« 冬の隊員指令その1「”うみねこ”にのって、”こたつ※○△”を満喫せよ」(3)・・八戸駅でうみねこに、そして思い出の1枚を比べて | トップページ | 冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(5)・・駅弁タァーイム! »

2013年1月26日 (土)

冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(4)・・うみねこをご紹介

 入線してきたうみねこと入れ替わりに、回送のキハ40が出発していきました。

Dsc07809
Dsc07810

 静寂に包まれた八戸駅です。

Dsc07813

 そして、独りぼっちになったうみねこ・・・

P1193177

 寂しくならないように、乗りましょう。

Dsc07804_2

 車体に描かれた大きな海猫が印象的です。同時に、もと車両のキハ48の面影を残した連結部分・・・

P1193179


P1193180

 特に運転席の窓は、ガラス自体が湾曲したパノラミックウィンドウという独特の形状でした。

Dsc07815

 リゾートうみねこは、JR東日本の数あるリゾート列車と違う特徴があります。

 3両編成の内、1両だけが指定席、他の2両は自由席です。加えて、各駅停車なのです。地元の足としても活躍しているリゾート列車・・・イイですねー。

Dsc07802

 その車内、先頭と最後部車両は、片側1列の座席・・・

Dsc07797

 中間の車両は・・・

Dsc07806

Dsc07799

 グループで楽しめるボックス席でした。テーブルもあって、便利ですね。

 さあ、最後部・自由席の自分の席へ行きましょう。

Dsc07820

 そうなんです、斜めに傾けて景色を楽しむことができます。

Dsc07821

 自分の知る限り、JR東日本の列車で、乗車券だけで乗車できる一番ゆったりした列車ですね。

 しかし、3.11から一番最初に全線復旧した八戸線ならではの、車内掲示もありました。

Dsc07798

Dsc07816

 津波が発生した際の避難方法を改めて乗務員全員が受講し、体制が整ったゆえの復旧でもあったのです。

 さあ、発車時間になりました。

Dsc07822

 最後部の展望席から、出発を見ることにします。

Dsc07823

Dsc07824

Dsc07825

 力強いディーゼルの排気が、寒さゆえの白煙と重なりました。

Dsc07827

Dsc07829

Dsc07830

Dsc07833

Dsc07835

 単線になった八戸線を、リゾートうみねこは進みます。(続)

|

« 冬の隊員指令その1「”うみねこ”にのって、”こたつ※○△”を満喫せよ」(3)・・八戸駅でうみねこに、そして思い出の1枚を比べて | トップページ | 冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(5)・・駅弁タァーイム! »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

へー 各駅停車なんですか 快速とか急行ではなくねー 車両も素晴らしいし こちらにもそんな列車が走っていればすぐにでも乗っちゃいますよ。 

投稿: ハッピーのパパ | 2013年1月26日 (土) 17時19分

座席を斜めに出来るなんて良いですねえ。
乗ってみた~い!happy02
でも、ちょっと遠いです。bearing

投稿: うーたmama | 2013年1月26日 (土) 20時33分

ハッピーのパパさん

そうなんです、各駅停車なのでキップだけで乗れるんですよね。JRでは、なかなかないです。

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さんへ | 2013年1月26日 (土) 21時48分

うーたmamaさん

はい、斜めになるので見晴らしがイイです。確かに、三重からは遠いですね。

投稿: キハ58 から うーたmamaさん へ | 2013年1月26日 (土) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/56625924

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(4)・・うみねこをご紹介:

« 冬の隊員指令その1「”うみねこ”にのって、”こたつ※○△”を満喫せよ」(3)・・八戸駅でうみねこに、そして思い出の1枚を比べて | トップページ | 冬の隊員指令その1「八戸線・リゾートうみねこに乗って、”こたつ※○△”を満喫せよ」(5)・・駅弁タァーイム! »