« 鉄道見学会の主役登場!JR東日本ふれあい鉄道フェス④・・かすかな記憶が甦った時間 | トップページ | 鉄道見学会の主役登場!JR東日本ふれあい鉄道フェス⑤・・まさにふれあい、鉄路を歩いて帰りましょう »

2012年11月18日 (日)

見事の一言に尽きる新宿御苑の菊花壇展(4)・・神様のベンチ、晩秋の土曜日午後風景

 一週間経過しても、鮮やかに思い出す、石灯籠、松、そして・・・

Pb101724

 後ろに配された池。

Pb101725

 東京の真ん中ということを忘れそうになっていると・・・

Pb101726

 江戸菊の花壇が現れます。

Pb101727

 花弁の可憐さに加えて、色合いも配置も、まさに芸術です。

 池沿いに進むと・・・

Pb101732

 ぼんぼりのような植木に出会い・・・

Pb101728

 続いて、一文字菊、管物菊の花壇が出迎えてくれます。

Pb101733

 花弁が弾けるような管物菊、その繊細さに見入っちゃいました。海外ではクモの糸のようでスパイダーって呼ばれているようです。

Pb101736

 花弁が平たい一文字菊と、色も含めて交互に配置されているさまは、これまた見事の一言です。

Pb101735

 菊たちには名前もついていました。

Pb101737

 上家との記念写真をパチリ。

Pb101738

 続いて、肥後六花のひとつ、肥後菊です。

Pb101739

 今までの菊と異なり、清楚な花が、ひときわ愛らしかったです。

Pb101740

 そして現れる・・・

Pb101742

 茶店。今日はそのままバイバイして・・・

Pb101743

 最後の大菊花壇へ行きます。

Pb101745

 幾何学模様的に並んださまには圧倒されます!

 菊職人の方々、ご披露ありがとうございました。

Pb101748

 そして花壇を後にすると、そこには普段着の新宿御苑があります。

Pb101750

 思いっきり背高のっぽさんの木々の周りに、レジャーシートを引いて、みんなくつろいでいました。穏やかで平和なこの時間に感謝です。

 その一つ、ひときわ大きいユリノキの下にベンチが一つ。

Pb101752

 目に見えない神様が座っていて、園内の和やかな雰囲気に、微笑んでいるのではないでしょうか。

Pb101756

 芝生の先に色づく季節が・・・

Pb101755

 よく見たら、足元にも。

 そんな園の片隅には・・・

Pb101757

 これから大活躍する車が一台ありました。お掃除、よろしくお願いします。

 千駄ヶ谷門へ向かう途中で記念写真を数枚撮って・・・

Pb101761

Pb101760

Pb101759

 そして、日常への出口では・・・

Pb101762

 大きな枯葉?、イエイエB型ベビーカーです。でも、なにか絵になっていて思わずパチリ。

Pb101763

 傾いた日差しのおかげで暗くなっている千駄ヶ谷駅への道・・・

Pb101766

 そのお日様の色を映した電車で帰りましょう。()

|

« 鉄道見学会の主役登場!JR東日本ふれあい鉄道フェス④・・かすかな記憶が甦った時間 | トップページ | 鉄道見学会の主役登場!JR東日本ふれあい鉄道フェス⑤・・まさにふれあい、鉄路を歩いて帰りましょう »

photo」カテゴリの記事

グッズ・催し物・美味しい物(Goods, Events & Delicious foods)」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

管物菊なんて菊があるんですか!
初めて見ましたeye
きれいなのと不思議なのとで、新鮮ですshine

投稿: slowmotion | 2012年11月18日 (日) 08時03分

おはようございます。
秋の新宿御苑って私も好きです。(あ・・もう冬ですね)happy01heart04落ち葉もこの場にはよく似合いますね。また腐葉土になって自然の肥料になるのかな~なんて。。
見事な菊が整列している風景は、学校で全校生徒が集まる朝礼の生徒たちを連想してしまいました。(変なイメージですみません)coldsweats01それにしてもお見事な菊の花です。shinecrown

投稿: korokoro | 2012年11月18日 (日) 08時36分

おはようございます。
都心にも皇居や新宿御苑など自然が固まってあるところがあるんですね。大阪は大阪城周辺くらいしか緑が無いなあ。。。

菊の花、見ごたえありそうですね。

投稿: 大樹 | 2012年11月18日 (日) 10時24分

秋の御苑もいいですね~。
見事な菊のお花にうっとりしちゃいます。
私は春にしか行ったことがないので、
今度是非今時分に訪れてみたいわ~。
でも・・・。
でもなぜか菊花壇を見ると「犬神家の一族」を思い出す・・・。
ワタクシの貧祖な発想力をお許しくださいませ・・・coldsweats01

投稿: 凛子 | 2012年11月18日 (日) 13時40分

これだけならんでいると やはり 圧倒されますね 菊 何度見ても良いもんですよ。

投稿: ハッピーのパパ | 2012年11月18日 (日) 17時03分

slowmotionさん

私も初めてでした。ほんとうに、驚きであり、新鮮でもありました。
菊の世界も奥が深いですね。

投稿: キハ58 から slowmotion さん へ | 2012年11月18日 (日) 18時51分

korokoroさん

そっれ、凄い発想です。確かに整列しているさまは、その通りですね。
斜めに整列させているところに、芸術・菊職人の方の魅せ方のうまさがあると思いました。落ち葉、腐葉土ですね!

投稿: キハ58 から korokoro さんへ | 2012年11月18日 (日) 18時54分

大樹さん

大阪そうなんですか。水の都なので、川風景が多いのでしょうかね。
中途半端な距離より、都心の真ん中ですね、集まっているのは。

投稿: キハ58 から 大樹 さんへ | 2012年11月18日 (日) 18時56分

凜子さん

機会ありましたら、ぜひ秋のこのあたりにお越しください。
犬神家・・・貧相なんてとんでもないです、よく覚えていらっしゃいますね。白い顔がヌオーっと・・・キャー。

投稿: キハ58 から 凜子 さん へ | 2012年11月18日 (日) 18時58分

ハッピーのパパさん

はい、圧倒されました。それも見せ方が幾何学的なので余計にそう感じるのかもしれませんね。

投稿: キハ58 から ハッピーのパパ さんへ | 2012年11月18日 (日) 19時00分

レポートありがとうございました。happy01
菊花壇展の短い期間中に花を一番綺麗な状態に咲かせるという職人さんたちの御苦労は、はかりしれません。catface
だから見る人たちを感動させられる作品をつくる事が出来るのでしょうね。

投稿: うーたmama | 2012年11月18日 (日) 20時17分

うーたmamaさん

こちらこそ、記事にお立ち寄りありがとうございます。
はんと、凄い・素晴らしい・緻密な伝統技術だと思います。どのように伝承しているのか秘中の秘らしいです。結果としての花壇展、おっしゃる通り、陰で計り知れないご尽力があるのでしょうね。

投稿: キハ58 から うーたmamaさん へ | 2012年11月18日 (日) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/56131613

この記事へのトラックバック一覧です: 見事の一言に尽きる新宿御苑の菊花壇展(4)・・神様のベンチ、晩秋の土曜日午後風景:

« 鉄道見学会の主役登場!JR東日本ふれあい鉄道フェス④・・かすかな記憶が甦った時間 | トップページ | 鉄道見学会の主役登場!JR東日本ふれあい鉄道フェス⑤・・まさにふれあい、鉄路を歩いて帰りましょう »