« 節分前に記事のせなくちゃ・・・ | トップページ | 2014冬の点と線 さよならE3系こまち(8)・・・冬の曇天/日本海を北上する485系特急・北越 »

2014年2月 3日 (月)

2014冬の点と線 さよならE3系こまち(7)・・・汐の香り、潮騒BGM、漂う潮風、そして望む絶景 五感の喜び・歴史ある雨晴海岸

雨晴駅そばの踏切を渡ると・・・

 

P1251062s 

 

その香りが音が風が景色が・・・

 

 P1251082s 

 

訪問した前日の124日は、快晴のもとこの冬一番の眺望だったようです。それでも、陰影を強調して撮影すると・・・

 

P1251078s 

 

絵画のような世界が目の前に広がっています。

 

P1251079s 

 

立山連峰とさざ波との競演も、雪の白と浪の白のコラボレーションが心に残りました。

 

そして、今まで訪れた3回で撮り損ねていたもの・・・

 

P1251084s 

 

奈良時代、万葉集に詠まれた歴史風景としてイメージする雨晴海岸です。

 

さあ、歴史ある雨晴の地を後にして、旅を続けましょう。

 

P1251104s_2 

 

北陸新幹線開通でその存在動向が気になる特急・北越へ連れっていてくれるキハ40系が迎えに来ました。(続)

P1251107s

|

« 節分前に記事のせなくちゃ・・・ | トップページ | 2014冬の点と線 さよならE3系こまち(8)・・・冬の曇天/日本海を北上する485系特急・北越 »

photo」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

古い日本のミステリー映画を見ているようだし、思わず身を投じたくなりそうで怖い。ご無事でなにより。

投稿: アワムラ | 2014年2月 3日 (月) 04時01分

富山湾を挟んで眺める雄大な立山連峰の雪景色は、何時間見ていても飽きない光景ですよネ!

氷見の漁港まで行けば、この時期は「寒ブリ」が美味しい季節でしたが…。

投稿: サヌ・ヒロ | 2014年2月 3日 (月) 05時07分

こんにちは~
ド迫力の写真ですね!!(゚ロ゚屮)屮
特に一枚目の雲、怖いくらいです。
子供のころに深夜にみた 
「モーゼの十戒」の映画のワンシーンみたいで・・shock
(↑子供の時の印象はひたすら怖かった・・・weep

投稿: mik | 2014年2月 3日 (月) 08時32分

晴れた雨晴海岸の写真もいいですが、水墨画の世界の雨晴海岸、なんともいえませんね。
大人の休日・・・、私は入っていないので羨ましく、拝見させてもらっています。

投稿: しゅうちゃん | 2014年2月 3日 (月) 12時59分

雨晴海岸の風景写真、写真を加工するとまた味わいが出て聞きますね。キハ58さんは、ここ雨晴に3回も来られているんですね。それだけお気に入りの場所なんですね。

投稿: 大樹 | 2014年2月 3日 (月) 19時41分

アワムラさん

ありがとうございます。冬の日本海らしいお天気でした。ドラマチックですね。

投稿: キハ58 から アワムラさんへ | 2014年2月 3日 (月) 22時46分

サヌ・ヒロさん

ほんと、見惚れる風景です。鰤、明日ちょっことでてきま~す!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロさんへ | 2014年2月 3日 (月) 22時48分

mikさん

十戒なんて、すごい想像力ですね。冬がゆえのド迫力かもしれませんね!

投稿: キハ58 から mikさんへ | 2014年2月 3日 (月) 22時50分

しゅうちゃんさん

とにかく絵になる風景ですね。大人の、なかなか使い出ありますよ。申し込みも簡単です!

投稿: キハ58 から しゅちゃんさん へ | 2014年2月 3日 (月) 22時53分

大樹さん

はい、好きな場所なんです!コンデジで撮影しているのですが、最近の付属フィルターはナカナカです。

投稿: キハ58 から 大樹さん へ | 2014年2月 3日 (月) 22時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/59056529

この記事へのトラックバック一覧です: 2014冬の点と線 さよならE3系こまち(7)・・・汐の香り、潮騒BGM、漂う潮風、そして望む絶景 五感の喜び・歴史ある雨晴海岸:

« 節分前に記事のせなくちゃ・・・ | トップページ | 2014冬の点と線 さよならE3系こまち(8)・・・冬の曇天/日本海を北上する485系特急・北越 »