« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ列車”を満喫せよ」(9)・・三陸鉄道で絶景の海岸線を行きます、そして思い出も

 満席のこたつ列車の後ろについている、田野畑駅行きの普通座席に乗車しました。北リアス線のその地形を感じる絶景を再見するために、そして北リアス線の事実を知るために。

P1193213

 そうそう、久慈駅では硬券の入場券もあって、思わず1枚。

P1193220

 ホームの案内板には、久慈市の案内の右側に「北限の海女」もあります。あまちゃんのネタ元ですね。

P1193214

 発車した列車は、駅前から久慈川を渡り南下します。

P1193215

Dsc08009

 すぐに雪景色になって・・・

Dsc08014

Dsc08015

 一方、車内では・・・

Dsc08019

 印象深い中吊りがありました。

Dsc08011

 そして、海岸から離れた高台にある駅のホームを見送ると・・・

Dsc08021

 雪に覆われた畑の奥で、同じように雪に覆われた堤防のさらに奥に水平線が現れました。

Dsc08023

 川には水門・・・

Dsc08024

 陸中海岸の断崖が遠望できる頃・・・

Dsc08026

 後ろを見ると何やら工事車両が・・・

P1193223

Dsc08023_2

Dsc08029

 110ヶ月後の今の現実を、一瞬 突き付けられました。

Dsc08033

Dsc08035

 トンネルに次ぐトンネル・・・

Dsc08037

 そして分岐して・・・

Dsc08038


 ひときわ思い入れのある野田玉川駅です。

Dsc08040

Dsc08041

Dsc08043

Dsc08044

 7年前、ここで下車し、村営宿舎に宿泊しました。(写真以下2枚は当時撮影)

00090030

00090031

 村一番の施設ということで、結婚披露宴の施設や、ポケットのビリヤード台のある娯楽室、鉱泉を使った露天風呂などあり、新鮮このうえない海の幸とともに、大満足。そして、布団に入ると聞こえた潮騒の子守歌。でもその潮騒は・・・。

Dsc08045

 一瞬に記憶を巡らせていると、列車は出発し、断崖の間から景色が開けました。

Dsc08050

P1193225

Dsc08054

 19743月に完成した日本初のPCトラス橋安家川橋梁からの風景、生活道路も断崖スレスレです。

P1193226

 海鳥たちも波を逃れ、川側で休憩していました。川の透明度も高いですね。

Dsc08057

 そして橋から見た安家川の山側風景です。

Dsc08056

 サケの遡上で有名な川だけあって、岩手県内で最大級といわれるサケ・マスふ化場施設が見えました。

 そして列車は進み、カーブした橋梁に太平洋の構図が登場・・・

Dsc08060

 答えられない瞬間でした。終点の田野畑駅まもう少し海岸風景が続きます。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(8)・・4月からのNHK朝の連続小説の舞台・久慈市の駅2つ、そして指令が・・・

 JR久慈駅に到着したうみねこ。八戸線の通常車両・キハ40系とツーショットです。

P1193190

 ここから先にJRの路線はありません。

Dsc07994_2

 しかし、見上げると・・・

P1193191

 久慈以外の地名に「不思議の国の北リアス」(アリスでは無いですよー)の文字が。そして、左をさらにみると・・・

Dsc07992

 20119月に訪問した岩手県宮古市田老駅で出会った同じ車両です。(写真はその時)

P9091611_2

 とにかく、指令を果たすべく、先へ進みいましょう。

P1193193

 ホームでは着こんで少しモッコリしたハニワ君登場。

P1193194

 うみねこにバイバイして、改札を抜けます。

Dsc07999

 少し先には、JRとは違った、先ほども見たのとも違う車両がありました。

Dsc07998

 そして、JR久慈駅。

P1193196

 隣には第3セクター・三陸鉄道の久慈駅です。

P1193197

 青空に映える瀟洒な駅でした。

Dsc08001

 駅舎の中は人でいっぱいです。どうも、新しいラッピング列車の出発式があったうようでした。

Dsc08003

Dsc08008

 アニメキャラも登場、久慈ありす・・・なかなかniceなネーミングですね。

Dsc08005

 一方、運賃表は被災前の三陸鉄道の姿が残されていました。全線復旧を目指す、その思いが伝わってくるようです。

Dsc08006

 そして、駅構内の定番・立ち食い蕎麦屋さんののぼりに未来を予感させる記述があります。

P1193198

 そう、4月から始まるNHK朝の連続小説「あまちゃん」のことです。木更津キャッツアイや流星の絆で有名なクドカンが脚本を書くということで期待大ですねー!

 先へ進むべく、急ぎホームへ。

P1193200

 乗り継ぐ三陸鉄道の車両が入線しています。行先は、復旧している先端の駅・田野畑。

 そして、次の指令がわかりました。

P1193201

 こたつ列車です!

P1193209

 しかし、1か月前から電話販売しているというチケットは・・・売り切れでした。

P1193204

 連結している普通車に乗り、時を待つことにします。

 それにしても、こたつ列車・・・こたつ以上に、皆さんの笑顔でポッカポカの車内でした!(続)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(7)・・嬉しい発見、そして続く海岸風景から終着へ

 もう一つの指令を果たすべく、先へ進みます。

train

 最後部の展望席にいたら、オヤ?

Dsc07905

 なんと昨年廃止になった十和田観光鉄道のシールが、乗務員さんのアタッシュケースに張ってあるではないですか。

Dsc07906

 嬉しい発見でした。

 そして列車は交換のできる階上駅へ。

Dsc07912

P1193188

 ホームからは、遠くに海を望みます。

Dsc07915

 入れ違いの上りのキハ40系が出発しました。

Dsc07916

Dsc07918

 うみねこも出発します。

Dsc07923

 松林、そして水門・・・

Dsc07924

Dsc07925

 そして砂浜に・・・

Dsc07932

 3.11の被害で、最後に復旧した区間を通ります。

Dsc07935

Dsc07937

Dsc07941

 小さい港の駅・・・

Dsc07944

Dsc07948

 陸中八木駅です。

Dsc07953

 港の防波堤で向かい合う赤と白の灯台が印象的でした。

Dsc07950

 さあ、出発です。

Dsc07956

 日差しを反射して輝くみなも・・・避難経路を示す標識が復旧した八戸線を感じました。

Dsc07959

 民家のあるところは高い堤防・・・

Dsc07960

 砂浜・・・

Dsc07965

 しかし、また非難標識・・・

Dsc07966

 雪をまとった砂浜が、北の国を感じさせてくれます。

Dsc07970

 そして、海から離れ・・・

Dsc07971

 小駅を過ぎて・・・

Dsc07972

 どんどん高度を上げていきます。

Dsc07980_3

 山風景になって・・・

Dsc07981

 雪の渓谷が現れ・・・

Dsc07983

 盛岡から直行するバスが通る平庭高原辺りを望みます。

Dsc07986_2

 終点1個手前の駅。

Dsc07987

 そして街並みが現れ・・・

Dsc07989_2

 八戸駅から約2時間、リゾートうみねこの終着・久慈駅に到着です。(続)

Dsc07990

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(6)・・うみねこの由来、そして うみねこのように海岸線を走って縁起の良さそうな駅へ

 白煙を背景にした市街地の手前に驚く光景が・・・

Dsc07860

 なんと鉄道高架と思われる橋が無くなっているではないですか!

 次に現れたのは・・・

Dsc07862

 雪原の足跡。なんか和んじゃいました。

Dsc07861

 そして、小さい橋を渡ると・・・

Dsc07864

 関東ではまず見ることができない、鋭いツララです。落ちてきたら、痛そー。

Dsc07866

 民家が遠くなると、箱のような建物が横に続いています。

Dsc07867

 スロープ状になっていて、凄い凄い!

Dsc07868

 住金鉱業の鉱石を運ぶベルコトンベアーでした。ちなみに、隙間からは石油コンビナートも見えます。

Dsc07871

 見学もできるという八戸石灰鉱山から、こうやって運んで、サイロに貯めるんですね。

Dsc07870

 鉱工業の盛んな八戸を感じた瞬間でした。

 そして八戸湾が見えてくると・・・

Dsc07874

 今回の指令の手がかり写真の構図があらわれました。

Dsc07875_2

 うみねこ繁殖の地として有名な蕪島(かぶしま)です。

Dsc07877

 この列車の愛称になっている うみねこはここから来ています。ちなみに、なぜ蕪島か・・・神を祭る場所としての「神嶋(かむしま)」からきているという説があります。

Dsc07879

 そして、この蕪島を号令にして、八戸線の海岸風景が始まります。

Dsc07883

Dsc07885

Dsc07891

 荒涼とした冬の海岸風景。

Dsc07892s

 少し高台を走る八戸線らしく、松林越しの海岸風景になってくると観光地でもある種差海岸駅へ到着です。

Dsc07893

 坂越しに見える冬色の大平洋・・・

Dsc07895

 たくさんの方が下車されました。

Dsc07894_2

 再び海岸風景に出会うと・・・

Dsc07898

 空には雲の大きな塊です。この空の主のようですね。

Dsc07901

 そして、ちょっぴ青空と雪をまとった砂浜のコラボレーション・・・

Dsc07902

 陸地へ入ると、今年縁起のよさそうな駅に停車しました。

Dsc07909

 ただの蛇ではありませんよー、大蛇 です!

Dsc07910

 片面のホームの小さな大蛇駅を後にして、八戸線は南下します。(続)

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(5)・・駅弁タァーイム!

 八戸駅を出発した うみねこが、最初の駅に停車しました。

Dsc07841

 さあ、漁業の町と思われていますけど、どっこい鉱工業の盛んな八戸の市街に入っていきます。

 海沿いだけあって、少なめの積雪の中に、線路がはっきりと分岐して・・・

Dsc07842_2

Dsc07843

 馬淵川を渡ります。

Dsc07845

Dsc07846_2

Dsc07847

 海沿いの大平洋金属か八戸火力発電所からの煙を、市街地越しに遠望すると・・・

Dsc07848

Dsc07849

 八戸市の中心・本八戸駅に到着です。市役所はもとより、ホテルや商店街などが集まっています。

 ここで、今回の八戸駅弁登場です!

P1193184

 うに、かに、いくら・・・

P1193185

 お肉~ぅ。

 小唄寿司など、有名駅弁もありますけど、2日前の記事コンコースの売店でぱっと目にとまった駅弁です。

Dsc07818

 彩りも鮮やかな海鮮三大うまいものに加え、青森名産・五戸町のA4A5クラスの柔らか倉石牛が冷めてもおいしいタレで焼き肉にされていました。

Dsc07819_3

 アハ・・アハ・・アハァー、うんまい恵みたち、肉も海鮮も一度に楽しめて最高でーす!

 ・・・などしていると、行き違い列車・キハ40が発車していきます。

Dsc07851

Dsc07852

 幹線でもなく、電化もされていない高架の鉄路も珍しいです。

 さあ、うみねこも発車です。本八戸駅で2つに分かれた鉄路がまた一つになりました。

Dsc07857

 八戸線は、海沿いに向かって進みます。(続)

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(4)・・うみねこをご紹介

 入線してきたうみねこと入れ替わりに、回送のキハ40が出発していきました。

Dsc07809
Dsc07810

 静寂に包まれた八戸駅です。

Dsc07813

 そして、独りぼっちになったうみねこ・・・

P1193177

 寂しくならないように、乗りましょう。

Dsc07804_2

 車体に描かれた大きな海猫が印象的です。同時に、もと車両のキハ48の面影を残した連結部分・・・

P1193179


P1193180

 特に運転席の窓は、ガラス自体が湾曲したパノラミックウィンドウという独特の形状でした。

Dsc07815

 リゾートうみねこは、JR東日本の数あるリゾート列車と違う特徴があります。

 3両編成の内、1両だけが指定席、他の2両は自由席です。加えて、各駅停車なのです。地元の足としても活躍しているリゾート列車・・・イイですねー。

Dsc07802

 その車内、先頭と最後部車両は、片側1列の座席・・・

Dsc07797

 中間の車両は・・・

Dsc07806

Dsc07799

 グループで楽しめるボックス席でした。テーブルもあって、便利ですね。

 さあ、最後部・自由席の自分の席へ行きましょう。

Dsc07820

 そうなんです、斜めに傾けて景色を楽しむことができます。

Dsc07821

 自分の知る限り、JR東日本の列車で、乗車券だけで乗車できる一番ゆったりした列車ですね。

 しかし、3.11から一番最初に全線復旧した八戸線ならではの、車内掲示もありました。

Dsc07798

Dsc07816

 津波が発生した際の避難方法を改めて乗務員全員が受講し、体制が整ったゆえの復旧でもあったのです。

 さあ、発車時間になりました。

Dsc07822

 最後部の展望席から、出発を見ることにします。

Dsc07823

Dsc07824

Dsc07825

 力強いディーゼルの排気が、寒さゆえの白煙と重なりました。

Dsc07827

Dsc07829

Dsc07830

Dsc07833

Dsc07835

 単線になった八戸線を、リゾートうみねこは進みます。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

冬の隊員指令その1「”うみねこ”にのって、”こたつ※○△”を満喫せよ」(3)・・八戸駅でうみねこに、そして思い出の1枚を比べて

 エスカレーターをあがって、コンコースへ向かいます。

P1193160

P1193161

 現れたのは、蒲鉾上の屋根のある空間です。

P1193162

 目の前の待合室からは、新幹線ホームが良く見えます。

P1193166

 反対は改札。

P1193167

 その改札の隣に、赤と黒の何かが見えます。

P1193163

 馬の名産地・八幡駒の大きな置物でした。

P1193164

 さあ、改札を出ましょう。

Dsc07785

 えんぶりの記念写真コーナーがありました。

P1193168

 コンコース中央につづくライトスタンドは、上部が海猫ではないですか。

P1193169

 そのコンコースを在来線へ向かうと、改札の上部に・・・

P1193170

 "うみねこ"です!

P1193171

 ホームに出ると、昨年烏山線でも出会ったキハ40系の八戸線色です。

Dsc07787

 隣を見ると、青い森鉄道の電車が出発していきます。

Dsc07788

 すると、その右側に・・・

Dsc07789

 それは、やがてキハ40系の左側に・・・

Dsc07792

Dsc07793

 うみねこがやってきました。

Dsc07796_2

 青空・青い海と白いうみねこをモチーフにしたカラーリング、大きな窓が特長的です。

P1193173

P1193174

 そしてここで、思い出の1枚を。

P1193175

 何かというと、今から7年前に仙台駅から海沿いの鉄道路線で八戸駅へ来た・・・まさにたどり着いたという感じで記念に撮影した1枚です。

00090035_2

 東北本線、石巻線、気仙沼線、大船渡線、三陸鉄道南リアス線、山田線、三陸鉄道北リアス線、そして八戸線。時間はスッゴクかかったけど、楽しかったなあ。その頃は、新幹線も八戸駅までで、八戸駅-青森駅間はまだJR線だったんですよね。

 しかし、3.11以降様子は一変。

 そして被災した線区で一番最初に全線復旧したのが、うみねこの走る八戸線でした。

 そのようなことを頭の片隅おいて、うみねこに乗車します。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

冬の隊員指令その1「”うみねこ”にのって、”こたつ※○△”を満喫せよ」(2)・・岩手の雪景色、うじゃうじゃに見とれていると、八戸でした

 高架線を走る新幹線ならではの、遠近感ある風景が続きます。

bullettrain

 新幹線車両基地を過ぎると、古川市の雪原が出迎えてくれました。

Dsc07781

 その後、東北本線が近づいてくると、一ノ関です。

P1193093

P1193095

 この先に、世界遺産の町・平泉があります。

P1193096

 ほんの1,2分なのですが、平泉を遠望する辺りでは、また雪雲に覆われました。

P1193099

 そして米どころの水沢江刺。田が一面雪に覆われています。

P1193102

P1193103

 北上川を渡り・・・

P1193108

 半導体などの工業も盛んな北上を過ぎて・・・

P1193110

 新花巻の辺りは、またまた雪雲です。

P1193115_2

 西側車窓に青空が見えてくると盛岡手前です。

P1193120

 ここで、ちらと東側。西も東も、絵にかいたような美しい日本の冬風景です。

P1193121

 西側に戻ると東北本線が眼下に現れ・・・

P1193124

 貨物操車場に、金太郎です!

P1193125

 盛岡が近くなったので、また東側へ。ちょっと印象的なガスタンクが見えました。

P1193126

 建物増えると、県庁所在地の盛岡です。

P1193128

 その盛岡を実感する風景、北上川と街並み・・・いつも見ちゃうんですよねー!

P1193131


 盛岡駅・新幹線ホームから見た在来線ホーム。1年半前、ここから山田線に乗車したことを思い出しました。 

P1193133

P1193134

 発車するとIGRいわて銀河鉄道の電車が見えました。

P1193135

 こまちが走る秋田新幹線を見送ると、嬉しい光景が・・・

P1193137

P1193138

 岩手の美しい稜線を背景に、花輪線、田沢湖線、山田線で活躍しているキハ100系がうじゃうじゃです!

P1193139

 壮観の一言でした。

 そして、森永乳業の変わった形の建物を見て・・・

P1193141

 滝沢村あたりですが、残念ながら岩手山は姿を隠していました。

P1193142

 その後、トンネルと地を這うように走る新幹線。

 少し長い時間おもての風景に出会うと、二戸駅です。

P1193145

P1193146

P1193147

 だいぶん北にやってきました。下車する八戸駅はもうすぐ。

P1193149

 景色が広がってきました。

P1193154

 在来線が近づいてくると八戸駅です。

P1193155

P1193156

 上野駅からわずか3時間ちょっとで八戸に到着しました。

P1193158

 終点までもう少し。

P1193157

 人気の無くなったホームは、凛とした冷気に包まれていました。

P1193159

 エスカレーターの先にある、うみねこへ向かいます。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

冬の隊員指令その1「”うみねこ”にのって、”こたつ※○△”を満喫せよ」(1)・・東北新幹線で北上!

 今回の指令、この写真が手掛かりです。

Dsc07875

P1193240

 

 うみねこにのる・・・、こたつ・・・。見覚えある島、こたつにミカン、とにかく北へ行きましょう。

 東京駅に、新青森駅行きの東北新幹線・はやてが入線してきました。

P1193043

 新幹線そろい踏みです。

P1193044

 しばらくして、入れ替わると・・・

Dsc07660

 上越新幹線・丸顔の200系が隣のホームにいます!ベテラン車両、がんばってますねー。

 さあ、乗り込みます。

P1193047

 フル規格新幹線のE2系なので、車内はゆったりサイズですね。

P1193048

 ほどなく出発、復元した東京駅が後ろに遠ざかっていきます。

P1193049

 秋葉原の神田川を渡って・・・

P1193054

 尾久の操車場を眼下に・・・

P1193057

 赤羽のトンネル前で東北本線(在来線)を右に見送り・・・

P1193059

 朝日の昇る直前、燃えるような地平を見ながら、荒川を渡り・・・

Dsc07662

P1193066

 さいたまアリーナ、日の出始まり、大宮車両センター、鉄道博物館を見ながら進むと・・・

Dsc07663

Dsc07667

Dsc07669

Dsc07672

 お日様、今日も出てくれましたー!

Dsc07674

 少し上がったころ、関東の名山・筑波山がシルエットのように浮かび上がります。たくさんの鉄塔との相性もイイですね。

P1193075

P1193076

 北関東に入ると、雲が現れ地面には雪、そしてお日様がシルエットになって、一面の白い世界へ。

Dsc07724

Dsc07726

Dsc07733

 車内は、大宮からの乗客でほぼ満席です。

Dsc07734

 大きい街並み、郡山にやってきました。

Dsc07737

 NHK大河・八重の桜の舞台である会津若松へ向かう磐越西線を見送ります。

Dsc07740

 そして安達太良山の美しい姿が。

Dsc07742

Dsc07745

 晴れてきて、雪上に新幹線の影が登場です。

Dsc07746

Dsc07747

 ところが、この景色を境にして・・・

Dsc07749

 吾妻小富士の手前、雪景色に変わってきました。

 雪の福島市・・・

Dsc07750

 米沢・山形に向かう、山形新幹線を見送ります。

Dsc07752

Dsc07753_2

 すぐに雪が強くなり、ホワイトアウト状態です。

Dsc07755

P1193086

 しかし、白石蔵王あたりでは、また晴れ間が。

Dsc07758

P1193087

 雪帽子をかぶった富士山がそうなように、青空に雪景色は似合いますね。

 そうこうしているうちに、広瀬川が現れて、仙台の街へ入ってきました。

Dsc07764

Dsc07767

 雪を屋根にまとった建物を見つつ、仙台を発車します。

Dsc07768

 山形へ向かう仙山線を見送り・・・

Dsc07770

 マンションに囲まれた仙台車両センターへ。

Dsc07771

Dsc07773

 東北本線用の交流電車が停車しています。

 終わりのころには、DE10に金太郎の機関車コンビも登場でした。

Dsc07774

 東北本線をまたぐと、一瞬お楽しみが・・・

Dsc07778

 E5系はやぶさも見える、新幹線の利府車両センターです。

Dsc07779

 夏に一般公開しているので、いつかは行きたいなー、なんて。

 はやては、仙台平野を進みます。うみねこに乗るために・・・。(続)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

山手線・うぐいすカラー50周年記念 2013年のラッキーアイテムになりそう

 ニュースなどでお知りの方も多いと思いますが、山手線に全身がうぐいす色をした車両が登場しています。

P1213918

 通常はこちら。

P1213916_2

 103系という通勤型電車で、車体をうぐいす色にしてから2013年で50年になります。それを記念してのこと。

P1213920

 今年の12月末まで、1編成のみの運転らしいので、見かけたり乗車できたらラッキー!ってことになりそうです。

 ちなみに私は、まだ乗るタイミングに巡り合っていません。車内も特徴あるらしいんですよね。

P1213921

 車両形式の文字も少し昔っぽいようです。

Dsc07654

 前面には白のラインが残っていて、普通と一緒ですけど、王冠型のヘッドマークがついているおかげで、走行中の写真を撮るには、目印になってイイですねー!

Dsc07658

 ちなみに、山手線は一周約1時間です。みかけて写真撮り逃したら、1時間後にやってくるはずですよー!待てない時は反対周りで追いかければ30分後くらいの駅で出会いますから・・・ご参考でーす。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

都営まるごときっぷにて⑤・・日暮里・舎人ライナー 荒川を急こう配で渡ります そして

 都電との接続駅・熊野前駅から一気にこう配を駆け上がります。

Dsc07145

 荒川の手前・足立小台駅です。

Dsc07146

 そして、いよいよ荒川を渡ります。

Dsc07147

 荒川の西側、上流の方を見ています。

Dsc07149

 まだまだ、上昇します。

Dsc07150

 上昇最中で、荒川をもう一度。

Dsc07151

 ほぼ最高地点、東北道から繋がる首都高の上を越えようとしています。

Dsc07152

 そして、急な下りの先に扇大橋駅が見えてきました。

Dsc07154

 ライナーの下を走っている橋が扇大橋ということから駅名もそうなっています。

Dsc07155

 扇大橋をでると、すぐ先に高野駅。

Dsc07157

 その高野駅の先も、微妙に上下するライナーの高架でした。

Dsc07159

 すれ違うライナー正面の日差しのまぶしいこと。

Dsc07160

 江北駅を越えた先には、昨年記事にした西新井大師への西の入口・西新井大師西です。

Dsc07162

Dsc07165

 周りには団地が現れました。

Dsc07166

 次の谷在家駅までは、珍しい直線です。

Dsc07168

Dsc07170

 その先、一気に緑が開けてきました。

Dsc07172

 舎人公園駅です。

Dsc07173

 駅前には家庭菜園のエリアも見えました。

Dsc07175

 駅を出ると、車庫へ向かう分岐を越えていきます。

Dsc07176

Dsc07178

 そういえば、空が高いですねー!

Dsc07180

 公園の先にまたビルが現れ・・・

Dsc07182

Dsc07183

 舎人ライナーの語源である舎人駅です。

 そして、ほとんどの方が下車し・・・

Dsc07184_2

Dsc07185

 終点へ向けてラストスパートです。

Dsc07189

 青空の先に見沼親水公園駅が見えてきました。埼玉県のちょい手前あたりです。(続(冬の隊員指令の次予定です))

Dsc07192

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

デッサン人形・・気持ちを表現してます と 見事なパッケージのお菓子

 日暮里・舎人ライナーに戻る前に、ちょっと一息。

球体関節人形って一部の方にはとてももてはやされているお人形がありますけれど、それをもっともシンプルにしたものでIKEAで購入したものが、うちのマスコットになっています。

 いつもは、元気ハツラツこのポーズ。

Dsc07645

 ションボリしているときは・・・

Dsc07646

 大丈夫だよーおいでおいで・・・

Dsc07647

 ちょっと遊んで・・・

Dsc07648

 昔、漫画で見たシェーのポーズ。

 なかなか、頑張っていますねー。

 そんな中、変わった南部せんべいをwifeがもらってきました。

Dsc07649

 愛くるしーい、イカちゃんのパッケージです。足はちゃんと10本。

 南部せんべいなのですが、八戸産で青森のするめいかを使っているらしく・・・

Dsc07650

 裏側は、七輪の網であぶっているかのような絵になっていて、芸が細かい。イイなあ、こういうリアリティは大好きです。

 と言いつつ、これはとりあえず見るだけで・・・

Dsc07652

 北海道の鮭のおかきから、味わっちゃたのでした。鮭にイカ、北の味覚ですねー。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

都営まるごときっぷにて④・・都電・荒川線の停車場たち(第6回)・素敵なロケーションの荒川二丁目駅

 熊野前駅から東に進んできました。

P1132951

 終点・三ノ輪橋駅の3つ手前、荒川二丁目駅です。

Pa052527

 ホームへ降りると、向かいに早稲田行きの7000形が昔の都電のイメージで走っていきます。

P1132952

P1132953

P1132954

 この駅、緑に囲まれた静かな駅なんです。

P1132955

P1132956

 新鋭8500形の緑のラインが似合いますねー。

P1132960

P1132961

P1132962

P1132963

 この緑の多さは沿線地図でもはっきりわかります。

P1132964

 その緑の大部分を占めているのが、都内有数の下水処理場・三河島水再生センターでした。

P1132968

 古くからの施設だけあって、レンガを使ったレトロな外観がいいですね!

 そばにあるいくつかの踏切風景も、路面電車らしい雰囲気にでした。

P1132969

P1132971

 すぐ次にある荒川区役所前駅に目を向けると・・・

P1132973

P1132974

P1132975

 スカイツリーが背景に現れます。

Dsc07314

 その荒川区役所です。

P1132979

 緑に似合う、古い建築物という感じでした。

P1132976

 面白いのは、荒川二丁目の標識見えていましたが・・・

P1132978

 90度横に一丁目の標識です。区役所は一丁目のようですね。

 先へ進むと、荒川区役所前駅にレトロな9000形がやってきました。

P1132981

P1132982

P1132983

P1132984

P1132985

P1132986

 すると入れ替わるように7000形です。

P1132987

P1132988

P1132989

 信号待ちしていると、一昨年に記事で盛り上がった幸せの黄色い都電とツーショットになりました。

P1132990

P1132991

P1132992

P1132993

 黄色い都電が去ったホームを見ると・・・

P1132994

 ホームの片隅にたくさんの置き傘です。地域の人の思いやり、駅はその顏かもしれませんね。

 さあ都電に乗って戻りましょう。(続)

Dsc07318

Dsc07319_3

Dsc07322

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

都営まるごときっぷにて③・・都電・荒川線の停車場たち(第5回)・熊野前駅 ホームがすんごく離れています

 ライナーの高架下を、都電が横断しています。

P1132938

 7000形とレトロな9000形がすれ違いました。

P1132939

 この9000形、何か違います。

P1132940

 北区駒込にある聖学院の旅鉄部が借り切っているようです。

P1132941

 車内にも何か貼ってあるようで、楽しそうな感じが伝わってきました。

P1132943

 三ノ輪橋駅まで、行ってらっしゃーい!

 見送りながら、大通りを渡ります。

P1132944

 この都電・熊野前駅は尾久橋通り・ライナーの両側に別々のホームがあるんです。こちら早稲田駅方面。

P1132945

 そして、渡った先に三ノ輪橋方面行ホームがあります。

P1132947

P1132948

 早稲田駅側のへ向かう電車はライナーの下を通って、先ほど見えたホームへ向かいました。

P1132949

 ちなみにその電車が下を通った後、振り返って見ると、このように三ノ輪橋駅行きのホームが遠く―に見えます。

Dsc07331

 さあ、到着した電車で東へ向かいましょう。好きな駅があるんです。(続)

P1132950

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

都営まるごときっぷにて②・・日暮里・舎人ライナー 日暮里駅-熊野前駅 上から下から

 日暮里駅を出発し、ビルに見送られながら尾久橋通りの上を北上します。

Dsc07125

 この辺りは、荒川区の西端で北区と接しています。

P1143042

 まずは、常磐線と京成本線をまたぐために、上昇します。

Dsc07127

 ちょうど常磐線の中距離電車E531系がやってきました!土浦か水戸・勝田方面行ですね。

Dsc07128

 もう一段上昇して・・・

Dsc07129

 高架になっている成田空港方面の京成本線をまたぎました。

Dsc07130

 この状況を下から見ると・・・

Pa303355

 201110月に記事にした新旧構造物のクロスです。

 最後部にあがったところで、西日暮里駅が見えてきました。

Dsc07131

 ここは、最大級の門型橋脚で支えられています。

Pa303348

 高架では西に、JRの西日暮里駅が見えてきました。

Dsc07132

 地上から見ると、こんな感じす。

Pa303345

 そして、西日暮里駅に到着。 各駅ともホームドアならぬ、完全お家形で箱のような駅舎です。

Dsc07133

 その先も微妙な上下をしながら、高架線は北に続いていました。

Dsc07134

 明治通りです。この先に、鉄道イベントのあった尾久駅があります。

Dsc07137

 3番目の赤土小学校駅手前で、日暮里駅行きとすれ違います。

Dsc07138

 その先、また少し上ると・・・

Dsc07141

 4番目の熊野前駅です。

Dsc07142

 駅の下には、見覚えある線路がりました。

Dsc07143

 そうです、都電荒川線。昨年の、都電の旅はいかかですか、下からの景色を見ていました。

Pa012459

 ここで都電に乗り換えましょう。

P1132930

 乗り換えの階段からは、駅舎の窓を額縁に、ライナーと都電が収まってくれました。(続)

P1132934

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

都営まるごときっぷにて①・・日暮里・舎人ライナー 新交通システムで空中散歩!

 今回の主役です。

P1132902_2

 都営交通関連が1日乗り放題のキップ・・・都営まるごときっぷです。

 大雪ふる前日、快晴・風も穏やかで、まさにお出かけ日和の113日(翌日の成人の日に譲ってあげたかったですね)。

 

 とっても乗りごたえあるんですけど、ターゲットは地図の右上に細い線で描かれている日暮里舎人ライナーと都電荒川線です。特に高所を走るライナーは見晴らしのいい日に乗りたいですよねー。

そして途中でクロスする都電荒川線。巣鴨新田、庚申塚、三ノ輪橋、大塚駅前の各駅はその4まで記事化していて、荒川車庫前駅は都電の日など何度か記事化していますし、鬼子母神前駅およびそこから三ノ輪橋駅への前面展望も昨年10月の花電車の頃に、都電の旅はいかがですか、で記事にしています。それ以外の紀になる駅へ行きたいところです。

 

 そんなこんなで、スタートは何度も登場している日暮里駅です。

 駅のある橋からは、近く潜る前のE5系はやぶさやスカイライナーが見える日暮里・・・

P2270061_2

P2270058_2

 いろんな方面への乗り換えがある駅の改札をでて・・・

P1132896_2

P1132897_2

 コンコースを右手(東側)に進むと・・・

P1132898_2

 先に掲載した橋からの写真案内を見ながらエスカレーターであがると・・・

P1132899_2

P1132900_2

 行き止まり式のホームに直結したホームがあります。

P1132901_2

 ホームにはライナーが停車しています。

P1132903_3

 これを外から見ると・・・

Pa222895_2

 高いですよねー!

Dsc07116_2

 さあ、1台見送って最前列に乗車。

Dsc07117_2

 改札では、自動改札を通れる乗車券に換えてくれます。

Dsc07118_2

Dsc07119

 折り返しライナーを向かいいれて、さあ出発進行。

Dsc07120

Dsc07121

Dsc07122

 日本自慢の自動制御システムを使い、ゆりかもめと同じタイヤ走行するライナーが本線へ入りました。

Dsc07124

 花道のようなビルの間・およそ5階くらいの高さを縫って、ライナーは進みます。北へ向うにしたがってどんな景色に変わっていくのでしょうか。()

movie

追記:大島渚監督の訃報を聴きました。戦場のメリークリスマスがとにかく印象に残っています。謹んでご冥福をお祈りいたします。お疲れさまでした、ゆっくりと休まれてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月15日 (火)

巣鴨のお地蔵さんも見ていた雪国になった東京 プラス事後報告 それにしても雪には弱い東京です

 4の付く日は縁日の巣鴨・高岩寺(とげぬき地蔵)も今日は・・・

Dsc07613


 

 影響は地下にも・・・東京メトロ・銀座線の上野広小路駅運行掲示板です。

Dsc07622

 地下鉄に影響がでるの?って思われるかもしれませんが、私鉄乗り入れで便利になった分、その私鉄の運行の影響を受けるんですね。これほど、色づくボードは初めて見ました。

 地下鉄がこのような状態ですから・・・

Dsc07623

 上野駅のJR掲示板は、もの凄いことになっていました。

 ほとんどが、運休・・・

Dsc07624

 16時頃なのに、行先掲示板は13時とか14時が残っています。

Dsc07626

 ゆっくり見たいステンドグラスですが、その下では・・・

Dsc07625

 在来線が運休しているため、新幹線で大宮、熊谷、小山などに向かう皆さんのキップを購入する列で混雑していました。

 動いていた山手線も雪を載せて走っていました。

Dsc07627

 E231系も雪をつけて走っていました。

Dsc07628

 都電の走る大塚もこの通り。

Dsc07635

 雪の都電を記録しようと思ったのですが・・・

Dsc07637

 運休のため線路だけです。

Dsc07638

 そんな中、縁日で賑わうはずの巣鴨も・・・

Dsc07619

Dsc07618

Dsc07617

 地下鉄の出入り口を使っての通行。

 そして、地蔵通り商店街の入口です。

Dsc07615

 何事もないように立っている駕篭の車止めも裏から見ると・・・

Dsc07616

 ひょえー!北に向いてのびる商店街らしく裏側が凄いことになっています。

 そして高岩寺・・・

Dsc07598

Dsc07599

 雪が今日の参詣者ですね。ベンチにたくさん座っていました。

Dsc07611

Dsc07609

 境内もがらんとしています。日中のこのような光景、初めて見ました。

Dsc07602

 そしてお地蔵様・・・

Dsc07604

 雪景色を見つめてらっしゃっていました。

Dsc07605

 聴きの中でも、磨かれるお地蔵様です。

Dsc07608

 巣鴨といえば・・・

Dsc07592

Dsc07593

 すがもん。

Dsc07594

 笠子地蔵のように、何かかぶせてあげたかったです。

 それにしても、雪がちょんまげみたいになっていて、可愛ゆさ満点でした。

 それともう一つ・・・

Dsc07588

 たい焼き屋の飛安さん。今日は早く店じまいのようです。

 そういえば、2013年のたい焼き事初め、事後報告になりますが済んでおります。

Dsc07051

 それで気が付いたのですけど、お店の前の自転車、置く角度は違うのですがまたいます。

Dsc07587

 誰のなのでしょう。また行かなくっちゃ、なのでした。おしまい。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

Mステ1月11日・・日本の「恋うた80選」と「それから選んだMy恋歌6選」

 成人の日。本格的に恋い焦がれ始まる頃かもしれません。

 そんな中、テレビ朝日のミュージックステーションで、視聴者投票(投票詳細は不明です)による昭和と平成の恋うたがそれぞれ40曲、ベスト40形式で発表されたんです。

 80曲もあるので各曲さわりだけですが、懐かしい方もいらして、2時間見続けちゃいました。

 イイなあーと思う曲をメモしたのですが、けっこう沢山。メモした曲とMyを記します!

 

順位 昭和の曲目      平成の曲目

--------------------------------------------------------

40 ―――         雪の華

39 オリビアを聴きながら  ―――

38 愛のメモリー      フライングゲット

37 瞳はダイアモンド    君がいるだけで

36 ―――         Love so sweet 嵐 花より団子2

35 傷だらけのローラ    Love the world

34 まちぶせ        SAY YES

33 恋           サユナラバス

32 もうひとつの土曜日   つけまつける

31 君だけに        シングルベッド

30 禁区          愛は勝つ

29 木枯しに抱かれて    常套句

28 抱きしめてtonight      さくらんぼ

27 ―――         三日月

26 チェリーブラッサム   ラブ・ストーリーは突然に

25 フォルテシモff    愛をこめて花束を

24 ―――         Departures

23 神田川         もう恋なんてしない

22 勝手にしやがれ     バンザイ好きでよかった

21 恋人よ         愛のままにわががまに

20 ―――         永遠とともに

19 Romanticが止まらない  ――― 

18 恋におちて       LOVE LOVE LOVE

17 セカンドラブ      ありがとう

16 初恋          Loves Again

15 愛は止まらない     ―――

14 さよなら        TSUNAMI

13 待つわ         カブトムシ

12 木綿のハンカチーフ   チェリー

11 あなた         First Love

10 元気を出して      ―――

9  年下の男の子      小さな恋のうた

8  恋人はサンタクロース  愛唄

7  なごり雪        Can You Celebrate?

6  フレンズ        ―――

5  Missing              シーソーゲーム

4  赤いスイートピー   One Love

3  I LOVE YOU          未来予想図Ⅱ

2  M                 ヘビーローテーション

1  いとしのエリー     桜坂

 

 

折角ですので、そんな選ばれた曲たちから3曲ずつMy恋うたを。

 [昭和]

 ・初恋:村下孝蔵さん、七三分けのお姿が印象的でした。ポップなんだけど、どこか懐かし1曲でした。CD買いましたー。

P5207715


・なごり雪:きらきら舞い降りる雪の結晶をイメージするピアノの旋律・・・いきなり、心がキュンとなります。歌詞とはちがうのですが、3月くらいに雪国を旅する時になんかに特に聞いちゃいます。曲もそうですが、日豊本線の臼杵市を舞台にした尊敬する大林宣彦監督の同名映画も大好きです。古き日の恋物語が静かに蘇ります。

 ・まちぶせ:今ではストーカーなんて呼ばれちゃいそうな詩ですけど、こういう思い「せつなさ」ってとっても大切な気持ちの一つと思います。暴走しないせつなさ、抑制のきいたせつなさ・・・イイなあ。最初に歌われた三木聖子さん、とっても素敵なお姉さまでしたね。

 

[平成]

 SAY YES:チャゲASの曲では”YAH YAH YAH”が一番ですけれど、ジーンときちゃう曲がこの曲です。なによりも詩がストレートです。「君があふれてる」なんて・・・。西村由紀江さんのサントラが良かったです。

P5207694

Departures:今まで取り上げていませんでしたが、1995-6年のskiシーズンにJR東日本により使われたということを除いても旋律・リズム/テンポ・歌詞・keikoさんの歌唱・・・パーフェクトだと思います。2番の歌詞「愛が夢を邪魔する 夢が愛をみつける やさしさが愛を探して あなたが私を選んでくれたから・・・」 聴きながら書いているんですが、周りの風景が雪に変わっていくような錯覚にとらわれています。globe・・・凄いグループでした。

 ・ラブ・ストーリーは突然に:昭和でオフコースを選ばなかったので(愛を止めないでだったら選んだのですが)小田さんのあまりにも有名ないわずもがな曲を。カッティングと呼ばれるギターサウンドからドラマチックな始まりを告げるイントロ。しびれますー!小田さんのクリスマスの約束は毎年楽しみに観ていますよ。

 

昭和であれば、沢田研二さん、松任谷由美さん、松田聖子さん、プリプリ、サザン、太田裕美さん、中森明菜さん、西城秀樹さん 浜田省吾さん、竹内まりやさん など違う曲ならというのもありますし、平成であれば、福山雅治さん、嵐さん、ドリカム、aiko、モンゴル800、スピッツ、ウルフルズ、マッキー、いきものがかり などもイイですよね。

 

heart02heart04music

 My恋うたは、どこかで記事にしようと考えていますが、今回出てきた方々に加え、松原みきさん、渡辺真知子さん、財津和夫さん、八神純子さん、LTEならぬELTさん、由紀さおりさん、南沙織さん、中村雅俊さん、上田正樹さん、モーニング娘、MAXさん、Kinkiさん、郷ひろみさん、大沢誉志幸さん、広瀬香美さん、アグネスチャさん、岩崎宏美・良美さん、山下達郎さん、杉山清貴さん、マイラバさん、今井美樹さん、岡本真夜さん、安全地帯さん、平原綾香さん なども素敵な恋うたありますねー!

 

 思い入れある曲というのは、その時の自分がどうだったのか、そこに結び付くと思います。加えて、原始的な器官である聴覚は、心につながっているとも言われています。みなさんの恋うたはなんでしょうねー。

 人と音楽の関係・・・これからも多くの恋うたが生まれるんでしょうね。

 

 

 そんな中、平原さんのカバーアルバムを出してきました。今回選ばれた曲もたくさんあります。思わずうなっちゃいました。

P5207713


P5207714

 恋する気持ち/恋が終わる気持ち・・・言葉にできない、今日の記事のラストに。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

白熱の新宿・元祖駅弁大会へ行ってきました!・・駅弁だけじゃない魅力も。

 この時期、とっても盛り上がるデパートの催事があります。

Dsc07064_3

 

 穏やかに晴れた土曜日の午後・・・新宿。

Dsc07053

 バスの上に飛行機まで乗っちゃって・・・

Dsc07061

 デパートが並ぶ西口・・・

Dsc07058s

 今日の主役・京王デパートです。

Dsc07055

 小田急と京王の新宿駅を同時に見るあたりから斜め上を見上げると・・・

Dsc07062

Dsc07063

 ありましたー!

 元祖・有名駅弁と全国うまいもの大、通称:元祖駅弁大会。

 早速7階の催事場へ上がると・・・

Dsc07097

 人が・・・凄ーい!

Dsc07067

 子供服売り場まで列は伸びるありさまでした。

 駅弁は大きく分けると、現地から運ぶ・輸送駅弁と、出店して行う・実演駅弁に別れています。

Dsc07070

 全国各地から届けられる輸送駅弁は、ボードに一覧表があって完売すると磁石をつけて知らせる仕組みになっています。

Dsc07072

 この大会の目玉は、担当者が1年かけてどういう驚き・味を届けるか企画を練る実演販売にあるのでした。その中にも、特に力を入れるもの、今年は・・・

Dsc07074s

 海老カニ対決、駅麺対決、肉対決の3つでした。

 詳細はHPなどで紹介されているのでここは雰囲気をどうぞ。

Dsc07077

 対決の一つだった日本最北端・稚内駅のかにめしは、整理券無いと変えないほどの盛況でした。

Dsc07079

 駅麺のも気ありましたねー。

Dsc07078

 引っ張ると熱くなる容器入りでした。ミニ弁当もついています。

Dsc07080

 皆さん、会場内のお休み処で召し上がっています。

Dsc07083

Dsc07084

Dsc07087

 たくさんの包装紙が駅弁大会を彩ります。

そんな中、素晴らしいツーショットがありました。

Dsc07092_2

Dsc07094

 それほど駅弁を食べている訳ではないのですが、峠の釜めしと、この水色パッケージのかに寿司。お世話になりました。

 で、ここからが今日の本題です。

 美味しいお菓子もあるんです。たとえば、京都・北山のマールブランシェ。

Dsc07082

 関西でのおつかえものでお世話になりました。

 今日のお目当ては・・・

Dsc07088

 マダムシンコのマダムブリュレです。

Dsc07089

 バウムクーヘンの表面にメープルシュガーとフランス産といわれる赤砂糖をキャラメルのようにコーティングしたものです。

 楽天だと発想が2月下旬になるという人気品を15分くらい並んで・・・

Dsc07102

 買ったどー、って よゐこの濱口さんみたいに1枚。

Dsc07105

 中央線快速と新宿駅ホームの駅版販売所を記念に帰りましょう。

Dsc07106

 マダムシンコ・・・

Dsc07110

 美味しさは・・・

Dsc07113

Dsc07114

Dsc07115

 う・ふ・ふ・・・。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

関東の中小私鉄・新京成電鉄の記念乗車券

 沿線に住んでいたのでよく利用していた新京成電鉄が開業65周年をむかえ、年末から記念乗車券が発売されました。

P1062767

 都内から放射状にのびる鉄道各線の中にあって、それらの内、常磐線と総武線(京成本線も)をつなぐ円弧状の路線として、JR武蔵野線ができる前からある貴重な存在でした。

Pa303370

Pa293172

 ブックレット型の乗車券台紙には、開業当時と思われる昔の様子が掲載されています。

P1062768

 高校野球で優勝したこともある習志野高校がある習志野駅(高校は違うところにありますけど)の風情など、家が立ち並んでいる現在からは想像ができません。

P1062769

 イタリアの数学者により原型がつくられたといい、昔流行りまくったというカルダン駆動の電車が新京成電鉄でも作られていたようです。

P1062770

 それで記念乗車券・・・

P1062771

 硬券が嬉しいですねー!

P1062772

 IC乗車券が主流の今、通常はsuicaを使っていますが、形ある切符もイイものですね。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

都電・大塚駅前南側の坂鉄路・・なんか好きで見ちゃうんです

 昨日記事最後の写真・鳥居の商店街・・・

P1062798

 レトロな車両が登場です。

P1062799

 なんと貸切車でした。トアラン君の迎春マークがついています。

仲間たちと貸切ったことがありますけど、こんなお洒落な車両も借りられるんですね。13千円ちょっと也。

行ってらっしゃい!

P1062801

 次の向原駅の間にある坂、好きなんです。踏切無い駅前を過ぎると坂。鉄のレールと車輪の組み合わせで滑りそうなのに、都電の自重量を使って上ったり、下ったりする。

 そうこうしていると・・・三ノ輪橋駅方面行がやってきました。

P1062826
P1062829

P1062831

P1062832

P1062834

P1062836

P1062838

P1062841

 これを車内から見ると(9月に撮影したものです)

Dsc04752

Dsc04754


Dsc04760


 一昨年に東急世田谷線とコラボした時の幸せの黄色い都電がやってきました。

P1062814

P1062816

P1062817

P1062818

P1062819

P1062820

P1062822

 身近な都電をパチリして、そろそろ帰りましょう。

P1062802

P1062844

P1062845

 いろんな種類が走っていて楽しい都電でした。(終)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

都電・荒川線の停車場たち(第4回)・・不思議タウン大塚の大塚駅前駅

 10月29日の三ノ輪橋駅に続く第4回です。

train

 JR山手線28駅中、東京駅と対極をなす一番ゴッチャゴチャしている街、入り組んだ通り、飲食店含めた商店街数々、駅前に鳥居まであるのが大塚駅

camera

 その大塚駅・山手線ホームから見た北側。

Dsc07035s_2

 そして南側。

Dsc07032s_2

 一枚目の中央にさりげなく見えたのが今日の主人公(さだまさしさんの素敵な曲がありました!)都電です。入り組んだ通りの一カ所を使って線路が走っています。

P1062847

P1062849

 それを地上から見ると・・・

P1062776_2

P1062777_2
 きついカーブに車体が少し傾いています。
P1062778_2

 都電・大塚駅前駅はJR大塚駅の下にあります。

P1062780_2

 大塚駅下駅という駅名のほうが実態に合って、似合う感じです。

P1062782

P1062786

 ガード下の小さいホームです。

P1062787

 北側に向かって走り去っていきます。

P1062788

P1062789

 そんな都電、最近電光掲示板が新しくなりました!

P1062790

 何駅前に電車が来ているか。おまけに行先もわかります。は早稲田行きです。

 こちらは南口からの風景。

P1062792

 新しそうなつくりですが、昭和の香りが残っています。

P1062794

P1062795

P1062796

 鳥居の前では行き違いも。

P1062797

 タクシーと商店街に囲まれ、線路が通っていることなど、電車がなければ分からないですね。

 ちなみに、この鳥居の奥に鈴本ビルというのがあって、昔は4階に洋画の大塚名画座、地下に邦画の鈴本キネマがありました。今は、飲食店ばかりで、表から見たら飲食店の広告塔みたいになっています。それで、イメージ残したく写真は控えました。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

諏訪からの嬉しいお菓子・・それと、懐かしの信州周遊券B券

 記念きっぷを届けた友人から、思いがけず諏訪のお菓子が届きました。

P1062773

 塩羊羹、諏訪の名物お菓子ですねー!

 海の無い信州で貴重だったもの・塩、そして茅野名産の寒天、諏訪ならではの和菓子ですねー。しかも、明治創業の老舗・新鶴さんのもの。嬉しいですねー。

 塩羊羹の想い出・・・30年以上前に初めて友人と泊りがけの旅行、夜行+ユースホステル1泊、をしました。夜行急行アルプスで降り立った駅は中央東線・下諏訪駅。

P1062895

 下諏訪駅ホームにあった温かい湯がでる大きな洗面台で下車した皆が顔を洗っていた記憶があります。国鉄バスでビーナスラインを霧ヶ峰に。車山、蓼科牧場など散策して、白樺湖ユースホステルへ。ミーティングと呼ばれた集まりで歌うたったり、フルーツバスケットのようなゲームをして健全な(?)夜を過ごしていました。

 その時に使ったのがこの周遊券。当時あった均一周遊券やミニ周遊券は便利でした。当時は、下車印をもらって、切符を駅名ハンコで一杯にするなんて、考えはなかったようですね。

 前置きが長くなりましたけど、この時のお土産に購入したのが塩羊羹でした。

 味覚だけでなく想い出も味わうことができます。

 

 もう一つは、地酒ケーキです。

P1062774

 地酒ケーキといえば、越後湯沢を帰りにとおるとき八海山のケーキをよく買い求めますが、こういう個包装のものは初めてです。

P1062775

 日本酒がしみて、やさしい甘さがほんのり香るんですよねー。いやあ、たまらない。

 しかも、モンドセレクションを受賞している菓子舗のもの。夜のティータイムが楽しみになりました!感謝・感謝。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

一富士ニ鷹三茄子・・発祥の地へ

P1062865

 スタートは。JR山手線・駒込駅。

P1062853

 改札口をでて・・・

P1062857

P1062858

P1062888

 駒込橋を渡ると・・・

P1062859

 南口へ出て・・・

Dsc07036s

 11月にライトアップを観た六義園の前を通り・・・

P1062860

 不忍通りを東京大学方面へ南下すると・・・

P1062861

Dsc07037s

 こんな楽しい名前のお店を記念にしていると・・・

P1062862

 その場所の入口に到着します。

P1062863

 文京区コミュニティバス停留所の現れたのは・・・

P1062864

 駒込富士神社です。

P1062886

 拝殿が富士山に見立てた山の頂上にあります。富士山信仰というわれたものですね。

 鳥居の神社側の記載はその歴史を感じさせてくれます。

P1062884

 一は富士神社、ニは鷹匠屋敷、三は良質なナスビが採れたことから読まれた有名な川柳の、その「一」へ入りましょう。

P1062885

P1062872

 16日 初詣も一段落した、静かなたたずまいにひたり、お参りします。

P1062867

P1062883

P1062869

P1062870

P1062871

P1062873

P1062875

P1062874

P1062880

 神社内の西側をグルリ。

Dsc07039s

 そして東側。

Dsc07040s

 有名な初夢を見ることはありませんでしたが、今のように簡単に富士山へ行けなかった頃の、この神社への思いが伝わってくるようでした。

Dsc07045s

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

2013年 あんみつ事始め

 七草粥の朝、松の内も今日までですね。

 2013年、大好きーな あんみつの食べ始めは・・・

Dsc07026

 昨年の亀戸天満宮で食べなかった・・・

Dsc07022

 船橋屋さんです。白く見えている くずもち入っているのが特徴的です。

Dsc07024

 この巣鴨店は喫茶室を併設していませんが、購入したお土産をその場でいただくことができます。今日は白蜜をチョイスして・・・

Dsc07027

 餡や塩えんどう豆が、蜜で生き生き艶々になりました。そんな店内・・・

Dsc07028

 何かあります。

Dsc07029

 すがもんでした!

Dsc07030s

 食べ処からグルリ記念撮影。ちなみに、右側に積みあがっているのは自慢のくずもちでーす。

 今年もあんみつ系との出会いにワクワクです。

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

和の色香&名画座が残る神楽坂

P1032753

 東京のど真ん中・新宿区東端で文京区との境にある地、神楽坂です。

 南(写真左)に法政大学、北(写真右)に東京理科大を挟んだ外堀通りが神楽坂下・南の起点です。

P1032707


 昨日の紀の善、ペコちゃん焼を望む坂なのですけれど、ここは少し寄り道を。

P1032709

 飯田橋・神楽坂東側に2軒の名画座がありました。1軒は、写真中央パチンコ屋になっている佳作座です。

 手前のこのパン屋さんで、買い込んで2本立てをご覧になった方多いんでしょうね。

P1032711

 そして、たまたま店が開いていてTVにもよく出る神楽坂飯店のジャンボ餃子・チャーハンのショーケースも記念撮影できました。

P1032712

 佳作座・・・名画座でもあり2番館でもありました。名画座として印象に残っているのは「駅馬車」「シェーン」の2本立てです。自分にとり活劇としての西部劇最高の作品と人間ドラマとしての西部劇最高の作品です。ジョンウェインとアランラッド、主演俳優それぞれの雰囲気が作品の雰囲気を決めていたような気もします。

movie

 2番館として印象に残っているのは「ジョーズ2」「ゾンビ」の2本立てです。ゾンビ観ながらケンタのチキンを食べる、なんているのも流行っていました。シーンとして印象に残っているのはアンタッチャブルで有名なブライアンデパルマ監督の出世作「キャリー」のラスト、墓場から、キャー!。ちなみに、キャリーはリメークされるようです。

 その佳作座の先を左に折れると・・・

P1032713

 軽子坂と呼ばれ、その左に・・・昔に戻ったような光景がありました。

P1032717

 今も健在なギンレイホールです。

P1032718

 ギンレイは、銀鈴と書きます。大学生外にひしめいていた雀荘も、まだ残っています。

P1032722

 2番館作品と名画座作品、入れ替わりで上映しています。

P1032720

 嬉しいことに・・・

P1032723

 13日、大勢のお客さんでお立見になっていました!まだまだ、残り続けてくれそうですね。

 そんなギンレイホール、名画では「赤い靴」「シェルブールの雨傘」ミュージカル2本立てがなぜか直ぐに浮かびます。そして、一番印象に残っているのは、「ラストコンサート」という日本イタリア合作の作品です。病に侵された少女と再起に掛けるピアニスト間の純愛(本当に純愛)がモンサンミッシェルの美しい風景の中から始まるのです。音楽が有名で、一度聞かれたらハハアって思われると思います。そういえば、併映を覚えていません。小さな恋のメロディとともに日本だけヒットした恋愛映画と呼ばれていますが、そんなの関係ねー!です。

 そんな名画座たちが生きていたのは、法政と東京理科の2大学が近くにあった影響大きいですね。

 特に、神楽坂と背中合わせの東京理科大・・・

P1032733

P1032731

P1032729

 周りは再開発されましたが、学生街の食堂として、古い建物にあったお店が新しいビルの中で営業を続けていました。嬉しいですね。

P1032735

 トレドなんかまさにそうで・・・

P1032738

 このメニューを覗き込んでいる人がたくさんいます。特に・・・

P1032739

 洋風親子丼といった感じのトレドライスが受け継がれていました。

 そんな、神楽坂・・・

P1032740

P1032742

 横道へ入ると・・・

P1032751

P1032756

P1032758

P1032760

 日差しのあるところでハニワ君登場。

P1032752

 そんな神楽坂で忘れてならないのが・・・

P1032744

 肉まんアンまんの中華・五十番です!

P1032746

 ふかふか饅頭も種類が増えましたね。甘いのであれば、カスタード饅がありました。

P1032747

 では、わたしも並んで・・・

P1032750

 あんまんを・・・月並みな表現ですが身も心もあったまりますー!

 最後に、神楽坂の守り神・毘沙門天さんを。

P1032764

 月島あたりとはまた違った和の世界。和の色香ともいえる神楽坂のたたずまいでした。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2013年1月 5日 (土)

日本で2013年一番縁起の良さそうな駅の街から 和の色香ある町へ

 辰巳駅の上には、爽やかすぎる青空がありました。

P1032690

 オブジェの楽しい公園の西側・・・

P1032689

 吊り橋模様の歩道橋を進むと・・・

P1032688

 吊り橋がありました!

P1032675

P1032676

 東雲(しののめ)の運河を守っている辰巳排水機場手前のキラメキが春の日差しを思わせます。

P1032684

 橋を渡っていくと・・・

P1032683

 13日のお日様が、歓迎してくれているようでした。

P1032685

P1032687

 北側を向くと何か見えます・・・

Dsc07020

 スカイツリーが頭をのぞかせていました。

Dsc07021

 完全に振り返ると・・・

P1032686

 辰巳駅の出入り口側が見えます。

 さあ、有楽町線で行きましょう。豊洲?月島?銀座?日比谷?永田町(赤坂)?池袋?・・・

P1032691

 下車したのは辰巳駅から20分・・・

P1032692

 飯田橋駅です。

P1032696

 春先、桜の頃がお似合の外堀ではなく・・・

P4076938

 向かうは、その響きが和のテイストに包まれる"神楽坂"・・・

P1032699

P1032701

P1032706

 通りでちょっこっと見える看板・・・

P1032710

 日本でもここだけのぺこちゃん焼きです!

P1032705

 今川焼の形がぺこちゃんの顔になっています。そのため「可哀想で食べられないー」なんて声もあります。わたしも、可哀想ーって方なので(?)、ここは通り過ぎて・・・

P1032725

 神楽坂の小路たちへ。いつまでも残ってくれている甘味処・紀の善さん。

P1032727

 あんずあんみつを食べたかったのですが、お店は凄い待ち時間で、また。

 まず、久しぶりの場所へ行きましょう。(続)

P1032714

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

日本で2013年一番縁起の良さそうな駅へ・・コードナンバーは”Y23”

P1032662

 干支・・・たとえば固定電話がスマホに変わるようになった今でも、皆に愛されている干支。

 辰から巳に変わった2013年、注目されている駅があります。

 

 正月休みの最終日3日、東京メトロ・有楽町の有楽町駅からスタート。

P1032638

 エスカレーターをおりて・・・

P1032640

 新木場駅方面へ乗車。

P1032641

 東京ディズニーリゾートへのお客も一段落し、静かな車内です。

P1032645

 銀座を通り、昨年もんじゃ焼きでお邪魔した月島をこえると・・・

P1032651

 Y23・辰巳駅の表示が現れました。

 地下鉄も番号がついてわかりやすくなりました。韓国・ソウルの地下鉄などで重宝がられるように、海外からの旅行客には好評のようです・

P1032652

 そして、辰巳駅へ。西武と東武が乗り入れている有楽町線です。

P1032654

 途中、こんなポスターを見て・・・

P1032655

 改札口へ向かいます。

P1032657

 すぐに、大きい記念掲示に出会いました!

P1032664

 記念写真を撮る方の多いこと。みんな、考えることは同じですね。

 そして、スタンプもありました。

P1032665

 16日まであるそうでーす。

P1032669

 一人1枚、専用の台紙をサービスしてくれます。

P1032671

 折角なので地上に出てみましょう。

P1032673

 青空のもと、歳駅(?)にふさわしいような目いっぱいの日差しが降り注いでいました。(続)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

2013年 お日様の誕生・1月2日尾久操車場の日の出 ブルートレイン”あけぼの”も上野に向かって

P1022618

 雲の中から登場した初日の出。

 翌2日、再挑戦してきました。

 

 雲一つない、JR東日本・尾久操車場越しの東の空。

P1022606

 お日様の誕生を告げる朱色のグラデュエーションが始まりました。

P1022609

 そして、オレンジの暖かい色合いに変わって・・・

P1022612

P1022616

P1022617

P1022620

 尾久操車場の列車、鉄路に、日の光が届けられたのです。

P1022623

P1022624

 凛とした気温5℃の朝から、東京の1月2日が始まりました。

 

 朝日が出る少し前には、1118:22分に青森駅を出発した寝台特急・あけぼのが、奥羽本線・羽越本線・上越線高崎線・そして東北本線で上野駅に向かって走り去っていきました。お疲れさま!

Dsc06979

Dsc06980

 余談ですが、土曜サスペンス劇場で西村京太郎さん作のあけぼのを舞台にしたミステリーがあるようです。車両内部がいろいろ映ったりしないかなーなんて、少し楽しみにしています。なお、こちらの戸津川警部は歌の上手いマーサの父上・高橋英樹さんでーす。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

東京 お正月のヒトコマたち・・初売りでなくても多くの人出 日暮里、巣鴨

 初売りなどで超ごったがえしているターミナルを避け、どことなくお正月が似合う街を。

Dsc06847

 おばあちゃんの原宿で有名な巣鴨・旧中山道。

Dsc06852

 高岩寺という名前よりも、境内の隅にひっそりとたたずむお地蔵様の方が、とげぬき地蔵として有名なところです。

Dsc06848

 もの凄い初詣の人込みなので、昨年末などに撮影した写真を少々。

P8259105_2

 なんと麗しいお姿でしょうか。

P8259109

 中央下のかごに入っているような布を使って、患っている部位をこすると治るという言い伝えがあり、参拝の皆さんがお地蔵さんをこすっていきます。

そんな旧中山道の巣鴨あたりは、地蔵通商店街。

Dsc06844

 デパートの初売りで有名な池袋から山手線でたった2駅なのです。いろいろなものが同居する東京らしいですね。

 そして、忘れてならないのが庚申塚です。

Dsc06946_2

 都電の駅にもなっている庚申塚は、中山道時代から皆を守り続けてきたといわれています。

 その元旦の庚申塚駅では、

Dsc06942

 都電7000形のツーショットも。なんか縁起イイ感じです!

Dsc06944

train

 その巣鴨から山手線外回りで4駅 上野方面へ行くと日暮里です。

 谷根千と呼ばれる山手線内側では、お正月に江戸最古といわれる谷中七福神めぐりが楽しめます。

Dsc06948

 その中の一つ、修性院には布袋様が。

Dsc06947s

 今、駅のスタンプを集めていますけれど、ご朱印がスタンプのはしりだったんですね。

Dsc01984

 その修性院の裏手をあがると・・・

Dsc06949

 都内で唯一富士山が見える富士見坂があります。

2

 この日も、うすーくですがビルの間から見ることができました!

 そして坂を北側に行くと・・・

Dsc06954s

 日暮里の総鎮守・諏訪神社があります。

Dsc06955s

Dsc06957s

 お参りの方のもの凄い列。

Dsc06960s

 しばしばお参りしているので、ここはバイチャ(ふるっ)。またです!

S

 東側参道を下りていくと力強い風景に会いました。

Dsc06962

 彼らと同じように、青空に上っていく気構えで過ごしたいなあと思った11日でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

2013年元旦 尾久操車場からの初日の出、ときめきの1年へ

 東京の初日の出予想時間6:5010分ほど過ぎた頃、雲の中から登場です!

P1012580

 新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 東の空だけ水平線に雲が漂っていた東京。

 でも、その雲の中からお日様が現れわれてくれました。そして、少し高くあがったお日様は尾久操車場(車両センター)でスタンバイしている鉄道車両たちを優しく目覚めさしてくれていました。

P1012595

 そんな、操車場の風景も。

P1012588

 初日の出の日差しを受けた鉄路が輝いています。

P1012599

 お日様が少し上がって、青空にとけこむ瞬間は、新年のすがすがしさにあふれていました。

Dsc06926

 

 今年1年が、自分にも、家族にも、仕事仲間にも、お立ち寄りくださる皆様にも、日本の皆にも、地球上の人類にも、行きとし生けるものにとり、素敵な1年でありますように。

 輝く鉄路からこの1年を歩みだすことにしますshine

Dsc06930

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »