« 一泊二日でも楽しみ尽くせる海外旅行・ソウルの秋(3)・・・daytime of first-day part1 | トップページ | 時を超えて・・・小石川後楽園の紅葉美 »

2013年12月 5日 (木)

一泊二日でも楽しみ尽くせる海外旅行・ソウルの秋(4)・・・daytime of first-day part2

並木豊かな歩道を進み・・・

Pb179153s

小川の両脇の紅葉に足を止め・・・

Pb179151s

交差点では北岳山を遠望し・・・

Pb179155s

Pb179156s

よく見ると世界遺産・昌徳宮(チャンドックン)の案内表示が現れ・・・

Pb179158s_2

通りでふと目にとまった八百屋さん・・・

Pb179161s_2

そういえば韓国料理は野菜をたっぷり使っているなぁ、なんて考えつつ・・・

Pb179160s

煉瓦のような歩道の先に・・・

Pb179162s

Pb179165s

韓国最古の門といわれる昌徳宮(昨日地図の③)の正門が現れました。

Pb179171s

Pb179169s

北岳山を背景とし、パワースポットとしての人気も高いようです。

Pb179170s

チャングムの誓いロケ地にもなった昌徳宮・・・

Pb179175s

Pb179176s

紹介はいろいろなサイトに任せて、歴史を見届けてきた昌徳宮、その現在をカットを数枚で記録したいと思います。

Pb179189s

Pb179190s

Pb179193s

Pb179203s

Pb179207s

Pb179220s_3

Pb179223s_2

Pb179226s_2

Pb179236s_2

Pb179242s_2

Pb179250s

Pb179267s

そして昌徳宮を後にし・・・

Pb179271s

古い街並みが残る北村(④)へ向かう途中・・・

Pb179274s

有名な財閥の名前が目にとまりました。パワースポットに近いせいでしょうか、秋のたたずまいの中にもその力強い社名表現を記念にパチリ。

Pb179275s

角を曲がるとさまざまな標識が現れ・・・

Pb179276s

その先でソウルというより大韓民国の昔を残す北村の家々に出会ったのです・・・。(続)

Pb179277s

|

« 一泊二日でも楽しみ尽くせる海外旅行・ソウルの秋(3)・・・daytime of first-day part1 | トップページ | 時を超えて・・・小石川後楽園の紅葉美 »

photo」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

どこの国に行っても、果物屋さんや、野菜屋さんは、興味が湧きますよね!

釜山に行ったときも、起亜と現代の車ばかりだったことを思いだしました。

投稿: サヌ・ヒロ | 2013年12月 5日 (木) 06時37分

おはようございます。

何となく日本と似ている様で似ていない感じ。微妙ですが。coldsweats01でも、スーパーマーケットの店先の雰囲気は同じですね。happy01お店の中には入ってみたいです。(^^)昌徳宮ってチャングムのロケ地だったのですね。eye(勉強不足の私です。coldsweats01)屋根のカーブからして、中国様式を取り入れていますね。北村という所は、有名な所なのですか?お写真の場所はよく見ます。eyeここは民家なのでしょうか?eye

投稿: korokoro | 2013年12月 5日 (木) 11時06分

サヌ・ヒロさん

市民の生活は、同じようですね。
価格も日本の生活感と変わらない感じですし、皆が生活できるように考えられているようです!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロさんへ | 2013年12月 5日 (木) 21時10分

korokoroさん

そうなんです。北村は最近よく紹介されるところです。
民家なんですが、日本でいう美観地区になっていて、どこか落ち着く雰囲気に包まれていました。明日、別記事を挟んで明後日でてくる予定で~す。

投稿: キハ58 から korokoroさんへ | 2013年12月 5日 (木) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/58685446

この記事へのトラックバック一覧です: 一泊二日でも楽しみ尽くせる海外旅行・ソウルの秋(4)・・・daytime of first-day part2:

« 一泊二日でも楽しみ尽くせる海外旅行・ソウルの秋(3)・・・daytime of first-day part1 | トップページ | 時を超えて・・・小石川後楽園の紅葉美 »