« 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編)・・・文京区北端にある六義園で出会った庭園の紅葉風景 | トップページ | 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編part3)・・・六義園・秋雅の秘密、そして »

2013年11月30日 (土)

洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編part2)・・・六義園・水まわりで優雅に流れる時間

見上げると、一面に秋の模様が・・・

Pb240170s

さあ、門をくぐりましょう・・・

Pb240171s

Pb240172s

この芝庭園の奥で・・・

Pb240175s

Pb240176s

大泉水と呼ばれる大きな池の奥・左に・・・

Pb240205s

右に・・・

Pb240190s

水面に・・・

Pb240214s

ゆったりとした紅葉の風景がたたずんでいました。

Pb240220s

東京のイメージを作り出しているざわつきも、この庭園に流れる優雅な時間の前では、異次元の世界に思えるのでした。

Pb240230s

庭園美を作り出している立役者は、兼六園で有名な三角形の雪つりです。

Pb240233s

向きを変えるとマンションが見えますが、2013年の六義園、これもまた善し。

そして、目を雪吊りに戻すと・・・

Pb240236s

船着き場が絵になっていますね~!

そしてその左側にある吹上浜と呼ばれるあたりの風景に・・・

Pb240218s

六義園や小石川後楽園(昨年)で心に染み入ってくる(きた)秋の雅が生まれる理由を感じました。

Pb240208s


それは・・・(続)。

|

« 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編)・・・文京区北端にある六義園で出会った庭園の紅葉風景 | トップページ | 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編part3)・・・六義園・秋雅の秘密、そして »

photo」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

雪つりが、少しづつやってくる冬を象徴している風景ですね~。 空から降ってくる雪なんかに負けないぞ! って云う気持ちが、大空に鋭い槍を向けているように感じます。

投稿: サヌ・ヒロ | 2013年11月30日 (土) 07時21分

雪つりですか いよいよ冬ですね そうそう今日の新聞ですが 六義園のライトアップ風景が乗っていましたよ。

投稿: ハッピーのパパ | 2013年11月30日 (土) 16時03分

こんにちは
綺麗ですね~confident去年も見せていただいたなぁって思いながら拝見していんですが
去年のは小石川後楽園だったのかな?bleah
記憶が曖昧でごめんなさ~いcoldsweats01いつも色々ステキな庭園を見せていただいてるので
こんがらがってますが、キハさんのおかげで、心はメチャメチャ潤ってま~すhappy02good

投稿: mik | 2013年11月30日 (土) 18時09分

水面に映る風景がとっても素敵です。eye
まさに水鏡ですね~。catface

投稿: うーたmama | 2013年11月30日 (土) 18時45分

サヌ・ヒロさん

雪吊り、ほんとそのうように見えますね。良く考えられている日本の知恵と思います!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロさんへ | 2013年11月30日 (土) 20時19分

ハッピーのパパさん

新聞にも、TVのニュースにも紹介されているんですね。東京の秋の風物詩として定着してきました!

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さんへ | 2013年11月30日 (土) 20時21分

mikさん

どこでも、素敵なものは素敵でイイですよね。そうおっしゃってくださって嬉しいです。心のうるおい、乾燥する冬には特に必要かもですhappy01

投稿: キハ58 から mikさんへ | 2013年11月30日 (土) 20時24分

うーたmamaさん

ほんと、そうですね。水鏡に、庭園に池が必要な理由を理解したような気がしました。

投稿: キハ58 から うーたmamaさん へ | 2013年11月30日 (土) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/58667330

この記事へのトラックバック一覧です: 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編part2)・・・六義園・水まわりで優雅に流れる時間:

« 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編)・・・文京区北端にある六義園で出会った庭園の紅葉風景 | トップページ | 洗練された秋風景から、情緒あるれる秋風景へ(後編part3)・・・六義園・秋雅の秘密、そして »