« ベタですが・・・夏だ、アイスだ、サーティワンだ! | トップページ | 2013年の帰り道/津軽半島最北端の駅から(2)・・・変わっていくであろう津軽線風景を記憶に »

2013年7月20日 (土)

2013年の帰り道/津軽半島最北端の三厩駅から上野駅へ(1)・・・懐かしさいっぱいな気持ちで三厩駅を出発します

2012年の帰り道、そのラストに予定していて出来なかったことがようやくできました。

雪降る津軽の終着駅から冬晴れ年末の上野駅へ・・・そんな記事で2012年を締めくくる予定が出来なくなって、今回 夏の帰り道になったのです。

 

津軽線・終着の三厩駅、その鉄路の先は緑の森の向かいで閉ざされてました。

P7067849s

そんな終着でもあり始発駅でもある三厩駅で出発を待つキハ40系です。

P7060859s

三厩の駅舎は、20年以上前に初訪したときと、なんとなく感じが変わっていました。改築されたんですね。

P7060857s

駅には立派なスタンプもあって、旅の記念になります。

P7067853s

さあ、発車時間が近づきました。

P7067851s

キハ40系と記念に1枚。

P7060851s

まもなく15:20.駅員さんが時計を確認しています。

P7067855s

そして・・・

P7067857s

定刻に、三厩駅を列車は発車しました。

P7067858s

雨粒に濡れた列車の窓から見えるホームが、まるで幻のような過去の存在になっていきます。

P7067863s

海沿いの三厩の町を進むキハ40系・・・

P7067865s

2013年・・・最初の帰り道はこうして始まりました。(続)

|

« ベタですが・・・夏だ、アイスだ、サーティワンだ! | トップページ | 2013年の帰り道/津軽半島最北端の駅から(2)・・・変わっていくであろう津軽線風景を記憶に »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

フェリーで下北半島へ渡るため、蟹田まではゆきましたが、その先の三厩へは行ったことがありません。 

三厩、何だか、少しもの寂しい感じがしますね!

投稿: さぬひろ | 2013年7月20日 (土) 08時49分

さぬひろさん

おはようございます。
海沿いの三厩、お天気良ければ印象が変わったのかもしれませんね。
それにしても、半島間のフェリー移動、行動派のさぬひろさんらしい!

投稿: キハ58 から さぬひろ さんへ | 2013年7月20日 (土) 09時57分

本州最果ての駅ですか 上野までの帰り道 どんな旅路になりますか。

投稿: ハッピーのパパ | 2013年7月20日 (土) 16時52分

ハッピーのパパさん

東京では無く、上野へ帰るというのがピッタリの出発駅でしたよ。

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さんへ | 2013年7月20日 (土) 19時51分

中小国(信)から一気にひなびた感じになりますよね、大平駅との対比が
また良い。

北海道新幹線もかなり出来上がってるらしくて、青森港からの深夜のレール輸送最近見かけない気が、、そろそろ架線柱が立ってくるのかな?

投稿: カシスキャット | 2013年7月21日 (日) 20時13分

カシスキャットさん

本当に、中小国から変わりますよね。線路下が草ボーボーはちょっとビックリしました。レールの輸送がなくなってきたのですか、だいぶ出来上がってきているんですね。

投稿: キハ58 から カシスキャット さん へ | 2013年7月21日 (日) 21時24分

実家がある青森に何年も帰ってなくて…津軽線のモーター音が聴きたくなりました


YOUTUDEにアップしたら所々音が途切れてますが583系の動画作品を公開しました(^O^)


投稿: ユウぱぱ | 2013年8月 7日 (水) 23時23分

ユウぱぱさん

ご出身、そちらだったんですか。キハ40がんばっていますよー!
583の件、ご案内をありがとうございます。立ち寄らせていただきまーす!

投稿: キハ58 から ユウぱぱさん へ | 2013年8月 8日 (木) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/57799110

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年の帰り道/津軽半島最北端の三厩駅から上野駅へ(1)・・・懐かしさいっぱいな気持ちで三厩駅を出発します:

« ベタですが・・・夏だ、アイスだ、サーティワンだ! | トップページ | 2013年の帰り道/津軽半島最北端の駅から(2)・・・変わっていくであろう津軽線風景を記憶に »