« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

10月の終わりに・・寒くなると恋しくなるのは☆

 でましたー。見にくいですが、へらで等分に投入される甘―い小豆餡。

Dsc05353

 なぜか、一度やってみたいなーと、思っちゃうんですよね。

 一列、入れ終わると・・・

Dsc05350

 見事!

 ここの餡の量は、私の知る限りでは、ただものではありません。

 大サーァービース!

Dsc05349

 形になって・・・たいやき、1列が出来上がりです。

 いやー、少し甘い香ばしさが一面に漂って、もう食べるしかない!

Dsc05354

 麻布十番の浪花屋さんもイイ、四谷のわかばさんもイイ、でもここはウルトラセブンに会えた巣鴨の飛安さんで行きましょう。

 ホットケーキサンドとでもいいたくなるような、半身+あんこ+半身、そのため、きれいには半身同士が合わさっていません。

Dsc04991

 このホットケーキの2枚重ね状態、ボリュームもグーです。

Dsc05355

 ”たい焼き君が登場する赤いのぼり旗も、ちゃーんと。ほっかほかのたい焼きをまた食べに行っちゃおーっと。

 

 甘いものを食べると、欲しくなりますよねー、しょっぱいもの。

 ここは元祖B級グルメの立ち食い天ぷらそばです!

Dsc05347

 駅もいいのですが、チェーン店の富士そばさんって、ご存知でしょうか。東京ではあっちこっちにあるお蕎麦屋さんです。六文そばや、小諸そば、手軽に食べられる美味しいセルフお蕎麦屋さんがあるなかで、熱々のかけそば系なら富士そばさんの天ぷらそば・・・それも、ショウガ天が最高です!

Dsc05348

 ワカメや刻みネギをアクセントにして、かつおや昆布と思われる出汁のきいた甘辛のしょうゆ汁に、写真より細く感じる食感のそば、そして、焼きそばについてくる紅ショウガを混ぜた野菜天。天つゆ状態の汁に、さくさく衣がからみあうと・・・うーん・・・幸せ感じますー。

 先月の小淵沢駅そばとは、また違った、お手軽グルメなのでした。

 いよいよ11月、おでん や もつ煮込みでキュ!もあるし、暖かい幸せを楽しみたいですね!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

JR貨物・・金太郎,ブルーサンダー登場!隅田川駅で1日だけのフェスティバル(2/2)

 広大な敷地の中を進みます。

Pa281086

 たくさんの傘の先に、人が集まっているのはコンテナリフトです。

Pa281089

 力強そうで、なんとなくですけどその上部が、超大好きな映画・エイリアン2に出てくるパワーローダーという着衣式作業ロボットを思い出しちゃいました。

Pa281118

Pa281120

 その横で雨の中 並ぶこと15分・・・

Pa281092

 今回のフェスティバルの目玉見学会、ブルーサンダーと金太郎です!

Pa281095

Pa281096

Pa281097

  2車両の周りを1周して見学です。

Pa281099

 EH200・ブルーサンダー・・・

Pa281101

 中央本線など勾配区間用に前任・EF64形の後任として作られました。愛称は、公募ときいています。

 そのかっこいいイラストは、近くでなかなか見ることのできないポイント切り替え表示と一緒にパチリ。

Pa281103

 ほんと、鮮やかなメタリックブルーからスマートな力強さを感じます。

 そして、反対側で2車両パチリ。

Pa281105

Pa281107

 見つめている先には・・・

Pa281106

 日本中へつながっている鉄路でした。

 そして、EH500金太郎・・・

Pa281108

Pa281109

 高速貨物列車のための機関車として整備されてきました。そういえば、金太郎はどうしてついたんでしょうね・・・なあんてことはおいて・・・

Pa281111

 金太郎イラストを記念にパチリ。

 その鮮やかな赤から燃える力強さを感じます。

Pa281113

 東北地方を多く走るだけに、がんばろう東北がプリントされていますね。

Pa281114

 ちょうど一周してきました。

Pa281117

 ナイスな組み合わせの素敵なルックスをもう一度、記念に。

Pa281115

 雨が強くなってきたので、早めですが帰りましょう。

Pa281123

 南千住の高層マンションを背景に、コンテナ・貨車たちがたくさんでした。

 行き止まりの立ち入り禁止地区では、先ほどの大きなリフトが、守り神のようです!

Pa281124

 ちなみに、コンテナを急造したこのような気配りもありましたよ。

Pa281125

 JR貨物の皆さん、ありがとうございました。

Pa281128

 休日返上の隅田川駅、雲も雨も返上の楽しさにあふれていましたよ。

 帰りは、南千住のショッピングモール・LALAテラスの横を歩いて・・・

Pa281130

Pa281131

 つくばエクスプレス、東京メトロ・日比谷線、JR常磐線と3線の駅が集結する南千住駅から帰りました。

Pa281135

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

都電・荒川線の停車場たち(第3回)・・三ノ輪橋駅 から JR貨物・・金太郎,ブルーサンダー登場!隅田川駅で1日だけのフェスティバル(1/2) へ

 隅田川駅・・・なじみのない駅名ですよねー。

金太郎・・・クマと相撲をとりません。

ブルーサンダー・・・1970年代1983年に公開されたロイシャイダー主演の攻撃ヘリ・サスペンスではありません。昨日の日曜日に行ってきた鉄道イベントの登場人物たちなんです。

 

 今回のスタートは・・・

Pa281059

 都電荒川線の東側終着駅・三ノ輪橋駅からです。

Pa281061

 降車と乗車が別々のこの駅は、三ノ輪橋駅は関東の駅100選にもなっています。こじんまりした、終着駅・・・好きです!

Pa281062

 片面ホームから、折り返しですぐに発車、西側の終着駅・早稲田まで約55分、行ってらっしゃい。

Pa281064

 この駅への入口は・・・

Pa281065

 商店街の一角にあります。

Pa281067

 アーケード街・ジョイフル三ノ輪です。

上の方を見ると・・・

Pa281066

 都電の印もあります。

真っ直ぐ行って振り返ると・・・

Pa281068

 こちらは、また違う商店街で・・・

Pa281070

 三ノ輪橋商店街といいます。それにしても、初めてだと見逃しちゃいそうですね。

 ちなみに、商店街方向から見ると・・・

Pa281069

 東京駅からスカイツリーへのシャトルで走った国道6号線・水戸街道です。

Pa281071

 抜けてすぐ南には、JR常磐線の高架線が見えますね。

6号線を渡って振り返ると・・・

Pa281072

 ビルの下をくぐってきたことがわかります。地域の足・都電荒川線の東端でした。

そして、7-8分歩くと・・・

Pa281074

 目の前に常磐線が・・・

Pa281075

 すっかり新しくなった南千住駅です。

高架をくぐってさらに東へ進むと歩道橋があり・・・

Pa281076

 広大な操車場に出会います。

 ちょうど赤い機関車が登場しました。いそいでパチリ。

 ここは・・・

Pa281077_2

 聞きなれない名前、JR貨物の隅田川駅という、貨物専用の駅・構内なのです.

Pa281078

 トラック車両の出入り口から見ると、先―に、鉄道架線が見えて駅であることがなんとか理解できる、そんな雰囲気です。

Pa281083

 そこで、1日だけ開催された珍しいJR貨物関係の公開・・・

Pa281129

 降り出した雨にも負けず、たくさんの方が来場されています。

Pa281084

 さあ、構内へ入りましょう!

Pa281085

Pa281088

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

都電・荒川線の日 ハロウィン仕様が初登場です⑥・・最終回・そして上野駅でパンパン

 荒川区の静かな住宅地を5分ほど歩き、北区との区界である幹線道路の明治通りを渡った目の前に・・・

Pa211013

 改札口だけの尾久駅駅舎がありました。東京都は思えない、ゆったりスペースですね。

 そして中へ・・・

Pa211014_2

 改札即下り階段といった造りでした。

Pa211015

 エレベーターの方へ回ってみると、ホームへ入線してくる近郊型主力のE231系が見えます。

Pa211017_2

 そして、E231系発車ののち、島式1本のホームが現れました。

 ホームへ向かってみると・・・

Pa211018

 広―いヤードが広がっています。

Dsc05340

 上野駅を発着する列車の車庫・尾久車両基地の東端に駅は位置しているのでした、

Dsc05342

 西端部には、見えにくいですが東北・上越新幹線の高架があります。

 そして、南側にある上野駅方向を見ると・・・

Dsc05337

 数多くの架線の先に、スカイツリーが見えました。ホント、たっかいんですね。

Pa211021

 それでは、上野駅までの一駅区間を乗車しましょう。

Pa211023

 信号は青、出発進行!

Pa211026

 高架線に向かって緩やかなのぼりが始まります。左側には去年記事にしたあんみつ販売しているお店があるあたりです。

 そして、線が別れ・・・

Pa211028

 上野駅に向かって複々線になります。

Pa211030

 一番東側は高架になり、目の前に日暮里の高層マンションがそびえます。

 このブログでたびたび登場する田端操車場への線路上を鉄橋で越え(2枚目は下から見上げたもの)・・・

Pa211032

P6107767

 同じようにたびたび登場する日暮里駅の横断橋があらわれます。

Pa211035

P3060097

Pa211036_2

 日暮里駅南側のS字カーブを見て・・・

Pa211037

 京成本線の横断橋を見て・・・

Pa211038

 鶯谷駅手前、左側に常磐線の複線を従え・・・

Pa211040

 北斗星やカシオペアの発着する上野駅地上番線への鉄路と別れ・・・

Pa211042_2

 高架ホームへ入っていきます。

Pa211045

Pa211046

Pa211048

Pa211049

Pa211050

 この先、昔つながっていた東京駅への鉄路があります。

Pa211051

 知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、東北本線の始発駅は東京駅です。昔は、東京発の急行・日光号なんかがありました。

 今、工事しています。

Pa211052

 この行き止まりの駅名票が、行き止まりでなくなる日も近いですね。

Pa211053

 その上野駅、羽子板市の案内がありました。

Dsc05365

 立派な羽子板ですねー!

Dsc05366

 そんな季節ということは・・・

 

Dsc05363


 ありました、酉の市。

Dsc05361

 復興応援ですね。それにしても大きな熊手です。

Dsc05360

 このブログにお立ち寄りくださっている皆様のご多幸をお祈りし・・・

Dsc05359

 今回の記事を締めくくりましょう!・・・パンパン。(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

都電・荒川線の日 ハロウィン仕様が初登場です⑤・・バラが咲いている荒川車庫&カワユイお土産です

 帰る頃にも、ぞくぞくと来場者を迎える荒川線の日・イベント・・・

Pa211002

 バラたちがお出迎えしていました。

Pa211001

 花の色もバラだけにバラエティに富んでますー!

Pa211003

 今の都電の基本・7000形の色合いと合いますね。

Pa211006

 レモンイエローのバラ・・・シャツでも着ちゃう好きな色です。

Pa211007

 赤いバラも・・・

Pa211008

 おおっ、都電とチューしそうです!

Pa211009

 そういえば、今回のおみやげは、昨年記事にした都電もなかではなく・・・

Dsc05376

 スーパーあずさ に はやぶさ・・・

Dsc05377

 そう、電車の箱に入ったツブチョコです。

 それらしく作っている外箱が楽しいですね。

Dsc05381

 きちんと、商品化の許諾を受けています。

 おや、この外箱、よく見ると、窓際の席が埋まっています!乗客の顔があって、芸が細かい!

 それに・・・

Dsc05382

 国鉄色の183系と思わしき車両まであって、嬉しいです。

Dsc05386

 運転手さんもこの通り。

 1セット、6車両は行っていました。

Pa211057

 6車両の内、2つはこのように連結もできるようになっています。これまた考えてあるなあ!

Pa211055

 なんか楽しいー、それで・・・

Pa211058

 大人買いしちゃいましたー。

 そんなこんなで、さあ、帰りましょう。

Pa210992

Pa210993

 Arakawas Lineと側面に印字された都電を見送って、帰りはっと・・・

Pa211012

 そうだ、行きと変えて、近くにある東北本線・尾久駅から帰りましょう。上野駅に戻る・・・数時間の都内お出かけですが、なんか旅の終わりみたいな感覚を生む上野駅ですから。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

都電・荒川線の日 ハロウィン仕様が初登場です④・・青空まぶしい屋外も楽しい!

 夜など車両がひしめいて休憩する車両基地。昼間はみんな活躍していて、ハロウィン車両の助さん格さんをしていた2両だけがポツンといました。

Pa210979

 都電の見ている前で、軽ーくキャッチボールなどしたら楽しいでしょうね。ボールそらして当たらないように、あくまで軽―く軽―く。

 そんな車庫から目線を上げると・・・

Pa210978

 10月の透き通る青空に登場した眩しいお日様のもと・・・

Pa210977

 最新の8800形にも、ハロウィンのヘッドマークです!

 とってもハロウィンに似合う車両の色合い・・・さすがに都電にマントを着せるのは難しいでしょうね。

Pa210975

 向きを変えると、目の前には車両を平行移動するトラバーサー。

Pa210980

 見るのは2度目ですが、なんか楽しいです。

 自動車のように、ちょっと切り替えて車庫入れ、なんてことができないため、このトラバーサーは保守工場にはなくてはならない大切な存在・・・そう、大切なあなた、です。話変わりますが、松田聖子さんの大切なあなたは、とっても好きな1曲です。「広い世界に一人だけ、大切なあなた・・・」

Pa210974

 そのほかに展示されていたもの。お疲れ様でしたの、昨年使った花電車の飾りあり・・・

Pa210982

 小っちゃい子が乗って記念写真を撮る運搬車も1021日の日付入りでした。古い都電車両のイメージで作られているのが嬉しいです!

Pa210984

 少し離れたところにあったのですが、いつもは暗い夜中に活躍する、鉄路も道路も走れる軌陸車にも、日差しが降り注いでいました。

Pa210985

 安全には欠かせない軌陸車・・・いつもありがとうです!

 北海道では、このタイプの旅客車を試験運行しています。道路はあって、鉄路を敷設するのは大変、乗客はそれほど多くない・・・そういうところに鉄路+道路という形をとれば、もっと軌陸車の活用する場はありそうな気もします。

Pa210986

 そして、あれこれ見て回った見学も終わりです。最後に保守工場の正式ネームプレートを記念撮影。この前に職員の方がいらっしゃたら、アド街の写真館みたいですね。

Pa210987

 目いっぱいの青空のもとの工場見学でした。

Pa210983

 そういえば、来るとき・・・

Pa210908

 線路わきにバラが咲いていました。ちょっと見て帰りましょう。

Pa211006

 [番外です]

 癒し系トアラン君ですが、頭部が重たく移動とか3人がかりで大変なんです。関係者の皆さん、お疲れ様でした。

Pa210933

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

都電・荒川線の日 ハロウィン仕様が初登場です③・・年に2回の工場公開

 ハロウィン仕様・都電展示の横では・・・

Pa210943

 流線型が印象的な5500形展示車両の運転席にトアランが座っています。

 運転席はこんな感じなのでしょうか。

Pa210876

 ここは、通年オープンしている都電想い出広場です。

 在りし日の都電を記念に。

Pa210942

 そして向かうは・・・

Pa210988

Pa210948

 保守工場です。6月路面電車の日に続いて、2回目・・・でも面白いんです。

 まずはお出迎え。

Pa210946

 右上には、テプラとはいえ、記念になるよう当日の日付が張ってありました。

Pa210947

 入口では工場の配置をわかりやすく説明。

Pa210949

 中に入ると、車両製造メーカーのプレート・・・

Pa210950

 昔の路線図・・・

Pa210951

 電車につけられていた案内プレート・・・

Pa210952

 100周年・花電車の飾り と モーターは白黒で・・・

Pa210955

Pa210954

 車輪を支える台車・・・

Pa210969

 そして、なぜかユーモラスな感じがしたつり輪たち。

Pa210953

 それと、今回もありました。この工場の昔を表したミニュチュアです。

Pa210962

Pa210960

Pa210961

Pa210956

 とっても、精巧にできていて、欲しくなっちゃいますね。Pa210965

 ひとけの無いところに目を向けると・・・

Pa210966

 車輪がポツリ・・・、おいてけぼりなのでしょうか。

 別の場所では・・・

Pa210967

 たくさんの車輪、そしてモーターの回転を伝える、動輪車軸もありました。

Pa210968

 その先では、面白い系図が展示されています。

Pa210970

 ここで初めて知ったのですが、最新式の8000番台と・・・

Pa210972

 都電のイメージある7000番台で、ご先祖が違うのでした。

Pa210973

 勉強をしたところで、屋外へ行きましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

都電・荒川線の日 ハロウィン仕様が初登場です②・・カワユイ・デコとトアランと

 都電のキャラクター・トアランが衣装をまとって、ぶら下がっています。

Dsc05328

 手作り感のあるハロウィン・デコレーションされていますねー。

Pa210912

 花電車を作り直した、ハロウィン仕様の都電です。

Pa210913

 そして、本物のトアラン登場!

Dsc05323

 ハロウィン電車とトアラン、役者がそろったところで、記念にパチリ。

Dsc05324

Dsc05322_2

 それだけではありません。南海電鉄のキャラクター・ラピート君も登場です。

Pa210923

Dsc05331

 どうして来てくれたかというと・・・

Pa210941

 東西対決の催しがあったからです。クイズ大会とかあったようですね。

 司会役の鉄道エッセイスト・史絵さんが参加したオープニングセレモニーでした。

Pa210928

 その様子をじっと見ているお供の7000形・・・

Pa210929

 助さん格さんのような2両と、改めて一緒に記念撮影しましょう。

Pa210938

 空がきれいだなーって見ていたら、左側の横断幕が目につきました。

Pa210940

 都電の現形式勢ぞろいです。

Pa210920

 大漁旗ならぬ都電旗ですね。欲しいかも。

 そして、会場を移動すると・・・

Pa210944

 ここにもトアランでした。

 さあ、記念日限定の工場見学へGO!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

都電・荒川線の日 ハロウィン仕様が初登場です①・・都電に乗って行きましょう

 目いっぱいの青空広がる1021日、荒川線の記念イベントがありました。ところは、昨年以来最近は611日から27日にかけて路面電車の日で登場した荒川区にある都電の荒川車庫(保守所)です。今年は、昨年の花電車をラッピングしたハロウィン仕様とのこと。これは見なくちゃ!

train

 都電のイベントですから、都電で行きましょう。

 スタートは・・・

Pa210867

 桜で有名な飛鳥山公園前の飛鳥山駅です。

 ここから王子駅までの1区間は、明治通りと並走、しかも下りの大カーブ、路面電車の雰囲気を残す大好きな区間、最後部に乗車します。

 道に出るための信号待ちしていると、後ろに次の電車がやってきました。こんな接近なかなか見られません。

 

Pa210871

 道路に出ると、対向電車とすれ違い・・・

Pa210873

 (ますだおかだ風に)ワッ、でたぁ!

Pa210875

 来ました来ました・・・

Pa210878

 都心の幹線・明治通りへ入ります。

Pa210880

 花電車で撮影の名所だった歩道橋をくぐり・・・

Pa210881

 いよいよ大カーブ・・・

Pa210884

Pa210885

 見事な下りのS字カーブ。

Pa210888

 京浜東北線、東北本線、東北上越長野新幹線の下をくぐると・・・

Pa210887

 明治通りと別れ・・・

Pa210889

Pa210890

 王子駅に到着です。

Pa210891

 京浜東北線の駅を上に見て・・・

Pa210893

 王子駅を出発しました。

Pa210892

 新幹線の高架下を走り・・・

Pa210895

 大きくカーブして・・・

Pa210896

 我が道を行く都電荒川線です。

 次の栄町を過ぎ・・・

Pa210900

 草もゆる中、都電もなかの明美さんがある梶原駅を過ぎると・・・

Pa210902

Pa210903

 荒川車庫前駅に到着しました。

Pa210907

Pa210908

 ホームそばには、ちょっとバラが咲いていますね。

 荒川車庫前駅の三ノ輪橋行は、車庫へ入る電車のために、降車と乗車 別々のホームになっている珍しい駅です。

Pa210909

 もう、多くの方が来場されているよう・・・

Pa210910

 お楽しみは、これからだー・・・です!

Dsc05326

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

香港映画・A Simple Life [桃さんのしあわせ] を見ることができた幸せ

 ベネチア映画祭で最優秀女優賞に輝いた香港映画が、都内のたった一か所で、静かに公開されています。

 ハリウッドでリメイクまでされたインファナルアフェアに主演したアンディラウが、お手伝いさんとして仕えた老女(ディニーイップ)を見送っていく・・・。素敵な邦題です。

 

 上映しているのは渋谷にあるミニシアターの老舗・・・

Dsc05282

 ヒカリエ工事の関係で無くなる、昔東急系映画館への通路であった東京メトロ銀座線横を見に来た5月以来の渋谷・・・今日は山手線でやってきました。

 降りるとホームの先に見えたものは・・・

Dsc05280

 NEXではありませんか。

Dsc05281

 国鉄民営化ゆえに出来たといわれる新宿湘南ラインを、すべるように進んでいきます。岩崎良美さんの名曲・赤と黒をいつも思い出した初代NEXと姿をだぶらせながら、見送りました。

 そして道玄坂口の改札を抜けると・・・

Dsc05283

 スロースタートな土曜日の渋谷の街がひろがります。

Dsc05286

 そして、ハチ公広場の青ガエル・5000系に挨拶です。

Dsc05287

 若干人がいたので上半分ですが、5000系越しの東急および駅の標識は、好きで見ちゃうポイントですね。

Dsc05284

 そのまま見上げると、渋谷を見下ろすように建つヒカリエ、そしてTBS新番組の番線がドーンとありました。テレビ特にバラエティで見る限りですが、山Pは朴訥な感じがイイですね。仁のドラマ枠だし、昨晩見た方も多いのではないでしょうか。

 さあ、先に行きましょう。

 渋谷で一番好きな公園通りへの道側をチラ見して・・・

Dsc05288

 スクランブル交差点を渡ります。

Dsc05289

 センター街がバスケットボールストリートになちゃったなあ・・・など考えて、09側に進み・・・

Dsc05290

 09の手前を右折して、見えてきました。

Dsc05291

 東急デパート本店・・・

Dsc05292

 そして、Bunkamuraのロゴです。

 左側に回り込むと・・・

Dsc05294

 桃さんのしあわせ、の案内が見えました。

Dsc05296

 程なく、Bunkamuraの入口に到着しました。

Dsc05297

 中を進んで・・・

Dsc05298

 オーチャードホールなどに続く中庭をチラっと見ると・・・

Dsc05300

Dsc05301


 建物の辺で、図形に切り取られた青空に出会ったのです。

 そして、エレベーターホールから・・・

Dsc05299

 ちょっとおしゃれなエレベーターで・・・

Dsc05302

 一瞬、高級住宅地といわれる松濤の緑を垣間見て・・・

Dsc05303

 ル・シネマに到着しました。

Dsc05305_2

Dsc05306

 中に入り、気持ちを白いキャンバスにしながら、上映開始を待ちます。

Dsc05308

Dsc05309

 そして、約2時間後・・・スクリーンを後にして、館内に掲示してあったポスターを改めてみました。

Dsc05307

 作品を観終わって気づいたこと、このポスターがまさにこの物語を凝縮しているのですね。使用人とお坊ちゃん(主人一家)という枠をこえた、人と人、女と男、の心のつながり。老いというものがどういうものか、美しい面ばかり登場する訳ではりません。でも、そんなことを越えて、誰かを思いやる気持ち、しかも損得抜きただ純粋に・・・月並みな言葉ですけれど、静かな感動に浸っていました。

Dsc05310

Dsc05311

 帰り道、Bunkamuraのお花屋さんのその先に・・・

Dsc05312

 これからの予定を話しているみたいな、ナカナカおしゃれなカップルの後姿が見えます。そう、土曜日の昼下がりは始まったばかりでした。()

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

東京駅からスカイツリーへシャトル発射!(その4)・・開業後初のスカイツリー足もと散歩

 東京駅からのシャトルが到着したのは・・・

Pa130813s

 スカイツリー北側を走る東武の旧業平橋車庫付近でした。下車した乗客が歩いている程度の静かな場所・・・

Pa130814s

 そして、歩くこと50歩くらいでしょうか。振り返り見上げると・・・

Pa130815s

 「そびえる」という言葉に尽きる、その姿がありました。

 目線を、そのまま下げると・・・、

Dsc05140

 旧業平橋駅である・とうきょうスカイツリー駅に東武特急スペーシアの停車している姿です。日光とスカイツリー、世界に誇る2か所を結ぶ列車として注目を浴びていますね。

 駅に続く車庫区では・・・

Dsc05144

Dsc05146

 丸目の愛称がついたリバイナル列車8000系が休憩しています。夕方、観光された方々を乗せて北上するまでの間、おやすみなさい!

 少し進んでから・・・

Pa130823s

 振り返ると・・・

Pa130822s

 スカイツリータウンの全容が現れます。

 先にあるロータリーには、墨田区のかわいいコミュニティバスが走っていました。

Pa130829s

 その先の展望エリア、55日に訪れた際と変わって、土曜の午後なのに全くひと気がありません。

Pa130830s

 上にのぼると・・・

Pa130838s

 静かな時間が流れていました。

Pa130836s

 記念写真風に一枚パチリ。

そのツリーの反対側では・・・

Pa130837s

Pa130839s

 曳舟駅方面側の電車風景も楽しめました。

 下に見える踏切に行きましょう。

Dsc05152

 8000系を間近で見て・・・

Pa130843s

 やってきた特急りょうもうを踏切でパチリ。

Dsc05153

Dsc05154

 ほどなく、お日様はツリーの後ろにまわってきました。

Pa130846s

Dsc05149

 さあ、正面に行きましょう。

Dsc05164

Dsc05165

 商店街を歩いて・・・

Dsc05166

 押上駅の入り口に来ました。

Dsc05167

 街中へも、ツリーがこんにちはしていますね。

 そして、正面に回り込むと定番の風景が・・・

Pa130848s


 お日様を反射した姿、まぶしいですが見続けちゃいました。

Pa130849s

 開業後、初めて入ったsoramachiから見上げるツリーを記念に、シャトルでの東京駅-スカイツリー観光をしまくくりました。(終)

Dsc05172_2

Pa130853s

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

東京駅からスカイツリーへシャトル発射!(その3)・・スカイツリーへの道

 とうとう標識に東京スカイツリーの文字が現れました。

Pa130765s

Pa130766s

 上野から続く浅草通りを右折しようとすると、左奥に・・・

Pa130767s

 浅草・雷門が見えます。

Dsc05136

 右手には都営地下鉄浅草線の浅草駅入口。そして・・・

Pa130771s

 初秋の青空に引けを取らない、空色構造の駒形橋です。

Pa130770s

 そこ駒形橋を渡ると・・・

Pa130772s

 アサヒビール本社屋上の黄金の泡が登場しました。

Pa130775s

 そう、隅田川を渡っています。

Pa130776s

 いよいよ、スカイツリーの住所・墨田区です。

Pa130777s

 少し先へ進むと・・・

Pa130779s

 規格はずれで上にのびる、白い鉄骨構造が見えてきました。

Pa130780s

Pa130781s

 そして、押上の文字も現れます。

Pa130782s

 構造物が大きくなっているくると・・・

Pa130784s

Pa130785s

 車内ではスカイツリーの紹介ビデオが流れます。まずは・・・

Pa130786s

 人気者・ソラカラちゃん!そして・・・

Pa130787s

 位置関係のおさらいと、夜景での全容・・・

Pa130791s

 商業施設の案内。

Pa130793s

 そうこうしているうちに・・・

Pa130794s

 押上駅の交差点です。見慣れた風景も、なぜか新鮮に見えます。

Pa130795s

 左折して・・・

Pa130797s

 スカイツリー南側の北十間を渡る橋にむけ少し上がって・・・

Pa130798s

 現れましたー!皆さん写真撮っていますねー。

Pa130799s

 回り込んんで東武鉄道・東京スカイツリー線を目の前に左折すると・・・

Pa130801s

 スカイツリータウンを南側に回って・・・

Pa130802s

Pa130803s

Pa130806s

 スカイツリーの下に入り込みます。

Pa130807s

Pa130808s

Pa130810s

Pa130811s

 到着しました!東京駅から約25分の都内遊覧。この25分の間で変わっていく街角風景は、東京の街を凝縮しているように見えました。折角です。少し散歩していきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

東京駅からスカイツリーへシャトル発射!(その2)・・ワーイ!都内ドライブだぁー

 JRバス関東のシャトル・・・

Pa130723s

 乗客の長い列がそこにありました。

Pa130722s

 20分ごとに走っているので、一台見送って・・・

Pa130732s

Pa130733s

 次のバスを待ちます。来たのは、スカイツリー親会社の東武鉄道のバスでした。

Pa130734s

Pa130735s

 同じく、高速バス仕様です!

Pa130738s

 みんな乗り込んだところで、八重洲南口から出発―っ。

 東京駅からの行程表す超概略地図も現れました。

Pa130736s

 八重洲口目の前の外堀通りを北上します。

Pa130739s

Pa130740s

 目の前には日本橋で一番のっぽな日本橋三井タワーですね。

 国道一号線と交わる呉服橋交差点を越えて・・・

Pa130742s

 現れたのは・・・

Pa130743s

 記事に数度でてきた日本銀行本館です。設計者の辰野金吾氏は、東京駅の設計者ですね。

 そして、江戸通りとの交差点・・・

Pa130744s

 浅草橋方向に右折する瞬間に・・・

Pa130745s

 チューするE2系やまびこと400系つばさが登場です。

 右折してすぐ現れる、中央通り(南側はオリンピックパレードのあった銀座通りです)からは、国道4号線になる江戸通りなのでした。

Pa130746s

 すぐ先、昭和通の交差点で、4号線は左折して昭和通りを行きます。国道起点の日本橋らしく

Pa130747s

 直進する江戸通りは国道6号線になり・・・

Pa130748s

 目の前には、目指すスカイツリーです!6キロメートルくらい先ですが、既にこれだけの存在感あります。

Pa130749s

 その景色のまま小伝馬町に入ります。時代劇に登場する地名ですね。

 そして、新宿から続く靖国通りひいては京葉道路との交差点に入ります。

Pa130751s

Pa130752s

 直進するとJR総武本線くぐって・・・

Pa130754s

 ひな人形、五月人形、そして花火問屋のたくさんある街・浅草橋に来ました。

 そのまま国道6号線・通称水戸街道を直進し・・・

Pa130757s

 蔵前橋通りを横切って進むと・・・

Pa130759s

Pa130760s

 大きなクレーンが現れました。

Pa130762s

 ビルに設置する器具をつっているようです。なかなか迫力ありますねー。

Pa130761s

 浅草はもうすぐです。

Pa130763s

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

東京駅からスカイツリーへシャトル発射!(その1)・・東京駅で写真ハンティングからスタート

 秋晴れになった先週土曜日、小海線記事を書きながら、ふと55日以降行っていないある場所・・・空に近い建物、そうですスカイツリーの姿が頭をよぎりました。

Pa130849s

 爽やかな初秋の1013日、ここは観光気分で・・・

Pa130638

 日本で一番高い駅から日本で一番空に近い建物の足もとへ行きましょう。

5月の話題と秋10月の話題を結ぶシャトルを使います。

 さあ、東京駅。今回気が付いたのですが・・・

Pa130640

 構内にあるポストは、東京駅をかぶっていました。

 改札を通り、今回はど真ん中から出ることにしましょう。

Pa130641

 目の前には、多くの人の奥に行幸通りが広がります。

 そして、歩み出た先、東京駅長室の方向では・・・

Pa130646

 秋の日差しを浴びた東京駅舎・・・

Pa130649

 改めて、威風堂々という表現がぴったりでした。

Pa130660

Pa130664

 その堂々としたたたずまいに相応な・・・

Pa130661

 東京駅名の石碑です。

Pa130663

 完成間際の929日以降何度か訪れた東京駅。

 今回は、一つ目的がありました。東京駅フォトコンテストに応募する写真撮影です。

Pa130659

 間接的に駅舎を映す場所・・・写真右側の東京中央郵便局です。

Pa130683

Pa130716

 もうひとつ、二重橋へ行く途中で出会った好きな風景・・・

Pa130689

 今回、また たまたま出会いました・・・

Pa130691

 誰の自転車なのでしょうか・・・

 ちなみに、このコンテストの内容は「東京駅 フォトコンテスト」で検索するとでてきます。

 なかなかイイなあと思ったのは、応募された作品がそのホームページで紹介されていることです。

 素晴らしい写真たちに触れることのみならず、応募に関係なく、東京駅訪問された際の記念写真を撮る参考になりまーす。

 もちろん、撮られた写真ぜひ応募くださいね。ちなみに、私の撮影した写真もタイトル付きで掲載されていますので、訪問されることありましたらのぞいてみてください。

 

 ではいよいよ、シャトルへ向かいましょう。

Pa130718s

 はとバスを見ながら駅の反対側に回り込みます。

Pa130719s

 丸の内側と異なり、工事中の八重洲口。高速バスの発着地がある八重洲南口にシャトルの乗り場はありました。

 6番乗り場、そこが日本で空に一番近い建物への乗車口なのです。

Pa130720s

 つばめマークが印象的なJRバスの高速仕様バスが使われていました。

Pa130724s

 ゆったりリラックスしてスカイツリーへ連れ行ってくれまーす!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

日本で一番空に近い駅へ[第10回]・・JR最高駅の野辺山駅にて

 新宿を出発し、のぼってのぼって少し下がって、到着しました。

 キハ110系・八ヶ岳高原列車が入線するホームの先に、高原の白い教会のような駅舎が見えます。

P9090209

 そして・・・

P9090208

P9090206

 停車・・・JRおよび普通鉄道の最高駅へ到着です。

P9090196

 お疲れ様・・・箱根駅伝の東洋大・柏原選手のように山を登りきったキハ110系の姿にひと声かけたくなりました。

P9090185

 さあ、記念写真、記念写真・・・と思ったら・・・

P9090195

 ちょっといい感じのモデルさんが・・・

P9090194

 親子で鉄道旅行、お父さん夢中になって、お子さんが「パパ、まーだー」お父さんが「もうちょっとだからねー」なんて会話が聞こえてきそうです。行き過ぎはよくありませんが、夢中っていうのはいいですよね。なぜか思い出すキャンディーズの「あなたに夢中」・・・まずは駅名票と・・・

P9090189

 最高駅の碑とも・・・

P9090188

 碑だけも・・。

P9090190

 そして初めて今回・・・

P9090193

 フェザータッチで1枚。

 そして、今日は行かないことになった小諸駅方面鉄路を見つめ・・・

P9090186

 駅の外に出ましょう。

P9090198

 1,345メートル67センチという覚えやすい高さですね。

P9090197

 夏と秋の狭間で、静かな駅のまわりです。

P9090200

 駅前にお花たちが・・・

P9090199

 東京から200キロメートル、とっても、とっても静かなその駅の、その先の空を見つめました。・・・70億人が見上げる空は、70億人を見つめる空、みんな同じ空のもとで生活しているのになーって、かすかに流れる初秋の風に乗せて、そんな思いがふと心をよぎりました。(終)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

日本で一番空に近い駅へ[第9回]・・JR最高地点、そして野辺山駅へ

 キハ110系の八ヶ岳高原列車は、上り勾配という負の二次曲線・y=-αx**2+1,375の頂点に近づきました。

P9090226

 JR鉄道最高地点の記念碑です。

P9090172

 1,375m・・・刻まれた、その前には鳥居もあります。夏の最盛期を過ぎ、静かな時間が流れていますね。

 そして、実際の最高地点・・・

P9090225

 249と書かれた踏切手前左側の白い勾配表のところです。

 3の数字、ここから日本の普通鉄道で最高地点にある駅・野辺山駅までは、1キロメートル換算で3メートル下っていく小海線なのでした。

P9090224

 いつの間にか、軽やかなカタンコトンの走行音がBGMに変わっています。

 車窓・八ヶ岳方向は・・・

P9090174

 山々を背景にした高原の地に、お花畑がありました。

P9090176

 ドライブも気持ちよさそうですねー。

 線路わきに現れたコスモス・・・

P9090223

P9090177

 そんな中、高原列車は、被写体として格好のようです。

P9090224_2

P9090178

 八ヶ岳のすそ野・野辺山高原風景を味わっていると・・・

P9090181

P9090182

 進行方向右側(東側)に・・・

P9090219

 丸いものが・・・

P9090218_2

 国立天文台の野辺山電波望遠鏡、車内放送で案内してくれました。

 宇宙に一番近い、宇宙との交信窓口ですね。

 そして、程なく・・・

P9090215

 鉄路の先に家々が現れ・・・

P9090183

 最後の左カーブを曲がると・・・

P9090214

P9090213


P9090212


P9090211


P9090210


 普通鉄道の最高駅・野辺山駅に到着しました。

P9090184

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

日本で一番空に近い駅へ[第8回]・・頂点に登りつめるキハ110系・八ヶ岳高原列車です

 甲斐小泉駅は、Nゲージ鉄道模型のようなホーム&駅舎でした。

P9090286

 ホームにあるワンマン運転用のミラーを記念にパチリ。

P9090155

 別れていた鉄路が一つになり・・・

P9090284

 木立の中を、一直線に走ります。

P9090283

 その木立の中には、ペンションや別荘風民家も点在していました。

P9090158

 カーブに入ると・・・

P9090282

 車窓は緑の海原です。

P9090281

 左に曲がり・・・

P9090280

 右へ曲がると・・・

P9090279

 甲斐大泉駅へ到着です。

P9090276

 八ヶ岳高原列車の表示が似合いますねー。

P9090270

P9090268

 ホームにはコスモスもチョッピリ。

P9090159

P9090266

 先の写真で見えたカラフルな車両は、世界に誇るハイブリッド型ディーゼル車・キハE200系です。

 帰路に撮影した甲斐大泉駅へ入線する写真を少々。

P9090269

P9090271
P9090272_2

P9090274

 乗車している列車の前方であ、また鉄路が一つになり・・・

P9090258

 左へカーブを始めると・・・

P9090257

 再び、八ヶ岳山麓の緑に覆われ・・・

P9090255

 橋梁が出現すると・・・

P9090252

P9090251

 そこは、八ヶ岳からの清水が流れる沢でした。

P9090164

 初めて現れたのトンネルを越えると・・・

P9090250

P9090248

 車窓の木立が低くなってきました。

P9090245

 車やバスが現れてくると・・・

P9090166

 日本で二番目に空に近い・清里駅に到着です。

P9090244

P9090128

 沿線随一の観光スポットだけあって・・・

P9090167

 駅員さんの常駐する、小海線では大きな駅ですね。

P9090242

P9090241

 駅横には、高原のポニーと呼ばれた小型SL・C56が展示されていました。

P9090240

 さあ、あと一駅・・・

P9090168

P9090238

 エンジン音をMAXにして右へ・・・

P9090236

 車窓に続く木立の海・・・

P9090170

 左へ・・・

P9090234

 低くなった木立を右へ・・・

P9090230

 小さい橋を渡ると・・・

P9090229

P9090228

 エンジン音が小さくなってきました。




P9090227

 そして、車窓左に見えてきましたものは・・・

P9090171

 キハ110系は、日本の鉄路頂点に登りつめたのです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

日本で一番空に近い駅へ[第7回]・・小海線・クライマックスは突然に

 10月14日鉄道の日に小海線のこの区間を記事にするのは光栄ですshine

train

(大袈裟なサブタイトルとは関係なく)小淵沢駅を出発したキハ110系の周りには・・・

P9090140

 黄金の稲穂、眼下の中央本線、そして南アルプスの山々。日本の心の故郷・美しい山里の風景がいきなり現れます。

P9090306

 鉄路を迎えるのは沿線のススキたち。

 進行方向左(南西側)では展望がよりひらけ・・・

P9090143

P9090144

 実りの秋を実感できる風景が、旅心を潤してくれました!

 一方、鉄路の方は・・・

P9090304

 直線の先が、八ヶ岳のすそ野を右側(東側)に回り込む準備を始めます。

 同時に車窓の方は、八ヶ岳斜面にひろがる小淵沢の家々とお別れするときがきました。

P9090145

 そして、大カーブ・・・

P9090303

 高原を走る小海線を象徴するような区間です。いきなり現れるクライマックスはこの付近。今日は足りない八ヶ岳の姿を、心の中で登場させていました。

P9090302

 そのころ、進行方向右側(東側)には・・・

P9090301

 田んぼアートです!青森とかで有名になったアート、八ヶ岳斜面の勾配から見られるとは思いませんでした。チョット感激です。

P9090300

 八ヶ岳は見えないまま、鉄路の走る斜面が少し平坦になり・・・

P9090299

 周りに樹木が現れます。

 その先・・・

P9090294

 背の高い草原と・・・

P9090293

 深い森と・・・

P9090292

 斜面を緩やかにカーブしながら、小海線は上っていきます。

 時折見える・・・

P9090296

 南東側斜面。雲に覆われているところが、南アルプスですねー。

P9090291

 やがて、八ヶ岳のふもとで平地と家並みが沿線に現れると・・・

P9090149

 鉄路が二つに別れ・・・

P9090287

 最初に停車駅、甲斐小泉駅に到着します。

P9090152

 小淵沢駅-甲斐小泉駅間、高原列車の雰囲気を楽しめる、小海線で一番好きな区間でした。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

日本で一番空に近い駅へ[第6回]・・小淵沢駅から小海線・八ヶ岳高原列車が出発します

(小海線で予定していた前面展望が往路で撮影できなかったため、復路も乗車し撮影しました。往復をミックス構成しています)

 小淵沢駅の改札を入ると・・・

P9090334

 通路に学生の絵画が飾ってあるではないですか。

P9090329

 山々を背にした羽飾りをした武将の姿・・・

P9090331

 秋の小海線、まさに小淵沢駅に到着しようする直前の大カーブ。素晴らしいです!

P9090333

 その小海線・・・

P9090336

 中央本線ホームにあるこの階段が、高原への入り口です。

 小海線ホーム、山小屋づくりの売店の隣に・・・

P9090123

 キハ110系が停車していました。

P9090125

 八ヶ岳高原列車と名付けられた列車の停車するホームには・・・

P9090319

 小海線の始発駅を表す駅名票・・・

P9090318

 そして、大型の木造沿線案内板があります。上部に八ヶ岳が描かれていますねー。

 

 さあ、乗り込みましょう。キハ110系が見据えるその先には・・・残念ながら案内板にあるような八ヶ岳は見えません。

P9090126

 見えないなりに出発進行・・・って、いきなり・・・

P9090130

 貴重な電車となったオール2階建て・215系車両ではないですか。

P9090131

 ホリデービューやまなし号として活躍しています。

P9090132

 上りの運転時間まで、待機線で休憩ですね。

P9090133

 行ってきまーす!

P9090313

 中央本線と小海線の線路を結ぶXポイントを越え・・・

P9090310

 右手へカーブしていきます。そして、上っているのがはっきりわかる1本の鉄路になり・・・

P9090309

 中央本線を左にして・・・

P9090136

 どんどん高度を上げていきます。

P9090307

 もはや中央本線とはこれだけの高さの差ができました。

P9090138

 力一杯のエンジン音をうならせて、キハ110系は鉄路を上っていきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

連休最終日・体育の日の街角風景(2/2)・・表参道からウルトラセブンの休日へ

 表参道にあるキディランド・・・

Pa080606_2

 いつも多くの人で賑わっていますねー。

Pa080588_3

 そのキディランド横のこみちに思い出の地があります。

Pa080589_2

 吉田拓郎さんの歌で有名になったといわれる(よく知らないのですが)ペニーレインというお店があった付近です。ビートルズの歌がいつもかかっていたという伝説のお店・・・

Pa080592_2

 このあたりでしょうか。

 向きを変えてみるとこのような感じで・・・

Pa080595_2

 餃子屋さん、向かいがタイレストランと、今らしいですねー。

 しかし思い出の地はここでなくて・・・

Pa080594_2

 こみちの突き当りにあった神宮橋ビル、その地下1階・OH!GOD!(オーゴッド)という食事もお酒も楽しめて、大きなスクリーンにはBGMかわりにいろいろと映画が映し出されていたお店です。

 今となっては死語ですけれど、「プールバー」「カフェバー」の部類に入るお店だったかもしれません。静かな裏通り、中に入るとワイワイ・ガヤガヤ。この表参道で数少ない朝までやっているお店、ここで一杯やって新宿から夜行でスキーへ行った先輩もいました。・・・でも、表参道の裏路地の役割は変わったようです。

wine

 話変わりますが、カフェバーのお気に入りは渋谷・ハンズの向かいにあったチャールストンカフェというところです。サボテンのお酒・テキーラをベースにしたマルガリータ、特に砕いた氷がいっぱいのフローズンマリガリータにはまりましたねー。

 話は戻ってこの表参道裏通り・・・

Pa080598_2

 このお店、昔はフレンチ・クォーターという名前でした。素敵なイタリアンのお店で、ティラミスに初めて出会った思い出があります。

Pa080599_2


 そしてここから表通りに出ると、どうしても渡りたいもう一つの歩道橋がありました。

Pa080602_2

 橋の上から広がる景色。西側原宿駅方向・・・

Pa080603_2

 そして、東側表参道駅方向です。

Pa080604_2

 特に、クリスマスイルミネーションの頃は、ロマンチックこの上ないですね。混みこみでゆっくり見ていられませんが、写真のように目の奥に記録されたような気がします。

 そんな表参道から東京メトロ・銀座線に乗って・・・

Dsc05087_2

 乗り継いだ訪れた先では・・・

Pa080621_2

 大好きなウルトラセブンが商店街をパトロールしているではないですか!

Pa080629_2

 いえ、パトロールというより、「人気者・休日お散歩」っていう感じでした。

Pa080612_2

 なんと凛々しいルックス・・・

Dsc05097_2

Dsc05102_2

 しかも、親しみにあふれています。

 ところは、巣鴨の地蔵通り。ゆるキャラ・すがもんとのコラボもパチリ。

Dsc05099_2

 セブンがやってくると聞きつけて参上しました。寺社系の通りながら地下鉄で30分くらいの表参道とは一線を画しますね。

そんなセブン・・・

Pa080631_2

 別の街のパトロールに出発するのでしょうか・・・

Pa080632

 お別れの時がきました。

Pa080634

 ワンポーズ決めてくれて・・・

Pa080636

 去っていきました。

 ありがとう、セブン! さあ、お家へ帰りましょう。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

連休最終日・体育の日の街角風景(1/2)・・表参道も北海道フェアの代々木公園も人×3

 遠出する人たちが多く、東京駅フィーバーもあって、一見静かそうな週末の原宿駅でしたが・・・

Pa080564_2

 ここ代々木公園で開催していた・・・

Pa080546_2

 北海道グルメのイベントは・・・

Pa080551_2

 人だらけでした。

 せめて、のびーるチーズケーキだけ求めたいなあ、なんて思っても・・・

Pa080548_2

 写真の店頭からずーうーうーっと列ができていて1時間くらいは待つらしく、あきらめました。

Pa080550_2

 んーって歩いていると・・・

Pa080555_2

 緑の放牧場と海岸風景で大好きな鉄道路線・日高本線にある街・浦河の表示。

 つぶ貝カレーの表示があります。列も短め、いってみましょう・・・

Pa080558_2

 つぶ貝がたっぷり。淡白な味の貝なので、カレールウに合います。いけるいける。

 ・・・と食べていたら、売り切れましたーの声。手早く気持ち切り替えて、まずは正解でした。

 あきらめたお店たちも、折角なので残しましょう。

 うにごはんに・・・

Pa080552_2

 生メロンソフト・・・

Pa080553_2

 ジンギスカン・・・

Pa080554

 会場を後にして、参宮橋へ戻ってきました。

Pa080561

 目の前の明治神宮の緑が鮮やかです。

Pa080559

 そういえば、土曜日の鉄道フェスティバルは神宮外苑の明治公園、明治で始まり明治で終わった週末でした。

 ここまできたら・・・

Pa080567

 この歩道をのぼります。

Pa080568

 まずは、瀟洒な原宿駅。大混雑です。

Pa080570

Pa080571

 西を向くと国立競技場、神宮入り口。

Pa080572

Pa080574

 そして、東側に・・・

Pa080573

 緑に包まれた風の街・表参道の大好きな風景に浸ります。

 そして、並木道の北側を歩いて・・・

Pa080578

 久しぶりのラフォーレを1枚パチリ。

Pa080579

 東側には、東急プラザが表参道の新しい顔になっていました。

Pa080581

 表参道には、小型のオープンカーが似合いますねー。

Pa080584

 表参道駅方向へ南側の並木をあるいていくと・・・

Pa080585

 表参道でズーッと元気に頑張っているキディランドが見えました。

Pa080586

 この裏街角なんか少し懐かしんじゃおうかなー、という気分になりました。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

日本で一番空に近い駅へ[第5回]・・中央本線・小淵沢駅へ到着、お楽しみは駅蕎麦です

 甲府駅を出発した普通列車は、韮崎駅付近を北側の芽ケ岳を車窓右に見ながら、快走します。

P9090092

P9090093

 並走する中央高速道の橋脚も、アクセントになっていました。

P9090095

 途中の駅も、ホームの隙間から家並みが見えて、のどかそのものです。

P9090097

P9090098

 そういう車内も、ゆったりのどかな雰囲気です。

P9090087

 小さいですけれと、テーブルのあるシートはイイですねー。P9090101

 日野春駅では・・・

P9090107

 とっても印象的な庭木がホームのそばにありました。

P9090108

 緑のおまんじゅうアートのようにも見えます。

 その先、長坂駅のさらに先では・・・

P9090112

 壁のような南アルプスが・・・雲に隠れていました。ちょっと残念!

 それでも天然水で有名な白州の谷の手前に風景は、日本らしい山里そのものです。

P9090115_2

P9090116

 線路が分岐を始め・・・

P9090117

 小淵沢駅へ到着しました。

P9090118

P9090119

 JR最高地点へ向かう小海線の始発駅です。おおっ、5年ぶりのホームが見えました。

P9090339

 八ヶ岳山系は、雲に覆われていますけれど、高原への入り口気分は満点の駅です。

P9090338

 駅前もこじんまりとして、可愛らしい駅舎ですね。

P9090323

 その小淵沢駅、高原野菜とカツの弁当や元気甲斐など駅弁もたくさんありますけれど、ここは・・・

P9090324

 これら駅弁を作っている丸政さんの、駅そばと行きましょう!

P9090325

 ここは、シンプルに、冷やしかけそば・290円です!

P9090326

 東京の駅そばと違い、つなぎ少なめで少し歯ごたえある麺をすすると、信州―そばだー!って心の叫びが体の中を駆け巡ります。小淵沢は山梨県にあるので、厳密にいうと信州じゃない、おしかりを受けそうですが、山梨はほうとう、蕎麦は信州ということにしましょーね。

 そんな中、器に隠れて見えるのは・・・

P9090327

 SLの楊枝入れ、カワユイですねー。

P9090328

 堪能したこの立ち食い蕎麦は、八ヶ岳名物観音生そばでしたー。

 さあー、ホームへ行きましょう。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

日本で一番空に近い駅へ[第4回]・・中央本線・山を駆け下り甲府駅へ

 ブドウ棚越しに、甲府盆地・甲府市街を遠望しながら駆け下りて行くスーパーあずさ・・・

P9090024

 山の斜面に沿うように西へ向きを変えていきます。すると現れる・・・

P9090028

 塩山市街。どんどん高度を下げて・・・

P9090031

 遠くに見えた果樹園ハウスも目の前です。

 武田信玄ゆかりの恵林寺や、これから秋に向けて行楽客が増える西沢渓谷への入り口・塩山駅を高速で通過すると・・・

P9090037

 今駆け下りてきた山が見えてきました。

P9090042

 先ほど見下ろした風景の中を走っているんでしょうね。二つの風景が頭の中で交差します。

P9090047

 小川のあたりは、強い日差しが照りつけています。

P9090054

 果物作りに最適な場所なんですね、なんて思っていると・・・

P9090058

 反対側(進行方向北側)は、まさに一面の果樹園でした。

P9090064

 石和温泉付近を過ぎると、近づいてくる鉄路が・・・

P9090065

 富士山の西側ふもとを走る身延線です。ということは・・・

P9090067

 駅近で城郭の見える甲府駅に到着です。

P9090068

 ここで、スーパーあずさとはお別れです。

P9090069

 終着・松本駅まで約1時間。行ってらっしゃい!

P9090070

 ここから、普通電車の乗り換えます。

P9090071

 115系電車にご挨拶して・・・

P9090074

 すぐに、出発進行!

P9090075

 本線に合流していきます。

P9090076

P9090077

P9090078

 この先、どこまでも続く直線部でした。

P9090080

 同じ115系とすれ違い・・・
P9090081

 なおも続く直線、そして最初の停車駅・竜王駅です。

P9090082

P9090083

 乗換駅の小淵沢駅までは後30分くらい。

P9090085

 遠望できる南アルプスに、雲が厚くかかってきました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

日本で一番空に近い駅へ[第3回]・・中央本線・険しい山中を耐えて耐えて勝沼の大展望へ

 この連休、多くの人を信州に送り届けたであろうスーパーあずさ。

928日の乗車記事へ戻ります。

 

山梨県へ入り、トンネルをくぐり、谷を越え、スーパーあずさは快走します。

三角形の見本のような山を見て・・・

P9099966

 スケールの大きい鳥沢駅付近の鉄橋を渡り・・・

P9099971

 桂川の河原に広がる田畑の幾何学模様に感動し・・・

P9099972

 日本三奇矯・最寄駅である猿橋駅を、奥に中央高速道のトラス橋を見ながら高速通過して・・・

P9099974

 次の大月駅で富士急行線と別れ・・・

P9099982

P9099983

 笹子川沿いのわずかな平地に出来た水田の稲穂の鮮やかさに目を奪われ・・・

P9099987

 山里の初秋を味わい・・・

P9099989

 狭い谷を分け合うように、中央高速道とも並走し・・・

P9099994

 時にはその間に山里を挟み・・・

P9099995

 そして寄り添ってきて・・・

P9099996

 ニアミスして・・・

P9090002

 ちょっと山中を振り返ると・・・

P9090011

 やがてトンネルの中へ・・・

P9090006

 狭い谷の最後の駅、旧名・初鹿野駅 現在の甲斐大和駅を越え、一瞬の隙間から・・・

P9090013

 甲府盆地が見えます。

 

 山中を耐えて耐えて走りぬいて最後のトンネルを抜けると・・・

P9090016

 勝沼ぶどう郷駅の前にある、ぶどうの丘が優しく迎えてくれます。

そして・・・

P9090022

 登場する甲府盆地の大パノラマ。

中央本線(東線)はやめられません!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

東京駅で始まり 東京駅で締めくくった 今年のバースデーウィークでした

 ラストの土曜日は・・・

Dsc04999

 8月の青梅鉄道公園でのJR東日本の帽子に続き、JR東海のしかも新幹線の車掌帽をかぶることができました。どういうことかというと・・・

Dsc05032

 鉄道記念日・1014日をひかえたこの週末、日本のあちらこちらで鉄道関係の催しがあり、東京では6日、7日に神宮外苑の明治公園で鉄道フェスティバルがあります。(7日も開催しています!)

Dsc04995

 メインステージでは機関車トーマスのショーです。

Dsc05027

 人気ありますね。

Dsc05019

 今回は、伝説の英雄と呼ばれた・・・

Dsc05026

 ヒロが登場しました。

Dsc05021

 チビッコたち、大盛り上がりでしたねー。

Dsc05034

 トーマスのミニSL乗車会も、みんなの笑顔に包まれていました。

Dsc05018

 鉄道各社のブースへ向かうと・・・

Dsc05009

 空のブルーとマッチしたJR四国。

 JR九州は・・・

Dsc05011

 クルージングトレインとして注目を浴びているななつ星を前面にPR

 気になったブースは・・・

Dsc05016

 鉄道の技術を支えるこのブース・・・

Dsc05014

 大阪駅からの特急電車が線路幅の違う北陸新幹線へ直接乗り入れられるように計画されているフリーゲージトレインです。

Dsc05015

 モニターでは、スペインのタルゴ方式で詳しく説明していました。

Dsc05017

 他社ブース、たとえばJR西日本ではチビッコが記念写真を撮れる背景や・・・

Dsc04998

 JR東海では、N700系が背景です。イイナア、でも子供用か・・・

Dsc05007

 人が切れたタイミングでアシスタントの方に伺ってみたら、もしかぶれるならOKと。

 のっかる感じでしたけれど被れたので、落ちないようにかがみながら記念撮影しました。

Dsc05000

 少しルンルン気分で見上げる空は・・・

Dsc05036

 10月とは思えない夏雲でした。

 帰りは、NTTドコモ本社の特徴的な社屋が見える千駄ヶ谷駅から・・・

Dsc05037

 御茶ノ水駅で乗り換えて・・・

Dsc05042

Dsc05043

 東京駅八重洲地下街の韓国食堂へ。

Dsc05048

 生ビールのおつまみは・・・

Dsc05044

 キムチチジミ・・・

Dsc05045

 スンドゥブチゲです。

Dsc05046

 うどんで有名な杵屋さんの系列だけあって、とてもマイルドな味わいでした。

 ごちそうさま。

 その後、開業記念で発売している東京駅の模型(50万円!!!)をみて・・・

Dsc05079

 表に出ると・・・

Dsc05073

 開業したばかりのステーションホテルが人気を集めています。

Dsc05071

 いつか泊まりたいなーと思いつつ、もう一度 1日に行った南側ドームへ向かい・・・

Dsc05058

 さらにその先、お気に入りの風景に会いに行きました。

Dsc05068

 街角風景のなかにある東京駅・・・復元完成後まだ6日目なのですか、どこか懐かさを感じます。

 ここまで来るだけで、いつもの丸の内らしい落ち着きを見せてくれる土曜日の夜でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

チェック・シャツ気分の10月第一週

 国民栄誉賞が検討されているレスリングの吉田沙保里選手が5日お誕生日な今週。

エビちゃん、石田ゆり子、神田沙也加、浜崎あゆみ、滝クリ、黒木瞳、堀北真希(まとめて)さんなど、10月第一週誕生日の女性芸能人が多いですね。

 全然関係ないのに、同じ週というだけで、嬉しいやら、勝手に照れちゃうやら。

9月末のクールビズも終わった今週、気分も新たに・・・

Dsc04968

 新色シャツの登場です。

 イヤー、ほんとうにチェック大好きなんですよね。タータン、ギンガム、グレン、タッターソール、ブロック。今回、マアなんとか三つボタンスーツ下でもOKなタータン風シャツを半ば衝動買いしちゃいました。お供のネクタイは・・・

Dsc04985

 緑色をベースにしたトラッド風の小紋柄。とにかく万能で、困ったときはこの1本といった感じです。そういえばこの組み合わせ。赤に緑でクリスマスカラーっぽいですね。

 チェックのネクタイも多く持っているんですが、チェック・オン・チェックは合わせるのが難しいため、チェックシャツの時は、ハンガーで休憩しています。

 折角なので。オキニのネクタイを記録しちゃいましょう。

shine

 第3位・・・

Dsc04981

 初めて購入したボウタイです。

 学校の喫茶模擬店で店長をすることになり、トラッドの聖地と勝手に呼んでいる銀座テイジンメンズショップで求めまたのです。この時は、蝶結びした時に、強めの印象になるレジメンタル系のストライプにしました。このほかにもお祝いごと用にグレンチェックのボウタイ、クロスにしてピンでとめるだけのドット柄クロスタイを持っていますが、いちばん愛着のあるのはこの1本です。

shine

 第2位・・・

Dsc04983

 タータンチェック風のコットン製タイです。

 コットン製は、初夏から初秋まで軽やかな雰囲気を醸し出すので、半袖シャツなんかにも合っちゃいます。しかし、昨今のクールビズで出番は減っています。逆に、なかなか手に入らないパステル系チェックのコットン製なので、重要文化財のように、年2-3回これっというとき着用しています。

shine

 第1位・・・デケデケデケデケ・・・ジャーン!

Dsc04982

 タッターソール風チェックのシルク製タイです。

 レモンイエローをもっとライトにしたカラーリングに、ブルー、イエロー、グリーンのラインが走っています。

 スカイブルー系のシャツ、特にボタンダウンや襟元の丸いラウンドカラーのシャツに合わせると、その日一日、身の周りに爽やかな風が舞うような感じに包まれます。これも傷んできているので、たまーに登場です。ブログのURLにしている、583系電車みたいなものでしょうか(325日に記事にしましたー!)。

 

 そんな今週・・・

Dsc04959

 函館からデパートの催事に出店していた、ローストビーフも入ったちょっと豪華なお肉のお弁当に・・・

Dsc04962

 もろもろ足して、それらしい夕食になったり・・・

Dsc04963

 その後には、まあるいケーキではなく、バラエティに富んだタルトの中から・・・

Dsc04967

 選択権を使って、フルーツてんこ盛りのものを、プレーンなダージリンティーで楽しみました。

 さあ、これから秋も本番、ぐるり365日がたって、新しい1年が始まりました。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

皇居正門鉄橋(二重橋) と 正門石橋 のある風景

 内堀通りのこの横断歩道を渡ると・・・

Dsc04852_2

 玉砂利に覆われた皇居外苑です。

Dsc04857

 とても広々としていますねー。

 そして、奥には・・・

P9290535

 手前の正門石橋と、二重橋と呼ばれる奥の正門鉄橋、その上に伏見櫓と、緑をまとった その姿を一望に出来ます。

 おごそかなその風景にであうと、なんとなくですけれど、背筋が伸びたような感覚にいつもなりますね。

 同時に気になるものも・・・

Dsc04861

 まず、写真中央に見えた祝田町見張り所です。

 8時だよ全員集合で見かけた様なお巡りさんの自転車・・・

 「わーたしーがぁーささぁーげーたーそーのひーとぉーはー・・・」って思わず出ちゃいそうです。

Dsc04880

そのお巡りさん、見張りだけではなく、丁寧に道案内もされていました。お疲れ様です!

 次に、写真中央から右へ行く飛び石。

Dsc04882

飛び石たちの創り出す緩やかなカーブのフォルムが、たまりません。

 では、改めて飛び石フォルムを遠望します。

Dsc04857_2

 そして、いよいよ・・・

Dsc04859

記念の写真を撮りましょうね・・・といわれる石橋と奥の二重橋の姿です。

P9290521

洋風なアーチ橋の石橋の姿は伏見櫓と絶妙な組み合わせです。余談ですが、和と洋の建造物組み合わせといえば、長崎県平戸の有名な寺院と教会・光明寺とザビエル記念聖堂も印象的でした。

 石橋の近くまで進みます。

P9290524

Dsc04869

皇居正門・・・

P9290528

橋の飾伝統と正門の重厚な扉の対比も、見ごたえがあります。

P9290529


P9290533_2

そこから目を転じると緑の中に二重橋(正門鉄橋)が。

P9290531

一般参賀では、多くの人が渡られるんでしょうね。

 このまま、石橋側に振り返って・・・

Dsc04871

もっと振り返ると・・・

P9290532

皇居外苑の奥に丸の内ビル群のパノラマがひらけます。

 わずかな玉砂利の音をBGMに、静かですがすがしい時間を過ごすことができました。

そういえば、橋のかかる二重橋掘りでは・・・

Dsc04863


二羽の白鳥が優雅な姿を見せてくれました。

Dsc04866

Dsc04867

その白い姿が水面に反射して、文字のようにも見えますねー。

subway

 帰りは・・・

Dsc04841

外堀に入っていくような感じで作られた日比谷駅への入り口を・・・

Dsc04908

 降りていきます。

Dsc04907

 皇居を、東京駅を、丸の内を見続けている青空と、数十分のお別れをしました。(終)

Dsc04909

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

二重橋への道すがら、東京三大銅像に寄り道して・・・

丸の内から外堀を横切ります。

P9290518

 その先は、駅舎復元フィーバーと無縁の世界でした。

 特別史跡の江戸城跡です。

Dsc04842

 ゆったりとした敷地の中を、見事な松の並木に沿って進んでいくと・・・

Dsc04845

 二重橋への案内が現れ・・・

Dsc04847

 そのまま行こうとしたら・・・

Dsc04848

 ちょっと気になる、鉄路のような曲線の横道に・・・

Dsc04849

 まるで透明人間が語り合っているような、ベンチの列がありました。

 そしてその先に・・・

P9290537

 楠正成の銅像があります。

 上野公園の西郷隆盛、靖国神社の大村益二郎と並ぶ東京三大銅像と呼ばれていますね。

P9290538

 ジィーッと見ていると、天空に向けて、今にも走り出しそうなその姿。見事でした。

 そうそう、後姿さえも力強いんです。

Dsc04903

 城跡の緑と青い空に調和している銅像・・・台風をひかえた雲に立ち向かっていくようにも見えます。

 その一方・・・

Dsc04904

 北側には売店があって・・・

Dsc04906

 名前はまさにくすのき。ソフトクリームの置物が、銅像見て勢いたっちゃた身をほんわかクールダウンさせてくれます。

 かと思えば・・・

P9290542

 松らしい松の木の下に出来た・・・

P9290544

 とっても贅沢な木陰の中で、自転車が休憩していました。

 さあ戻って二重橋へまいりましょう。

Dsc04894

 って思ったら・・・

Dsc04889

 お空にお魚が泳いでいます。

Dsc04892

 4月にスカイツリー付近の上空でも見かけた飛行船でした。

 そして、もとに戻って松の並木に案内されていくと・・・

Dsc04846

 江戸城の面影を残す伏見櫓が、正面やや左側に大きく見えてきました。

 逆に振り返ると・・・

Dsc04850

 正面の光景とは対極になる、丸の内のビル群が緑の奥にたたずんでいます。

 さあ、二重橋はもうすぐです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

東京駅から週末の丸の内へ・・・

 多くの人で賑わう完成前の東京駅舎、新丸ビルから回り込んで、丸の内へ足をのばします。

P9290511

 お花越しの東京駅・南側ドームの姿が、街路樹とも調和して、最高―。

P9290514

 今回の東京駅めぐりで一番のお気に入りが撮れました。

先へ進むと・・・

Dsc04827

 新丸ビルに・・・

Dsc04824

 台風前のお日様が反射しています。先週のサンシャイン60に続く、ビルとのコラボでした。

Dsc04825

 振り返ってズームすると・・・

Dsc04828

 並木道越しに東京駅が見えました。

 そんな丸の内も、仲町通りなどは、週末らしく静寂そのもの。

Dsc04826

 豊かな緑に降り注ぐ日差しが、初秋の爽やかさを醸し出してました。

Dsc04829

 そばにある東京メトロ千代田線の二重橋駅の入り口もお洒落なスケルトン形でした。

Dsc04831

 東京駅を見に来る人たちで賑わっていた新丸ビル付近でしたけれど、ここまで来て東京駅側に振り返っても誰もいません。

Dsc04832

 三井グループの街・日本橋に対して、三菱グループの街・丸の内と理解していましたが、三井のビルも見つけました。記念に1枚。

Dsc04833

 そのビルの前を走っているのは・・・

Dsc04834

 日本橋起点の国道1号線でした。

Dsc04836

 少し進むと・・・

Dsc04837

 日本で一番古い生命保険会社のレトロな建物がありました。そういえば、明治生命は三菱グループでしたから、やはり丸の内ですね。

 重要文化財の明治生命館・・・

Dsc04838

 赤レンガの東京駅とはまたちがったレトロさにあふれた外観でした。

 さらに先に進むと・・・

Dsc04839

 皇居前の広々とした空間に緑が映えます。

 馬場先門までくると・・・

P9290516

 二重橋付近が遠望できました。

Dsc04840

 そういえば、TOKIOの城島リーダーがMCしているテレビ朝日のあさナビで、二重橋を訪問していました。気分は、東京観光、行ってみましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

東京駅 そのスケールに圧倒・復元完成初日のライトアップ、BGMはシナトラで・・・

Dsc04926

 929日に復元完成前の姿を見に行った東京駅・・・初日の101日を記録に残すべくライトアップにGOです!

 ライトアップ前後を印象を確かめたくて18:00 5分前に到着。

 場所は、北側ドームです。

 いること、いることカメラ・形態を構える人たちで大賑わいの東京駅・・・

Dsc04918

 そして、18:00を迎え・・・

Dsc04922

 東京駅は、多くの歓声とともに、そのスケールの大きい輝きを、シルエットを、私たちに見せつけてきました。

 そして中央部。昼間(9/29撮影)は・・・

P9290491

 それが・・・

Dsc04939

 さらに南側ドーム(9/29撮影)・・・

P9290499

 周囲が明るくても、これだけの幻想的雰囲気です。

Dsc04946

 その南側ドーム・・・

Dsc04942

 上部だけ見ると、駅のライトアップとは思えない その造りです。

 そういえば・・・

Dsc04949


 29日は白く覆われていて見えなかったビクトリア調ドーム内部も、お披露目されています。

Dsc04950

 よく見るとNKHの特番で難航されたという龍のモチーフもありました。

Dsc04955

 ドームの真下に立ち、見上げました。

Dsc04956

 見上げたその先には、巨大な万華鏡の世界が広がっているかのような錯覚に陥ったのです。

 

 時間はさかのぼりますけれど、ライトアップ前の丸の内北側・・・水色からネイビーブルーへと空が創り出す青色のグラデュエーションと、それを反射し映し出した車のボンネットに心ひかれました・・・

Dsc04910

 80年代にヒットしたシャカタクのナイトバーズ、そしてちょっと古いですがフランク・シナトラの夜のストレンジャー、この2曲が さもBGMのように感じちゃう丸の内101日の夕暮れでした。同時に、東京駅復元のため尽力された延べ10万人といわれる方々が、達成感と安堵の晩酌をされているだろう姿が、ちょっとだけ頭の奥をかすめたのです。

pencil

[豆知識]スカイツリーと両方いらっしゃるときは、東京駅北側ドームから徒歩約9分の半蔵門線・三越前駅をお使いください。押上駅まで15分くらいで行っちゃいます。ただし、ライトアップを見るなら、スカイツリーを先にして東京駅を後にした方がいいですね。夜の三越前駅→押上駅は、通勤帰りでとても混みます。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

日本で一番高い駅へ・・10月1日東京駅の駅舎復元完成を前に(その2)

P9290491

 箱型の最新ビルたちを背景にした東京駅、存在感を感じます。

 イヤー、それにしても横幅300メートル超というのは、改めて驚かされる規模です。

P9290492

 北側から回ってきて、南側ドームへ。右側に見えるのは東京郵便局です。

P9290499

 都バス停留所や幅の広い横断歩道のあるこの付近からは、展望がひらけるので、北側に向けて駅舎全容を記念撮影できました。

 さて、目の前の南側ドームの内部は・・・

P9290507

 丸の内南口の改札になっています。

そのドーム外観・・・

P9290508

 時計のあたりをじっくり見ていたら・・・

Dsc04816

 映画バック・トゥー・ザ・フューチャーを思い出しちゃいました。なぜかわかりませんが、ヒュール・ルイス&ニュースの主題歌・パワー・オブ・ラブがBGMで聞こえてくるようです。

 記念写真を1枚撮って、南端(右側)行ってみましょう。

P9290510

 1日から実施されるライトアップに使う照明も、準備完了でした。

P9290506

 はとバス乗り場の手前、作業員の方々が窓を磨かれていました。お疲れ様、ありがとうございます!

P9290501

 これが駅舎の最南端です。隙間からは、山手線が見えました。

P9290504

 振り返ると・・・

P9290505

 赤レンガの向かいに、最新ビル・・・

P9290502

 新丸ビルがそびえています。

 行ってみましょう。

Dsc04819

 天井の無い展望バスの赤い色が、緑に調和して、はまっていました。

Dsc04820

 店舗エリアの中からは・・・

Dsc04794

 北側ドームが見えます。なかなかおしゃれな感じですね。

Dsc04795

 エスカレーターで上がると・・・

P9290481

 ゆったりしたスペースから・・・

Dsc04789

 南側ドームが望めます。

P9290482

 ガラス越しとはいえ、下から見るのと、また違った印象ですね。

P9290485

 加えて、ガラス越しに駅舎を正面から観ることができるスペースもありました。写真はありませんが、素敵なソファースペースなんですよー。

P9290473_2

P9290474

 さあ、新丸ビルをあとにして・・・

Dsc04821

 もうちょっとお散歩しましょう()

Dsc04802

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »