施設があります。

 

P4146414s

シネコンで遅ればせながら、井上真央主演の白雪姫殺人事件を見るためでした。

 

P4146422s

そして、この日のランチは、ポピュラーと言えばポピュラーなミスドで、冷静麺を・・・

 

P4146425s

一昨日まで記事だった京急を思い起こす(コメントくださるアワムラさんは・・・)、真っ赤なトマトジュレの冷麺です。甘い酸っぱいスパイシーって、暑い日にはピッタリの1品。ドーナツ付きでお茶気分も味わえる、リーズナブルでなかなかなメニューですね。

 

P4146417s

お腹満足した後は、告白が鮮烈だった湊かなえさんのミステリーで、鑑賞欲も満足。

 

P4146412s

スクリーンの空間が、青空を一層まぶしくしてくれました。(終)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

京成本線にある のどかな駅と直ぐそばにあるトマトジュレ麺(前編)

京急が北側で乗入しているのが、その昔「京成電車で初詣」って成田山PRで知られた京成電鉄です。

P4146295s

この日は、乗入とは関係ない上野駅発の本線が通る日暮里駅・・・

P4146297s

2階建て駅の上層階から、従来の成田空港アクセス主流だった本線の特急に・・・

P4146299s

青信号になり、東北本線、常磐線や山手線の線路を左手に見下ろして発車・・・

P3164866s

常磐線をまたぎ、荒川を渡って・・・

P4146310s

2階建て構造の青砥駅の手前で右側の上り線を下に、正面に赤い京急電車をチラ見して・・・

P4146317s

青砥駅を出発すると、京急線(都営浅草線経由)と合流し複々線が登場・・・

P4146322s

赤い電車が隣に来ると、高砂駅に到着。

P4146326s

とにかく複雑極まりないポイントの中へ、まず京急の600系がスカイアクセス線へ向け発車・・・

P4146331s

後を追うように、、京成本線も発車・・・

P4146335s

スカイアクセス線は上を左へ、そして京成本線は複線に・・・

P4146339s

東京都最後の駅・江戸川駅・・・

P4146343s

そして、このように江戸川を渡り(昨年記事の市川アイリンクから撮影)・・・

P5057578

千葉県最初の国府台駅へ・・・

P4146347s

橋の高さから一気にくだって、市川真間駅・・・

P4146350s

そして、市川市唯一の特急停車駅・京成八幡駅で下車・・・

P4146358s

その後やってくる普通電車で、上野駅行きとすれ違いながら・・・

P4146361s

島式の小っちゃい駅が登場・・・

P4146365s

本線上にありながら、富士急記事の下吉田駅と、改札口・ホーム間が同じ構造な駅、鬼越駅と言います、に到着しました。(続)

P4146367s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

中井精也さん と Ms.シーナイーストン な水曜日の夜・・・トレイン&トレイ六本木ミッドタウン

昨晩、思いっきりトキメク3時間を過ごしました。

 

P6119669s

 

 

 

 

記事にたびたび登場している六本木のビルボードライブに、モダンガールなどで有名な80年代の歌姫・シーナイーストンが出演・・・

 

P6119661s

しかも、ちょうど今、そのミッドタウンにある富士フイルムのギャラリーで・・・

 

P6119662s

ゆる鉄で人気の鉄道写真家・中井精也さんの・・・

 

P6119663s

三陸鉄道復興への軌跡・写真展が開催されていました。

 

P6119665s

ライブの前に訪問すると、そこに自分が立ち会っているかのような錯覚を覚える、あったかい気持ちになる素晴らしい写真の数々、って・・・

 

P6119664s

なんと、ご本人がいらっしゃるではないですか!来場者の皆さんに声をかけていらっしゃる気さくな感じは、まさしく中井さんだ~。ココログのブログ・一日一鉄のことなど独り占めしないよう23分談笑させていただきました。写真もどうぞって(念のためサインの似顔絵を)!!そして、記念に写真集を購入したら、なんと最初の写真のように、名前入りでサインまで!!!・・・

 

P6119658s

その高揚感をもったまま、ライブへ・・・

 

P6119659s

80年代ベスト盤で聴きつくした、歌姫・シーナイーストン。ご自分で55歳とおっしゃっていましたが、素晴らしい声量。オープニングが、ディスコ盛り上がりの定番・君の瞳に恋してるって、いきなりミラーボール回って、なんと素晴らしい入り!ジャズやオールデーズの後、テレフォン、始まったらフロアで踊りだす人でるは、モーニングトレイン(9to5)、そして007のテーマ曲になったユアイズオンリーで、メイン終了。アンコールは、これでしょ!のモダンガールで最高潮・・・

 

P6119666s

今日は一人だったので、ときめきのおすそ分けに、浅野屋さんのパンをお土産にいっぱい買って帰りました。

 

P6119667s

Wトレインだったなあ、なんて、雨もイイナア なんて、とっても気持ちのいい六本木からの帰り道。そうそう、どちらも今日までで~す。(終)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

あじさい祭りな日曜日後半・・・文京区白山神社

荒川車庫前駅から早稲田駅行きに乗って・・・

 

P6089572s

飛鳥山駅経由新庚申塚駅で下車・・・

 

P6089579s

都営三田線へ・・・

 

P6089585s

西巣鴨駅から3駅で白山駅です。

 

P6089590s

そして地上に出てすぐ、あじさい祭りの白山神社へ到着です。

 

P6089594s

大勢の見物客ですが、雨に潤ったアジサイたちが大歓迎してくれました。

 

P6089603s

手水舎まわりは、ちょっと少なかったですかね。

 

P6089608s

そのかわり、これこれ・・・

 

P6089616s

白山あじさい富士が見事でした。

 

P6089622s

とりわけ、赤系のアジサイが目を引きましたね~!

 

P6089613s

拝殿が多くの方で、お参りできないな~って思ったら・・・

 

P6089609s

歯ブラシ供養でした!

 

P6089626s

そういえば、お腹が空いてきました~って、町内会の模擬店多数。ここは焼きそば300円!

 

P6089641s

雨の雫がひときわ鮮やかさを生んだ、青もみじ・・・

 

P6089621s

がくアジサイなどに包まれ、一際おいしい!

 

P6089611s

鳥居から白山駅に通じる通りを見ると、見物客がまだまだたくさん・・・

 

P6089639s

あじさい祭りは、今週末までやっています!(終)

P6089598s

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2014年6月10日 (火)

路面電車の日に・・・都電の記念イベントな日曜日前半

今日610日はロ・テン=路・電=路面電車 ということで、1995年に制定された路面電車の日です。

 

P6089495s_2

それを記念して8日の日曜日に都電記念イベントが、荒川車庫前で3時間だけ行われました。

 

P6089499s

場所は都電の車庫がある、その名も荒川車庫前駅です。

 

P6089512s

前日からの大雨が小康状態になったせいか大勢の方・・・

 

P6089510s

懐かし車両の撮影会・・・

 

P6089506s

奥には、アダルトなバラ色の新型車両も控えています。

 

P6089515s

その右側には・・・

 

P6089514s

コメントくださるみぽりんさんが紹介されていた、都電想い出広場。旧型都電がイイ感じです!

 

P6089517s

そして工場へ・・・

 

P6089519s

懐かしそうなもののオンパレードでした。

 

P6089530s

車庫のジオラマも・・・

 

P6089533s

もちろん、下から上から点検ゾーンも・・・

 

P6089541s

工場の奥に出ると、そこではトラバーサーの乗った黄色い都電が来たり行ったり・・・

 

P6089560s

トラバーサーの運転台と一緒に・・・

 

P6089557s


記念と言えば、この会社あっての都電 「アルナ」のプレートも。造っているのは阪急やスペーシアばかりじゃ、ありませんよ~。

 

P6089564s

点検工場らしい、体験型イベントあって、みんな一生懸命です。

 

P6089568s

短い時間でしたが、ひととおり楽しんで帰るときに出会ったのは、アジサイ色の電車・・・

 

P6089570s

そっかぁ、アジサイ・アジサイ・・・

 

P6089537s

素敵なイベントに感謝しながら、さあ 次の場所へ・・・(続)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

京急ファミリーフェスタな日曜日⑤・・・年に一日だけ走る電車へ

どうですか、記念弁当この内容・・・

P5259302s

シウマイ弁当をベースにして、ちょっとイベント弁当っぽくアレンジ・・・

P5259304s

写真上部やや左側に映っているんですが、サイコロ型のこのタケノコの煮ものが大・大好きなんです。若干甘めなんですが、タケノコらしい風味が満点で。まず、ジュルジュルしてきちゃいました(800円!)。

P5259301s

工場公開の記事でたびたび登場の運搬装置・トラバーサー・・・

P5259037s

塗装工事中の車両も・・・

P5259130s


それプラス内装工事中の車両も・・・

P5259138s

屋外では、珍しい保存車両の展示も・・・

P5259038s_2

行先表示板も時代を感じます。

P5259122s

神奈川という地もイメージを与えてくれますね。

P5259124s

さあ、お帰り電車へ向かいましょう。

P5259270s

25分並んで、13:00久里浜事業所発、京浜久里浜駅行きの電車へ・・・

P5259275s

社員の方にキップを見せて(京浜久里浜駅までは無料)・・・

P5259299s

年に一度だけ、一般の方向けに使われる短いフォームから1000系に乗車します。

P5259286s_2

時間になると、静かに発車。まずは、会場の奥の方へ。信号編隊の先っぽの方が見えますね~。

P5259288s

車窓反対側は本線、600系が疾走していきます。

P5259293s

やがて、本線へのポイントを通過し停車・・・

P5259295s

本線にのっかったところで進行方向を変え、もう一度 会場横を走り京浜久里浜駅へ到着。

P5259298s_3

ホームの反対側で直ぐに接続する泉岳寺駅行1000系快速特急に接続。いや~、よく計画された基地公開でした。関係者の皆さんに感謝しつつ乗り込んだ車内では、直ぐにうとうと・・・梅雨に入る前の日曜日のことでした。(終)

P5259261s

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

京急ファミリーフェスタな日曜日④・・・水平移動を使ったダイナミックな車体上げ&年に1日だけのお弁当

車体を下から押し上げる装置がセットされました。

 

P5259190s

押し上げられた車体の下から、奥の景色が見えてきました!

 

P5259200s

1分間に数10センチというゆっくりした速度で車体が上がっていきます。

 

P5259208s

完全に上がったところで、昨日記事最後に登場した装置が近寄ってきて、何やらワイヤーが・・・

 

P5259209s

そして台車にかけられ、点検用に引っ張られていき・・・

 

P5259212s

装置の中に収納されちゃいました!

 

P5259217s

台車の無い車体・・・

 

P5259223s

台車を収納した装置が去って、仮の台車がやってきました!

 

P5259224s

その台車をセット・・・

 

P5259229s

そして・・・

 

P5259241s

目の前を、仮台車をはいた2000系が去っていきます。

 

P5259243s

P5259246s


航空機を移動させるトラクターが押していたのでした!

 

P5259250s

舞台から退場し、一連の年に12回だけのショー”1回目が終わりました。関係者の皆さん、お疲れ様でした。

 

P5259253s

所定位置についた2000系のお顔にお疲れ様をいって・・・

 

P5259266s

工場を出ると、なにやら気になる案内板を掲げた女性が・・・

 

P5259094s_2

思わず引き寄せられ、ついて行くと崎陽軒のブース・・・

 

P5259082s_2

シウマイまん も美味しそうですが、ここは・・・

 

P5259151s_2

(よゐこ濱口さん風に)買ったド~、年に1日だけ販売するお弁当(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

摩天楼と海老フライな日

雨の季節になっちゃいましたね。

 

この時期になると、なぜか高橋洋子さんの小説「雨が好き」を読んだ記憶を思い出しちゃいます。

 

そんな季節に滑り込みセーフだったのは・・・

 

P5148073s

何やらニョキニョキ・・・

 

P5148072s_2


なんて、コンデジその2で撮影した新宿の副都心です。

 

P5148064s_2

でも、こうして引くと、高層ビルを取り巻く緑の多さを実感します。

 

P5148065s_2

同じように、都庁も緑や日差しと相まって、イイ感じです。

 

P5148075s_3

そんな高層ビルに上がって・・・

 

P5148087s_2

かしこまったランチを・・・

 

P5148090s

メインディッシュは、海老ふりゃー!

 

P5148088s

尻尾までカリカリでタルタルとあうこと!千円をチョット超えちゃいましたが・・・

 

P5148083s

ヒルトンホテル越しとはいえ、ちょっと展望も楽しめて、ゆったり過ごすことができました。

 

P5148094s

帰り道の新宿駅ロータリーもなんか面白い!(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

京急ファミリーフェスタな日曜日③・・・基地公開で工場と言えば、でもいつもと違う車体上げ!

車両留置場の終点を見ながら・・・

 

P5259080s_2


工場の方へ移動します。

 

P5259084s

そんな工場に・・・

 

P5258160s

双頭電車?ひょえーって、コンデジその2もナカナカ楽しませてくれます。

 

P5259089s

なんて、屋内点検スペースでのヒトコマ・・・

 

P5259090s

4編成がバッチリ納まっていました。その左側の建屋には・・・

 

P5259101s

そうなんです、大好きな車体上げ実演ですが、いつもと雰囲気違いますよね・・・

 

P5259160s

いち早く最前列で待つこと30分強、黄色い虎模様の車が現れ、先ほどの右側にいた2000系に近づいて行きます。

 

P5259169sku

しばらくすると、戻って来ました、なんと赤い電車を引っ張ってきました~。

 

P5259177s

そして所定位置まで牽引完了、横方向にまっすぐ走っていた牽引車が、何気に縦方向にまっすぐ走って行っちゃいました。器用なやつです!

 

P5259180s

さあ、所定位置についた今日の主役・・・

 

P5259184s

・・・と思ったら、係員の誘導で、奥から新しい装置が登場・・・

 

P5259187s


写真撮れませんでしたが、2億4千万の瞳まで行かないものの、とっても多くの方々が興味津々見つめていました。それは・・・(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

京急ファミリーフェスタな日曜日②・・・京急 信号戦隊イエイエ編隊登場!

出ました、出ました、黄・青・赤・・・

 

P5259075s

なんですが、ここに行くまで・・・

 

P5259077s

無茶無茶混んでました!

 

P5259055s_2

少しずつ前に行き、左側のこれぞ京急赤編隊・・・

 

P5259060s_2

斜めに信号編隊・・・

 

P5259063s

左端へ行って、今日の編隊全景!なんですが、入りきりませんでした。

 

P5259070s

人込みの中を一度後ろに戻り、って、折角なので足元もパチリ。線路あると乗っちゃうんですよね~。

 

P5259073s

そして、また後ろから右手の前方に来て、信号編隊をパチリ。

 

P5259053s

そんな中、制服着ていた社員の方に1枚お願いしたら、なんと帽子を貸してくれました!フィギュア鈴木選手のコーチである長久保さん似の方、ありがとうございました。

 

P5258156s_2

そうだ、コンデジその2で少しオモシロ写真を・・・

 

P5258159s

わー、ぶつかる~って、そんな工場へ行きましょう。(続)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

京急ファミリーフェスタな日曜日①・・・まず、年に1日だけ運転する電車の乗車券を

先週の日曜日に、京急の車両工場公開がありました。

 

P5258969s


都営地下鉄から乗り入れている電車は、品川駅手前で地上へ・・・

 

P5258975s

八ツ山橋で山手線や東海道新幹線をまたぎ、箱根駅伝の舞台となる第一京浜沿いを南下・・・

 

P5258982s

六郷川を渡って神奈川県へ、入ってすぐ川崎大師方面へ向かう電車を見て・・・

 

P5258985s

横浜を過ぎ、品川をでて50分ほど経ってくると緑多い三浦半島の地へ・・・

 

P5258999s

ビルが多くなって横須賀、そして浦賀駅行きの線と別れ・・・

 

P5259003s

車窓左に何か現れてきました!としていると久里浜駅に到着。

 

P5259005s

大勢の乗客が下車し、目指すのは・・・

 

P5259008s

会場へ向かう送迎バス、イヤーそれにしても長い列です。

 

P5259017s

駅前風景を見ながら、いよいよ乗車・・・

 

P5259023s

下車後、列に従って歩くと、ISOをしっかり取得している今日の会場となる工場へ到着しました。

 

P5259029s

10時になり、開場。しかし、凄んごい人・人・人・・・

 

P5259033s

 

 


まず並ぶ列は、この工場から年に1日だけ発車するお帰り列車の乗車券購入です。

 

初めての参加ですが、いろいろ調べてわかり、こりゃ この貴重な列車に乗らなきゃって、思った次第です。

 

P5259047s

さあ、最初は車両撮影会、電車の信号機状態が見えていました。ワクワク・・・(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

初夏な上野駅・・・あじさい&クリあん

61日 日曜日、暑かったですね~!

 

P6019419s

真夏を思わせる日差し降り注ぐ、上野駅・・・

 

P6019420s_2

ですが、構内は・・・

 

P6019422s

アジサイが飾られ・・・

 

P6019417s

初夏の雰囲気漂います。

 

P6019418s

花言葉は、元気な女性なんですね・・・

 

P6019414s_2

そんな上野駅ナカには、女性はもちろん、好きな男性も元気にする みはしさん・・・

 

P6019409s_2

かき氷の一歩手前、初夏にピッタリの甘味・・・

 

P6019410s_2

This is a simple “クリームあんみつ”! コメントくださるmikさんのように自家製出来ないので、ここで・・・

 

P6019413s

ソフト風アイス、愛想なくカットしたこしあん、添え物は缶詰ミカン2個、柔かmaxの求肥、、これに舌触りのいい寒天と程よい塩加減のエンドウ豆と蜜が相まって、初夏をいただいた感じでした!今度はかき氷かな・・・(終)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

富士急、芝桜な土曜日の〆は・・・・テルマエ&京風お弁当

富士登山電車で到着したのは、お花の飾られた富士急・大月駅・・・

 

P5108851s

この日、どうしてもして、おきたかったことがあり・・・

 

P5108852s

緑の山々中心にあるJR大月駅から・・・

 

P5108861s

E253系かいじに乗り、鳥沢の大鉄橋を渡って・・・

 

P5108865s


小仏峠を超えて・・・

 

P5108877s

桃太郎が待機する八王子を経て・・・

 

P5108880s

以前の中央快速だった201系に豊田車輌基地で出会い・・・

 

P5108883s

多摩川を渡り・・・

 

P5108887s

新宿へ戻ってきました。

 

P5108898s

一路、有楽町マリオンの日劇へ・・・

 

P5108907s

テスマエロマエの2です。

 

ええっ!つてことを、真面目に行なうことで生まれる笑い、無茶苦茶なタイムスリップと相まって、笑える笑える・・・

 

P5100278s_2

等しクリわたってお腹が空いたところで、1つ下の元西武、今のルミネへ・・・

 

P5100280s

おばんさいのお店でお造りや天ぷらの付く京風弁当を楽しみました。

 

P5108911s

最後にゆずのアイスと映画鑑賞特典のお抹茶を楽しみながら、盛り沢山な1日を振り返ってのでした。(終)

 

P5108914s

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

富士急オモシロ電車と芝桜な土曜日⑦・・・オモシロ電車3 東京から一番近いところで走っている水戸岡氏デザインの電車でゆったり~

530日記事から続く、3つ目のオモシロ電車は、ななつ星やA列車で行こうなどJR九州の車両デザインを手掛けている工業デザイナーの水戸岡氏です。

 

P1018773s

20111月に乗車記事にした はやとの風やしんぺいから約3年ぶりに乗車した水戸岡氏テイストの車内は・・・

 

P1018783s

赤富士と呼ばれる、シックなぬくもり感じる後ろの車両。ソファ、本棚、模型ボックス・・・

 

P1018791s

車窓には富士山のある里の沿線風景もあって、車内外どこを見ればいいのか迷っちゃいます。

 

P1018795s_2

一方、前の車両は、青富士と呼ばれる、明るいウッディ感に包まれた雰囲気満点。

 

P1018806s_2

車窓風景を楽しめるよう造られたチェアの隣には、赤ちゃん用のサークルが置かれていました。小っちゃい子連れの皆さんもゆっくり車窓風景が楽しめる仕掛けですね。

 

P1018796s_2


ハートのつり革もあるその先に、ソファそして運転席・・・

 

P1018801s_2

富士急のロゴマーク越しに鉄路風景が広がります。

 

P1018818s

そんな、車窓に登場したのは・・・

 

P1018821s

ハートの芝桜です!

 

P1018822s

今日の旅の締めくくりにふさわしい風景。そして、沢山のカメラマンたちの被写体になる富士登山電車でした。

 

P1018824s

電車は、富士急のスタート地点だった大月の街へ・・・

 

P5108836s


3本の電車、2つの芝桜、そして1つの駅・・・

 

P5108845s

P5108849s



富士登山電車が今日の想い出をそのまま乗せてきてくれた、GW明け土曜日のことです。(終)

 

P1018793s

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »