« 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(5)・・・渡らずの鉄橋/第6水窪川橋梁です | トップページ | 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(7)・・・中井侍駅から豊橋駅へ戻ります »

2013年5月 9日 (木)

秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(6)・・・長野県最南端の中井侍駅へ、懐かしの周遊券も

渡らずの鉄橋を渡った313系は、北上を続けます。

Dsc00723s

目指すは、長野県最南端に位置する中井侍駅・・・天竜川を目前にし

斜面にへばりつく秘境駅と呼ばれています。

Dsc00726

最南端というで、その昔発売されていた信州均一周遊券にも駅名がありましたね。

Photo_2

ここは、現物を引っ張り出して、貼付っと!

・・・トンネルとトンネルに挟まれた大嵐駅を過ぎ・・・

Dsc00728

Dsc00729

眼下には、佐久間ダムにせき止められエメラルドグリーンと化した天竜川。

Dsc00730

天竜川に流れ込む支流に堆積している土砂たちを見て・・・

Dsc00731

小和田駅をスルーしちゃう贅沢さを味わい・・・

Dsc00735

トンネルをくぐり続け・・・

Dsc00738

Dsc00740

目の前に、その駅が現れました。

Dsc00742

Dsc00743

Dsc00744

今日3回目の下車も、ただ一人・・・

Dsc00745s

愛知県・静岡県と続き、長野県に入りました。

ちょうど天竜川が蛇行する部分に、ホームは位置しています。

Dsc00746s

周囲は南信州の渓谷そのもの。ホームにいるだけで、空の青と山の緑の競演・・・

Dsc00754

水のある風景・・・

Dsc00755s

その川の水の澄んでいること。

Dsc00763s

あふれる自然と静寂の中、ホーム裏手に1軒の民家がありました。

Dsc00762s

駅前といっても、東京では想像できない駅前です。

もう少しホームからの風景を記録・・・

Dsc00753s

Dsc00752s

・・・していると、秘境駅探訪から現実へ連れってくれる列車がやってきました。

Dsc00764s

さあ、戻りましょう・・・

Dsc00765s

・・・っと、ちなみにホーム先端に見える看板は、こんなんでした。

Dsc00757s

もう川に落ち込む断崖なんです。

train

発車すると、渓谷の少し緩やかな斜面にある茶畑が見送ってくれました。

Dsc00766s

中井侍駅にByeして、豊橋駅まで一気に南下します。()

|

« 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(5)・・・渡らずの鉄橋/第6水窪川橋梁です | トップページ | 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(7)・・・中井侍駅から豊橋駅へ戻ります »

キップ・スタンプ(Tickets & Stamps)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

初めて、コメントを書かせていただきます。

飯田線という路線名と、その頃走っていた車両は国鉄時代(旧形国電80系や「流電」モハ52系など)が活躍していた頃から知っております。

「「秘境駅」というのがある」というのも、聞いた事がございます。

機会が出来れば、一度訪問してみたいですね。

大阪からですと、鉄道を利用して一番早く行くには、どういった経路や切符を利用すれば良いでしょうか?

ご教示いただければ、幸いでございます。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年5月 9日 (木) 05時14分

静かな天竜川が車窓に美しいですね。
私が行った時は台風直後で船も欠航・・・
列車・駅・車窓、日本っていいなぁ~!って思います。

+私は温泉と海や山の幸グルメだね☆

投稿: ころちゃん | 2013年5月 9日 (木) 07時05分

今回も自然の音たちが聴こえてくるような素敵なお写真をありがとうございます^^
不思議なもので、澄み渡った水を見ていると、
こちらの心までもが澄み渡ってくるような感じがしますよね。
水は飲料のみならず、大切な存在だなーとつくづく思います。

投稿: kokage_zzz | 2013年5月 9日 (木) 09時22分

すごい写真がいっぱいです。

今日も、写真を一枚づつ拡大しながら拝見。

う~ん、楽しいなあ!

投稿: さぬひろ | 2013年5月 9日 (木) 10時37分

あのあたり 確かに秘境と云うにふさわしい場所ですよ 過去に何度か列車に乗って行った事が有るんですが そのたびに目を奪われていましたね。駅に止まっても民家は見当たらないし 見つかったとしても一軒か二軒 道路も見当たらなかったし 窓から見ていてしばし呆然としたのを憶えていますよ。

投稿: ハッピーのパパ | 2013年5月 9日 (木) 16時47分

京阪快急3000系さん

初コメ、ありがとうございます。
お時間なければ、小生のように、豊橋から中部天竜前泊スタイルが、効率的と思います。

投稿: キハ58 から 京阪快急3000系 さんへ | 2013年5月 9日 (木) 22時30分

ころちゃん

そうですよね。今度は、温泉もグルメもでてきます。またお立ち寄りくださいね!

投稿: キハ58 から ころちゃん さんへ | 2013年5月 9日 (木) 22時31分

kokageさん

こちらこそ、いつもありがとうごっざいます。
緑の中の水、ほんと爽やかでした。おっしゃる通り、飲むためだけではない水のありがたさを感じました!

投稿: キハ58 から kokage さん へ | 2013年5月10日 (金) 01時38分

さぬひろさん

じっくり見てくださって、嬉しいです!
カメラは、いわゆるコンパクトカメラでしたが、被写体が素晴らしいとカメラの種類に関係ないですね。

投稿: キハ58 から さぬひろ さんへ | 2013年5月10日 (金) 01時40分

ハッピーのパパさん

ほんと、よくぞこういうところに鉄道を通したという感じです。
パパさんと同じ体験共有できて嬉しいですね!

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さん | 2013年5月10日 (金) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/57321710

この記事へのトラックバック一覧です: 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(6)・・・長野県最南端の中井侍駅へ、懐かしの周遊券も:

« 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(5)・・・渡らずの鉄橋/第6水窪川橋梁です | トップページ | 秘境駅に誘われて・JR飯田線へ(7)・・・中井侍駅から豊橋駅へ戻ります »