« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で⑧ ミニ運転列車で運転手に・・・そして。(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

さあ、もう直ぐ14:30.いよいよ、その時間になりました。

Pa146306s

駅へ行きましょう!

Pa146268ss

埼京線と数10メートルしか離れていないところで運転です!

Pa146255s

ミニ運転列車の入口、左側の階段を上がり、運転終えたら右側の階段を下り戻ってくる一方通行。その始発駅名は・・・

Pa146304s

記名にもナカナカの計らいです!

自分の順番を待つ間も・・・

Pa146310ss

先の方の運転をみて、自分のことのようにワクワクできました!

200円をSUICAで支払、階段を上がり2階部で待機。

Pa146313s

列車によって違う運転の方法を覚える時間です。加速-ブレーキが一体型か別々か、本物らしく2種類ありました。

その頃・・・

Pa146315s

万世橋駅のホームには、ミニ列車が全員集合です。

どの車両になるかは、巡りあわせのお楽しみ!・・・で、私は・・・

Pa146308s

E257系電車のあずさでした!

Pa146317s

一体型のハンドルや、信号に関する運転のおさらいを簡単にして、さあ出発進行!

Pa146318s

時速40キロに加速・・・

Pa146319ss

両国橋駅手前で信号が赤+あお、徐行です。その後、青信号で時速90キロへ加速!

スーパービュー踊り子だぁー・・・

Pa146321s

・・・って気をとられていると、目の前に黄色信号。

Pa146322s

あわてて減速して、飯田町駅へ。

Pa146323s_2

青信号で加速を始めろと・・・

Pa146324s

鉄道博物館が見えてきました。

Pa146325s

北斗星とすれ違います!

Pa146326s

やがて、終点近くでニュートラルにし、自動運転で駅の所定位置へ到着。

Pa146330s

あずさの運転を、無事終了!

いやー、楽しい運転でした。

Pa146295ss

時間は15:00ちょうど。

鉄道博物館5時間コースの理由は、この15:00がキーなのです。

本日2回目のC57転車を水平目線で体感します。

Pa146332s

12:00は俯瞰でしたけれど、間近の迫力もなかなかです。

Pa146335ss

下から見上げると、鉄道博物館の鉄骨構造がC57と同じ視界に入り、少し秘密基地のような雰囲気にも見えるのが印象的でした。

Pa146338ss

そして、正面近くなるころ・・・

Pa146341s

C57が見つめるその先に、鉄道の未来はどう見えているるのでしょうか。

20131014日・鉄道の日に、鉄道を見つめ体感した5時間の終わりを、館内に鳴り響いたC57の汽笛が告げたのでした。(終)

Pa146347s

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年10月30日 (水)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で⑦ 北側パークゾーン「わたし、館外も凄いんです!」(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

・・・って、どこかのCMもどきのタイトルですが、ホントにTRUE!

館内の特別展で、峠を越える鉄道技術に感心し(66.7パーミル(1000m進むと、66.7m上昇する碓氷峠のような坂)も実際に体験できました)・・・

Pa146232ss

Pa146234s

どんな資料があるのか入りたかったライブラリーを横目に・・・

Pa146235s

鉄道の仕組み学べる3階ラーニングゾーンの北端は・・・

Pa146057s

窓ごしですが、一気に視界が開け・・・

Pa146055s

眼下には、パークゾーンのミニ列車たちがチョコチョコ走っていました!

Pa146054s

真横を見れば、もちろん新幹線が!

Pa146056s

ここは鉄道博物館の北側にあたります。

2


さらに階段で屋上へ上がると・・・

Pa146236s

ふちに人がへばりつく、待ってましたの空間が広がっています。

Pa146237s

へばりつく その先では、ミニ列車はもちろん、加えて新幹線とニューシャトルの競争も見ることができました。「お先にどうぞ~」って感じです!

Pa146247ss

1階へ下りる前に、気持ちよさそうに浮かんでいる雲を記念にパチリ。

Pa146243ss

その1階。外に出る前にてっぱく駅で、旧:京浜東北線&引退しちゃった秩父鉄道1001系に挨拶し・・・

Pa146250ss

館の外に出た目の前には、ミニ新幹線の駅があり・・・

Pa146251skus

満員のファミリーを乗せた、極めて精巧なミニE2系を見送ると・・・

Pa146253ss

その右側(東側)を高崎線・E231系が走るという臨場感あふれるロケーションを実感しました。

Pa146258s

ミニ新幹線をよく見るとその奥に・・・

Pa146264s

赤い気動車が見えます!

Pa146271ss

茨城県を走っていて鉄道博物館に安住の地を得たキハ11系です。

P7070922s

7月のあけぼのからも見えた、鉄道博物館エリアの最北端部に位置し・・・、

Pa146276ss

ニューシャトルと挨拶しちゃったり・・・

Pa146286s

埼京線とも、こんにちはしていました。

そういえば、鉄道博物館へ車両を入れるための引き込み線ポイントも確認できます!

ここから、(奥から手前へ)入れるんだぁ、なんて考えつつ・・・

Pa146277s

鉄道博物館、北の守り神のようなキハ11形をしっかり記憶し・・・

Pa146278ss

ミニ列車運転所へ向かうべく振り返ると・・・

Pa146284ss

大人気のミニ新幹線、そして左(東)横をまた電車が走っていくという臨場感。

Pa146288ss

博物館北駅からの発車を見送り、時間が無いため次回へ持ち越しのてっぱく図書館をチラ見して・・・

Pa146290ss

さあ、ミニ列車の運転エリアです。

Pa146266s

テンションが上がってきました!(続)

Pa146293s

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で⑥ 懐かしい車両を楽しみながら北側エリアへ+ご先祖さま発見!(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

東海道新幹線0系は、先端部の展示があります。

Pa146028s

Pa146025s

昔は流線型のはしり、その後ドンドン新車両が出現し、今では団子っ鼻と呼ばれていますが、愛らしいですよね!

Pa146108s

そして、0系と前後して、東北新幹線初代の200系が展示されています。

Pa146104s

Pa146105s

Pa146024s

この春、ラストランした200系の姿が浮かんできました!

P4135768ss

くぅー、もはや懐かしい!

秩父鉄道でラストランを迎える101系の前を通り・・・

Pa146177s

車体横の“JNR”マークがカッコイイ、ボンネット型こだま式の屋外一世代前のとき

Pa146186s

Pa146018s

その時の奥には・・・

Pa146184s

東北本線の基幹特急で上野駅-仙台駅間を1時間に1本・約4時間で結んだひばり・・・

Pa146189s

ブルートレインあけぼのをけん引するED75機関車です。

そんな彼らたちは、2階からも俯瞰できます。

Pa146014ss

夢のような組み合わせですね~!

さらに南側から北側に俯瞰すると・・・

Pa146020s

おや、右上になにかちょっと違った存在がありますね・・・

Pa146206s

国鉄で初めて製造された気動車(当時はガソリン)キハ41300形です。キハ58のご先祖さまにあたるのでした。

Pa146223ss

その系譜がキチンと説明されていて、わかりやすくなっています!

Pa146226ss

この気動車には乗車することができて・・・

Pa146208s

東武博物館や地下鉄博物館と同じように、座席・網棚・窓のつまみ・・・

Pa146207ss

乗ったことないのにどこか懐かしい感じに包まれました。

Pa146213ss

館内には、車両展示以外にも特別展があります。さあ行きましょう・・・って、ちょっと振り返って。時間は13:40過ぎ・・・ミニ列車運転まで1時間を切りました・・・。(続)

Pa146219s

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で⑤ 新幹線の感動を今(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

1964101日・・・

Pa146147s

東海道新幹線0系が発車したホームが・・・

Pa146146s

再現されています!

もちろん当時の写真も飾られていて・・・

Pa146145s

東京オリンピックの写真もありました。

そして、0系の車内へ・・・

Pa146149s

開業当時のシートそのままです!

Pa146151s

前後に倒して方向転換できるシート。

Pa146152s

一人用の引き出しテーブルもありました(今は引き出せません。収納風景を記念に)。

Pa146156s

車窓にも、嬉しい演出です!

Pa146155ss

先頭の出入り口には、シーケンサー無い時代の制御系統を見ることができるし・・・。

Pa146157s

車両の下まで見ることができます。

Pa146159s

展示場の壁には、嬉しい写真たちとともに年表がありました。

Pa146161s

Pa146160s

Pa146163skus

最後に気が付いたのですが、もう一つ嬉しい演出がありました!

Pa146168s

懐かしくも新しい、新幹線の世界でした。

Pa146166ss

展示コーナーから出ると、なんとそこには・・・。(続)

Pa146140s

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で④ 南端部のてっぱく広場で夢の国鉄形特急車両に出会い、そして0系新幹線の手前で(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

館内を南側に向けると、青空と緑色の芝が爽やかに出迎えてくれました。

Pa146135ss

ここは、鉄道博物館南端部にある てっぱく広場です。

Photo

もっとも南には、鮮やかなE5系はやぶさ型の滑り台に大勢の方が集まっていました。

Pa146123s

そのまま左(東)を向くと、埼京線(川越線)の電車が、地下から出てくるではないですか!

Pa146127s

逆に右(西)を向くと・・・

Pa146132ss

ニューシャトルが新幹線の高架に寄り添うように走っていきます。

展示の両側に、実物が走る・・・これが鉄道博物館の素晴らしいところと思っています。

そういえば、ニューシャトルの右下に見えたのは・・・

Pa146128ss

この色合い・・・

Pa146109s

国鉄形で大活躍した特急・信越本線のあさま、上越線のときでした!

Pa146130s

今は特急とういう冠があたりまえですが、その昔は、信越本線・急行信州(妙高)”、上越線・急行佐渡が一般的で、特急は名前の通り特別な存在・・・時刻表で旅しながら、名画座で映画を見、数多くあったTVの歌番組でアイドルをキャーキャー応援している少年には、特別を超えて夢のような存在でした。しかし、社会人になって特急に乗るにもろもろ十分に追いついたときには走っていない(あさまは乗りましたが)・・・ときの方は夢の存在で終わっちゃいました。

Pa146115s

Pa146116s

でも、鉄道博物館のおかげで場所ができ、そしてもろもろの理解ややりくりで時間ができ、こうして会うことができる・・・

Pa146112s

大げさかもしれませんが、一瞬の間に人生の不思議な巡り合わせを感じちゃいました。Thanksです!

そういえば、この広場の様子を、高崎線(埼京線)側から見た写真を7月のあけぼの乗車時に撮影していました。載せちゃいます。

P7070929s

さあ、館内の南端に戻ると・・・

Pa146141s

新幹線とSL(転車台のC57と別の)という、素晴らしいツーショット!

Pa146142ss

新幹線展示の前に、C61の姿を留めましょう。蒸気管Uチューブ、運転席のあの窓・・・Pa146174ss

昨年8月訪問した青梅鉄道公園で体験できたあの窓からの1枚を(これはD51です)。

P8168875

力強さと迫力と。力強さと言えば・・・

Pa146173s

どうしても動輪が。

では、SLから一気に新幹線へ行きましょう。

Pa146143s

途中の通路にあるドアにまでこんな素敵な演出です。期待を膨らませてくれるなー。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

1,000円ちょい飲みで、Happyに!

鉄道博物館記事も折り返し・・・ちょっと気分を変えて・・・

===

巣鴨地蔵通りを夜通りかかると・・・

Pa247165s

新橋や神田に負けない価格のちょい飲みセットがあるではないですか。

Pa247166s

そう思った瞬間、誘導電波にひかれるように・・・

Pa247167s

ビルの1階の店舗へ・・・

Pa247168s

私も食べたことありますが、瓦の上で焼くそばがメインのようです。

小料理屋のような

その引き戸をあけると・・・

Pa247170s

小さいながらも、カウンター、テーブル、座敷と全てそろった瀟洒なお店がそこにありました。

Pa247172s

おつまみも、いろいろとチョイス出来るではないですか。

東北復興支援メニューなるものもあり、最終的に私が1,000円でオーダーしたのは・・・

Pa247175s

生中、レモンハイ、明太子ぶつ切り、揚げたてのイカリングでした。

この1,000円、くせになりそうなのですが、なんか申し訳ないような気もして・・・今度いくときは瓦そばも頼もうっと。

お店の戦略かもしれませんが、善良なサラリーマンだなあ~って気持ちよく倍酔ちゃった夜なのでした。

===

台風の影響で、今日26()尾久車両センターの一般公開が中止になっちゃいました。

去年の想い出をチョッピリ。次なる公開イベントへ期待しましょう!

Pb101447s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で③ 埼玉県2つ目の転車台でC57が舞います(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

鉄道博物館の見どころの一つ・・・12時と15時の2回、SL・C57の回転実演があります。

Pa146008s

Pa146017s

秩父鉄道の実用性と違い、ただただC57の機械美を堪能する時間なのです。

Pa146004s

Pa146009s

C57の美・・・貴婦人の愛称で呼ばれることのあるC57・・・

Pa146013s

こうしてみると、大きい3つの動輪に比較して細長い胴(ボイラー)を持っていることに由来しているというのが良くわかります。

1155分頃、C57見学入口の前後ゲートが閉じられました。

Pa146061s

大勢の方が、この瞬間に集まっています。

Pa146066s

そして12時、大きな汽笛を合図にC57の舞が始まりました。

Pa146070ss

90度から180度・・・

Pa146078ss

270度・・・

Pa146085ss

そして、360度。

Pa146093ss

飾り物のSLなんて、という意見もありますが、清掃・磨きというチョットお化粧したその姿は、ほんと美しいんです。そんな鉄道博物館のC57135機の姿、動輪を改めて心に刻みます。

Pa146099ss

そして、目いっぱい近づきます。

Pa146191s

Pa146194s

綺麗にしてもらえるだけでなく、仲間に見守られて幸せそうなC57

Pa146198s

幸せを届けられる人は自分が幸せでなければ・・・そんな言葉をふと思い出しながら見つめました。

Pa146202s

開業6周年のヘッドマークで、ちょっとおしゃれしていたのでした。

入場後2時間ちょっとです。北側のミニ列車へ行く前に、南側を見学しましょう。(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で② 2F模型ジオラマから南側の展示、そして3Fから博物館ロケーションを楽しみます(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

大人気のミニ列車運転の整理券を確保して、早速2階へ。ヒストリーゾーンのいつまでも見ていたくなる風景に挨拶し・・・

Pa145969s_3

早速、後方のジオラマ館へ。

Pa145971s_3

何度見ても心躍る世界です!

Pa146006ss_3

鉄道博物館マークの貨物列車や0系新幹線、スポットライトを浴びたトンネルからE5系も登場です。

Pa145976ss

夜になったり、モニターには走行する列車のそばのカメラ映像を見ることができます。

Pa145991ss

そんな数々の模型の走行を楽しんだら入口の左側へ・・・

Pa146034ss

鉄道模型を整備している模型室があります。その中にはとっても好きな”MADE IN DREAM”のポスターがあるではないですか。人類の進化を思い起こさせる鉄道の進化がそこに描かれています。

そして、その模型室反対を向くと・・・

Pa146029s

1階の展示車両をグルリと見るように通路があり・・・

Pa146032ss

その壁には、ゆっくり見たら30分は必要なくらい充実した年表が広がっています。

下部には展示品もあり、写真と合わせ、実感が湧くように演出してあります。

そして、ジオラマ館の上あたり、3Fへ・・・

Pa146038s

実際に走る新幹線が見える休憩所兼のビューデッキがあります。

Pa146039s

窓際には通過する新幹線の時刻が記載されていて便利です。ちょうど、E4Maxがやってきました。

Pa146042s

ガラス1枚の先で高速走行、なかなかの迫力です。

ちなみにビューデッキではありませんが、反対側で見下ろす埼京線、高崎線の姿も鉄道博物館のマークと組み合わせになって素敵です。

Pa146046s

・・・そうなんです。7月の寝台特急・あけぼのから見た光景を逆に見ているんですね。

P7070924s

ちなみにビュースポット一部はエントランスの吹き抜けに隣接していて、おしゃれな感じです。

Pa146047s

そのまま見下ろすと・・・

Pa146048s

入口の改札風景がとっても印象的です。(万が一のカメラ落下が無いようにストラップをしっかり止めて撮影しました)

Pa146050s

さあ、時間は1145分あたり、12時からのイベントをしっかり見るために移動しましょう。それは・・・。(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

鉄道の日のある週末・・・「鉄道の日」を鉄道博物館で① 5時間コースの始まり始まり(Why not enjoy with the Railway Museunm!)

1014日は、日本初の鉄道が新橋駅―横浜駅間で走ったことを記念し、20年前に制定されました。

そして、鉄道博物館が大宮に誕生したのも6年前のこの日です。

Pa146205s

ブログ始めてから初めて行った昨年1月に詳しくレポしましたが、それから約2年・・・改めて楽しく過ごせる日にと、混雑覚悟で行ってきました。混んでいても楽しめる1例として、自分用記録しつつご紹介できればと思い、記事の出発進行!

大宮へのアプローチは、池袋駅で埼京線を見送り、湘南新宿ラインで向かいます。

Pa145872s

大塚駅ホームをみて、2PMのラッピング山手線とすれ違うと、元貨物線を通り、新幹線車両センターのある東北本線側へでてきます。そして京浜東北線の走る王子駅。

Pa145880s

赤羽駅で一瞬合流した埼京線と別れ、荒川鉄橋を渡り埼玉県へ入ります。

Pa145898s

東北本線E231系と並走し、水色のE233系の車庫を見ていると浦和駅。

Pa145908ss

セイタカアワダチソウの間から線路が増えて、大宮駅へ到着。

Pa145925ss

来た道を振り返り、鉄道博物館への乗換駅・ニューシャトル大宮駅へ・・・

Pa145933ss

小っちゃい小箱の新交通システム入線、出荷つ準備完了!

Pa145943ss

発車すると新幹線に降りそうように走ります。

Pa145951ss

そして一つ目の大成駅に到着・・・でここからは写真がしばらくありません(201214日記事に少しあります)。ない理由は・・・

Pa145956s

時刻表を模したタイルの上の行列に並ぶためです。ちなみに、この左側に200人くらいの列が既にあります。

10:00開館、約10分後に入場し向かったのは・・・(エントランスの様子は2012113日記事をご参照ください)

Pa145966s

先着300枚のミニ列車運転整理券の確保用でした。ディズニーランドのファストパス並みでーす!

Pa146309s

1015分で1430分からということは・・・さあミニ列車運転までの4時間強で、楽しみながら見ちゃうぞーっと。

Pa145968s

鉄道の日の1日が始まりました。(続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

鉄道の日のある週末・・・鉄道フェスティバルprat2と自宅で駅弁大会(Do you know Ekibenn? Ekiben culture is wonderful Japanese food style.)

地下鉄博物館から向かったのは1013日記事の日比谷公園・鉄道フェスティバル(part1)でした。

Pa135844s_2

それから24時間一気にワープして・・・

Pa135834s_2

フェスティバル2日目、週末どこにもいかないので、この日は夕食を駅弁にしようということで東京駅へ向かう途中に、また寄っちゃいました。

閉会間際だったためか・・・

Pa135838s

鉄道キャラクターたちと記念撮影もできました。

なかでも・・・

Pa135842s

JR東日本・千葉管内の駅長犬は愛嬌タップリでした。

Pa135845s_2

日も暮れ始め、新橋駅前でティラミスロールとともに一息ついて・・・

Pa135847s

駅前が暗くなった頃・・・

Pa135849s

東京駅の駅弁販売所は、大混雑。

Pa135857s

そして購入したお弁当たち・・・

Pa135863s

お弁当とはいえ、イクラだって・・・

Pa135864s

で、私の駅弁は、初めて食べる鳥取県の肉系お弁当・・・

Pa135868s

東北・特に米沢系と違い、醤油味控えめで、お肉そのものを味わうお弁当でした。うんま!

ごちそうさまでした。

次の日が、いよいよ鉄道の日。〆は・・・。(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

鉄道の日のある週末・・・地下鉄博物館(4) 楽しめる博物館の風景(Let’s go to the Subway Museum in Kasai station of Tozai Line.)

こんかいの博物館で特別ホッコリした瞬間・・・

Pa125750s

記事のところどころに登場している床の線路絵。こうして、小っちゃい子たちがその上を歩いて行くんです。なんか、とってもイイなあ。

さあシールド使って地下鉄をつくった後は・・・

Pa125717s

運行・保守点検の世界です。

Pa125720s_2

こういう企画でよく登場する台車・・・

Pa125726s

台車のトップメーカー住友金属のプレートを見つけ、嬉しくなってパチリしました。

Pa125723s

地下鉄の地中トンネル輪切りの横のには・・・

Pa125722s_2

保守用車両が展示されています。その先・・・

Pa125724s_2

パンタグラフの上げ下げを楽しそうに繰り返している男の子の奥に・・・

Pa125728s_2

遊べるところが用意されています。

Pa125729s_2

千代田線先頭車両を使った運転シミュレーターなんて、臨場感タップリ。

Pa125738s_2

画面だけのものもタップリ3つ、定番の模型ジオラマもありますよー!

Pa125741s

パソコンで勉強できるところや、写真の背後にはお弁当を食べたりできる休憩コーナーもあります。

館内の柱も写真だけでなく・・・

Pa125744s

1番ゲージより少し大きい1/20の模型が飾られています。きちんとミラーで正面が見えるんですよー!

Pa125746s

地下鉄の考えを学ぶのに親切なパネルもありました。まさに、ふむふむです。

Pa125748s

さあ、そろそろ出口に近くなってきました。その手前には、ちゃんとショップもあります。お菓子類も充実。

Pa125751s

とっても楽しめた地下鉄博物館でした。

Pa125756s

ありがとうございます!

Pa125757s

外に出てみた葛西の街では・・・

Pa125759s

東京メトロのマークとお日様という面白い組み合わせが・・・

Pa125761s

さあ、そうやってできた東西線で、次の楽しい出会へ・・・。(続)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

鉄道の日のある週末・・・地下鉄博物館(3) 日本一古い地下鉄車両から世界最先端技術のシールドマシンへ(Let’s go to the Subway Museum in Kasai station of Tozai Line.)

日本最初の地下鉄車両1001形に近づくと人影が・・・

Pa125662s

乗客の人形を配置し、当時の雰囲気を伝える工夫でした。イイなあこういうの!

Pa125666s

車内先頭に向きを変えると・・・

Pa125667s

東武博物館を思い起こす、レトロさ満点の車内でした。

面白いのはつり革・・・

Pa125671s

つかまるときに引き寄せる形だったんですね。

そんな1001形いま直ぐにでも走り出しそうでした。

Pa125684s

外観も改めて・・・

Pa125686s

その先には・・・

Pa125694s

古豪の車両に対峙するように、世界最高峰の先端技術の世界が広がっていました。

Pa125693s

それは・・・

Pa125702s

地下を掘り進む、シールドマシン(掘進機)です。

Pa125705s

この円盤状のカッターをぐるぐる回して掘り進みます。

Pa125711s

その様子は3Dグラフィックで見ることができます。

Pa125710s

しかも・・・

Pa125709s

そばには、この秘密を説明する引き出しがあるのです。

Pa125715s_2

そして、対面には・・・

Pa125718s

シールド掘進機の模型がありました。カッターの奥には、掘った土を排出する仕組みもあります。一つの工場みたいですね!

Pa125699s

しかも、実際に掘った副都心線の様子が、アリさんの観察のような感じで模型化されています。ボタンを押し勉強している小学生のリアクションが良かったです。

Pa125701s

足元に線路が現れました。さて、この先には・・・(続)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

鉄道の日のある週末・・・地下鉄博物館(2) 葛西駅にて帝都高速度交通営団の世界へ(Let’s go to the Subway Museum in Kasai station of Tozai Line.)

「東京メトロ」←「営団地下鉄」←「帝都高速度交通営団」←「東京地下鉄道」

そういう歴史、技術の進化を、手軽に遊び感覚で楽しめる、親しみある博物館へ行きましょう。

 

葛西駅で下り線の追越し風景を楽しみ・・・

S

東西線電車を見送ると、そこには地下鉄博物館・・・

S_2

1階へ下り改札を抜け、壁のような雲を見ながら、高架下へ・・・

S_3

青空を写し取ったようなロゴで爽やかな印象の入り口が、さりげなくたたずんでいました。

Pa125624s

PASMOが使える券売機で210円を支払うと、乗車券のようなキップ、しかもハサミで切ってくれます。イイ感じ!

S_4

床にレールが描かれていて・・・

Pa125634s

まず、歴史コーナーです。

Pa125631s

Photo

丸ノ内線300形、そして日本初の地下鉄車両・東京地下鉄道(今の銀座線)1000形の外観が雰囲気満点です。

S

さあ、赤い300形の中に入りましょう。

Pa125649s

S_6

特に扉のそばに付いているライトが懐かしいですね。集電方式の関係か、駅の手前で車内真っ暗になった瞬間に点灯していたのを見た記憶があります。

丸の内線300形の次は、日本初の地下鉄車両へ向かいますが・・・

Pa125648s

そこへ行くのに、楽しいところを通ります。

S_7

人が押し掛けているポスターの次には、ターンスタイルの入口がありました。もちろん、コインを入れて通っちゃいましたよ!

そして現れたのはうへの駅でした。

Pa125664s

さあ、1001形の登場です。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

鉄道の日のある週末・・・地下鉄博物館(1) 見ごたえのある東西線・鉄路風景でアプローチ(Let’s go to the Subway Museum in Kasai station of Tozai Line.)

水色のこの電車たちは・・・

Pa125561s

東京メトロ・東西線を走る05N系、05系、15000系が集合しました。

Pa125565s

この駅は黄色い電車のJR総武線と接続する・・・

Pa125555s

東の始発駅・西船橋です。

Pa125562s

乗り入れている東葉高速鉄道の快速電車を先に出発させ・・・

Pa125556s

いよいよ出発です。

地下鉄なのに地上を走って行く東西線・・・

Pa125557s

始発駅らしい立派なXYポイントを目の前にして・・・

Pa125567s

上りの中野駅方面へ・・・

Pa125568s

右にそれていくのは、総武線快速のE217系です。

Pa125569s

複線ごとカーブして・・・

Pa125570s

見事な左右対称ポイント後に控える待避線に駅ができたここは、原木中山駅。

Pa125572s

東西線は快速電車があるため、このような通過待ち合わせの通称・待避線がありそこにホームが置かれています。

05Nとすれ違うように発車・・・

Pa125573s

Pa125574s

上り坂の先に立派な橋です。

Pa125575s

ハゼ釣りと思われる釣り船が多い江戸川を渡ります。

Pa125576s_2

橋の終わりが広がって・・・

Pa125577s

東西線の車庫からの引き込み線を中央に挟みます。

Pa125578s

Pa125579s

拡がった線路が、Xポイントで集約され・・・

Pa125580s

Pa125582s


この妙典駅でまた下りとすれ違い・・・

Pa125585s

なかなか無い直線区間をスピードアップ・・・

Pa125586s

Pa125589s

下り列車が近づいて・・・

Pa125590s

近づいて・・・

Pa125591s

一瞬の挨拶を交わすのでした。

Pa125592s

その先には、その昔に東京ディズニーランドへのバスターミナルがあった浦安駅・・・

Pa125596s

私もそうですが、使われた方が大勢いらっしゃるんではないでしょうか。

Pa125598s

もう一つ橋を渡って千葉県から東京都に入った・・・

Pa125599s

最初の駅が、目的地の葛西駅です。

Pa125600s

どこにどんな博物館があるのでしょう。(続)

Pa125602s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

日本橋三越前あたりの休日(Holiday in famous traditional downtown “Nihonbashi”)

ビジネス街という印象から、毎日エンジョイできる街に生まれ変わろうとしている日本橋・・・

Pa065498s

・・・とは言っても日曜日、地下鉄の改札辺りに平日ほどの人影はありません。

先週の日曜日に観に行ったのは・・・

Pa065496s

昭和を写した写真展です。

でもお昼時なので、その前に・・・

Pa065501s

海鮮物のお昼を北海道八雲町のアンテナ・レストランで。早めの時間でゆったりしている地下の店内・・・

Pa065506s

オーダーしたのは・・・

Pa065511s

プリプリのいくら丼。煮魚のランチとシェアしながら、いただきま~す!

Pa065517s

お腹いっぱいになって地上に出ると、三越の奥に半沢直樹で外観がモデルになった建物が見えました。

Pa065518s

写真展は、館内写真NG。昭和という時代の隆盛→混沌→消失→復活を11人の写真家の作品で綴っていくものです。特に、木村伊兵衛さん、土門拳さんが、通りすがりでは無く現地に何度も赴き人間関係を作った故に撮影できた農村、漁村、街での生活感あふれる写真たちには、一瞥を許さない呼びかけを受けました。

Pa065521s

ポスターの写真は銀座のモダンボーイ、モダンガール・・・いわゆる、モボ、モガの姿です。

Pa065531s

そんな三越からの移動には、無料の巡回バスを使います。

Pa065533s

10分おきに走る・メトロリンクと呼ばれるこのバスは、東京駅から日本橋三越側そして日本橋高島屋方面をぐるりと回ります。

Pa065534s

高島屋先で降りると、八重洲はすぐ。グランルーフも見えました。

その後、一目で気に入ったシャツを購入し・・・

Pa065542s

ハロウィンかぼちゃが並ぶようになったなーって思うと・・・

Pa065540s

お土産には、ハロウィン・キティちゃんがついてくる・・・

Pa055491s

ミスタードーナーツのハロウィンバージョンです。

Pa055494s

ストベリーチョコがけの中にホイップが入って、なかなか食べごたえありました。初秋の日曜日のことでした。(終)

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑫・・・そしてC58動輪の迫力を心に刻んで ありがとうの熊谷駅

JR八高線の単線鉄路が・・・

P9285265s

お別れしていくその風景を振り返ると・・・

P9285266s

秩父の山影がだいぶ遠くになっていました。

P9285267s

秋分を過ぎて、日の傾きが早くなったような16時近くです。

そんな途中の竹川駅で、秩父鉄道の貨物線としての役割を見つけました。

P9285270s

P9285276s

P9285278s

そして、工場を遠望するようになると・・・

P9285279s

上越新幹線の高架が近づいてきました。

P9285287s

寄居駅で大勢下車し、撮影しやすくなった12系客車の車内を記録し・・・

P9285268s

P9285269s

先頭へ移動・・・

P9285288s

目の前に目玉出現。

P9285292s

C58363のプレートと一緒に。

P9285290s

P9285301s

そして到着・・・

P9285303s

P9285293s

早速C58を点検です。

P9285294s

乗務員、保守関係の皆さん、お疲れ様です!

P9285297s

熊谷駅の到着ホームのSL部分は少し低くなっています。

そのお陰で・・・

P9285296s

大迫力の動輪が見ることできました!

更に迫って・・・

P9285295s

圧倒されます!

ヒッチコック監督のバルカン超特急を思い出しちゃうなーなんてしていると、乗客の皆さんが集まりだました。

P9285298s

P9285306s

後方では、車両区へ戻る機関車が連結されていました。

C58パレオエクスプレス・・・楽しい1日をありがとう!

P9285310s

P9285312s

秩父鉄道熊谷駅の改札にある出口”の文字は・・・

P9285313s


鉄道を楽しむワンデートリップからの出口でもあったのでした。(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑪・・・パレオエクスプレスの車窓を楽しむ

三峰駅口からの自由席はゆったり雰囲気・・・

P9285206s

混雑する熊谷駅からの下り、上りはバスツアーにも黄身こまれている秩父駅-長瀞駅-寄居駅の区間が混むようです。(秩父鉄道HPに空席情報があり便利ですよ~)

P9285209s

ワンボックスに1人ということなので・・・

P9285211s

"信夫の郷にて"管理人・しゅうちゃんさんのお風呂よろしく足パチリ・・・シートの色と靴下がイイ感じ!(←って自分勝手に理由づけ)

P9285217s

名残惜しい秩父の風景が車窓に現れました。そういえば・・・

P9285225s

忘れてならないこの工場。秩父鉄道の親会社で旧・秩父セメント、小野田セメントと合併さらに日本セメントと合併した現在は太平洋セメントです。このために生まれた秩父鉄道の歴史の上にまさに今乗車しています。

セメントの原料・石灰石を運ぶ貨車や・・・

P9285234s

秩父鉄道発祥の地の看板や・・・

P9285232s_2

元・東急電車と行き違いし・・・

P9285233s_2

盆地らしい秩父の車窓を見ていると・・・

P9285236s_2

荒川を渡る橋梁のところ大パノラマです!

P9285239s_2

鉄橋を渡る客車の音が最高のBGM。

ほどなく車窓に彼岸花の赤が出迎えてくれると・・・

P9285246s_2

加えて観光客も迎えてくれる・・・

P9285247s_2

長瀞駅に戻ってきました。

P9285248s

P9285251s

駅名票の上を見ると、青空と秋雲の素敵な競演が・・・

P9285252s

ほぼ満員で発車した列車の車窓には、秩父を感じる巨大岩たち・・・

P9285254s

それは、ススキの道に変わり・・・

P9285255s

まだ緑をたたえて初秋の山・・・

P9285256s

線路が多くなると・・・

P9285258s

東武線、JR線(写真)の交わる寄居駅・・・

P9285260s

P9285264s_2

JR八高線とのお別れが近くなってきました。

P9285262s

パレオエクスプレスは、熊谷駅までラストスパート・・・(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑩・・・C58牽引パレオエクウプレス出発準備完了!

新橋・横浜間に日本初の鉄道が開通したのは明治5年10月14日。鉄道の日であるこの日に、C58の雉を取り上げられていることをチョッピリ嬉しく感じています。

 

方向転換を終え、熊谷駅方面へ向きを変えたC58・・・

P9285169s

古参の電車や12客車の間から登場しました。

P9285170s

連結用に戻ってくるときには・・・

P9285171s

旗をもった係員の方が乗務している姿・・・

P9285172s

機関車ならではの瞬間だなぁ~・・・

P9285173s

そして・・・

P9285174s

P9285176s

連結!2013928日・・・C58がけん引する秩父鉄道パレオエクスプレスの出発準備が完了しました!

P9285177s

先ほどの転車台との記念もパチリ。

P9285178s

P9285182s

真横からの1枚も・・・後から写真で見てもジーンときちゃうんですよね。

P9285183s

公園の貨車や三峰口駅の線路末端を記録し、駅へ戻ります。

P9285187s

P9285188s

P9285189s

あまりゆっくり出来なかった公園ですが、参考に全容はこんな感じです。

P9285190s

戻ってきた駅では気になっていた・・・やっぱり顔を入れちゃおうと・・・子供用なんですねー!

P9285191s

さあ乗りましょう!

P9285194s

P9285195s

地方の私鉄とはいえ、お客様を迎えるべく、きれいに整備されています。秩父鉄道、まさにイイネ

P9285198s

石炭もくべ易いように、運転席側に山積みになっています。

栄光のC58363・・・

P9285203s

発車間際で皆が乗車した瞬間に、2枚を。素敵だよC58!

P9285199s

P9285202s

ワンディトリップのラストは、熊谷駅まで約2時間・・・12系客車での音、秩父路車窓を思い切り楽しみましょう。(続)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

第20回 鉄道フェスティバル・・・日比谷公園にて(The railway fair of railway that all most Japanese railway companies participate is taken place in Hibiya-park by today.)

20回の鉄道フェスティバルが、昨日今日と日比谷公園で開催されています。

昨日行けたので、秩父鉄道記事にチョット割り込み・・・

Pa125793s

地下鉄をから地上にでると・・・

Pa125766s

この夏、エメラルドグリーンの大噴水池を見て以来の日比谷公園・・・

Pa125768s

多くの方が来場していました。

Pa125769s

ふと横を見ると、いつもと変わりない日比谷花壇のたたずまい。

Pa125767s

入ってすぐはJR西日本・・・

Pa125772s

みずほ/さくらの記念撮影コーナーがありました。

Pa125770s

折角です・・・パチリ。

Pa125773s

今年は、各社駅長さんが出演する記念撮影イベントがあり(昨日だけでした)・・・

Pa125792s

なんと、馴染ある新京成電鉄の駅長さんが登場しているではないですか・・・

Pa125777s

撮ってもらっちゃいましたー!それに、バンドエイドのお土産まで。

Pa125785s

次、情熱の赤・JR九州のブースでは・・・

Pa125804s

800系つばめの記念写真コーナーで、パチリ。

Jrs

青空にあうJR四国では、アンパンマン列車の撮影コーナーでした。

Pa125805s

この写真の後ろ側にはファミリーがもの凄い数待機していたので、ここは見送りました。

Pa125807s

続いて公園の南側へ・・・

Pa125806s

グッズ販売で多くの人がいらっしゃるため、ここは雰囲気だけ。

そんな中・・・

Pa125813s

伊豆急の定規をもらっちゃいました・・・って後ろは・・・

Pa125812s

伊豆急面白駅長さんでした。しなっとしたポーズがナカナカですねー!そんな中・・・

Pa125816s

関西の私鉄エリアで目立つポールが・・

Pa125817s

京阪3000系ではないですか。これは、イイ!

その反対側で一番大きなテントが・・・

Pa125815s

JR東日本でした。日比谷公園の緑にあうカンパニーカラーですね。

Pa125820s

日比谷公園を最大限生かしたフェスティバル、車両基地見学とはまた違った楽しい世界でした。今日も大勢の方で賑わいそうですね。(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑨・・・C58演じるエンターテイメントの世界へ

準備作業をしている蒸気機関車C58のそばに・・・

P9285118s

小っちゃい鉄道公園があります。

P9285121s

その前に、右にいろいろ見えるので・・・

P9285120s

都営地下鉄、西武鉄道、国鉄の3ショット。地方私鉄ならではかもしれませんね。

P9285122s

貨車などが展示されている・・・

P9285123s

P9285126s

その先に・・・

P9285127s

P9285128s


秩父鉄道C58の見せ場・・・

P9285130s

方向転換するための転車台があります。

P9285131s

沢山の観客に迎えられ、後ろ向きに、ちょっと恥ずかしそうにやってきたC58・・・

P9285136s

架線の無い鉄路を進んできて、ピッタリ納まり・・・

P9285138s

時計回りに回転開始です。

P9285139s

P9285140s

P9285141s

P9285143s

P9285146s

体操男子の白井選手・4回転には及びませんけど、180度の回転が終わりました。

「よっ、C58-363

P9285152s

おひねりでも投げたくなる気分です。

そして、直ぐに戻っていきました。

P9285157s

秩父の山の緑にすっかり馴染んでいました。なんか、いいんですよねー。

P9285159s

一方・・・

P9285161s

転車台は、もう180度回転し・・・

P9285163s

明日の日曜日に備えます。

P9285165s

転車台の先に・・・

P9285166s

先ほどの3編成に加え、東急が追加。

P9285168s

そこに割り込んできたC58.三峰口駅構内を、忙しく走り回りまわっていました。今度は・・・。(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑧・・・SLの魅力を三峰口駅で味わう

終点の三峰口駅で出迎えてくれたのは始発の羽生駅で見送った国電101系でした。嬉しい!

P9285030s

そして、終着・・・

P9285031s

見送った電車、乗ってきた電車・・・下車して記念撮影しました。

SLのパネルが迎えてくれる三峰口駅です。

P9285034s

山里のこじんまりした駅舎が・・・

P9285102s

背景の山々にピッタリ!

P9285035s

駅を少し離れると、おじいちゃんに肩車してもらうお孫さんの姿が、ほのぼのイイ感じです。

P9285036s

2人が見つめるその先に・・・

P9285038s

秩父駅で追い越したC58パレオエクスプレスがやってきました!

P9285053s

終着駅間際のためか黒煙はあがっていませんでしたけれど、間近でみるこの迫力。

P9285063s

特にメカそのものの動輪の力強さには圧倒されました。

P9285079s

P9285083s

12系客車を切り離して単独回送している後姿がこれまたカッコイイ!

P9285086s

回送してたどり着いた先は・・・

P9285106s

駅外れのホームもどき。そして、多くの方が見守る中・・・

P9285100s

車体の点検が行われています。

駆動部の多いSLです。目立つナットは念入りに。そして運転席・・・

P9285096s

最後に、石炭の均し。

P9285095s

楽しいSL旅ゆえに、念には念を入れて点検&準備。

C58プレートの運転席と均しの様子は、その昔 こんな感じだったのでしょうか。

P9285097s

P9285098s

そして、先頭から・・・

P9285094s

やがて、その姿は現在になり・・・

P9285092s

さあ、次の場所・・・今回一番楽しみな場所へ向かいます。

P9285107s

踏切を渡るとき・・・

P9285112s

秩父鉄道を走るSLである証拠を1枚。そして・・・

P9285110s

鉄路との記念写真も1枚。さあ、行かなくっちゃ。(続)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2013年10月10日 (木)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑦・・・SL登場、そして終点・三峰口駅へ

黒煙を上げて、カーブの上長瀞駅ホームへ入ってきたのは・・・

P9284960s

都心から一番近いSLがキャッチフレーズの・・・

P9284976s

秩父鉄道パレオエクスプレスのSL・C58です。

P9284978s

動輪の迫力、運転席横に輝くC58363プレートがたまりません。

P9284984s

あっという間に過ぎ去って・・・

P9284986s

3組のレールが1組に収れんする中へ、引かれている12系客車が進んでいきます。

SLが走り去ったホームは・・・

P9284938s

時間が逆戻りしたようでした。

P9284987s

さあ、終点の三峰口駅を目指す、元・東急の電車に乗りましょう。

P9284989s

発車して直ぐ・・・

P9284990s

荒川の河原から橋を見上げる鉄道写真で有名なところを通ります。

P9284992s

その先、面白い駅がありました。古い貨幣のモニュメント・・・

P9284993s

日本通過発祥の地とのことでした。知らなかったなー。

P9284994s

元・東急同志の交換を目にし、その先の秩父駅では・・・

P9284997s

反対のホームに先ほどのC58が停車し、抜いて行きます。

次の御花畑駅手前で乗り入れる西武鉄道の電車と、それを実感するポイントを背景にした見ごたえある3ショットに会えました。

P9284999s_2

単線に戻り・・・

P9285003s_2

影森駅で分岐し・・・

P9285005s_2

また収れんしていきます。

P9285006s_3

P9285007s_2

P9285008s_4

ワンマン運転のバックミラー・・・

P9285011s_3

欄干の無い橋・・・

P9285012s_3

少し大きい島式ホームの駅・・・

P9285013s_3

P9285014s_3

秩父の山を目の前にとらえ・・・

P9285016s

元・都営地下鉄と交換して・・・

P9285018s

山がせまってきたところで・・・

P9285023s

少し家々が現れてくると・・・

P9285027s

終点・三峰口駅へ入線するための最後のポイントがやってきました。(続)

P9285028s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑥・・・長瀞駅-上長瀞駅間を散策

訪れた928日はまだまだ暑く・・・

P9284893s

かき氷やソフトクリームが主役でした。それでもさすが荒川沿い・・・

P9284894s

アユの塩焼きも。そして・・・

P9284895s

この先に・・・

P9284896s

荒川河川敷が広がりました。青空と雲と緑と川のアンサンブルが最高です!

長瀞と言えば・・・

P9284897s

ライン下りがあります。

P9284904s

天竜峡での出来事以降、ライフジャケットが舟に装備されているんですね。そんな河原・・・

P9284899s

日比谷公園大噴水池を思い出すようなエメラルドグリーンでした。

河原をあがると石畳の全景が見えて・・・

P9284909s

高台の道端には、コスモスがいっぱい・・・

P9284912s

チョウチョも羽を広げて、ゆっくり休憩・・・

P9284911s

少し先で見上げると、青もみじが逆光できれいな形を見せてくれました。

P9284913s

いちど、道標のある線路際にでて・・・

P9284914s

長瀞自慢の桜並木へ・・・

P9284915s

途中、彼岸花や荒川を見て歩くこと10分・・・

P9284918s

P9284920s

上長瀞駅へ到着しました。

P9284923s

駅そばのコスモスには・・・

P9284934s

ミツバチも遊びに来ていました。

P9284930s

そんな駅のホームには国電101系の秩父鉄道色がいるではないですか。

P9284935s

なんとか見送ることができました。

P9284936s

柔らかなカーブ上にホームのある上長瀞駅。

P9284937s

先ほど下車した長瀞駅の方を見ると・・・

P9284944s

黒い煙が見えてきました。そうです、秩父鉄道といえば・・・。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月 8日 (火)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)⑤・・・秩父鉄道・長瀞駅を味わう

鉄道旅行の楽しみ・・・列車、鉄路(車窓)・・・とくれば、次は駅。

ちょっとレトロな長瀞駅を楽しみましょう。

P9284866s

P9284862s

P9284868s

P9284861s

そういえば、お隣に・・・

P9284859s

池袋から西武線で乗り入れてきた4000系でした。

P9284860s

セミクロスシートなんですね。観光旅行には、向かい合わせの席があいますね。

P9284864s

トイレもついています。そして、回送発車を見送り・・・

P9284863s

P9284870s

改札へ・・・

P9284871s

P9284872s

乗ってきた熊谷駅方面への鉄路を見つめ・・・

P9284874s

改札へ向かいます。

P9284876s

P9284875s

P9284878s

レトロ感で駅舎内も統一されていました。

P9284877s

P9284883s

そして、駅舎の全貌が・・・

P9284879s

赤い屋根とその形、おまけに赤いポストがいい組み合わせしていました。

P9284884s

広い駅前の反対側景色は・・・

P9284880s

ロープウェイのある観光地・宝登山が広がります。

P9284886s

駅前のお土産物屋さんの前を通り、踏切で・・・左ヨーシ!

P9284889s

右ヨーシ1

P9284891s

お土産物屋さんの道を、長瀞の河原へ向かいます。(続)

P9284892s

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)④・・・秩父鉄道・複線と単線と

熊谷駅を出発して、一路 秩父路へ。単線が・・・

P9284793s

複線になり・・・

P9284795s

そこは車庫区で・・・

P9284796s

また単線になり・・・

P9284798s

P9284799s

駅の手前で複線に分岐し・・・

P9284802s_2

秩父の山々を正面に望む、気持ちいい単線に戻りました。

P9284803s_2

駅の手前で、複線分岐・・・

P9284810s_3

また単線になり・・・

P9284811s_2

ススキに歓迎されるカーブを進むと・・・

P9284828s_2

少し大きい駅・・・

P9284829s_2

東武・東上線、JR八高線と接続する寄居駅です。

Photo_2

壁のような秩父山系がバックに広がる素敵なロケーションです。

P9284830s_2

寄居駅を発車し・・・

P9284832s_2

山が一層近づくと・・・

P9284836s_2

コスモスの黄色と木造りが素敵な波久礼駅です。

P9284837s_2

そしてその先、船下りできる渓谷で知られた長瀞へ入ってきました。

P9284840s

葛西臨海公園の横から東京湾へ流れ出る荒川と山のわずかの隙間を、国道140号と分け合って進みます。

P9284841s

少し壁がゆるやかになると・・・

P9284844s

見事なポイントがあらわれ、この地域の中心・野上駅です。

P9284847s

山々をバックにその分岐が一つになり・・・

P9284848s

P9284849s

いくつもの分岐を経て現れた次の分岐が、渓谷の中心・・・

P9284850s

長瀞駅へ到着しました。ちょっと降りてみましょう。(続)

P9284865s

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)③・・・秩父が近くでなくても素敵な秩父鉄道車窓

羽生駅を発車して数駅後・・・

P9284740s

木々が整列している道路下をくぐります(前面ガラスがチト汚れていま~す)。

その先にある新郷駅を過ぎると・・・

P9284743s

単線に戻ることを合図にして・・・

P9284745s

いままで車窓で出会った秋田県八郎潟、新潟県長岡付近、栃木県矢板付近、宮城県古川付近、近江八幡付近・・・などに引けを取らない、開放的で雄大な初秋の水田風景が広がっていました。

P9284750s

進行方向には対称形が美しい二股分岐・・・

P9284752s

眩しい青空が嬉しいであろう旧・都営地下鉄の電車と入違いして、また単線へ。

P9284753s_2


今度は一転して牧歌的な低い木々・・・

P9284754s_2

とっても懐かしい感じの鉄橋を渡って・・・

P9284755s

また現れました。島式と呼ばれるホーム入るための二股分岐・・・

P9284761s

そして、素晴らしく真っ直ぐな直線鉄路・・・

P9284762s

前方に高架、右手(北側)にビルが見えてきました。

P9284766s

上越新幹線をくぐり・・・

P9284767s

今度は逆に、高崎線を見下ろして・・・

P9284769s

新幹線の高架駅が見えてきました。

P9284771s

単線がいくつもに別れ・・・

P9284772s

旧・東急8500系が休憩していました。

P9284773s

高崎線と連絡する、熊谷駅です。たまたまですが、オレンジの101系が向かいに停車していました。

P9284776s

その熊谷駅を発車して・・・

P9284780s

しばらく、上越新幹線と高崎線の間を走ります。

P9284781s_2

P9284782s

目の前に現れたのは上熊谷の駅なんですよ。

P9284784s

P9284785s

駅を過ぎると、高崎線とバイバイ・・・

P9284786s

新幹線と直線走行競走です!

P9284787s

島式の石原駅で・・・

P9284788s

おや・・・

P9284790s

何かチラッと見えました。

P9284791s

P9284792s

新幹線にもバイバイした秩父鉄道です。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

自分取扱説明・・・イイ気分になる半日コース

昨日の誕生日、午後バースディ半休をとって、好きなことに時間を使ってきました。

好きなこと・・・列車の旅、映画、美味しいもの、楽しい音楽・・・から・・・

 列車の旅と美味しいものの組み合わせる

S

食堂車を営業していた日本食堂が、食堂車を再現したレストランを東京駅のグランスタ・ダイニングに昨年オープンしました。寝台特急あさかぜの最後の食堂車のイメージそのままでした。

記念です、奮発して食堂長自慢のスペシャル・ハヤシライスを注文。

Pa045386s

濃厚デミグラソースにクリームチーズがトッピングされマイルド、柔らかく芳醇な黒毛和牛と思われるお肉のボリューム・・・食堂車気分で懐かしさを楽しみました。(でも、乗車したときはカレー止まりだったっけ)

 

 自分の写真を観に行く

Pa045423s

Pa045414s

Pa045421s

京葉ストリートで開催されている写真展に、中秋の名月の写真を応募しました。

タイトルは、コメントくださったうーたmamaさんのアイデアを元にしています。なんか、いいなー!

 

 お気に入り監督の映画を初日に、好きな映画館で観る

S_2

今年リメイクされる"キャリー"のオリジナル監督で、映像に定評あって、ミッションインポッシブルやアンタッチャッブルなど大作も手掛けるブライアン・デ・パルマの新作・パッションです。いいパートナーだった女性同士の上司部下の関係が崩れるとき、官能的な映像で完全犯罪の顛末を描き切ります。サスペンスを盛り上げるに必須の音楽が、定番のピノ・ドナッジオ。いやー、1時間40分、音と映像にいました。

Pa045447s

Pa045444s


スカラ座に隣接するみゆき座、なかなか見やすい劇場です!

 

 ケーキで〆る

そして、手巻きずしの夕食後、お楽しみのケーキでした。

S_3

ちょっと恥ずかしいハート型生ショートに、フルーツタルト・・・甘い時間を締めくくることができました。

 

そして、一昨日の広島・前田選手、昨日のヤクルト・宮本選手、長い間お疲れ様でした。バレちゃんの60号がこれからのお二人の人生へのはなむけ/祝砲に思えた104日の夜でした。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

自分を点検する日に、国鉄時代の日本最端駅の想い出を

1987年に国鉄が民営化される前に、日本最北端、(ほぼ)最東端、最西端、最南端の駅を訪れました。

お盆休みに実家へ行った際に写真が見つかったので、この点検(将来へのマイルストーン)の日に記録したいと思います。

P8132075shp

最北端は、北海道・宗谷本線の終着駅・稚内です。

今は、スッキリした駅のようですが、そのころは最果て感ある行き止まりの駅でした。今はない夜行急行・利尻で旭川駅から途中乗車して、到着。襟裳岬から縦に移動して最北端の宗谷岬を巡る旅でした。

Photo

(ほぼ)最東端は根室本線の終着駅・根室です。

P8132049shp

ほぼというのは、実際の最東端は、1駅手前の東根室駅だからです。

今はない、夜行急行・まりもがら琵琶瀬湿原や霧多布岬に感動し、浜中ユースホステルを経て根室に到着したのです。大きいお店とかなんにもなかったなあ。最東端のノサップ岬から知床岬を経て北海の西側にある積丹半島・神威岬まで、横に移動する旅でした。

P8132064shp

最西端は長崎県松浦線(現・松浦鉄道)の平戸口駅です。今はない寝台特急・さくらで、長崎駅下車後、海沿いの大村線を経て、佐世保乗り換えでやってきました。

高校の修学旅行で訪れたのは違う感覚でしたね。

そして・・・

最南端は鹿児島県指宿枕崎線の西大山駅です。

ここだけは、列車で到着しませんでした。列車の本数と行きたかった場所との兼ね合いで・・・

P8132062shp

今はない夜行急行・かいもんで西鹿児島駅から指宿枕崎線の山川駅という有人最南端の駅から、長崎鼻という薩摩富士・開聞岳を海から見上げられるところで景色を楽しみ、タクシーを奮発していきました。

P8132060s_hp

P8132061shp

のどかさとそびえる開聞岳の美しさが忘れられない駅です。

train

こう思い出すと、最果てへは夜行列車がキーワードだったような気がします。

20年以上の時を超えて、夜行列車は風前のともしび・・・今度会いに行くとき、どんな印象に変わっているのか、怖いような楽しみのような。そんな、2013年の104日でした。(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip)②・・・秩父鉄道の車両を楽しむ

羽生駅で会うことができた国電車両・・・

P9284702s

今日これから向かう秩父鉄道の終点・三峰口の行先表示になりました。

Photo

秩父鉄道のマーク・・・

P9284708s

秩父鉄道に来てからの車両形式1001系・・・

P9284710s

そして全景を記録。

P9284704s

朝日新聞の社会面に記事が出ていましたけれど、水色の国電車両・・・今月には想い出の存在になります。P9284707s

時間が来て・・・

P9284712s

P9284714s

P9284715s

ありがとうー!行ってらっしゃい!

東武鉄道から秩父鉄道へ乗り換えます。

P9284716s

P9284719s

ホームへおりると旧・都営地下鉄の5000系が入線していました。

P9284724s

東武電車との出会い・・・

P9284725s

そして、待っていました・・・

西武鉄道の101系を改造した有料の急行列車です。

P9284729s

急行列車、しかも有料(200円)なのに、ワンマンってすごくないですか。

P9284733s

運転手さんもノリの良いこと!

P9284735s

さあ、出発です。

P9284734s

車内は、西武鉄道時代のロングシートを改造して、観光用クロスシートにしていました。旅はこれでなきゃ!

P9284730s

いきなりのカーブポイントを進みながら・・・

P9284737s

秩父鉄道の旅が始まりました。(続)

P9284738s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

鉄道を楽しむワンデートリップ(Why not enjoy railways with one-day-trip.)①・・・さよなら国電101系でスタート

928()7時過ぎの上野駅・・・

P9284670s

P9284673s

日差しをたっぷり浴びたE231系・・・

P9284671s

今年、上野駅でも始まったボタンドア開閉し中へ・・・

P9284672s

少し涼しくなって、自販機の暖かいお茶が嬉しい季節・・・

P9284674s

50分後に到着した駅は・・・

P9284677s

一昨日の博物館でお世話になった東武線への乗り換えがある・・・

P9284682s

久喜駅です。いい名前ですよねー久しく喜ばしいなんて。

P9284678s

さあ、東武伊勢崎線を出発しましょう。

P9284683s

P9284684s

P9284686s

P9284688s_2

(1)発車して、(2)Xポイント、(3)上り坂カーブ、(4)直線、と鉄路風景の定番がダイナミックに繰り広げられます。

やがて、変則ポイントが現れて加須市の中心・加須駅・・・

P9284690s

群馬県の赤城駅と浅草駅を結ぶ200系特急のりょうもう号が手写していました。

P9284691s

発車すると直線が続き・・・

P9284694s

その直線上に駅があり、その先に直線が続くという気持ちよさ。

P9284695s

直線が終わる頃には、また変則ポイントが登場し、下車する駅へ到着しました。

ちなみに、広大な東武鉄道網・・・東武ではありませんが左端は八重の桜の会津若松までつながっているんです。

P9284699s

スバルで有名な旧・中島飛行機の富士重工の街、太田へ向かう列車を見送ると・・・

P9284698s

懐かしの水色、国電です!

P9284700s

国鉄、JRから、第2の人生の活躍の場を得ていました。ここは、埼玉県秩父鉄道の東の起点・羽生駅。

ワンデートリップは、お別れから始まったのです。それは・・・(続)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

罠にはまった!・・・初体験 炭火ジビエをいただく in 八丁堀 Gibier (Why not enjoy having gibier?)

下半期のスタートは、ナカナカなタイトルになっちゃいました。

JR・東京メトロの各 八丁堀駅から数分の路地裏に・・・

P9264619s

その罠はありました。

P9264618s

この怪しげな店構え・・・

P9264617s

鹿が顔を出す店・・・

P9264616s

深まりつつ秋の今宵に先輩が連れてきてくれたのは・・・

P9264623s

炭火焼肉?でもそのお肉が違うんです。

P9264620s

ジビエって聞かれたことありますか。狩猟によって、食材として捕獲された野生の鳥獣のことです。

早速、鹿肉をいただきます。

P9264625s

P9264626s

そういえば、レモン果汁のとり方が・・・

P9264622s

ねえ、特徴的でしょう。今度真似しようっと。

自然の命に感謝して、賞味を続けます。

P9264627s

猪、雉と、ひととおりいただきました。中でも、猪のバラ肉がその脂身の美味しいこと。

P9264642s

ジビエをより引き立てるのは・・・

P9264629s

このお店自慢の山形ワインです。すっきりフルーティーな辛口がピッタリ。

驚くことに・・・

P9264630s

このドラム缶に入っているんです。

面白いものはもう一つ・・・

P9264632s

四方八方から火が吹き出すこの壷は・・・

P9264644s

炭をおこしておくためのものでした。

そんな店内で網焼きされているもの・・・

P9264640s

行者にんにくみそを塗った焼きおにぎりです!

P9264639s

それともう一つ・・・

P9264645s

〆の雉雑炊です。

P9264646s

芳醇なこくを味わいながら、改めて今日食したジビエへ感謝しました。

参考までに、お値段と産地はこのようなものです。

P9264638s

帰りは、少し回り道をしながらタクシーで東京駅へ。

P9264648s

明るいグランルーフが一際明るくみえた夜でした。(終)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »