« JR東日本・豊田車両センターまつり(その6)・・・柿色のE233系、住宅街の車両基地 | トップページ | 東武鉄道ファンフェスタ(その4)・・フェスタ会場に到着、見学開始! »

2012年12月13日 (木)

数百年の時を越えて・色づく小石川後楽園②・・・水戸徳川家上屋敷の紅葉

 さあ、まいりましょう。

Pc082334

 歩き始めて10歩強、頭上からのささやきです。

Dsc06342s

 そして、現在の後楽園を象徴する構造物サンダードルフィン。

Dsc06341

 時空を超えた扉がポッカリ開いているような庭園へのエントランスです。

Dsc06343

Pc082336

 しばし閉ざすことになる、いま来た道を振り返ってから、時の中へ。

Pc082338

 扉を入ると、左から、文京区役所、ドーム、ドームホテル。

Pc082339

 小石川後楽園の位置を端的に明らかにしてくれる存在達です。冠をもらった後楽園も今はドームの冠に架け替えられています。

Pc082340

 右手に進むと、園に接してある涵徳亭(かんとくてい)の姿がアクセントになっていました。

Pc082343

Dsc06348s

 その前には、緑の小山が。

Pc082342

 姿、形が中国の景勝地・廬山に似ていることから小廬山と名づけたそうです。

Pc082345

 その先には、渡月橋です。

Pc082348

 みなもに映るちっちゃい木も、しっかり色づいています。

Pc082349

 奥を見ると赤い橋が。

Dsc06349s

 木々の色合いを写し取ったような通天橋です。

Pc082353

 下を流れるのは、大堰川。

Pc082360

 みなもの色合いに、葉がかさなって、気分は詩人でしょうか。

Pc082356

 みなもから顔をあげると、嵐山の秋といった風情です。

Pc082361

 人工のものではありますが、屏風岩との組み合わせも風情がありますね。

Pc082362

 さあ、園の中央へ行きましょう。

Pc082363

 どんな素敵な景観が待っているか、期待は膨らむばかりです。

Pc082354

|

« JR東日本・豊田車両センターまつり(その6)・・・柿色のE233系、住宅街の車両基地 | トップページ | 東武鉄道ファンフェスタ(その4)・・フェスタ会場に到着、見学開始! »

photo」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

都会の中の紅葉 ちょっとした異次元空間なのかな モミジの紅と赤い橋 見事にマッチしてますね もしかしたらライトアップもしているんでしょうね。

投稿: ハッピーのパパ | 2012年12月13日 (木) 14時13分

素敵な場所ですね。happy01
紅葉の間から見える都会の風景。
どちらが異次元なのかわからなくなりそうです。coldsweats01

投稿: うーたmama | 2012年12月13日 (木) 18時42分

結構、紅葉が進んでいますね~。

ときどき東京ドームの屋根が見えて、ここが東京だということを思い出させるんですよネ!

投稿: tokyo hirokun | 2012年12月13日 (木) 21時04分

ハッピーのパパさん

ほんと、都会の異次元空間です。赤い橋、おっしゃる通り、マッチしすぎてしばし見入っちゃいました。残念ながらライトアップはしていませんね。小さい庭園なので周りの明かりで、はえないのかもしれません。

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さんへ | 2012年12月13日 (木) 22時52分

うーたmamaさん

素敵ですよねー。特に4枚目の紅葉の中にぽっかり空いた空間から見えるドーム、とっても気に入っています!東京らしい風景かもしれません。

投稿: キハ58 から うーたmamaさん へ | 2012年12月13日 (木) 22時56分

tokyo hirokunさん

さすが、良くおいでになるだけあって、覚えていらっしゃいますね。自然と都会、時代を超えた感覚に包まれていますね。

投稿: キハ58 から tokyo hirokun さんへ | 2012年12月13日 (木) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/56283715

この記事へのトラックバック一覧です: 数百年の時を越えて・色づく小石川後楽園②・・・水戸徳川家上屋敷の紅葉:

« JR東日本・豊田車両センターまつり(その6)・・・柿色のE233系、住宅街の車両基地 | トップページ | 東武鉄道ファンフェスタ(その4)・・フェスタ会場に到着、見学開始! »