« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

七夕気分の巣鴨・地蔵通り

1年の半分になりましたね。

そんな時期に訪れるのが七夕。

P6290476s

お地蔵様の通りが、七夕雰囲気になっているということで行ってきました。

JR巣鴨駅から、都営地下鉄・巣鴨駅のあたりは、地域にある仰高小学校・子供たちの短冊笹飾りがいっぱい。

P6290475s

願いがかなうとイイなあ。

clover

そして地蔵通り・・・

P6290478s

旧中山道を七色の吹き流しが舞っていました!

P6290482s

真っ直ぐ伸びる通りの上を、見事の一言です。

しかし、この吹き流し、何かに似ていると思いませんか・・・

P6290486s

ハリーポッターを見た貴方、ディメンターですよ!

アズカバンを出そうした囚人を追いかけてきた・・・ホレホレ・・・キャー・・・

なんてしていると・・・

P6290488s

すがもんが、マアマアマって登場です。

そして、ホット一息は・・・

P6290489s

夏でも活躍のたい焼き屋さん。

この時は、焼きの合間で待ち人

やった!

P6290490s

で、この通り、焼き立てを。ん~格別だニャー!

そうそう・・・

P6290495s

72日から朝顔祭りがあるようです。

平日ですが朝は6時から、ちょっと気になりますねー。

 

話は夜へ・・・

巣鴨とは関係ありませんが、武蔵小金井市にある和菓子屋さん・三陽さんが造る、東京では珍しい夏の京和菓子・麩まんじゅうをいただいちゃいました。

P6290496s

笹に包まれた・ひんやり和菓子が、夏本番を身近に感じさせてくれますねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月29日 (土)

ありがとう 2013年のお別れ8・・・引き際の潔さ/銀座の顔・6丁目 松坂屋デパートへ(後編)

江戸風鈴が爽やかさを演出する・・・

P6230384s

みゆき通り・・・

P6230383s

その向かいには・・・

P6230382s

銀座らしいショーウィンドウがあったりして。

そして銀座通りと交差する角に・・・

P6230386s

松坂屋デパートがあります。主に夏と冬のバーゲン時でしたが、別館にあったビアホールライオンのお手軽ブラッスリーとともに、来ていた頃が懐かしいです。

P6230387s

いたるところに、「閉店」「グランドフィナーレ」の、文字がありました。

P6230388s

銀座通りに松坂屋のある風景を、アド街風の記念に。

P6230390s

銀座6丁目の象徴であった松坂屋・・・

P6230393s

P6230395s

屋号とも、パチリ。

P6230399s

店内大混雑なので外側をまわってやってきた5丁目との境にあるみゆき通りには・・・

P6230400s

銀座の移り変わりの写真たちがいいですね。

P6230402s

この中にあった都電の走る風気、実物をみたかったです。

そんな通りを見上げると・・・

P6230406s

銀座のガス灯の名残りのような明かりがありました。

ガス灯・・・シャルルボワイエとイングリッドバーグマンのサスペンスを思い出しちゃいました。

そのガス灯の上には、鳳凰が。

P6230409s

記憶の中に留めましょう。

銀座・松坂屋デパート・・・ありがとうございました。

東京メトロ・銀座線で10分ほど浅草側へ行くと、もう一つの松坂屋デパートがあります。折角なので、写真を撮りに行っちゃいました。

P6230413s

4丁目から乗って、10分後に地上へ上がると・・・

P6230419s

堂々とした上野・松坂屋デパートです。

ちなみに、下町の上野らしく都バスの起点でもあり・・・

P6230418s

バス停の名前までになっています。老舗としての誇りある上野店にはぜひ頑張り続けて欲しいです!地下にあるあんみつのみはしや、ワッフルのコロンバン、また行きまーす(終)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月28日 (金)

ありがとう 2013年のお別れ8・・・引き際の潔さ/銀座の顔・6丁目 松坂屋デパートへ(前編)

最初に、とっても好きな1枚を。

P6230396s

銀座で一番古いデパート松坂屋、1924年のオープンから88年になります。

縁起良さそうなW末広がりで88年なのですが、明後日に閉店なんです。

tv

ニュースにも流れていました。

残念・・・でも「潮時かなあ」・・・もし私が松坂屋だったら、そう思ったかもしれません。

銀座通りのこの変貌ぶりによる居心地の悪さ。

テナントに至っては売れ筋のお店にとってかわられ・・・人間であれば内臓を移植され生かされてきた、そんなデパートという箱になっていた状態

ある意味、潔く身を引いたような、そんか思いに駆られます。

 

そんな松坂屋にお別れをしに、日曜日行ってきました。

P6230352s

スタートは、おととい記事の新庚申塚駅から国道17号線を4キロメートル南に行った・・・

P6230353s

本郷三丁目です。

P6230354s

東京メトロ・丸ノ内線の駅は2002年に改築され、玉ねぎの皮と称される薄いドームに覆われています。

P6230355s

エスカレーターを下りると・・・

P6230356s

P6230357s

ホームドアが閉まるところだったので、静かに1台待つことにしました。

P6230360s

P6230361s

ワンマン運転なのでバックミラーもあります。1枚記念に。

P6230358s

さあ、乗る02系電車がやってきました。

P6230367s

御茶ノ水駅をでると一瞬、神田川の上に顔をだしますね。なんかイイです。

P6230368s

Dsc05838

本郷三丁目駅から約10分で銀座駅へ到着。

P6230370s

そして地上へ。丸ノ内線の上は、数寄屋橋交差点です。

P6230372s

ソニービルは健在・・・しかし外堀通り西側にあった数寄屋橋・阪急デパートのところは建物ごと撤去されていました。

P6230373s

その数寄屋橋交差点を渡るとき、西にはマリオン・・・

P6230374s

東には緑の点在する4丁目交差点側が見えます。

P6230375s

メインの晴海通りを入り込みソニー通りへくると、スズキフロリストは健在。

P6230378s

その対面には・・・

P6230376s

かなりアーティスティックなエルメスのビルがあります。

このソニー通りで、老舗の仏料理店・エスコフィエさんのトリコロールカラーを入れて一枚パチリ。

一区画目を東へ行くと昔ファッションで有名になったみゆき通りです。

P6230380s

この みゆき通りを東へ。松坂屋デパートはすぐそこです。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

初体験・・・アナゴのひつまぶし(のようなもの)

昨日、先輩に日本橋のアナゴをメインにしている小料理屋へ連れって行ってもらいました。

アナゴの骨煎餅で軽くのどを潤わすと・・・(お花のような小皿が素敵でした!)

Ncm_2114

まず、アナゴの煮凍り・・・

Ncm_2115

そして、酒かすで漬けたものを焼いた白焼き風の酒盗焼きに、かば焼き。

Ncm_2116

間に、ちょっとビックリの黒にんにく焼き。

Ncm_2117

外は普通のニンニク焼きながら、中は真っ黒。まるでプルーンのようでした。

そして、本日のメインイベント・・・

アナゴの箱めしです。

Ncm_2118

お盆の上には、薬味、出し汁置き・・・まるで、名古屋のひつまぶし状態です。

最初はそのまま、続いて薬味といっしょに、最後・・・

Ncm_2119

鉄瓶に入った出汁をそそいで、お茶漬け風。

淡白が持ち味のアナゴ、うなぎとはちがった一層アッサリ感を堪能しました。

〆は、福沢諭吉さんからはみ出た部分。嬉しい!・・・ごちそうさまでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月26日 (水)

都電・荒川線の停車場たち(第8回)・・・中山道を挟んだホーム/新庚申塚駅

24日記事の妙行寺を後にし、都電らしい小さい踏切を渡り・・・

P6220268s_2

2分ほど西へ歩くと・・・

P6220204s_2

片側3車線の中山道(国道17)が登場します。

P6220205s_2

この幅の広い道を平面交差する鉄道・・・

P6220206s_2

都電らしい光景です。

国道の東側ホーム(上の写真で右側)の電車が・・・

P6220212s

恐る恐る幅の広い道を・・・

P6220214s

渡っている感じです。

P6220215s

P6220216s

P6220217s

渡りきると西側のホームの前を通過し・・・

P6220218s

同じ7000形同志で挨拶して・・・

P6220219s

行き違いの車両がホームで乗客をのせ・・・

P6220221s

発車準備ができて・・・

P6220223s

国道へ出ていきます。

P6220224s

P6220225s

P6220226s

P6220227s

都営三田線への乗換駅になっていて乗降客の多い新庚申塚駅・・・

P6220228s

路面電車、道路との相性問題はあるにせよ、乗降客にとり優しい乗り物であるには違いません。自動車との共存を願いながら、誰もいないホームを記念にパチリしました。(違う記事へ続)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月25日 (火)

2両編成の京阪電車・・・滋賀県膳所へちょっぴり

都電と変わらぬクネクネ・・・

Dsc00411

昨年記事で登場した京阪電車石山坂本線にチョイノリしたのを、並びで掲載します。

Photo

JR膳所駅との乗換駅からたまたま乗った電車は、ちはやふるのラッピング車両でした。

Dsc00412

車内、運転席後ろもしっかりラッピングされて、やるなー京阪電車!

Dsc00413

22分で膳所本町駅に到着。

Dsc00414

ラッピング電車を見送って・・・

Dsc00417

降り立った小さい駅の前には・・・

Dsc00418

大津市らしい旧街道風の商店街です。

餅菓子店なんて看板は珍しいなあー、って1枚パチリ。GWの頃だったのでかしわでしたね。

Dsc00419

商店街を抜けると、立派な膳所神社の鳥居です。

Dsc00420

神社、商店街、奥に駅舎・・・街のたたずまいがコンパクトに表れていて、イイ感じです。

振り返ると、琵琶湖畔へ続く道・・・

Dsc00421

古民家を利用したようなお店の先には、膳所城跡公園です。

Dsc00439

ツツジに彩られ・・・

Dsc00440s

門の奥には、琵琶湖がチラと見えました。

Dsc00445

Dsc00446

いやー、水のある風景はイイですよね。

そうそう・・・

Dsc00452

京阪電車の車内・・・

Dsc00456

お守りがありました。

Dsc00458

素晴らしい!この記事を書いている最中に京阪電車のホームページを見たところ、通常運行していました。いろいろな見える尽力、見えない思いで、全方面から安全運転に努める鉄道各社に改めて感謝です。(終)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

都電・荒川線・・・西ヶ原四丁目駅から新庚申塚駅への沿線で井戸ポンプ発見

通りを挟んでずれて位置する西ヶ原駅ホーム・・・

P6220332s

音がするので振り返ると、梅雨の晴れ間らしい干した傘と都電の面白い組み合わせが見えました。

P6220333s

すれ違いの挨拶をして・・・

P6220334s

干した傘に見送られていました。

P6220335s

そんな中、次に現れたのは・・・

P6220271s

都電では無くて・・

P6220272s

超ミニ東京タワーとも呼べそうな、立派な電柱です。

P6220273s

どこかで同じようなものを見たとような、と思い返してみると・・・

Dsc01562s

今月1日記事にした三重県いなべ市楚原の立派なミラーでした。

来た道を振り返ると、西ヶ原四丁目駅で新旧都電がご挨拶。

P6220274s

正面をよく見ると、いろいろな案内ボードがありました。

P6220340s

そこに、なぜだか京都・イノダコーヒーのボードを見つけちょっとびっくり!

P6220341s

2011年の1224日に記事にしたくらい、好きなもので目が行っちゃいました・・・などしているうちに、TVドラマの家政婦は見た雰囲気の小道は行き止まり・・・

P6220338s

そこで出会ったのは・・・

P6220243s

四谷から明治時代に移転してこの地にかまえる妙行寺・・・お岩様のお墓があるお寺です。

P6220244s

ゆったりとした境内で見つけたもの・・・

P6220245s

今では、ナカナカ見なくなった手押しの井戸ポンプです。

P6220248s

都電との相性もバッチリ。

P6220247s

水撒き用などに現役で活躍しているみたいです。

P6220249s

境内には、少しですがアジサイも・・・

P6220250s

ガクアジサイなど見事でした!

P6220253s

P6220254s

そんなアジサイをバックに建立されていうのは・・・

P6220257s

なんと、ウナギの供養塔です。

名古屋ひつまぶしを思い出し、感謝の祈りをしました。

そうこうしていると・・・

P6220259s

寺の外では幸せの黄色い都電が走っていくではないですか。

よかった、よかった、と新庚申塚駅へ向かいます。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

都電・荒川線の停車場たち(第7回)・・・西ヶ原四丁目駅/1両で走る都電ならではのS字カーブ

山梨県・静岡県の皆さん、おめでとうございます。この話題でもちきりですねー。

train

記事は昨日行った梅雨の晴れ間の都電散歩です。

119日の荒川二丁目駅に続く第7回は、少し昔まで東京外国語大学があった西ヶ原。

でどうですか、この流れるような曲線。

P6220317s

地下鉄銀座線・上野駅の上野広小路駅よりのS字カーブと並び、その曲線美に惚れちゃっています。

Photo

西ヶ原四丁目の駅は都電で多くみられるホーム対極配置・・・

P6220316s

S字カーブの手前に1面・・・

P6220323s

通りを挟んだ対面のもう一つのホームがある構造です。

ちょうど、梅雨の晴れ間を連れてきてくれたような青い電車が発車・・・

P6220324s

反対ホームで待っている乗客の視線を集め・・・

P6220325s

S字カーブへ入っていきます。

P6220327s

P6220328s

P6220329s

行ってらっしゃい!

P6220331s

反対側から、いかにも都電の7000形がやってきました。

P6220318s

P6220319s

P6220320s

P6220321s

雲の切れ間にある青空の下を・・・

P6220311s

P6220312s

P6220314s

行ってらっしゃい!

さあ、沿線を西へ、1区間歩きましょう。()

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

甘いもん ほぼ2番勝負

夏の甘味といえば・・・

P5287701s

あんみつーぅ! とってもシンプルなお土産仕様の上野・みはしさんです。

品のある甘さのこしあんに、求肥、缶詰ミカン・・・寒天 と あん と 蜜の三角食べを堪能しました。で・・・

P5287702s

カップくず餅も参加、で・・・

P5287703s

少しは、味覚を変えてっと・・・更に、ところてん登場。

黒みつに酢醤油と、見た目はほぼ同じなれど、180度違う味わい。

甘味屋さんお土産フルラインナップでした。お値段も手ごろが嬉しいです。

 

別の日・・・和の次は洋。しかしこれが、ただものではありません。

P5317705s

おっきいケーキでちょいと有名な、果実園さんのもの。

もう少し大きさ分かるように撮ればよかったのですが・・・

P5317707s

左から、苺、ミックス、マンゴー、ぶどう、果物屋さんのケーキだけあってクリーム と 果実 と ふんわりスポンジの三角食べを堪能しました。お値段は牛丼2杯から4杯の間とチョイトお高め。でも、たまーの贅沢とするなら、食べごたえこの上ないです。

一杯やって、食後に・・・ベルトの穴に気をつけなきゃ、なのでした。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

お昼予算上限980円ランチ 2本勝負

東京タワーから浜松町への道すがら、ちょっと懐かしげな風景が店内から見えるお店・・・

Dsc01093

立ち食い居酒屋さんが・・・

Dsc01101

お肉系の美味しいランチを食べさせてくれます。

Dsc01098

一杯やりたくなる、木版メニュー・・・

Dsc01094

隅っこには、さすが東京タワーのミニチュア・・・

Dsc01090

そして、いただいたのは網焼き牛タン定食でーす。

Dsc01095

薄切りながら6枚ついて、ほぼ野口英世ランチ。

Dsc01097

定番のとろろもついて、ご飯が進む牛タンでした!

 

一方、こちらは海鮮・・・

Ncm_1943

日本橋にある北海道八雲町という函館の北、長万部の南側に位置する町のアンテナショップ居酒屋さんです。

Ncm_1945

漁師小屋をイメージしたような店内でいただくのは・・・

Ncm_1946

イカ、タイ、マグロ、サーモンに加えることほぼ1枚分のホタテのお刺身。

これで、ほぼ野口英世ランチなのです。

ちょっと、クイッといきたくなっちゃうのが玉にきずなのですが、コストパフォーマンス抜群のランチでした。

 

たまに奮発して980円、いろいろ選べる楽しさが広がるランチなのでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

スカイツリー開業1周年おめでとう、でも東京タワーは55周年でーす(5)

公園2階部の緑を従えてそびえるタワー・・・

Dsc01129

第一展望台がお日様に照らされてまぶしいこと。

Dsc01160

ここでも、お花や植物たちと一緒・・・

Dsc01125

Dsc01127

Dsc01133

タワーを背にして振り返ると、地下に広がるホテル宴会場へのエントランスがあります。

Dsc01163

この地下には、国際レセプションもひらかれる、とっても大きいバンケットホールが・・・地下の秘密とはそのことです。

Dsc01075

エントランスだけチョット。そこには、華やかさを醸し出すユリの・・・

Dsc01076

とっても大きく、形の良いユリです。ちなみに、反対から見ると、結婚式のシーズンを控え・・・

Dsc01193

華やかな雰囲気そのものです。

Dsc01196

お花に祝福されるドレス、素晴らしすぎます。

地上に出る頃には・・・

Dsc01198

たそがれ時の芝公園でした。

そういえば、地図⑦・・・

Dsc01144

お日様がまだコンニチハしている頃・・・

Dsc01146

初夏を感じる浜松町駅への道でチョット気になるティールームが・・・。

Dsc01147

アイスのチャイでちょっと一息。

Dsc01150

車の量が少ないのでテラス席でも良かったかもしれませんねー。

Dsc01149

タワーの周りを①から⑦まで回ってきました。その⑦を過ぎると大門の商店街が登場。

Dsc01100

同じタワーを含めた構図でも、今までの風景とまったく印象が違いますね。

clock

55年変わらず立ち続ける東京タワー・・・周りの風景もそれほど変わっていないのかもしれません。そうして、今回グルリ歩いてわかったスカイツリーとの相違・・・お店はありませんが、なによりも緑の多いこと。下町&ショッピングタウン従えたスカイツリー、そして都心の丘陵&ガーデン従えた東京タワー・・・建築構造や高さにとどまらず、これからも別々の個性が発揮され続けるんでしょうね。また行こうっと、どっちも。(終)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

スカイツリー開業1周年おめでとう、でも東京タワーは55周年でーす(4)

524日の記事続きでーす。タワー周りはまだまだ見入る風景があるんです。

P5057209

地図の⑤⑥⑦へ行きましょう。

Photo

⑤増上寺の脇の小道にはアイスキャンディー屋さん・・・似合うなー!

P5057206


そんな増上寺、木陰から1枚。

Dsc01141

長崎編平戸市で教会と寺院という有名な構図を見ることできるところありますが、それに匹敵するぐらいの東京らしい図ですねー。

そんな増上寺を南へ回り込み・・・

Dsc01140

前回の記事で「この下が凄い!」といった⑦へ向かいます。

P5057116a

これから行くところは区民公園と有名ホテルが作り上げた素晴らしいスぺースなんです。

Dsc01139

私も、初めてじっくり行きました。

Dsc01067

東京のど真ん中でこの解放感・・・

Dsc01138

おまけに・・・

Dsc01066

一角ではお花がタワーの足もとに。

Dsc01063

お花が無くても、芝生とともに・・・

Dsc01062

そして、増上寺と違う角度での1枚。

Dsc01060

そしてこの公園の奥にお花畑があって・・・

Dsc01134

Dsc01136

写真中央にちょこっと見えるのが・・・

Dsc01137

エレベーターなんです。誰でも使えるこのエレベーターで上がると・・・

Dsc01158

公園の2階部分・・・

Dsc01159

この贅沢すぎる公園、まだまだ続きます。加えて、地下の秘密もチラと。(続)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

あふれる緑の中を・・・用賀から砧公園、世田谷美術館

アジサイの白山、昨日の巣鴨、たまに登場する浅草などとは、位置も雰囲気も対極にあるような街・・・成城学園、二子玉川など世田谷区の街はそんな印象があります。

23

緑がひときわ多いのも特徴・・・そんな世田谷へ行ってきました。

 

下車したのは東急田園都市線の用賀駅です。

P6017709s

地下ホームからでてきたと思ったら、地下一階はこの雰囲気。

そして、エスカレーターで地上に上がり振り返ると、円盤が地上に足を伸ばしているような外観にちょっと驚きです。

P6017711s

駅前を歩く・・・というような表現が全く似合わない用賀の街を進むと・・・

P6017712s

P6017713s

砧公園(砧は、「きぬた」と読みます)までは遊歩道が整備され、足元には和歌が

彫られているではないですか。

P6017751s

そして、素敵すぎるお花屋さん。

P6017748s

まだ開いていませんでしたが、中ではお茶もできるようです。

P6017749s

でもチラと見える看板では1,000円の文字がチラ・・・んー何か+αがありそうです。

P6017746s

頭上には青もみじ・・・

P6017747s

そんな、遊歩道という名の小道を歩くこと10分・・・

P6017723s

環八に出てくると、たぬきの道先案内登場です。

さらに5分ほど歩くと・・・

P6017724s

緑の中に石造りのモニュメントが・・・

P6017725s

砧公園内にある世田谷美術館への入口でした。

P6017728s

深い緑の出迎えの中、上を向くと・・・

P6017727s

少し顔をだした初夏らしい日差しです。やがて、緑に包まれた世田谷美術館が登場。

P6017729s

空の広いこの美術館、高島屋が収集した美術品、昔の百貨店の様子など、変わった展示があるということで見に来ました。所蔵美術品の数々、感激でした。

P6017730s

館中は写真撮影不可なので、表から撮ったのですが、展示室へ行くこの回廊が最高に素敵でした。緑の中に出来たガラス張りの道を進む・・・展示への期待感を膨らましてくれる見事なアプローチ。

P6017738s

美術館の外には、手作りの恐竜が空に吠えていました。

P6017733s

チト怖いんだけど、どこかユーモラスです。壁面とも異色のコラボ。

P6017736s

そんな美術館、近所の方は自転車でいらっしゃるんですね。

P6017740s

さあ、木立やお花の中を帰りましょう。

P6017743s

P6017741s

用賀でのお昼・・・

P6017714s

行きに見て気になっていたラーメン屋さん・・・

P6017754s

カウンター席だけで、とってもアットホーム感じのお店でいただくのは・・・

P6017755s

みそラーメンと、しお味のお店自慢・たつみラーメンです(右)

P6017756s

煮卵、キムチ、白髪ねぎが、麺とともにコクある塩スープと絡み合うこと!

なんとなく一瞬 世田谷区民になった気分でした。(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月17日 (月)

水色の黄昏時・・・帰り道上野にて

あまりに水色が水色している夕暮れの空だったので、思わず持ち歩きカメラでパチリしました。

場所は上野駅。今日が、夏至だったら、雰囲気満点だったでしょうね。

P6170196s

アメ横で新調したウォーキングビジネスとも1枚。

クールビズ中は綿パンもありなので、普通のトラッド系こげ茶にしました。

P6170198s


なんてしていると、轟音と共に京浜東北線です。

水色の空に水色の京浜東北線・・・そういえば水(雨)も水色。6月は水色の季節かもしれないですねー!

P6170199s


| | コメント (4) | トラックバック (0)

6月第3日曜chichiの日に西巣鴨で中華

先週のズームインサタデーで紹介され気になっていた餃子を食べに、外食にピッタリそうな昨日行ってきました。

場所は西巣鴨、都電の庚申塚駅から旧中山道をさらに進と・・・

P6160184s_2

会津若松観光で有名なさざえ堂の案内があります。

なんと、西巣鴨に校舎を構える大正大学内にできたようです。

P6160185s_2

ほんとだー、さざえの格好しています。今度行ってみましょう。

なおも進むと・・・

P6160187s_2

ありました、どうぞ、の電光掲示板が迎えてくれる華興さんです。

開店直後に行ったので空いていますが、30分後には満席になりました。

P6160188s_2

お目当てのつぼ餃子を早速。

P6160194s_2

おちょぼ口のような上部にスープがのっていて・・・

P6160195s

そこに箸で孔を開け、スープを中に流し込み小龍包のようにいただきます。

なーるほど、皮がもっちもちでした。

その他・・・

P6160192s

P6160189s

P6160191s

など食べて、汁物以外に頼んだのがキムチチャーハン。

P6160190s

なんと、ロコモコ風でした!

巣鴨の奥の深さを感じた、父の日でした。

present

で、この日、学生の子供たちからは、息子がガンバレーの3連荘、娘からコンビニスイーツ数種をもらい、らしい1日となりました。そうそう、頑張んないとねー。

オキニの暖簾と、昔 皆からまとめてもらっためがね置きとあわせ記念にパチリです。

P6160180s

P6160181s

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

久々に劇場はしごの土曜日・・・GIジョー&ローマでアモーレ

雨模様の土曜日で心置きなく小屋(映画館)通いできるなー、なんて朝起きたら、

エエッ晴れ間だー、だったのですがココは計画通り・頭を休めるストレートな

作品2本へ。

 

8時過ぎも、土曜日らしく人がまばらな新宿駅南口。

P6150168s

お気に入りの高層シネコン・バルト9での1本目は・・・

P6150169s

2009年公開アクション大作・GIジョーの続編でバック2リベンジです。

アメリカ・ハズプロ社の男の子向け玩具から登場したこの作品、国際機密部隊の

GIジョーがワールドワイドに悪の国際組織と戦うというもの。

今回、アメリカ大統領を悪役に仕立てる凄さで、次から次へと繰り広げられる

アクションやイ・ビョンホンはカッコイイもB級作品的テイストがあって、予告

編を上回る楽しさ。私にとっては、昨年のアベンジャーズのリベンジになりました。

movie

ご都合主義に乗れば、予定通りの地球の破滅へ向かった展開、それをどう阻止

するか・・・一気にラストまで。

ちなみに、各種映画批評ではイマイチの嵐ですので、念のため。

P6150170s

観終わった後は場内のカフェで・・・という間もなく2本目へ。

P6150172s

三丁目側へ出ると・・・

P6150174s

伊勢丹の対面に京王電車・バス100周年の案内板がありました。

そして向かったのは・・・

P6150175s

歌舞伎町の手前に大きくそびえる新宿ピカデリーです。

新宿松竹会館から2008年に10スクリーンを有するシネコンに生まれ

変わっりましたが、大作からミニシアター系まで豊富にラインナップして

くれるところが嬉しいです!

2本目はそんなミニシアター系でかかりそうな、ウディアレン監督の

ローマでアモーレです。

movie

ローマを舞台にした3つのアモーレ・ストーリーがオムニバス的に展開

するのですが一筋縄ではいかない監督作だけあって、笑えること笑えること。

出演もしているウディアレン監督が悲観的なことを言えば言うほど、申し訳ない

けど笑っちゃいました。有名なペネロペクルスが、イロッペかつ大胆な役をする

かとおもえば、ライフイズビューティフルでアカデミー賞外国語を獲得した

ロベルトベニーニが楽しい役回りをしたり、往年のお姉さまアイドル・

オルネラムーティまで登場して嬉しいです。

加えて史上初であろうあんな形でのオペラ上演まで登場して、笑は絶頂へ。

紆余曲折ありますが、ラストは大団円。

難しいことは言わずに人間ドラマを観ながらのローマ観光を楽しむ作品ですね。

 

これからも、☆リンゴ とか ◇本気だしていない とか ※方程式 とか 

◎立ちぬ とか ★トレックとか、これからも気になる作品が続きますねー。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

アジサイの季節・文京区白山神社周辺(3)・・・いろんなアジサイが嬉しいなぁ、そして意外なところにも

狭い境内ながら、いろいろな場面に遭遇してました。

3回目のラスト記事です。

camera

雨が訪れる前・・・

P6090113s

精一杯、お日様とお話しているアジサイたち・・・

P6090111s

お祭り提灯ともイイ感じです。

仮設のごみ箱も用意され・・・

P6090114s

町会の模擬店も準備が佳境に入りました。

P6090115s

そんな一角では、アジサイの即売会も。

P6090109s

清廉さが直球で伝わってくる白いアジサイ・・・

P6090117s

花弁の形が工芸品のような美しさをもった・・・

P6090119s

名は体を表し、ジューンブライドにぴったりな・・・

P6090121s

名は体を表す2、花弁が特徴的で、あちこちに散らばっている・・・

P6090123s

そして、ウズアジサイ系の小っちゃあい花弁の集まりが楽しい・・・

P6090125s

そんな白山神社の木々の間からチラと見える近未来風の建物・・・

P6090126s_2

そろそろ本格的に人が増えてきましたし、帰りましょう・・・

P6090135s_2

って、鳥居の横を見たら・・・

P6090046s_2

ひっそりと、ごみ収集用のリヤカー自転車です。これが結構イイ感じ。

P6090045s_2

「これからご活躍ですね、ご苦労様です」なんて、そばを見ると・・・

P6090044s_2

塀の際に咲いている青と赤紫のアジサイが見送ってくれました。

P6090136s_2

長年管理され、今に受け継がれるアジサイ祭りをアド街風に。

そんな帰りの道すがら、ちょっと目にとまったカフェ。

P6090140s

テラス席のギンガムチェックのテーブルクロス上に、いいなあ・・・。

P6090139s

そして旧白山通り(国道17号)にでると、神社とうって変わって静かそのもの。

P6090143s

そんな中・・・

P6090141s

先ほど神社から見えた近未来風は東洋大学校舎でした。

P6090144s

箱根駅伝の柏原選手で有名な大学に・・・

P6090145s

アジサイの芸術作品があるではないですか。

P6090146s

色とりどり、形とりどり・・・素晴らしすぎます。

初夏を告げる、地域の方に愛され支えられた文京あじさい祭りでした。

明日の日曜日まで開催していまーす。(終)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2013年6月14日 (金)

アジサイの季節・文京区白山神社周辺(2)

白山神社・拝殿の前・・・

P6090073s

狛犬の足もとには、色とりどりのアジサイです。

P6090069s

水色、青、赤紫、白・・・

P6090076s

神社入り口に近い方の狛犬の足元にも・・・

P6090080s

P6090081s

同じように、色とりどりのアジサイたちです。

P6090079s

拝殿そば、花の少ない部分で鮮やかな緑の葉を記念にパチリ。

P6090082s

そんな拝殿の右側に別の道がありました。

P6090086s

奥へ進むと・・・

P6090090s

富士山信仰に基づき造られた富士塚と呼ばれる小高い丘陵に一面のアジサイです。

P6090088s

富士塚の主ともいえそうな巨木も記念に。

P6090096s

横にある白山公園では、黄色い滑り台ともパチリ。

P6090091s

神社の裏側に位置しますが、公園の管理人の方が水撒き手入れをしてくれていて、

ナカナカ素敵なアジサイたちがいました。

花弁大き目・・・

P6090092s

小ぶりなれど、ブーケに似合いそうなもの・・・

P6090094s

鮮やかすぎる青いガクアジサイ・・・

P6090093s

ピンクに近い赤紫・・・

P6090098s

そして、とっても気をひかれた可愛らしい一輪です。

P6090095s

境内へ戻りましょう。

P6090099s

丸いアジサイの形を楽しんで・・・

P6090101s

皆さんが結ばれたおみくじも、アジサイが見守ってくれています。

P6090104s

賑やかになってきて、アジサイ祭りの雰囲気に包まれる境内です。(続)

P6090102s

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月13日 (木)

アジサイの季節・文京区白山神社周辺(1)

春のバラが終わりを告げたと思ったら・・・

P6090056s

先日記事の北区・古河庭園や豊島区・都電大塚から3キロメートル位のところに、

都内でアジサイの有名な文京区・白山神社があります。

すがもんに会った69日午前中に、行ってきました。

snail

スタートは都営地下鉄三田線の白山駅です。

P6090037s

カーブのホームから、改札口へ向かい・・・

P6090038s

地図で位置を確認すると・・・

P6090039s

直ぐ真上が参道のようです。

P6090040s

地上に出ると、白山紫陽花祭りの案内がしっかりあって、わかりやすいですね。

その参道にある串カツ居酒屋も、アジサイ仕様。

P6090041s

午後1時からオープンと考えていますねー、などと歩いて1分・・・

P6090042s

白山神社の鳥居に到着です。

68日から始まり今週末もやっているアジサイ祭り一色の境内です。

P6090131s

まずは手水舎の周り・・・

P6090128s

P6090050s

白山会の提灯が、江戸の祭りの風情を感じさせてくれました。

P6090053s

P6090083s

P6090084s

水滴に覆われた青アジサイの見事すぎます!

P6090051s
P6090052s

そして、拝殿へ・・・

P6090061s

道脇に青アジサイ・・・

P6090065s

P6090063s

続いて赤紫アジサイ・・・

P6090066s

P6090064s

そしてガクアジサイとの共演。

P6090067s

さあ、拝殿にきました。(続)

P6090082s

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年6月12日 (水)

三岐・JR鉄道館など記念・おみやげの巻

ちょこっと、記録を。

三岐鉄道・北勢線では、この縁起イイきっぷです。

P6027758s

上手くつながりましたよねー。

P6027760s

しかも、上げ馬神事の猪名部(いなべ)神社で祈祷されているという一品。

P6027761s

表現が微妙なので、誰にでもって感じではないので、今回はありがたく

手元に置いておくことにします。

bullettrain

リニア鉄道館では・・・

P6090153s

二つ折り式のクリアファイル。

P6090154s

車両がてんこ盛りで写真印刷され、楽しいなあ。

変わったところでは・・・

P6090150s

新幹線つながりで、JR東日本の新幹線のバッジ(ピン)があるではないですか。

max系もあれば、はやて・あさま・つばさ・こまちもあり・・・

P6090151s

この3月に引退した200系までありました

P6090152s

この200系、尖り顔に緑、そして配色を変えたものと。ニクイ商品設計です。

鉄道ファンの心をくすぐって上手い!座布団3枚!

japanesetea

鉄道に関係ないところでは、定番のういろう。

P6027762s

前回は青柳だったのと、夏らしいパッケージだったので、このタイプをたくさん。

桑名行ったので、ながもちもあったのですが、冷やしが似合うういろうに。

それと、一目ぼれした、久々の衝動買いシャツです。

Ncm_2074

名古屋にしかお店がないということで、即購入。

ポケットからコンニチハしているヒマワリに、ミツバチだけでなく私も吸い

寄せられちゃいました。いろいろ充実の名古屋付近訪問でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

JR東海が誇るリニア・鉄道館へ(3)・・・0系そして昨年引退した300系へ

真ん丸お鼻の0系・・・

Dsc01778s

こうして記念写真を撮れるような設定もあります。

Dsc01735s

皆さんの合間にパチリ。

0系の車内を覚えていますか?

Dsc01743s

前後に座席を倒すだけで向きを変えるシンプルな構造の普通車座席でしたね。

そして、黄色い矢印部分・・・

Dsc01744s

まずその前に冷水器。今は無くなりましたけど、便利でした。

そして・・・

Dsc01747s


この通路。

Dsc01745s_2

そう、食堂車です。

見ている方向が新大阪駅方向で、当初は右側に窓はありませんでした。タモリが

CMで「富士山が見たいの声にお応えして」窓を作った、のPRを覚えています。

Dsc01746s

この厨房で、スタッフの皆さんががんばってくれていたんですね!

camera

最後に控えるのは・・・

Dsc01741s

2012年に引退した300系の初代のぞみです!

上間ら見て・・・

Dsc01776s

横から見て・・・

Dsc01736s

カッコイイですよねー!

Dsc01775s

がんばりました、ありがとう!・・・ということで改めてねぎらいを。

Dsc01740s

さあ、退館する時間になりました。

Dsc01774s

合掌造りの里、名古屋城、アルプスが控えるJR東海らしいジオラマ模型はまた。

Dsc01781s

ほんのちょっぴりの時間でしたが、実際に乗ったことのある車両たちに再開し、

まさに温故知新の博物館を満喫できました。(終)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

すがもん、とツーショット!

69日、東京・巣鴨周辺でスタンプラリーがありました。

巣鴨駅周辺を回り、一口わらび餅や揚げせん、ジュースを振る舞って

もらいながら、設置された七福神をかたどったスタンプを集め、

最後に4千円お買物券があたる抽選券をひくというもの。

P6090159s

そこで、スタンプ受付を始め、すがもんがフル活躍していました。

P6100162s

ラリーのPRには懐かしいちんどん屋さんが一役買っていて、らしい感じ満点。

P6090160s

そんな すがもん、地蔵通り商店街の入口に位置するメイン会場の真性寺の境内で

ファンサービス。

P6090155s

少しの時間ですが、ツーショット・タイムがあるではないですか。

P6090157s

ということで・・・

P6090156s

お決まりポーズでツーショット、しちゃいましたscissors

東京タワーのノッポン兄に続くツーショット。嬉しい嬉しい。

にっこり・ホンワカ表情と違い、ガッシリしたボディでした。(←ってあたり前)

気分よく、都電の方に歩いて行くと、安売りで有名な青果店でビックリ・・・

P6090161s

写真には値段ないんですが、茂木ビワが、なんと298円。

やっすー!、思わず2パック買いましたー。

みずみずしくシッカリ目の果肉に、ほのかな甘さがたまらない・・・

考えたらジュルジュル。

これ以外に、熊本のスイカが1/8カット250円なんてのもありましたが、

店頭に並べられた瞬間にsold out 状態。

happy01

そんな巣鴨、たくさんの笑顔に包まれた日曜日の午後でした。そうそう、抽選は

外れで参加賞の現金50円。真性寺さんへのお線香代にしました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

JR東海が誇るリニア・鉄道館へ(2)・・・在来線から新幹線の食堂車へ

69日・・・20年前の皇太子殿下御成婚のこの日は、日本武道館で

松田聖子さんのコンサートがあり1万人の観客とお祝いしたのが忘れられません。

夏の扉の「フレッシュ、フレッシュ、フrッシュ」大合唱が甦ってきます。

train

さて、JR東海の鉄道館、3月お別れしてきた165(しなの鉄道は169)

なんとグリーン車と一緒に保存されているではないですか。

Dsc01754s

急行東海、伊豆が懐かしいです。

今でこそ、リクライニングの普通車がでてきましたが、直角座席のボックスが

あたりまえだった頃、普通車と座席が傾くグリーン車の差は歴然としていました。

続いて、電気を使わない気動車特急の雄・キハ82です!

Dsc01755s

北海道で特急おおとり、オホーツクなんかでお世話になりました。もう一丁・・・

Dsc01742s

こちらは、キハ181系です!

キハ82系とほぼ同外観ながら、中のエンジンがパワーアップしています。

残念ながらこの特急しなのには乗車したことが無く、JR西日本の特急おき、

はまかぜなどでお世話になりました。

ちなみに、82181の見分け方は上部ヘッドライトの枠の形です。

丸みを帯びたのが82、角ばっているのが181なんです。ご参考に。

bullettrain

それでは、mikさんファミリーが見入っちゃったという、JR東海の主力・新幹線へ

行きましょう。

Dsc01748s

・・・といきなり出てくるのは、尖った先頭が特徴的な100系の食堂車。

Dsc01779s

覚えてらっしゃいますか。2階建てだったんですよね。

Dsc01750s

1階の階段を下りると・・・

Dsc01751s

厨房です。小さい売店があって、ビールやレンジでチンしたシュウマイなんぞ

購入した記憶が甦ってきました。

そして2階の食堂部へ上がる階段・・・

Dsc01752s

並んでまったこともありました。そして・・・

Dsc01753s

見晴らしの良い広々室内は魅力でした。そういえば、一度細川たかしさんと隣の

席通しになったことがあります。バッチリお化粧していらしたのを見て「さっすが

芸能人」と思いましたねー。

そうそう普通車の座席も・・・

Dsc01749s

いやーお腹が空いてきたので今日はここまで。0系、300系へ続きます。()

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

JR東海が誇るリニア・鉄道館へ(1)・・・たくさんの保存車両、まずは在来線機関車など

Dsc01238

名古屋駅から30分弱で到着した あおなみ線・金城ふ頭駅の先端を見届けて・・・

Dsc01245

駅の反対側へ行き・・・

Dsc01726s

振り返ると・・・

Dsc01725s

名港トリトン線の橋梁を背景に素晴らしい構図・・・

Dsc01727s

あおなみ線から全容が見えたリニア・鉄道館のエントランスへ到着しました。

20113月開館から2年がたっているとは思えない真新しさ。

券売機でsuica使って入場券を購入し中へ。そこには・・・

Dsc01729

チョット驚きました。そこには暗闇に浮かび上がった高速鉄道たち。

左からC62蒸気機関車、300Xという新幹線高速試験車、そしてリニアです。

Dsc01732s

そんな中でもC62は、部分復活したC62ニセコ号に乗るため北海道まで行った、

想い出のSLなんです。

Dsc01734s

運転席横のC62プレート奥にある3つの大きな動輪が大迫力でした。

そして奥へ進むと、おっきな展示ホールが広がります(写真は2階から)。

Dsc01783s

手前の在来線を見ていきます。まずは・・・

同じSLC57。

Dsc01771s

1号機がSLやまぐち号として、本格的動態保存されています。

Dsc01773s

近づくと、蒸気室、弁、連結棒が大迫力でした。

その隣、ぶどう色2号と呼ばれるこげ茶のボディが風格を漂わす・・・

Dsc01758s

EF58です。青い塗装のものは銀河など寝台列車のけん引をしていました。

Dsc01760s

C62が日立であるなら、このEF58は三菱のスリーダイヤが歴史を感じます。

そして、この機関車の後ろには・・・

Dsc01761s

名古屋駅行きの旧型客車が連結されていました。

なんと、中にも入れて・・・

Dsc01762

湯と水の出る洗面台・・・

Dsc01764

頭をもたれが付いた、懐かしい座席が並びます。

そしてもちろん・・・

Dsc01769

EF58牽引の記念も1枚。

隣には同じ色の電車も・・・

Dsc01756s

今では見られないリベットによる鋼板接合でした。

Dsc01757s

在来線は、もう少し続きます。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月 7日 (金)

お花の上野駅で北斗星を見送った夜

明日は雨か―なんて、思ったいた帰り道・・・

P6060013s

花に包まれた上野駅に出会いました。

続いていた梅雨の晴れ間もだんだん曇ってきた東京。

よく見ると、太陽の精があるではないですか。

P6060012s

小ぶりなヒマワリ達が、いっぱい。明るく、賑やか雰囲気が充ちています。

お花たちに声をかけられ・・・

P6060018s

バラをお土産に。駅にお花もナカナカ似合ますねー。

そういえば、時間がちょうど、札幌駅行き北斗星の出発時刻です。

P6060019s

折角なので、お花でお見送りしましょう。

P6060024s_2

平日・木曜日のせいか、見送りの方や撮影の方も少なく静かな旅立ちです。

P6060027s

車両最後部には離れていく駅をカメラに収める人たちが・・・

P6060029s

お休み取られたんでしょうか、チョットうらやましくなりました。

P6060031s

これから、千キロメートル超の道のりを行く北斗星。

P6060032s

安全運航で・・・ね。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

あおなみ線で名古屋港の先端へ

黄色の次は青。その あおなみ線を新幹線から見るとこのようになっています。

Dsc01217s

あおなみ線、ど真ん中を突っ切っていました。

電車の最後部からこの光景を見ると・・・

Dsc01220s

なんと貨物用機関車も走っているではないですか。

しばらく、後ろを見続けると、たくさんの鉄路が。

Dsc01222s

ポイントの複雑なこと・・・

Dsc01223s

しばらくして、ちょっと整理されてきました。

Dsc01224s

一部いれこになっている貨物線が、ようやく あおなみ線と別れてきました。

Dsc01228s

貨物線を見納めして・・・

Dsc01230s

Dsc01231s

Dsc01232s

高架線になったところで、進行方向へ。早速、行き違いの電車です。

Dsc01282s

そうそう、駅ですが あおなみ線通り、屋根が波打っていました。

Dsc01281s

その後、あおなみ線車庫への分岐に出会うと・・・

Dsc01283s

目の前には大きな橋が・・・

Dsc01285s

名港トリトン線の橋がダイナミックに近づいてきます。

Dsc01237s

電車のすれ違いも迫力ある感じですねー。

Dsc01286s

橋をくぐる前に大きくカーブして・・・

Dsc01287s

おおっ、大きい建物です。

Dsc01238s

オレンジ色のJRマークということは・・・

Dsc01294s

程なく駅が見えてきて・・・

Dsc01296s

大きなクレーンの手前で終着の金城ふ頭駅です。

地理で習った、中京コンビナートが広がっていました。

Dsc01298

さあ、目的地へ向かいましょう。(続)

Dsc01243s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

幸せの黄色いマッチ箱電車・三岐鉄道北勢線(6)そして・・・黄色から青へ。

ワールドカップ出場決定おめでとー一色の5日朝ですが、記事の方は続き、

北勢線終点の阿下喜駅を電車は発車し・・・

Dsc01692

Dsc01693

員弁川そいの風景に戻ってきました。

Dsc01699s

やがて、めがね橋側・・・

Photo_2

そして、反対側・・・

Photo_3


早くも懐かしくなった景色に一瞬再会しました。

そして ねじり橋の上を通り・・・

Dsc01711

そういえばこの北勢線は、小さいだけあってカーブでの曲がり方もなかなか・・・

Photo_4

ねぇ!そして、のんび~1時間弱で西桑名駅へ戻ってきました。

Dsc01717s

Dsc01719s

北勢線の電車は、到着すると直ぐに出発の準備です。

Dsc01721s

せわしない毎日で忘れていた心のゆとりを少しチャージできた4時間・・・

Dsc01722s

黄色い電車や保守されている皆さんに心の中でにお礼をいって、帰路はJRで。

Dsc01724

急ぎ名古屋駅へ。

乗り換えた先は、あおなみ線。

Dsc01260s

名古屋駅から名古屋港の先端部分まで行く あおなみ線は・・・

Photo_5


新幹線横のホームから発車します。

Dsc01261s

さあ、到着した列車で行きましょう。

Dsc01262s

終点の駅には・・・・(続)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

幸せの黄色いマッチ箱電車・三岐鉄道北勢線(5)・・・北勢線の終点・阿下喜駅へ

お腹も一杯になったところで、

一昨日記事、員弁の初夏風景の一部になった時間を、写真つなげて思い出に・・・

Photo

農業用水の脇を通り・・・

Dsc01627s

北勢線をまたぐ橋を通って・・・

Dsc01630s

楚原駅へ戻ってきました。よく見ると、西桑名駅側はなかなかの急こう配・・・

Dsc01634s

Dsc01633s

そんな鉄路を、この時間帯1時間に1本の阿下喜駅行きがやってきました。

Dsc01635s

さあ、あと2駅・・・

Dsc01636s

先ほど渡った橋の先に・・・

Dsc01638s

Dsc01639s

この電車を見た、麦畑・小川が出現しました。

Dsc01641s

Dsc01643s

10分前にその中の一部だった自分の姿を一瞬重ねていると・・・

Dsc01647s_2

まわりの風景が麦畑から水をたたえた水田へ。

Dsc01654s

そんな日本初夏を感じる風景に浸っていると、電車は森へカーブ・・・

Dsc01655s

Dsc01659s

片面の小さな駅をへて、森を抜けると・・・

Dsc01662s

Dsc01663s

滋賀県との県境にそびえる鈴鹿山脈にいだかれた阿下喜(あげき)の町です。

Dsc01666s

そして到着・・・

Dsc01667s

マッチ箱電車内を記念にパチリして・・・

Dsc01671s

Dsc01670s

改札の外へ。

Dsc01672s

Dsc01675s

駅の隣には転車台、奥には日曜日に開館しているという軽便鉄道博物館の

建物が見えました。

Dsc01674s

阿下喜の町は・・・

Dsc01677s

Dsc01678s

山懐の町らしく、坂づくしでした。

Dsc01680s

見るからに斜面だ―って思っていると、旧郵便局らしい雰囲気満点の建物が

イイ感じです。

Dsc01681s

・・・と今回はとんぼ帰り。

Dsc01685s

Dsc01687s

ホームでで背伸びして、腕も伸ばしたら、こんな角度の1枚も。

Dsc01689s

大男の気分・・・改めて小っちゃくかわいい電車を実感しました。

Dsc01691

三面ミラーで安全確認して、西桑名駅への電車が出発します。(続)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

名古屋ご飯 スクランブル発進!

6月に入りました。腹ごしらえもです(?)。

幸せの三岐鉄道の前後に滞在した名古屋には名の知れたグルメが多々。

まずは、ひつまぶし!

Photo

四等分して、まずはそのまま、次は分葱と海苔そしてワサビの薬味を乗せて、

3回目は出汁をかけてお茶漬け風に、最後は3つの食べ方の好きな方法で。

私は、甘じょっぱいタレと出汁の豊かな風味の混ぜあいがたまらない、

お茶漬け風をいつも選んでいます。

Photo_2

ところは、名古屋駅新幹線口側地下のエスカにある稲生さんです。

食事の前にみそカツで一杯いけますよー!

Dsc01786

ひつまぶしは、もう一軒・・・

Photo_3

ちょっと高級料亭風なれど、お高いのでランチタイムのミニを。

敷物のアジサイが季節感たっぷりでした。

Photo_4

ところは、広小路通りの老舗・うな善さんです。

そういえば、この広小路通りには沿道にオブジェがちらほら・・・

Dsc01378

うな善さんの前にも、ケーブルをデフォルメしたものです。思わずパチリ。

続いては、みそ煮込み!

Dsc01434

山本屋さんは数ケ月前に行ったので、今回はうまいもの色々のやぶ福さん。

Dsc01428

浸し みそカツでグイッとやって、シンプルそのものの味噌煮込みを。

うどんもですが、とにかくご飯との相性バッチリ、何杯でも・・・って感じです!

そして好きなのが、このサンプル陳列。ところは、稲生さんと同じエスカです。

ランチにしたオムライスをワンクッションおいて・・・

Ncm_2054

焼き鳥・・・

名古屋駅に近い火神さんというところで、もろもろ・・・

Photo_5

串が乾山みたいになりましたー!

いそべと・・・

Ncm_2011

アスパラの1本揚げが、なかなかおいしゅうございました。

ハイボールが進みました・・・もちろん角で。

Ncm_2012


名古屋の今の象徴の地下、周囲にグルメが沢山だったのです!

Ncm_1999

[おまけ]

そうそうスクランブルというタイトルは名古屋でたまたま見た自衛隊のゆるキャラ

&特殊車両の影響でーす(空飛ぶ広報室ではありませんが色々PRされていました)。

Dsc01338

Dsc01334

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

幸せの黄色いマッチ箱電車・三岐鉄道北勢線(5)・・・黄色い電車を見尽くす幸福な時間

森の中から現れた・・・

Dsc01575s

大きな鉄道模型を見てるようです。

Dsc01577s

Dsc01578s

そして森の中に消えていき・・・

Dsc01573s

行き違いの電車が現れました。

Dsc01581s

Dsc01583s

Dsc01585s

そして、森の中へ戻っていきました。

Dsc01587s

電車がいなくても、深緑のもとに広がる麦畑に見とれちゃいました。

Dsc01588s

引き返して、土木遺産へ向かいます。

Dsc01570s

Dsc01589s

まずは、コンクリート製のねじり橋。

Dsc01590s_2

Dsc01591s_2

三岐鉄道と下を流れる農業用水が斜めに交差するため、ねじりながらコンクリート

ブロックを積み上げているという日本唯一の橋とのことです。

Dsc01592s

小さいですが、土木技術の素晴らしさを実感できました。

その用水の先・・・

Dsc01596s

とってものどかな風景が待っていてくれました。

Dsc01598s

その風景の一部に、コンクリート製の三連めがね橋があるではないですか。

Dsc01599s

明智川という小さい小川にかかる土木遺産の橋・・・

Dsc01601s

Dsc01602s

Dsc01605s

そんな中に、李色い電車がやってきました。

Dsc01618s

Dsc01619s

Dsc01620s

Dsc01621s

そして消えていきます。

Dsc01623s

いつまでも見ていたい風景が、そこにはありました。(続)

Dsc01626s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

幸せの黄色いマッチ箱電車・三岐鉄道北勢線(4)・・・初夏の員弁町風景

記事へ戻りましょう。

train

途中下車した楚原駅・・・

Dsc01556s

Dsc01557s

行き違いの電車を駅長さんと見送りました。

Dsc01558s

Dsc01559s

民家の一部のような駅から・・・

Dsc01560s

Dsc01561s

なかなか難読の員弁(いなべ)町を土木遺産に認定された橋へ向かいます。

途中、なかなか立派な造りの反射鏡や・・・

Dsc01562s

Dsc01563s

懐かしい姿の金物屋さんの前を通り・・・

Dsc01631s_2

Dsc01632s_3

石垣の立派な家々の間の急坂を下り・・・

Dsc01564s_2

Dsc01566s

Dsc01568s

可愛いたぬきのカップルに挨拶する頃・・・

Dsc01567s

隙間から、初夏を目いっぱい感じる風景が飛び込んできました。

Dsc01565s

遺産へ行く前に、寄り道しちゃいましょう。

Dsc01571s

土手の鉄路に、ちょうど電車がやってきました。(続)

Dsc01574s

| | コメント (10) | トラックバック (0)

5月31日・・・Happyを好きな風景の中で

幸せの黄色い電車記事の間に、昨日のことを。

Dsc01801s

梅雨空を吹き飛ばして、お日様が登場した531日は、つれあいとの思い出の

日でした。フレックスを使って夕方早めに向かった先は・・・

Dsc01805s

Dsc01806s

4月に記事にした東京駅前の商業施設KITTEです。

旧局長室の窓からの風景、少しですがタイミング良く二人占めできました。

Dsc01810s

そして、最上階6階にある過門香へ。中国料理のお店です。

Dsc01812s

日中活躍してくれたお日様が、ちょうど丸の内に消えていく頃・・・

Dsc01820s

いつもよりゆったりした時間が流れ、2人の関係と同じように、お腹も、気分も

ちょうどイイ感じになりました。

Dsc01828s

6月からクールビズとはいえ、やっぱり必需品のネクタイをプレゼントされ、

嬉しくなって、包装ごとネクタイの似合う丸の内と1枚記念にパチリ。

ワインでちょっとほてった頬を夜風でさまし・・・

Dsc01831s

KITTEを後にしました。

Dsc01833s

新しい1年の始まりです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »