« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

日本で一番高い駅へ・・10月1日東京駅の駅舎復元完成を前に(その1)

P9290514

 高い駅・・・標高での日本一を一昨日から記事にしている最中ですが、もう一つの「高い」・・・秋の話題・費用面で日本一高い東京駅(中央停車場)の復元完成が明日になりました。

 前日にあたる今日30日に行こうと考えたのですが、台風17号接近で天気があれそうなので、昨29日にチョット様子を見に行ってきました。

train

 アプローチは、神田駅から。

P9290430

 駅舎裏側に入り込む中央線を使ってGO

P9290431

 山手線とすれ違いながら、高架ホームへ駆け上がります。

P9290432

P9290433

 だんだんと、北側部分が見えてきました。

P9290428

P9290427

P9290426

 中央線は、終着駅に到着です。

P9290421

 ちなみに、この中央線1,2番ホームからの見晴らしもナカナカです。

P9290437

 振り返ると、駅舎の裏側が・・・オレンジ色同志、似合いますね。

P9290439

P9290436

 ホームから見た中央部裏側・・・

P9290420

 そして、南側部分裏側です。

P9290419

 さあ、構内を南側から北側へ向かいましょう。

 丸の内側通路です。

P9290442

P9290443

 まだ一部工事が残っているようですが・・・

P9290440

 見学者用説明パネルも出来上がっていました。

P9290441

 100年かあ・・・人類誕生し新人類と呼ばれるクロマニヨン人登場した20万年の歴史からすれば、たったの0.05%程度のものです。片や、最新のコンピューターの計算回数は1秒間に何兆の上の何京回にもなりますし、長いのか短いのか、時間のことを考えていたらクラクラしちゃいました。

 こんな時は、現実に戻って・・・

P9290444

 駅の外観をかたどったスタンプラリーを10月末までしているようです。

P9290445

 いくつか重ねてスタンプするこれは1回目。そして・・・

P9290449

 2個押すと、だいぶん形が現れます。今日はここまで。

 通路中央部には・・・

P9290447

 赤レンガが・・・

P9290446

 駅百選認定駅の印、赤レンガドームです。

 ちなみに地下には懐かしい銀の鈴も残っています。ここで、待ち合わせた方も多いんではないでしょうか。

P9290451

 グラッフィックや案内で、雰囲気を盛り上げいましたー。

P9290454

P9290455

P9290457

 南側からきて、いよいよ北口から出場します。

P9290459

 ドームの内側・天井です。

P9290460

 さあ、いよいよ・・・

P9290463

P9290464

 北側ドームが現れました。

 ちょっと、歩き回りましょう。

P9290489

 それししてもこの洋風外観、日露戦争で勝ったために和風をやめ世界に通じるよう洋風にしたということを、昨日のNHK特番で知りました。建造物は、時代を反映しますね。

 同時に、設計の責任者だった辰野金造氏の偉業を改めて勉強しました。「外観は洋風だが魂は日本だ」 内装に干支や秀吉の兜のモチーフなど盛り込まれているんですね。(続)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

日本で一番空に近い駅へ[第2回]・・東京・神奈川の境を越えて中央本線は山深い山梨に

 武蔵小金井駅付近の住宅地を走っていると・・・

P9099889

 立川駅到着の電光掲示板表示が表示されました。

P9099893

 寄り添ってくる線路が現れると・・・

P9099897

 南武線電車が停車している立川駅です。

P9099899

P9099900

 その立川駅を発車して・・・(8月の青梅線の時に撮影したものです)

P8168726

 右側に折れる青梅線とbye-byeすると・・・

P9099902

 程なく、多摩川の大河原に出会います。

P9099905

 開放的だし・・・

P9099908

 見晴らしのいい、好きな景色です。

 そして、日野駅、豊田駅を過ぎると・・・

P9099910

P9099913

 豊田電車区です。

P9099914

 全身オレンジ色の201系もちらっと見えました!

P9099916

 休日のせいか、車庫(電車区)ではたくさんの電車が休憩しています。

P9099919

 そして、畑と住宅の中に位置する電車区にbye-byeして、浅川を渡ると・・・

P9099920

 京王線の上を横断し・・・

P9099922

 横浜線が近づいてくると・・・

P9099924

 広い校内の八王子駅です。

P9099927

P9099932

 その後、京王線と隣合わせの高尾駅を通過して・・・

P9099937

P9099938

 神奈川県との境、小仏峠越えに入ります。

P9099941

 ちらっと中央道が見えます。

P9099943

 その山の合間には・・・

P9099945

 観光釣堀がありました。下が良く見えるのも、カーブで振り子構造が効いているからですね。

P9099946

 そして、神奈川県の相模湖駅を超えると、相模湖の西端が見えます。

P9099948

 谷にかかる橋の上部が見ました。

P9099950

 藤野駅の次、上野原駅付近では、少し景色が開けてきます。

P9099956

 緑の中の家々、週末のお散歩が楽しそうな町ですね。

 そして、今まで気づかなかったんですが、水力系と思われる発電所の建屋がありました。

P9099959

 山間の水田と・・・

P9099961

 緑の中の清流・・・

P9099962

 深緑の山梨県東部側を、スーパーあずさは、快走します。

P9099963

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

日本で一番空に近い駅へ[第1回]・・スーパーあずさで中央本線を西へGo!

 6月記事の日本で一番海に近い駅につづき、今度は空です。

2011623日に過去の記録を使って1度記事にしたあの有名な駅・・・5年ほど行っていません。まだ、夏の暑さがが残っている秋の始まりにLet’s Go!です。

 ところは、青梅線のときと同じく新宿駅。

P9099852

 ただしオレンジ色のE233系では無く・・・

P9099853

 「10時ちょうどのーあずさ・・・」、そう E351系・特急スーパーあずさ でした。

カーブの多い中央本線を高速走行するべく、運動会の100m走でカーブの時チョット体を内側に傾けると同じように、車体全体を傾ける振り子式という構造の車両です。少し、形が違うように見えませんか?

そして・・・

P9099854

 白いボディに、山をイメージした尖がった形で「A」がデザインされたAZUSAのロゴ。落ち着いていておしゃれなE351系です。JRになってからの車両で、このスーパーあずさと初代成田エクスプレスの赤黒デザインはイイ感じで、オキニです。

 そんな、スーパーあずさ。さあ、乗り込みましょう。

P9099855

P9099856

 シックな色合いのシートが並ぶ普通車です。

中央本線の下りは、旅行・登山で土曜日が一番混雑するので(夜行あるころは金曜の夜が混んでいました)、乗車した日曜日は、この後もMax50%くらいの乗車率でした。

そして、定刻10:00に新宿駅を出発。

P9099860

 高層ビルの手前に、見えました大衆割烹「鳥園」の看板。

 レトロ雰囲気満点の思い出横丁の表通りにある比較的大きいお店で、機会があれば行っちゃうリーズナブルなお店です。もつ煮込み、定番焼き鳥、もやしナムル、冷やしトマト、そしてキュっ・・・いけません、まだ昼間でした。

P9099862

 大久保駅で総武線のE231系を捕まえます。

 振り返ると、青梅線道中でもみかけた、副都心の姿・・・

P9099863

 出発の時も、帰りの時も、中央本線に乗ったら必ず見ちゃう、好きな風景です。

 高架線をスイスイ走っていると・・・

P9099867

 三鷹駅を過ぎて・・・

P9099872

 三鷹電車区を越えて・・・

P9099875

P9099880

P9099881

 武蔵境駅のところで、西武多摩川線が、滑らかな弧を描いて離れていくのでした。

P9099886

 最初の停車駅、青梅線始発の立川駅は、もう直ぐです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

都電・荒川線の停車場たち(第2回) 夏のなごりのクリームあんみつ・・庚申塚駅

 ・・・という訳で、729日以来のシリーズ第2回に続いているのでした。

加えて、クリームあんみつを追ったこの夏・・・「遅い夏」の〆を。

P9100401

 ところは、都電荒川線が旧中山道と交差する駅、庚申塚駅です。

P9100391

 このホームには・・・

P9100393

 甘味屋さんがあります。

P9100395

 都電から降りて約5~6歩先は店内です。

 そんな、お店でいただくのは・・・

P9100397

 抹茶クリームあんみつです!

P9100405

 抹茶の寒天に黒蜜をかけたら、このつややかさ。これほど粒々した・つぶ餡も珍しいですね。寒天、餡、黒蜜、そしてアイス・・・混ざり合った味わいは、少し秋めいた中ても、夏甘味の素晴らしさを〆に楽しませてくれました。

 しかも・・・

P9100402

 都電の姿を見ながら、です!

 出入り口で、お客さんを迎えるお人形も、どこか福々しかったですね。

P9100407

 そうそう、夏も終わりです。

 しまわれちゃう「氷」ののぼり旗も記念にパチリ。

Dsc04778

 さあ、ちょっと地蔵通りでもぶらっとしますか。

P9100413

 せわしい都心なのですけれど、旧中山道踏切を渡る どこかのどかな都電なのでした。

P9100416

P9100418

 そうそう、お土産には、縁起のいーいー瓦せんべいなど、いかがでしょうか。

Ncm_1297

Ncm_1300

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

プロメテウスを池袋で鑑賞、そして・・・

 バットマン・ダークナイトライジング、アベンジャーズと続いて、この夏の大作で残っていたプロメテウスをようやく観てきました。

Dsc04716

 ひみつのアッコちゃん、バイオHなど、秋のラインナップになっていますが、まだ頑張っています。

 ・・・がしかし・・・エイリアンにつながる見どころはぽつぽつあれど、ナンダカナー って印象です。アルマゲドンやさらば宇宙戦艦ヤマトばりにのラストなんですが、そんな簡単にどうしてそんなきになるのーってカタルシスが足りなかったです。いろいろ出てくる船・装置も、たとえばエイリアン2のドロップシップの方が断然かっこいい。作品全体を圧縮し、生き残りとびったた宇宙船のその後のバトルなどに力点おけばよかったかもしれません。

アベンジャーズといい言えることは、予告編が素晴らしいということです。予告編で選ぶなら2作品とも、バッチリですね。

加えて、作品と関係ありませんが、弟トニースコット監督のご不幸・・・ご冥福をお祈りします。

・・・と上映終わった後の池袋は・・・

Dsc04717

 いつも通りの人込みでした。

 

 こんな日は、気分転換に、まず歩きます。

Dsc04712

 緑の多い池袋。

Dsc04718

 東池袋の方へ向かいます。

Dsc04713

 バイクたちもゆっくり休憩・・・

Dsc04721

 こちらでは、自転車部隊も休憩しています。

Dsc04726

 そびえ立つサンシャイン60、お日様が窓に反射して・・・。

Dsc04727

Dsc04728

 ちょうどこの辺りは、首都高の下に地下鉄有楽町線の東池袋駅です。

Dsc04723

 今日はもう少し先まで。

Dsc04704

 東池袋の高層マンションを超えると・・・

Dsc04732

 都電が、横切っています。

 その都電のホームからは、高層マンションとサンシャイン60が背比べしているように見えます。

Dsc04701

 そんな高層ビルの下を、都電は寡黙に走っていました。

Dsc04699

 さあ、自分の乗る都電が、早稲田駅方面からやってきました。

Dsc04738

 さあ、都電でGO

Dsc04734

 おおっ、昨年秋にイベントで追いかけた幸せの黄色い都電です。

Dsc04743

 皆さんにも私にもラッキーが訪れますように・・・

Dsc04745

 途中、ちっちゃいホームによって・・・

Dsc04747
Dsc04750

 坂を下りていくと・・・

Dsc04752

 目の前に山手線、そう 大塚駅です。

Dsc04755

 都バスとも出会って、カーブを左へ曲がると・・・

Dsc04760

 山手線高架下の大塚駅前駅です。

 もう少し先まで行きましょう。

Dsc04762

 730日に記事にした巣鴨新田駅を過ぎ・・・

Dsc04764

 住宅の間を進むと・・・

Dsc04767

Dsc04768

 巣鴨地蔵通り商店街への下車駅、庚申塚駅に到着します。

Dsc04773
 折角です。甘味など、食べたくなりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑮ 14時間26分の4stランナー・東北新幹線E5系使用はやて、旅の終わりはkissで

 これから続くであろう北への道を見つめるE5系・・・

P9089846

 さあ、乗車しましょう。

P9089847

P9089845

 明るい車内、普通車でもへッドレストがついて、気分はグリーン車です。

P9089850

P9089851

 さあ、1712分、定刻の発車です。

 青森市街地の奥に八甲田山系を見ていると、列車はトンネルへ。

Dsc04560

 イヤホンから山下達郎さんや松任谷由美さんの曲が流れる中、軽くキュッといって、ちょっと気持ちよくなったところで、旬味館で見て・・・

Dsc04549

 食べたくなったものを・・・

Dsc04561

 青森の魅力が洋風(何か懐かしい響き)弁当です!

Dsc04570

 イカメンチは、イカのさつまあげと言ったところでしょうか。程よい塩加減がイカの味わいを引き立てます。ピラフ風のホタテめしも、うまみ成分がたっぷり。白米、鳥スープ炊き込みご飯、そしてこのホタテスープ炊き込みご飯、三者三様の美味しさにあふれていました。

Dsc04586

 そんな、こんなで、68分に出発した東京駅に2036分到着しました(東北新幹線車窓は2011914,15,1024日記事あります。よろしければ!)

 その東京駅で見ちゃいました、Wkissを!

Dsc04577

 手前では、E4系こまち と E5系はやて。

 奥では、400系つばさ と E2系やまびこ。

Dsc04578

 特にE5系は、はやぶさとして単独運航されるので、連結シーンは珍しいです。

Dsc04579

Dsc04580

 この結合部に、時刻表通り定時運行された日本鉄道のソフトも含めた技術の高さを垣間見た気がしました。

bullettrain

 最後に、かつて訪問した五能線・日本海に沈む夕日を思い出しつつ、14時間26分を締めくくることにます。(終)

Dsc04568

Dsc01228

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑭ カシスティーをお土産にE5系で戻ります

 この先に駅の表示がありません。

Dsc04518
 秋田駅から到着した特急つがるが見つめるその先にあるもの・・・

P9089842

 廃止になった国鉄,JR北海道の鉄道連絡船であった青函連絡船の乗船場です。

Dsc04515

 不幸な出来事もあったと聞いていますが、たまに乗った旅人の自分には、乗船名簿を書く瞬間から旅情をかきたててくれる存在でした。

Dsc04519

 跨線橋からホームを俯瞰すると・・・

Dsc04520

 メモリアルシップとして停泊している八甲田丸の雄姿を見ることができたのです。

 新幹線開業も影響してか、週末土曜日にもかかわらず、静かな青森駅。

Dsc04521

P9089841

 E751系と昨年乗車した大湊線・キハ100系の並びを記念に・・・

Dsc04511

 東北新幹線の始発駅・新青森駅へ向かいます。

Dsc04523

 旧・東北本線(青い森鉄道)と奥羽本線の交差する複雑なポイントを通り・・・

Dsc04525

Dsc04527

 入り組んだ鉄路が・・・

Dsc04530

 ススキの導く単線になって・・・

Dsc04533

 目の前に壁のような東北新幹線・新青森駅が現れました。

Dsc04535

Dsc04536

Dsc04537

Dsc04540

 ひと駅区間だけお世話になった、701系電車にお別れして・・・

Dsc04538

 コンコースに上がって・・・

Dsc04543

 青森駅方面を振り返った後・・

Dsc04541

 先へ進むと、旅行客を迎える駅の姿に出会いました。

Dsc04542

Dsc04544

 美味しいもの、お土産が集まる駅構内の旬味館へ向かい・・・

Dsc04546

 お祭り気分の賑わいの中・・・

Dsc04548


 青森県が日本一の産地であるカシスティーと・・・

Dsc04576

 はとや製菓さんのアップルブランデーケーキを買い求め・・・

Dsc04588

 E5系はやぶさ型車両を使用した・はやて号を目指してホームへ。

Dsc04550

 行き止まりの鉄路と・・・

Dsc04551

Dsc04552

 E2系はやてを見ていたら・・・

Dsc04556

 静かーに、入線してきました。

Dsc04557

 E5系はやぶさ型です。上越・羽越・奥羽でめぐり会ってきた鮮やかな緑色をまとっているかのようでした。

P9089843

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑬ ハチ公神社に見守られ 日本海の代役・特急つがるで青森駅へ

 山肌にちょいと目立つ文字が・・・

Dsc04467

 「大」の字が表す通り、大館駅に到着です。

Dsc04465

 盛岡駅からの花輪線ルートで、数年前に途中下車しました。今回、そのまま行っちゃうので、前回撮影した写真を1枚。パン、パン・・・

Dsc01214

 旅の安全を見守るハチ公神社です。秋田県のハチは、大館市生まれだったんですね。ハリウッドで映画にまでなって、人を想う・その思いは世界に通じるものであることを改めて感じました。

 大館駅を出発すると、上り線と線路を分けて、秋田県・青森駅の県境へ入っていきます。

Dsc04476

 白沢駅―陣馬駅、特急日本海の引退前、ここで撮影された写真をよく見かけました。

Dsc04472

 山と山の狭いところを突き進みます。

Dsc04477

 そして、森の中にたたずむ陣馬駅ホーム。

Dsc04483

 山を越えると・・・

Dsc04479

 青森県に入り、弘南鉄道の表示が・・・

Ncm_1270

 大鰐駅です。

Ncm_1272

 東急電鉄の電車が活躍していました!

 その弘南電鉄線路、大鰐駅を発車すると、リンゴ畑の中に消えていきました。

Ncm_1274

Ncm_1275

 そして、その先の弘前駅を出たあたりから。お目当てのものが・・・

Dsc04494

 岩木山です!

 津軽富士ともいわれる岩木山、左右対称のすそ野が美しいですね。

Dsc04496

 その頃、反対側(東側)では・・・

Dsc04500

 夏雲ポッカリの下に、青森の稲穂が現れました。

 そして、新幹線の駅を併設する新青森駅を過ぎると・・・

Dsc04501

 JR北海道からやってきたスーパー白鳥と並走し・・・

Dsc04502

 青森駅に到着しました。

Dsc04505

P9089840

 15:47、東京駅を出発して9時間39分、寝台特急・日本海で1月に来る予定だった青森駅に、1月の急行きたぐに、今回の特急いなほ・特急つがるを乗り継いで、たどりつきました。

Dsc04512

Dsc04517

 お疲れ様、特急つがる。

 4thランナーの東京駅行き新幹線発車まで1時間半くらいあります。1年ぶりの青森駅、新青森駅を楽しみましょう。、

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑫ 特急つがるで奥羽本線を行く

 八郎潟・大潟村の東端を、車と競走しながら、特急つがるは快走します。

Dsc04375

 その奥には20年くらい前に訪れた草原の山・寒風山が遠望できました。

Dsc04372

 どこまでも続く一面の水田・・・

Dsc04378

 見上げると日差しと夏雲です。

Dsc04377

 水路状の川を渡ると・・・

Dsc04379

 八郎潟駅に到着です。

Dsc04382

 つがる に 今はやりのリゾートしらかみ の乗車看板が、並んで風に揺れていました。

Dsc04385

 八郎潟駅を出発して・・・

Dsc04389_2

 いよいよ秋田米を味わいます。

Dsc04396

 朝は海の駅弁でしたので、お昼は駅弁のもう一つの柱・お肉の駅弁を選びました。

 秋田といえば・・・

Dsc04392

 比内地鶏の鳥めしです1

Dsc04393

 そぼろに、焼き物に、つくね。傾けてもっていたようで、チョットよちゃったのcoldsweats01ですが、どこか薫り高い味わいは、最高ーです。

 しかも、比内地鶏のスープで炊き上げたご飯・秋田米・・・冷たくてもモッチリ感あり、こたえられません。

Dsc04394

 しかもカップにジュンサイ、いぶりがっこ、と秋田の味覚がギッシリ詰まっていました。

 特に、いぶりがっこの香ばしさは、キュッと一杯やりたくなるほどです。

 そのころ車窓では・・・

Dsc04397

 稲穂の先から、線路が合流してきました。

Dsc04401

 五能線です。そして特急つがるは、白神山地への南側入り口である東能代駅へ到着しました。

Dsc04403

 バスケットボールの強豪で知られた能代市・・・

Dsc04405

 五能線のキハ40系にお別れをし発車すると・・・

Dsc04409

 林立する秋田杉を見かけたと思ったら・・・

Dsc04417

 能代平野の奥に、白神山地の山影が遠望できました。

Dsc04416

 目が行っちゃった、小っちゃい森を見て・・・

Dsc04418_2

 穏やかな水面が緑を映す米代川を渡ります。

Dsc04422

Dsc04426

 のどかな二ツ井駅を過ぎると・・・

Dsc04429

 米代川の堤防沿いに走り・・・

Dsc04439

Dsc04440

 家々が見えてくると・・・

Dsc04444

 一本の鉄路が合流してきます。

Dsc04445

Dsc04449

 角館駅を南端に持つ第3セクター・秋田内陸鉄道です。

Dsc04450

 駅は、名前がチョット鋭い感じの鷹ノ巣駅です。

 すぐに発車すると・・・

Dsc04453

 夏雲を従えた山の水田や・・・

Dsc04455

 堀のような川風景・・・

Dsc04458

 ミニ鳥海山・・・

Dsc04459

 そひて、ススキとの共演と、車窓は続きました。秋田県最北の大館市が近くなってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑪ ちょっとコーヒー そして3rdランナー751系特急つがるで秋田駅を出発

 嵐の相葉さんなどがでるCMでたびたび見かける「なまはげ」のフォトスポットが秋田を感じます。

Dsc04320_2

 そんな、秋田駅前(西口)・・・

Dsc04321_2

 日差しがまぶしいです。

Dsc04322_2

 そんなときは、秋田に来ると良くよるコーヒー屋さんで冷たいものを。

Dsc04326_2

 そこは、2枚目の写真で右側に見えたビルの下にあるNAGAHAMAコーヒー店さん。

 ゆったりとした席でオーダーするのは・・・

Dsc04330_2


 世界遺産のアイスコーヒー、という白神山地の天然水で淹れたコーヒーです。

 まろやかな味わいのアイスコーヒーで、ストレートがピッタリ。ちなみにグラスの水もまろやかでした。ウレピー!

 コーヒーの香りを感じながら、東京を出発してからの6時間強をちょっと振り返って、日差しで火照った体をクールダウンです。

 

汗も引いて、秋田駅へ戻ります。

Dsc04333_2

 ゆろやかーなスロープの動く歩道をあがると、新しい新幹線こまちになる、E6系の横断幕が大きく掲げられています。

Dsc04315

Dsc04316

 さあ、改札へ入りましょう。

Dsc04317

 駅のコンコースには、何やら模型が・・・

Dsc04310_2

 青梅鉄道公園で運転台に乗ったD51です。

Dsc04311

 反対側には、実物の煙室戸が飾ってありました。

Dsc04312

 D51の金文字プレートが誇らしいです。

 そして、この通路には駅弁屋さんもあります。

Dsc04314

 お昼の駅弁を購入して、ホームへ向かいます。鶏かあ・・・。

P9089837

 特急つがる、青森駅行きが入線しています。しかも、奥に新幹線こまちとの2ショット。

 赤に近いオレンジ色でピカピカの車体はに、E751の型式文字が映えます。

Dsc04344

 せっかくです。男鹿線のキハ40系も記念にパチリ。

P9089832

 さあ、時間になりました。乗り込みましょう。

Dsc04343

 前の人の頭が隠れるようなゆったりシートです。

Dsc04357

Dsc04358

 13:08に定刻通り発車、ここからは奥羽本線です。

Dsc04347

 緑多い住宅地の奥には、夏雲が背景のように控えていました。

Dsc04351

 やがて、男鹿線があっという間に別れて、ススキの中に消えていくと・・・

Dsc04367

Dsc04368

 米どころ秋田の象徴、八郎潟の水田が窓一面に広がり始めました。

Dsc04371

 新潟平野、庄内平野、秋田平野、そして八郎潟。上越・羽越・奥羽とつながる路線巡りで、日本のコメどころが元気いっぱいの稲穂におおわれていることを実感したのです。

 さあ、味覚からも実感しましょう。

Dsc04391

 車窓に拡がる秋田の美味しいお米が嬉しい、駅弁です。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑩ お疲れ様特急いなほ、秋田駅に到着です

 再び日本海に出会った特急いなほです。

P9089801

 日本かとの隙間に建つ黒瓦の家々の横を通り・・・

P9089803

 海岸線を疾走します。

P9089810

 小さい浜が見えてくると・・・

P9089812

 海上に飛島の島影が見えました。

P9089815

 松原のような浜が現れると・・・

P9089820

 象潟(きさかた)駅に到着です。

P9089824

 駅を発車すると、東の松島、西の象潟と呼ばれるこの地を造った・・・

P9089826

 鳥海山の後姿とも呼べる景色が広がりました。

 この姿が、特急いなほから見える最後の姿・・・ありがとう!

 そして、空を見上げて、不思議な形の雲に気を取られていたら・・・

Dsc04273

Dsc04267

 羽後本荘駅、由利高原鉄道の接続駅でした。

Dsc04274

Dsc04277

 その後もポッカリ雲をお供に・・・

Dsc04279

 北上を続け・・・

Dsc04284

 秋田杉並木を見て・・・

Dsc04286

 色鮮やかな青・緑の競演を楽しみ・・・

Dsc04300

P9089827

 日本地理で習った雄物川を渡ると・・・

Dsc04304

Dsc04305

 家並みが一気に増えて・・・

Dsc04308

 奥羽本線がやってきました。

P9089828

P9089830

 新幹線こまちが走る鉄路です。

P9089831

 そして、秋田駅に到着しました。

 273キロメートルを3時間39分、走り終えた安堵の表情になっていたような気がしました。

P9089836

 ありがとう、いなほ!

Dsc04565

 第3ランナーの青森行き発車まで1時間・・・冷たいコーヒーが飲みたくなりました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑨ 鳥海山・姿三変化の記録

 庄内平野を快走する特急いなほ。

 鶴岡市あたりから見た車窓の鳥海山は、右側の山頂が高い非対称形なっていましたが・・・

P9089758

 東酒田駅のホーム越しに見ると、山頂が2つになってきました。

 ところどころある緑の集落との組み合わせも・・・

P9089760

 ただ一面の稲穂との組み合わせも・・・

P9089761

 絵になりますねー。

 少し家並みが見えてくると・・・

P9089767

 遊佐駅に到着です。

P9089768

 鳥海山への山形県側登山口の町でもあります。

 そして発車してすぐ・・・

P9089770

 山影だった鳥海山が、麓からの雄大な姿を見せてくれました。てっぺんも2つになって、ほぼ対称形になっています。

 少し引いてみると・・・

P9089773

 すすき、稲穂、そして鳥海山と青空、晩夏と初秋がコラボしているようでした。

 緑-青色のグラデュエーションで2枚、

P9089777

P9089782

 しばらくすると、2つのてっぺんが近づいてきて・・・

P9089788

 あっという間に、標高2236メートルのひとつの山型になったのです。

P9089792

 そして・・・

P9089793

P9089794

P9089795

 鳥海山とbye-byeする時をむかえました。

 その頃、左側には・・・

P9089799

 秋田県南端部の海岸線が、特急いなほをむかえてくれていたのです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑧ 稲穂を見守る美しい稜線・鳥海山!

 庄内平野の稲穂越しに、鳥海山の姿をとらえた特急いなほ。

P9089694

 鶴岡駅に到着しました。

P9089698

 致道博物館、カトリック教会天主堂など見どころ満載で、咲花・藤沢周平氏が愛してやまないという街・・・学生時代、街歩きした後に、富樫ろうそく店で絵ろうそくをお土産に買った思い出がふとかすめます。

 鶴岡駅を発車すると、豊かな水田を潤す、川を渡り・・・

P9089699

 稲穂の奥に出羽三山の山影を見て進む特急いなほです。(最上川はシャッターチャンスを逃しました。残念!)

P9089703

 その いなほ、鳥海山へ向かっているように走っているため、その姿は見えていませんでしたが・・・

P9089706

 酒田市へ向けてやや左側(西側)んい進路を変えたため、少しずつ見えてきた鳥海山です。

 線路脇では、緑に覆われた集落、豊かな実りが・・・

P9089710

P9089712

 日本の晩夏・初秋の素晴らしさを感じさせてくれました。

 やがて、合流してくる鉄路・・・

P9089713

 新庄駅を起点とする陸羽西線です。

P9089714

 その鉄路を追っていると・・・

P9089715

 鳥海山がその奥に!

P9089717

 そして余目(あまるめ)駅に到着です。陸羽西線側のホームは、1時間半くらいの間 次の列車が無いためか、ガランとしていました。

P9089719

 余目駅を発車すると、その裾野が平野まで広がっている鳥海山が、どんどん近づいてきます。

P9089720

 稲穂の奥に広がる稜線・・・

P9089731

 稲穂の色合いが微妙に変わっても・・・

P9089735

 その優雅な姿が、変わることはありません。

 やがって、鉄塔が現れ・・・

P9089741

 街の緑が現れ・・・

P9089743

 線路の数が増えてくると・・・

P9089745

 何度訪れたことのある酒田駅に到着しました。

P9089748

本間家旧本邸、山居倉庫など見どころ多い酒田市ですが、今日は車窓風景だけみてお別れです。

P9089746

P9089750

 駅を発車し、気動車電車混成の車庫を過ぎると・・・

P9089751

 そこには、もちろん・・・鳥海山です!

P9089752
 

 いよいよ、近づいてきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

いなほの恵みを受け継いで・・・東北から東京へ

 いなほに関連した記事をひとつ挟みます。

 

 この週末、都内・大塚にある天祖神社の御祭礼がありました。

Dsc04687

 一週間前に 特急いなほに乗って、新潟・山形・秋田で育った一面の稲穂を見てきた身にとっては、鳳凰のくわえている稲穂が、ひときわ大地からの届け物・恵みに思えたのです。

Dsc04686

 その稲穂をご飯として届けてくれる、巣鴨で人気のご飯屋さん・ときわ食堂の前で、その稲穂をくわえた鳳凰が待機しているのも、偶然とはいえ繋がりの妙味を感じました。

Dsc04683

 しかも、親神輿の前には。小ぶりな子神輿まであって、人間のつながりのようなものも感じたのです。

Dsc04681

 子神輿だって立派です!

Dsc04679

 商店街の奥の方では、また違うお神輿です。

Dsc04674

Dsc04690

 こちらには、今らしいトイストーリーや仮面ライダーを描いた子供神輿までありました。

Dsc04677

 腹ごしらえをし、気合を入れて準備している担ぎ手たちの登場を、いまかいまかと待っているお神輿たちでした。

Dsc04689

 今晩 炊き上がった白米は、ひときわ美味しくなりそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑦ 海岸風景を名残惜しみつつ山風景にスイッチ!

 今日は9月16日・日曜日・・・ほぼ1週間前に見た車窓風景が今でもよみがえってきます。

train

camera

 特急いなほは、鉄道写真を楽しまれる方が俯瞰写真をよく撮られる笹川流れ随一の景勝・蓬莱山を過ぎていきます。

P9089607

P9089609

 このいなほが走る風景を撮られている方もいたかもしれませんね。

 その先、漁港にかかるアーチ橋を見て・・・

P9089614

 トンネルを抜けると・・・

P9089616

 弧を描く堤防の下に、小さい白砂の浜辺が現れ・・・

P9089619

 海と空の境が、わずかな青さの違いで水平線になっていました。

P9089621

 空を見あげると、うっすら雲が・・・ 

P9089628

 海を見下ろすと・・・

P9089629

 澄んだ日本海のたたずむ岩礁が・・・高性能化されたデジタルカメラのおかげと感謝しつつ、シャッターを切ります

 その後も、漁港の町を越え・・・

P9089633

 20キロメートル弱 続いた笹川流れも終わりに近づきました。

P9089637

 羽越本線・新潟県最後の停車駅の府屋駅に到着です。

P9089640

 大部分が単線の羽越本線。上りの特急いなほと交換し・・・

P9089641

 山形県に入り、幅のある平野部を進みます。

P9089642

 空の雲も、夏のような秋のような・・・どんな形になればいいのかって悩んでいるように見えました。

P9089643

 海の間にかかしさんに見守られた稲穂も出現し・・・

P9089645

 海に流れ込む山の傾きも緩やかになってくると・・・

P9089655_2

 山形県の名湯・あつみ温泉駅に到着です。

P9089661

P9089662

 数年前に入湯しましたが、今日はbye-bye

 駅を発車すると重厚な瓦屋根の向こうに存在感のあるとんがり岩がありました。

P9089664


 岩の右側には、しめ縄もありました。由緒あるんでしょうね。

P9089665

 ・・・なんて見続けていると、しめ縄の続くこと続くこと。

P9089666

 そして・・・

P9089672

 最後の海岸線を振り返りつつ・・・

P9089674

 鶴岡市にある三瀬海岸の緑に覆われた断崖を合図に、日本海と別れます。

P9089677

 昔宿泊した鶴岡ユースホステルそばの三瀬駅のあたりを過ぎると・・・

P9089678

P9089679

 米どころ庄内平野の南端に入り・・・

P9089684

P9089686

 いよいよ、次のお目当て・・・

P9089692

 山形県からは出羽富士、秋田県からは秋田富士と呼ばれる、鳥海山が車窓を飾り始めました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑥ 海の渓谷・笹川流れを時速100キロで突っ走ります!

 高低差内無い海岸線を高速で通過していく特急いなほ。

村上駅の次、間島駅手前で現れた断崖に開いたトンネルの先にも青い海が見えます。

P9089582

 今度は、断崖を切通しにしていました。

P9089584

 すぐに新しい断崖と岩礁、そして奥に粟島です。

P9089585

 少し長い平地から粟島が見えたと思ったら・・・

P9089586

 漁港の先に、また山が海に流れ落ちていました。

P9089589

 緑をのせた小島の先には・・・

P9089590

 いつまでも見ていたいような、静かな日本海から生えているような山肌のコラボです。海の透明さが美しさをさらに引き立ててくれます。

P9089592

 振り返っても・・・

P9089593

 岩礁が現れて・・・

P9089594

 山の急激な落ち込みと小さな入り江の連続・・・

P9089595

 そんな合間で小さい駅(おそらく今川駅)のホームを通過して・・・

P9089597

 次の断崖に挑みます。

P9089600

 トンネルを抜けた先では・・・

P9089601

 粟島に一番近くなりました。島影さえも青い・・・青一色です。

P9089602

 そして現れた、砂浜・岩礁・緑をようした大きい岩・青い海・水色の空・・・

P9089605

 笹川流れを象徴するような、コンパクトな海岸風景がそこにありました。

 映画を見ているかのように次々に現れる海岸風景。見続けても見飽きることのない、自然の姿がそこにあったのです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って⑤ 485系特急いなほが海岸風景に飛び込んで行きます!

 海岸風景にかぶりつく前に、新潟駅弁の焼きたらこトロ鮭弁当で2回目の朝食、かぶりつきます!

P9089512

 出ましたー!

P9089517

 いかにもご飯が進みそうな薄―いピンクの焼きたらこ!

P9089520

 脂ののった鮭の切り身!

P9089521

 このおかずたちを生かし切るお米は・・・

P9089522

 ちょうど、車窓に広がっていました。

 海と大地の恵みに感謝しつつ・・・いただきまーす。

 ・・・しばらくすると、寄り添ってくる鉄路・・・

P9089524

P9089525

 新津駅からの羽越本線です。大阪駅からの特急・日本海は、深夜この鉄路を通っていました。

P9089528

 合流して、川を渡ると・・・

P9089532

 一面の稲穂を通って、坂町駅に到着です。

P9089535

 山形県の米沢駅とを結ぶ米坂線の西側始発駅です。

 駅を発車すると、その米坂線が右側(東側)に別れていきました。

P9089539

P9089540

P9089542

 そして、いよいよ、左側(西側)が日本海に近づて行きます。

P9089543

 この稲穂の先には・・・

P9089551

 村上駅があります。

P9089556

 駅舎の反対側には、皇太子殿下・妃殿下の記念立札がありました。村上市は小和田さんのご出身地ね。

P9089557

 上り線と少し別れると・・・

P9089558

P9089560

 青空のもと、真っ青で穏やかな日本海が現れました。

P9089564

 青のグラデュエーションに息をのみます。

P9089568

 洋上に粟島が見えてくると・・・

P9089575

 進行方向に見えてきた断崖を合図にするかのごとく、特急いまほは、笹川流れに入ります。

P9089581

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って④ 14時間26分の2ndランナー・485系特急いなほで新潟駅を出発

 上越新幹線の高架ホームから、低い在来線ホームへ向かいます。

P9089479

 掲示板には、秋田駅行き特急・いなほの案内が出ていました。

P9089480

 越後線の普通列車と並んでいる、いなほです。

P9089484

 記念写真撮っていますね。

磐越西線を走るSLばんえつ物語号、その旗との記念撮影も新潟駅ならでは。

P9089483

 そして、485系の雄姿です。

P9089482

 アイボリーを基本にライトブルーとライトグリーンのラインが何とも爽やかなカラーリングではありませんか!

P9089489

 国鉄時代からの485の車体形式番号、少しサビが出ていますけれど、健在です。

P9089490

 駅そば屋さんとの相性もナカナカ。

P9089488

 さあ、乗り込みましょう。

P9089486

P9089481

 普通車ながらゆったりしたシートです。

P9089491

 皆さん知ってか、日本海と面することになる左側は、ほぼ満席です。

P9089492

 定刻8:25に発車すぐに新幹線の高架と別れます。

P9089495

 金沢駅-新潟駅間を結ぶ、特急・北越とお別れし・・・

P9089496

P9089500

 さらに進むと・・・

P9089501

 信濃川を渡り・・・

P9089502

P9089504

 続いて、磐越西線が寄り添う阿賀野川を渡ります。

P9089507

 そして、渡りきると・・・

P9089510

 一面の稲穂が迎えてくれます。お米の国の人の幸せを実感できる秋入り口の風景ですね。

 では、そろそろ、その味覚を2回目の朝食で味わいます!

P9089511

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って③ E4系新幹線Maxが上越・新潟路を行く

 越後湯沢駅に停車中のMax・・・

P9089420

 目の前には、立ち寄り湯でお世話になったホテルが見えました。

P9089419

 発車すると、山頂に湯沢高原ゴンドラの駅が小っちゃくのっかっています。

P9089421

 スキーで良くお世話になるホテルや・・・

P9089423

 ゴンドラのケーブル・・・

P9089426

 そして、初級者向けの布場スキー場、夏の姿です。

P9089428

 その先トンネルを抜けた東側は・・・

P9089432

P9089431

 在来線の上越線の奥に、上越の山々が広がっていました。

P9089435

 次の浦佐駅手前では、こじんまりとしたスキー場・・・

P9089436

 反対側は・・・

P9089440

 お酒でも有名な八海山系が、雄大な姿を見せてくれました。

 そして、長岡駅が近くなって・・・

P9089444

 信越本線と合流を迎え、大きな操車場がありました。、

P9089446

 緑多い長岡市街・・・

P9089448

 早い新幹線は、直ぐに越後の穀倉地帯をとらえます。

P9089453

P9089458

 やがて、金物・工具などで有名な三条市(燕三条駅)にきました。

P9089460

P9089462

 高速道路インターの先には・・・

P9089463

 弥彦山系が見えます。

P9089466

 山影が田園と合いますね!

 反対の東側では、田園の中心にカントリーエレベーターが見えました。

P9089468

 その姿も・・・

P9089469

P9089470

 街へと姿を変え・・・

P9089476

 先日、サッカーUAE戦の行われたビッグスワンが見えてくると・・・

P9089477

 東京駅から2時間6分・・・新潟駅へ到着です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って② 貴重な売店を有するE4系新幹線Maxが三国山脈越えします

 埼玉県に入ると並走する埼京線の電車を追い越していきました。

P9089375

P9089376

P9089377

 追い越した先には、昨年スピッツのコンサートで行ったさいたまスーパーアリーナを右に見て・・・

P9089379

 大宮駅を過ぎると12日に行った鉄道博物館の横を通り過ぎていきます。

P9089383

 その日に見た博物館からの新幹線高架です。迫力ありました。

P1024852

 そしてこの先、東北新幹線を右手に見送ります。

P9089389

 この後は、プチ・モーニング・タイムです。

 やってきたのは・・・

P9089392

 今や貴重な存在となった列車売店です。

 列車も16両とか長大編成になったため、座席まで来てくれるワゴンサービス全盛ですが、ゆっくり選べ・気分転換にもなる売店は好きな存在でした。リゾート特急などを除き今やJRで通常運行する列車で売店があるMaxは貴重な存在になりました。

P9089393

 オーダーしたMyコーヒーと売店を記念に1枚。

P9089396

 席に戻ると、埼玉北部の田園地帯が広がっていました。稲穂、実っています!

 さあ、サンドイッチとコーヒーでプチ・モーニング。

P9089397

 指定席券との記念も。

P9089401

 食べ終わる頃には高崎駅を過ぎ、まずは信越本線と別れ・・・

P9089403

P9089404

 続いて、長野新幹線と別れます。

P9089405

P9089406

 ここからは、谷川岳を始め、上州の山々をトンネル越えするために車窓風景は望めません。

 そんな中、上流が渓谷になる吾妻川橋梁からのスケールの大きい眺めはいつも見入ります。

P9089409

P9089411

 そしょて、国境の長いトンネルを越えると・・・

P9089417

 晴天でした!

P9089418

 新潟県最初の駅・越後湯沢に到着です。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

羽越・奥羽本線/特急・日本海の鉄路を追って① 14時間26分の1stランナー・上越新幹線とき

 今年1月、乗車予定だった寝台特急・日本海が・・・

P1145231

 雪害で運休になり乗車できなかった羽越・奥羽本線部分を昼行で、行ってきました。

 もう何度も乗車している区間ですが、ブログ初めてからは乗っていません。

そこで、寝台特急・あけぼので夜追うのではなく、日本海/笹川流れの海岸美、鳥海山の遠望、八郎潟・新潟平野・庄内平野の稲穂たちなど・・・車窓風景を記録することにしました。

ぐるり一周、ほぼ車窓のみで綴った初秋の1日が始まります。

 

 68分・東京駅発 新潟駅行きMaxときが東海道新幹線N700系の隣に入線してきました。

P9089325

 東京駅らしいヒトコマです。

P9089326

 もう一つ、面白い組み合わせ・・・

P9089333

 右の新幹線400系つばさが、ずれた位置で停車しています。

 普通は福島駅まで、やまびこと連結していくのですが、数少ない単行運転が朝あります。手前のやままびこと朝の挨拶し合っているようです。

 さあ、Maxに乗り込みましょう。

P9089334

 2階席へ向かいます。

P9089336

 2階へ上がって・・・

P9089340

 やや低い天井のMaxです。

P9089341

 定刻発車した2階からの車窓は・・・

P9089342

 やはり、高さを感じますね。

 丸の内オフィス街を背景に、青梅・奥多摩でお世話になった中央線を左に見て北上していきます。

P9089346

P9089348

 地下に潜る手前、秋葉原の運河に映るビル群がチョット幻想的でした。

P9089349

 そして、秋葉原の総武線・ヨ○ド○カメラビルを合図に上野トンネルへ入ります。

P9089350

 そして、日暮里駅のところで、京成本線の高架を右手に見ながら、地上に出ます。

P9089351

 高架線になって、左手には山手線が並走してくれました。

P9089354

 田端駅・・・

P9089355

 そして、弧を描くように左へ別れていきます。

P9089357_2

 反対の右側は、薄暗い朝の尾久の車庫区です。

P9089358

 程なく桜で有名な飛鳥山・・・

P9089359

 最寄駅の京浜東北線の王子駅に中央線と同じE233系が停車していました。

P9089360

 そして、都電の通る明治通りを横切って・・・

P9089361

 赤羽駅の先で、京浜東北線と別れ、埼京線と並走を始めます。

P9089362

 雲に覆われた東京を後にして・・・

P9089364

 荒川を渡ると、埼玉県です。

P9089367

P9089370

 天気回復への願いを乗せて、Maxは北上します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線⑪ 終点・奥多摩駅に到着しました

 鳩ノ巣駅に戻ってくると、最終ランナーのE233系がやってきました。

P8169051

 さあ、出発です。

P8169052

 谷沿いを進むと・・・

P8169054

 小っちゃい白丸駅です。

P8169077

 この駅のホームだけでなく・・・

P8169076

 先のトンネルの先まで、くねくねです。

 その後、長―いトンネルを抜けると・・・

P8169072

 いきなり開けて・・・

P8169071

 山小屋風駅舎で人気のある奥多摩駅です。

P8169069

P8169058

P8169059

 お疲れ様でした、E233系!

P8169060

 ちなみに、このホームは曲がりがきつく・・・

P8169068

 こんなに隙間が空いています。中央線の飯田橋駅より空いているように思えました。

 そして・・・

P8169062

P8169066

 山の駅らしい姿が現れました。駅前で、あゆの塩焼き出店まであります。

 そんな駅反対側(正面)は・・・

P8169064

 奥多摩湖へ向かうバス駐車場の前をゆっーくーりーとお婆ちゃんが歩いていました。とっても和んだ瞬間です。

P8169065

 ちなみに、こんな素敵な木のオブジェまで・・・いいなあ奥多摩。

 でもって、その後 帰路では・・・

P8169067

 東行きの風景と駅名票を記念にし・・・

P8169078

 鳩ノ巣駅を見て・・・

P8169088

 大きなアーチ橋を見て・・・

P8169095

 観光釣堀を見て・・・

P8169100

 青梅駅でお疲れヒマワリに再開し、この特別快速で新宿へ戻りました、とさ・・・めでたしめでたし。(終)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線⑩ 鳩ノ巣渓谷・沢風を感じながら

P8169042

 緑に覆われた一角にある鳩ノ巣釜めしさんを後にして・・

P8169021

 渓谷への坂を下ります。

P8169022

 景勝地といわれる雲仙橋から、山と沢の景色を目と肌で味わいます。

P8169023

 その橋の入り口まで、結構な急坂を下り、そして橋の中心に来ると・・・

P8169025

P8169030

 東に低い山へ分け入る清流。

 そして・・・

P8169027

P8169028

 西には川が奥多摩の山肌を削ってできた鳩ノ巣渓谷です。

 ここに見える大きな岩は、長い年月をかけ削られて・ころがってきて・この形になったのでしょうね。

 渓谷美もそうですが、予想外に(どこかの携帯のCMみたいですが)見惚れたのが・・・

P8169031

 山の形・木々の配列・雲の陰影が創り出す、この風景です。しかも、ただの自然があるではなく、家々があり、石のお墓もある、山里の一部なのですから、自然と人間の営みの調和の美しさを感じ入りました。

 見上げながら沢風に身を任せていると、「プォー」・・・

P8169032


 青梅線・E233系ではありませんか。あわてて、パチリ。

P8169033

P8169034

 この橋、確かに青梅線から見えました。帰りに撮影したものです。

P8169080

 橋の上で、あっという間に時間がたち、沢まで降りる時間がなくなっちゃいました。

 じーと沢を見つめ・・・

P8169040

 沢風の涼しさを記憶して、駅に戻りました。

P8169044

 奥多摩駅まではあと2駅です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線⑩ 鳩ノ巣駅&鳩ノ巣釜めし

 青梅駅から乗ってきたE233系を見送ります。

P8168991

P8168994

P8168995

 振り返ると・・・

P8168996

 緑をまとった鳩ノ巣駅のホームがありました。

 ちょっと懐かしい雰囲気があります。

P8168998

P8168999

 さあ、改札口へ向かいましょう・・・

P8169000

 といっても、ホームから階段で直結されています。

 改札外で振り返ると・・・

P8169001

 東京近郊の駅らしくSuicaが使える反面、登山届のあるところが、山の駅らしいですね。

 そして、表に出ると・・・

P8169002

 鳩ノ巣駅の素晴らしいロケーションを堪能できます。

P8169003

 青梅駅から約30分で、この風景に浸ることができるなんて・・・

P8169004

 嬉しいですね。珍しい火の見やぐらもあります。

 まずは、思いっきり息を吸って、この景色の中の一員になりました。

 早速、坂を下りて・・・

P8169007

P8169046

 歩くこと数分・・・

P8169008

 橋の上にバス停あるのですが、ここからの景色が・・・

P8169009

 たまりません。

 もう少し歩いて・・・

P8169011

 ありました、目的の昼食場所・・・

P8169012

 鳩ノ巣釜めしさんです。

 お店に入って外を見ると・・・

P8169013

 山々がすぐそこです。

P8169015

 民芸調の店内でいただくのは、もちろん釜飯です。

 キター!

P8169016

 メインのきのこ釜めしは、しめじの香り付きで程よく炊き上がった味付けご飯が最高でーす。

P8169017

 野菜の炊き合わせ・・・塩味のスープです。釜めしの入れ物に入っているのがユニークですね。

P8169018

 素朴に揚げられた野菜てんぷら。

P8169019

 そして、ニンニク味噌っぽい味がぴったいのコンニャク刺身でした。

P8169020

 素朴さいっぱいの山の幸に感謝しつつ、いやー、満足満足。

 新鮮な空気、緑の風景、美味しい食事・・・鳩ノ巣です。沢を流れる風を感じに行きましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線⑨ 山を縫って鳩ノ巣駅まで

 青梅線で初めてであったトンネルをこえると、そこは日向和田駅の先っぽがカーブしたホームでした。

P8168922

 鉄路から目線を少し左へずらすと、奥多摩の緑覆われた山々が手の届くところにまで、やってきていました。

P8168923

 程なく次の石神前駅です。

P8168925

 鉄路に茂る草々が、のどかさを感じさせてくれますね。

 そして・・・

P8168927

 駅を発車すると、すぐに思いっきり右カーブ・・・

P8168929

 そして合流して、鉄橋を渡ります。

P8168931

 森の中に迷うかのように突き進み・・・

P8168933

 また、鉄橋を渡ります。

P8168934

 視界が開けてくると、その先には緑の山が迫ってきます。

P8168936

 斜面を走っているのがわかるような谷が左下に現れてきました。

P8168937

 目の前には緑のグラデューションが、鮮やかです。

P8168939

P8168942

 やがて、信号が現れると・・・

P8168943

 分岐して・・・

P8168944

 御嶽駅に到着しました。そばにケーブルカーもあり、沿線随一の観光スポットです。

P8168946

P8168947

 御岳山へは10年以上行っていませんが、今日は先へ進みます。

 合流すると・・・

P8168948


P8168949

 その先はトンネル・・・

P8168950

P8168951

 出口には落石除けが・・・

P8168952

 深い山の中を進む青梅線・・・

P8168954

P8168956

 次の川井駅もカーブのホームでした。

P8168961

 その川井駅を発車すると・・・

P8168962_2

P8168964

 川面の清流が顔をだしてくれました!

P8168965

 そして、すぐにトンネル・・・

P8168967

 トンネルをでて、森の中を進むと・・・

P8168969

 列車交換する古里駅でした。

P8168971

 上りのE233系がやってきました。

P8168972

 そして、また合流して・・・

P8168973

P8168974

 また、トンネルを越えると・・・

P8168976

P8168977

P8168981

 もういっちょトンネルを越えて・・・

P8168982

P8168987

 渓谷で有名な駅、途中下車する鳩ノ巣駅が見えてきました。

P8168989

 右へ左へカーブを揺られたせいか、駅を見たとたん、急にお腹がすいてきましたー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線へ⑧ 青梅線を西へ

 楽しかった鉄道公園のネームプレートを記念写真にして・・・

P8168888

 坂を下っていきます。

P8168891

 そして、あの橋を渡り・・・

P8168892

 駅まで戻ってくると・・・

P8168896

 日差し強い中で坂を上り下った体をわかってくれるような、お疲れ気味のヒマワリ達でした。

P8168897

 そして、映画看板にサヨナラを言って・・・

P8168899


 ホームへ行くと・・・

P8169099_2

 待合室に何かが・・・

P8169097

P8169098

 余韻を残してくれます。やっぱ、青梅・・・最高―う、ですね。

 さあ、沢風とチョッピリ味覚を楽しみに行きましょう。

P8168903

 青梅で広がった鉄路が、1本に集約されていきます。

P8168904

P8168905

 早速、緑のトンネルが現れました。

P8168906

 E233系奥多摩駅行きは、緑の山のすそ野をカーブして進みます。

P8168909

 単線が真っ直ぐになり・・・

P8168912

 次の宮ノ平駅を過ぎると・・・

P8168913

P8168914

 山岳路線としての青梅線の顔になってきました。

P8168915

P8168916

 トンネルの先には、どんあ景色がまっているのでしょうか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線へ⑦ 青梅鉄道公園(3/3)・・楽しい模型、写真、車両保存の数々

 室内展示でも懐かしと楽しさがあふれています。

P8168828

 夜行便の青函連絡船と接続し、午前4時台に青森駅を出発し、日本海側-奥羽・羽越・信越・北陸・東海道(この時は湖西線がありませんでした)と全て本線を使って大阪駅まで激走していたキハ82系・白鳥。電車に代わってから、加えて青森駅-新潟駅しか乗車していませんが、写真などで見たその特別急行列車らしい雄姿は、急行型のキハ58そして28とは、別世界のものに思えました。この模型も十分その感動を呼び起こしてくれたのです。

P8168838

 そして、157系。

 白鳥同様にサイドのJRN・国鉄のマークが似合っています。これも、165系という急行電車のものしか乗っていませんが、最近記事でときどき登場する「あまぎ色」特急の原型で、白鳥とは違った身近な存在を醸し出していました。

 

 その他にも・・・

P8168823

 近寄ってみることができるHOゲージ鉄道模型がたくさん・・・

P8168824

 583系、新幹線500系、0系なんて、嬉しい組み合わせもあります。

 もちろん、模型の運転も・・・

P8168837

 山の中を、はやてが走っているかと思えば・・・

P8168839

 中央線,青梅線の通勤電車だった201系・・・

P8168840

 新幹線300系と寝台特急カシオペアのような・・・

P8168836

 ありえない組み合わせもアリエルーのが鉄道模型の楽しいところです。

P8168831

 面白いところでは、西武の特急レッドアローも初代が疾走していました。関東の西部にある博物館らしいです。

 そう、博物館らしいといえば・・・

P8168825

P8168826

P8168827_2

 鉄道車両の系譜も勉強できます。

 小っちゃい子連れに人気あったのは・・・

P8168841

 ヘッドマークの今昔です。

 那智の滝をイメージした紀伊、内海の穏やかな海をデザインした瀬戸・・・大人でもしみじみ見ちゃいます。

P8168871

 そうそう、駅員さんの帽子も借りられて・・・

P8168842

 ここで、記念写真をとることもできます。

 館外にも、多数の展示があります。

P8168845

 機関車の展示が豊富で・・・

P8168847

P8168848

P8168849

P8168851

P8168854

P8168856

 青梅線を走っていた、古い通勤型電車もありました。

P8168863

P8168861

 今回、行っていませんが、新幹線0系もありますよ。

 そういえば、館内を巡って気づいたこと。ゴミ一つ落ちていなく、気持ちよく見学ができます。見つけました・・・

P8168853

 階段下に、ひっそりと置かれた、ほうき達。JR東日本鉄道財団の方に感謝です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線へ⑥ 青梅鉄道公園(2/3)・・D51運転台の記憶

P8168822

 そして、運転台へ・・・

P8168872_3

 人間の力で運転していたことを実感しました。

P8168880

 もの凄い数のバルブ、ハンドル・・・そして手前には流量計の立形透明筒もありました。

P8168873

P8168883

 下部にはテンダーからの石炭を投入する扉です。

 ・・・実際に多くの国鉄マンがこの運転席に座り・・・

P8168874

 前方ヨーシ・・・

P8168879

 出発―!

P8168884_3

 ピー!

P8168877_2

 こうして、進行を見つめていたんでしょうね。

 やがて、動かなくなっている現在の景色に、時間が戻ってきました。

P8168875

 往年の活躍に、改めて敬意を表しました。

P8168867

 ありがとうD51

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

昭和&沢風香る東京都西端 JR青梅線へ⑤ 青梅鉄道公園(1/3)・・急坂のぼるとD51がお出迎え

 824日記事を続けましょう・・・出発進行。ポッポー!

P8168884

P8168876

 10数年前に青梅を訪れた時の目的は、青梅鉄道公園でした。

映画看板の世界を経て、鉄道公園へ向かいます。

二つの世界を渡しているものは、この橋です。

P8168893

 青梅線から見えたあの橋・・・

P8168767

 橋の上からは・・・

P8168894

 電車のフロントガラスから見えた、あの・・・

P8168768

 感動モノのポイント連続が、上から見ることできました。嬉しーい!

 橋を渡ると・・・

P8168813

 気になる名前のティールームがあります。山下達郎さんの曲名と同じです。

夏への扉・・・ハインラインのSF小説・・・そひて、吉田美奈子さんの歌詞「ひとつでも信じてる事さえあれば扉はきっとみつかるさ・・・」

P8168814

 高台にある鉄道公園までの急な坂を進んでいく、そのBGMになったのでした。

P8168815


P8168817

 加えてここでは、シュシュポッポ、蒸気機関車の力強さをイメージして・・・

P8168816

 そして、到着しました。

P8168818

P8168819


 おおっ、変わらずD51さんが出迎えてくれます。

P8168844

 入り口から入って・・・そうそう入場料は嬉しい100円です!

 そして、記念写真を1枚。

P8168886

 D51さん、変わらず元気そうでなによりです。

P8168869

P8168866

 D=4つの動輪・連結棒でつながれたその姿は、円と直線からなる機械美の極みですね!

P8168865

 黒いボディに日差しが降り注ぎます。

P8168864

 炭水車(テンダー)・・・見事な後姿です。

P8168860

P8168858

 そして、重ね板バネが、逆富士山のようになって、足回りを支えています。

P8168859


 さあ、運転台に上りましょう!

P8168872_2

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

9月へのエントランス そして 夏空の想い出

 1年前の91日、竹内まりやさんとアースウィンドエンドファイアーの2つのセプテンバーを記事にしました。

pen

 あれから1年、まあるくなった9月への入り口を831日の空に見つけたのです。

Ncm_1231

 通勤する人たちの流れの中、邪魔にならないよう端によって立ち止まり、ただ一人見つめ上げていました。閉じないでほしいと願って。

Ncm_1230

 そんな空の姿・・・先週末、8月最後の休日に出会った空、雲たちをこの夏の想い出に記録します。

Dsc04154

 山のように湧き上がる白雲・・・その左側では・・・

Dsc04161

 雲が手を伸ばしていました。

Dsc04160

 そう、振り上げられた夏雲の腕・・・穏やかそうな白色の雲の腕が、夏という季節へのサヨナラ挨拶をしてくれているようです。

 一方、湧き上がった雲は・・・

Dsc04164

 お日様に話しかけています。

会話が盛り上がったのでしょうか・・・

Dsc04162

 お日様が大きくうなづきました。

P8259320


 そして、そのお日様に照らされた空は、まさにブルースカイブルー、濁りの無い・澄んだ世界の美しさを改めて教えてくれました。

 そんな空に届きたい・・・

Dsc04037

 階段も空に近づいて行こうと伸びています。

Dsc04040

 あの青空へ手()を伸ばしたい気持ち・・・わかるような気がしたのでした。

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »