« 東武鉄道ファンフェスタ(その3)・・南栗橋で出会った東武のサービス | トップページ | JR東日本・豊田車両センターまつり(その6)・・・柿色のE233系、住宅街の車両基地 »

2012年12月11日 (火)

東京駅の地下にステンドグラス、そしてRTOレリーフ復活・・青函連絡船、海女、厳島神社などなど

 日曜日の午後、上越新幹線の不通が重なり、大混雑の東京駅構内です。

 グランスタノースに新しくオープンしたお店。

Dsc06414

 模型も走る可愛いデコレーションのあるこのお店。

Dsc06416

 去年あたりからブームのしょうがをつかった飲み物・お菓子を扱っています。

Dsc06411

 まず、しょうがの入ったレモネードであったまります。甘酸っぱくて、ちょっとするヒリッが気持ち良く、サッパリした味わいです。

Dsc06412

 牛丼とほぼ同じ値段も、結構人気がありましたね。

商品も、「グランスタ限定品」そして「東京駅」を全面にしてお土産の価値を高めようとしていました。家電のようにブランド価値下がっているものもありますが、ツリーといい、駅といい、「東京」という名前の価値が上がった1年でもありました。

Dsc06420

 温まったのち向かうは、ハロウィンに続き、クリスマスで注目を上げる東京ディズニーランドへ向かう京葉線乗り換え通路にあるもの。

Dsc06417

 京葉線ができる前に唯一の地下ホームであった総武・横須賀線への乗り換え通路にあったステンドグラスが復活しました。今回の修復工事で撤去された天地創造です。

Dsc06418

 ダイナミックですよねー!京葉線に乗り換える機会がありましたら、ぜひ途中でキョロキョロしてみてください。

 そしてもう一つ、ひっそりと復活したものが。

Dsc06431

 週末はほとんど人影のない、京葉線八重洲地下改札口前にあるRTOレリーフです。

Dsc06424

 終戦後昭和22年に、進駐軍の事務所(RTO)が東京駅に出来る際、彼らを驚かせるために意匠された石膏板・・・鎌倉の流鏑馬。

Dsc06426

 京都のイメージ。

Dsc06428

 奈良のイメージ。

Dsc06429

 そして、巨大な日本地図。

Dsc06430

 青函連絡船があって・・・

Dsc06434

 3.11以降、復旧の見込み無い常磐線に汽車が走り・・・

Dsc06435

 富士山が描かれ、箱根を代表して強羅、中央東線と西線をつなぐ塩尻が記載され・・・

Dsc06432

 立山連峰が描かれ・・・

Dsc06433

 舞妓さんや姫路城があって・・・

Dsc06436

 海女さんがけっこうリアルで・・・

Dsc06437

 厳島神社、錦帯橋が描かれ・・・

Dsc06438

 四国は、松山や高知の先に鉄道路線がなく・・・

Dsc06439

 箱根と並んで温泉マークのある別府、何よりも驚いたのは阿蘇の代表駅が赤水で・・・

Dsc06440

 九州最南端は一度だけ行ったことのある特攻隊の基地で有名な鹿屋だったのです。

Dsc06441

 当時、日本を印象付ける場所がどこだったのか、60余年の時を超えて伝わってきました。

 戦後そして今。先人たちの尽力で復興をなしとげました。今度は、私たちが未来からそう思われるように・・・希望の明かりがイルミネーションとなっている地下街でした。

Dsc06446

|

« 東武鉄道ファンフェスタ(その3)・・南栗橋で出会った東武のサービス | トップページ | JR東日本・豊田車両センターまつり(その6)・・・柿色のE233系、住宅街の車両基地 »

グッズ・催し物・美味しい物(Goods, Events & Delicious foods)」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

たまたま昨日、通院途中に近くの神社の境内を歩いていたら、道端に小さい神棚のようなのがあって、厳島神社という立て札がありました。そのときは「なんで別の神社のものがあるんだろう?」と思ったぐらいでしたが、今調べたら、一つの神社の中にいろんな神社があるんですね。こういうことに、まったくうといです。

投稿: アワムラ | 2012年12月11日 (火) 05時13分

おはようございます。
この頃、私はあまり遠出はしなくなってしまい、東京駅も使う事がなくなって行かなくなっておりますが、主人からいろいろと話は聞いていて地下街がどんどん綺麗になっているということは知ってはいました。でも・・・おーーっ!eyeこんなに幻想的な所があるのですね。。eye 丸の内側のドームの天井部分を観て、東京駅って不思議な空間だ・・・と幼い頃から思っておりましたが、地下街にも不思議な空間があるのだと改めて感じました。shinehappy01クリスマスのイルミネーションも何だか幻想的ですね。goodlovely

投稿: korokoro | 2012年12月11日 (火) 05時16分

壁を観ながら日本一周旅行ですね~。

いずれ、ゆっくり列車の旅もしてみたくなります。

特に日本海側を走る寝台特急は憧れです。

投稿: tokyo hirokun | 2012年12月11日 (火) 06時00分

おはようございます。

東京駅には、こんな見ものが残されていたんですね。
RTOのレリーフなんて、まったくの初耳でした。

足早に通り過ぎるひとの目にはなかなか止まらないの
かもしれませんが、じっくり眺めてみたい作品ですね。

投稿: なかっちょ | 2012年12月11日 (火) 08時14分

昔はよく行きました 東京駅の地下街 八重洲地下街も歩きましたよ。もう10年以上前の話ですが その頃に比べれば変わったでしょうね。又 行ってみたいものです。

投稿: ハッピーのパパ | 2012年12月11日 (火) 16時42分

アワムラさん

そういうのあるんですよね。わたしも、あまりよくわかっていませんcoldsweats01

投稿: キハ58 から アワムラ さんへ | 2012年12月11日 (火) 22時12分

korokoroさん

ドームと正反対で、ほんとうにひっそりとしています。同じ東京駅とは思えないですね。またいろいろ見つけてきますので、お立ち寄りくださいね。

投稿: キハ58 から korokoro さんへ | 2012年12月11日 (火) 22時16分

tokyo hirokunさん

トワイライトエクスプレスですね。地中海クルーズよりスケール小さいかもしれませんが、日本一周にぜひいらしてくださいね。

投稿: キハ58 から tokyo hirokun さんへ | 2012年12月11日 (火) 22時20分

なかっちょさん

そうなんです、最近知って行ってきました。スケール大きくて、びっくりです。機会ありましたら、ぜひご覧ください!

投稿: キハ58 から なかっちょ さんへ | 2012年12月11日 (火) 22時23分

ハッピーのパパさん

そうなんです、八重洲の地下街はとっても変わりました。
集客力アップして、ほんとうにたくさんの人です。人疲れするとおっしゃって、避ける方もいらっしゃるようですね。

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さんへ | 2012年12月11日 (火) 22時26分

立山連峰撮って頂きましてありがとうございます。

投稿: SILVIAおじさん | 2012年12月11日 (火) 23時25分

SILVIAおじさんさん

いえいえ、どういたしましてhappy01
立山連峰、昔から日本を代表する山岳地だったんですね。

投稿: キハ58 から SILVIAおじさん へ | 2012年12月13日 (木) 06時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/56292703

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駅の地下にステンドグラス、そしてRTOレリーフ復活・・青函連絡船、海女、厳島神社などなど:

« 東武鉄道ファンフェスタ(その3)・・南栗橋で出会った東武のサービス | トップページ | JR東日本・豊田車両センターまつり(その6)・・・柿色のE233系、住宅街の車両基地 »