« 鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip.)①・・・さよなら国電101系でスタート | トップページ | 自分を点検する日に、国鉄時代の日本最端駅の想い出を »

2013年10月 3日 (木)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)②・・・秩父鉄道の車両を楽しむ

羽生駅で会うことができた国電車両・・・

P9284702s

今日これから向かう秩父鉄道の終点・三峰口の行先表示になりました。

Photo

秩父鉄道のマーク・・・

P9284708s

秩父鉄道に来てからの車両形式1001系・・・

P9284710s

そして全景を記録。

P9284704s

朝日新聞の社会面に記事が出ていましたけれど、水色の国電車両・・・今月には想い出の存在になります。P9284707s

時間が来て・・・

P9284712s

P9284714s

P9284715s

ありがとうー!行ってらっしゃい!

東武鉄道から秩父鉄道へ乗り換えます。

P9284716s

P9284719s

ホームへおりると旧・都営地下鉄の5000系が入線していました。

P9284724s

東武電車との出会い・・・

P9284725s

そして、待っていました・・・

西武鉄道の101系を改造した有料の急行列車です。

P9284729s

急行列車、しかも有料(200円)なのに、ワンマンってすごくないですか。

P9284733s

運転手さんもノリの良いこと!

P9284735s

さあ、出発です。

P9284734s

車内は、西武鉄道時代のロングシートを改造して、観光用クロスシートにしていました。旅はこれでなきゃ!

P9284730s

いきなりのカーブポイントを進みながら・・・

P9284737s

秩父鉄道の旅が始まりました。(続)

P9284738s

|

« 鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip.)①・・・さよなら国電101系でスタート | トップページ | 自分を点検する日に、国鉄時代の日本最端駅の想い出を »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

w(゚o゚)wおっ!eye

一番上のお写真の青い車両は、昔の京浜東北線を思い出させますね。eye
とても懐かしい感じがします。happy01

投稿: | 2013年10月 3日 (木) 04時39分

私達は、気付かない間に、色々な形式の電車に乗っているんですネ~!

恥ずかしながら、全く無関心でした。

投稿: サヌ・ヒロ | 2013年10月 3日 (木) 07時07分

korokoroさん

はい、昔の京浜東北線そのものですー!懐かしいですよねー。

投稿: キハ58 から korokoro さんへ | 2013年10月 3日 (木) 20時04分

サヌ・ヒロさん

自動車のように、所有して運転するわけではないので、気づかないものだとおもいます。気づきだしたら・・・鉄道ファンということですね!

投稿: キハ58 から サヌ・ヒロ さん へ | 2013年10月 3日 (木) 20時06分

こんばんは。
秩父方面にはなじみがないのですが、なんというか、こちらで拝見する車両に妙になじみがあります。
車内、きちんとしていますね。
車両の様子・車窓からの風景、楽しみにしています。

投稿: Traduction JPQC | 2013年10月 3日 (木) 23時28分

Traduction JPQC さん

こんばんは。
皆、国鉄や西武や都営地下鉄で走っていた車両からも知れませんね。明日チョット別の記事を挟みますが、引き続き楽しんでくださると嬉しいです。

投稿: キハ58 から Traduction JPQC さんへ | 2013年10月 3日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/58303567

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)②・・・秩父鉄道の車両を楽しむ:

« 鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip.)①・・・さよなら国電101系でスタート | トップページ | 自分を点検する日に、国鉄時代の日本最端駅の想い出を »