« 潮風香る関東の東端 銚子電鉄、犬吠先へ⑥ のどかな銚子電鉄を終点まで(2/2) | トップページ | ダークナイト・ライジング・・作曲家ハンスジマーが支えたクリストファーノーランの世界 »

2012年8月12日 (日)

潮風香る関東の東端 銚子電鉄、犬吠崎へ⑦ 終着駅・外川そして港町

 終着駅についた2000形、外川駅の風貌からしたらまだ若僧の感ありますが、ナカナカどうして素敵な組み合わせでした。

P8048436

 お隣のデハ800形と記念撮影します。

P8048431

 そして、2000形が折り返しで出発し・・・

P8048438

P8048439

P8048440

 800形がお留守番です。

P8048443

P8048444

 駅の構内もレトロさ満点でした。

P8048449

 さあ、外川の町を散策しましょう。

P8048450

 その名も東京屋さん。洋品店の店先では、ヒマワリさんたちがお出迎えです。

P8048451

P8048452

 海産物屋さんが併設するミニ資料館もありました。

P8048455

 先を進むと、坂の下に海が見えます。

P8048456

 床屋さんもあれば・・・

P8048459

 お肉屋さんもありました。

P8048460

 そして、坂を降り切ると外川漁港です。

P8048461

P8048462

 太平洋に面する外川漁港、沖合には水上プラットフォームも見えました。なにかの試掘でしょうか。

 潮風に耐えたバス停標識もあります。

P8048463

 港に近づくと、たくさんの漁船です。朝の漁を終えて休憩しているんですね。

P8048465

P8048468

 モクモク雲に、雨降っていた成田線車窓からは信じられないような青い空、島のような緑の丘・・・夏を力一杯感じる風景が広がっていました。

 夏の日の記憶に1枚。

P8048469

 安全を確かめて道を渡ります。

P8048467

 坂道を上って振り返ると、外川の海が見送ってくれました。

P8048471

 途中、ふと目に留まったショーケース。

P8048472

 確か、お米屋さんで売っていたジュースか何かだと思います。遠い昔、田舎で飲ませてもらったような。

 など考えていると・・・

P8048453

 足もとに標識があらわれ・・・

P8048473

 駅に戻ってきました。

P8048475

 帰りの電車が到着しています。

 さあ、折り返し・・・もう一つの目的の地・ひさびさの犬吠崎へ向かいます。()

|

« 潮風香る関東の東端 銚子電鉄、犬吠先へ⑥ のどかな銚子電鉄を終点まで(2/2) | トップページ | ダークナイト・ライジング・・作曲家ハンスジマーが支えたクリストファーノーランの世界 »

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

タイムスリップしたような不思議な感覚です。近未来的なモノレールが出てきたと思うと、少年時代のような風景が出てきたりして、時をかける少年はとどまることを知らない。

投稿: アワムラ | 2012年8月12日 (日) 03時19分

黄緑とオレンジ色の車両が並び、人影の見えない改札口、そして鄙びた漁村の風景、
何だかドラマが始まりそうな雰囲気です。 静かな街でしょうネ! 

投稿: tokyo hirokun | 2012年8月12日 (日) 06時15分

キハ58→アワムラさん
ありがとうございます。時をかける少年・・・嬉しいです。
広島ですと鞆の浦あたりがそうですかね。

投稿: キハ58 | 2012年8月12日 (日) 23時32分

キハ58→tokyo hirokunさん
まさにおっしゃる通り、沢口靖子さん主演のNHKドラマ・澪つくしで、外川の町が舞台になりました。ホント、ドラマのセットみたいです。

投稿: キハ58 | 2012年8月12日 (日) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/55402518

この記事へのトラックバック一覧です: 潮風香る関東の東端 銚子電鉄、犬吠崎へ⑦ 終着駅・外川そして港町:

« 潮風香る関東の東端 銚子電鉄、犬吠先へ⑥ のどかな銚子電鉄を終点まで(2/2) | トップページ | ダークナイト・ライジング・・作曲家ハンスジマーが支えたクリストファーノーランの世界 »