« ひと足お先に春到来 気分は早春・お台場にて(1/2)・・うみねこの次はゆりかもめで東京湾岸風景を | トップページ | ひと足お先に春到来 気分は早春・お台場でお昼(2/2)・・東京BAYは本日も晴天なり »

2013年2月 9日 (土)

アカデミー賞ノミネート・見逃していた話題映画アルゴを、都内に残された路面電車・都電に乗って残された名画座・早稲田松竹へ観に行く(後編)

 映画小屋の雰囲気満点の早稲田松竹・・・

P2034155

 建物の外側にあるショウウィンドーには、上映作品のポスターや紹介記事・プレスなどが並んでいて楽しいですね。(最初の1枚は鑑賞後に撮影しました)

P2034137

 アルゴは勿論のこと・・・

P2034136

 3日間限定(今日からですね)でフランスのエリックロメール監督特集です。

movie

 ロメール監督・・・軽快なタッチの作風がおしゃれに映ったのか、ベネチアでグランプリをとった緑の光線は、六本木のWAVEにあったシネヴィヴァンでロードショーされました。早稲田松竹とは真反対の雰囲気。でも時代に乗っただけの存在だったのか、ミニシアターブームが去る前に既に閉館しました。

 観に行っていませんが、ゴダール監督のカルメンという女・他多、ダニエルシュミット監督のラパロマ(この監督はヘカテが大好きです!)、ビクトルエリセ監督のミツバチのささやき、タビアーニ兄弟監督のカオスシチリア物語、ピーターウィアー監督のピクニックatハンギングロック、ジャンシャルルタケラ監督のC階段(さよならの微笑みが大好きです!)、ベルトリッチ監督の暗殺の森(リバイバルだったのでここで観ました。ドミニクサンダの無垢無機質な美しさが忘れられません!)、ジョンセイルズ監督のベイビーイッツユー(TOTOのロザーナのモデルになったロザンナアークェット主演で観に行っちゃいました)・・・などなど、ミニシアター黄金期の著名作を上映していました。ディスコがクラブに変わったように、消えて行ったのです。

 話がそれました。自販の券売機に並んで・・・

P2034138

 ロビーへ・・・

P2034146

 こじんまりとしているその壁には・・・

P2034143

 プレスや解説が貼られています。ロードショー館では渋谷のル・シネマなどでありますが、名画座らしい名画座の特権でもありますね。

 そして館内・・・

P2034141

 椅子がドリンクホルダー式の高め背もたれ式に変わっています。厳しいといわれる名画座の経営ですが、この設備投資をするあたりに、早稲田松竹の心意気を感じました。

 ちなみにスクリーンは、本編上映時に緞帳が両サイドへフルオープンします。

 また、スクリーンと座席の位置関係からして、高めに位置するスクリーンですが、前列の席は少し後ろへ傾いているので背もたれに頭を置いて、比較的無理なく見上げ迫力を味わうことができます。

 ・・・と、ブザーがなって・・・

 ・・・18年間封印されたイランでのアメリカ大使館人質事件を題材に、ハリウッドを巻き込んだニセSF映画を使って、事件直前時に逃げて危うい立場で隠れている大使館員たちイランからどう脱出させるか・・・ハラハラドキドキのストーリーが展開されていきます。この荒唐無稽な計画がどうアメリカ政府で決定され、さもあるかのような映画製作をハリウッドで仕掛けるのか、空港を使った脱出劇の前段階の緩急とりまぜた展開にも引き込まれます。既に公開後3か月半たっていて、話は大まか知っているのですが、それを超えます。・・・かくまわれている先のカナダ大使私邸のお手伝いが気づいている・・・イランの革命戦士が私邸に来た・・・大使館員が特定されないように写真をシュレッドしたのに多数の子供たちを使って張り合わせ復元しようとしている・・・空港まできたのに購入済みのスイス航空チケットが有効になっていない・・・ニセ映画の製作事務所にイランからの確認電話ベルがなっているのに肝心のプロデューサーがスタジオで足止めを食っていて不在のまま・・・刻まれた写真が復元され面が・・・空港にその情報が・・・キャー!

 あっという間に2時間がたちました。

 そんな早稲田松竹をアド街風に。

P2034147

P2034149

 ・・・とその脇に派手な色合いの上映作品のラインナップがありました。いかにも名画座―!

P2034148

 ちなみに大部分の方は高田馬場駅から早稲田松竹へ来ます。

P2034152

 よく見ると山手線が、さき―の方に見えました。

P2034153

 最後に高田馬場の住所を入れて1枚。

Dsc08775s

 帰りには新目白通りと明治通りの交差点で・・・

Dsc08777s

 都電を数枚。

P2034159

P2034161

P2034163

P2034167

P2034168

P2034170

P2034172

P2034173

 最後に名画座ならではのチラシを。

P2034181

P2034182

 ガンバレー、早稲田松竹!アルゴもね!(終)

|

« ひと足お先に春到来 気分は早春・お台場にて(1/2)・・うみねこの次はゆりかもめで東京湾岸風景を | トップページ | ひと足お先に春到来 気分は早春・お台場でお昼(2/2)・・東京BAYは本日も晴天なり »

お気に入りMovie」カテゴリの記事

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

ウッ!館内が私の知っている早稲田松竹と全然違います。きれいすぎると、かえって居心地悪そう。でも、六本木のシネヴィヴァンはよく行きましたよ。オシャレ好きではないけれど、ロメールは大好きで、特に「緑の光線」は内気な女性を描いていて、異性ながらも共感しました。ダニエル・シュミットの「ラ・パロマ」も面白い映画でしたが、見たのはアテネフランセや大井町でした。

投稿: アワムラ | 2013年2月 9日 (土) 04時13分

映画いいですね、

こっちは昔からある映画館はほとんどありません。シネコンばかりになりました。

それから、八戸線なんと、この秋、食堂車が運行されるとのことです。

また来ないといけなくなりましたね。

投稿: カシスキャット | 2013年2月 9日 (土) 09時27分

アワムラさん

そうですね、内部はかなり変わりましたね。写真にありませんが、トイレもきれいになっています。私も緑の光線が好きです。日常風景を見ているような感じで、ロメール監督のお歳からは考えられない軽妙さに、ちょっと感激した思い出があります。

投稿: キハ58 から アワムラ さんへ | 2013年2月 9日 (土) 18時33分

カシスキャットさん

青森からはとおいですけど、福島の方に、すんごい歴史を感じる小屋があるそうですよ。
八戸線、そうみたいですねー。JR九州にちょっと刺激されているのでしょうか。

投稿: キハ58 から カシスキャット さん へ | 2013年2月 9日 (土) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/56718317

この記事へのトラックバック一覧です: アカデミー賞ノミネート・見逃していた話題映画アルゴを、都内に残された路面電車・都電に乗って残された名画座・早稲田松竹へ観に行く(後編):

« ひと足お先に春到来 気分は早春・お台場にて(1/2)・・うみねこの次はゆりかもめで東京湾岸風景を | トップページ | ひと足お先に春到来 気分は早春・お台場でお昼(2/2)・・東京BAYは本日も晴天なり »