« もういっちょ・・・あ・ん・こ in 麻布十番 | トップページ | 成人の日に晴れがましい青空・・・in都庁 »

2014年1月13日 (月)

ゼログラビティの今、2001年宇宙の旅を再見・・・昨日記事の麻布十番へ続く前のお話

クリスマスの余韻残る六本木・・・

 

P1118055s_2 

 

P1118044s_2 

 

 

 

名作映画を2週間程度入れ替わりで朝1本だけ上映する新・午前十時の映画祭、日本中 各都道府県13か所の劇場で行われています。六本木ヒルズにあるTOHOシネマズもその会場になっていて、11日から始まった”2001年宇宙の旅を観に行ってきました。

 

P1110417s 

 

ヒルズが出来て一気賑やかになった日比谷線ので有名な西麻布出口を地下道で進み・・・

 

P1110419s 

 

朝日がまぶしいエスカレーターを上がると・・・

 

P1110420s 

 

雲のオブジェ越しにヒルズがそびえている その北側を・・・

 

P1118037s 

 

P1110438s 

 

進んで、エスカレーターを上がると・・・

 

P1110427s 

 

P1110428s 

 

海外スターの来日PRなどでも使われる東宝のシネコンがあります。

 

P1110430s 

 

P1110432s 

 

映像美、宇宙の臨場感で話題のゼログラビティの隣に映画祭のチラシが・・・

 

P1110435s 

 

そして、この日から上映された作品が、風と共に去りぬ、雨に唄えば、北北西に進路をとれ などライオンが吠える始まりで有名なMGM1968年に公開した”2001年宇宙の旅です。

 

2001 

 

猿が他の動物から一線を画し、今の人間へと進化する始まりから、木星への探査に向かうまでを、50年ちょっと前に作られたと思えない宇宙空間&SF映像、交響曲を使い、迫力で圧倒してきます。ダグラストランブルという特殊効果の実力者の力もあってか、宇宙船の形の美しさ、小細部までこった造り、ため息が出ます。ストーリー自身は、人類の進化に関与した神としての地球外生命を黒い結晶版で表すなど、観念的なもの。解釈を求めるというよりも、感じて考える、まさに映画館という場が必要なのです。

 

 

 

そして技術的に対極なのが、ちょうど、年末に公開された作品・・・

 

Pc300085s 

 

最先端CGで、宇宙空間を体験するゼログラビティです。

 

Pc300086s 

 

こちらは、バブルの産物であった(と思う)シャンデリア輝く丸の内ルーブルで鑑賞しました。

 

Pc300087s 

 

宇宙ミッションで事故にあった人間が、どう地球へ戻るかという、わかりやすいストーリー。

 

ちなみに主役のサンドラブロックが、TVの番宣でDAIGOと一緒にウィッシュするなど、お茶目な一面を見たのが印象的。フレンドリーだったなあ。

 

起算された娯楽作で、3Dということも相まって、宇宙を一緒に体感する出来上がりになっています。

 

 

 

40年を経てできたこの2作、宇宙を体感する点で、共通点があります。ただし、片や1年半をかけた手作りの模型・エフェクト、片や世界最高峰のCG。どちらも素晴らしいです。

 

今回、両方を見て改めて感じたのは、宇宙って決して身近なものでなく、神秘的かつ人類がその姿の解明へ向かい続けるに値する存在であること。そのため、あらゆるイマジネーションが生まれる・・・しかしそれは暗闇の中にある・・・ゼログラビティの中でも印象的なシーンがチラとありましたが、宇宙って暗闇から世に出る人間の誕生につながるものでもあるようにも思えます。

 

何かが生まれる前は、暗い闇の世界。いろんなことに通じますね。

 

 

 

なーんてことは置いておき、真っ暗な空間を体験できる映画館・・・宇宙に関する映画を見るには映画館がイイようです!

 

映画館を出たその目には・・・

 

P1110442s 

 

毛利庭園越しに・・・

 

P1118040s 

 

いつもとは違ったアングルの東京タワー。下を見ると・・・

 

P1118046s 

 

庭園内にハートのオブジェが・・・

 

P1118052s 

 

LOVE東京のシンボルだったんですね・・・猿から進化した人間、クリスマスにはどれだけの愛がここで語られたのでしょうか・・・など考えると頭の中がオヤオヤ状態になり、これが昨日記事のたい焼きによる糖分補給につながるのでした。(終)

|

« もういっちょ・・・あ・ん・こ in 麻布十番 | トップページ | 成人の日に晴れがましい青空・・・in都庁 »

photo」カテゴリの記事

お気に入りMovie」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

考えてみると、去年の引越準備の期間から、ずっと映画とはご無沙汰で、高松へ来てからは一度も映画館へ行ったことがありません。 アハハ、その場所さえ知りません。

実際のドライブだけでなく「宇宙の旅」せめて映画で体験したいものです。

投稿: サヌ・ヒロ | 2014年1月13日 (月) 08時09分

サヌ・ヒロさん

そうでしたか、お時間あればぜひ、いろいろと行ってみてください。最近は、大きいシネコンあって、沢山上映しています。そうです、宇宙の旅もしちゃってください!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロ さんへ | 2014年1月13日 (月) 21時42分

どこも東京は絵になりますね~。
やはり写真を撮る人の腕でしょうか。
私は食べ物の写真しかとりませんが(笑)
キハさんだと姫路の街も素敵に撮って下さるんでしょうね。

ゼログラビティ、すごく結末が気になります。
事故で宇宙に放り出されるんでしたっけ?
なかなか衝撃的なCMだったもので・・・

投稿: あゆな | 2014年1月13日 (月) 22時08分

あゆなさん

姫路でいらっしゃるんですか。今、NHK大河で大盛り上がりではありませんか。夜しかないのですが、サンライズ乗車前に姫路おでんで一杯やった思い出があります。
ゼログラビティ、アメリカ映画なので結末はイメージしていたのですが、そこに辿りつまで、ハラハラ 宇宙遊泳できますよ!

投稿: キハ58 から あゆなさんへ | 2014年1月13日 (月) 23時09分

おはようございます。
映画館、良いですね。文明の香りがするというか…
近所の映画館は230キロほど離れているので、いつかこの近辺にも映画館ができればと思います。

投稿: Traduction JPQC | 2014年1月14日 (火) 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/58933279

この記事へのトラックバック一覧です: ゼログラビティの今、2001年宇宙の旅を再見・・・昨日記事の麻布十番へ続く前のお話:

« もういっちょ・・・あ・ん・こ in 麻布十番 | トップページ | 成人の日に晴れがましい青空・・・in都庁 »