« 涼甘味・・・夏の夕暮れは本格熱燗で | トップページ | Mother Lake(4) 京阪電車・そして浜大津の交差点風景です »

2012年7月26日 (木)

Mother Lake(3) 京阪電車・石山坂本線を行きます

琵琶湖南岸を走る京阪・石山坂本線を行く715日記事の続きです。

Dsc03503

 東端の石山寺駅を出発した京阪700系。

見事な幾何学模様のポイントを進みます。

Dsc03510

 名神高速と東海道新幹線の下をくぐると・・・

Dsc03511

 次の唐橋前駅の手前で、石山寺駅へ向かう700形と行き違います。

Dsc03512

Dsc03513

 住宅が線路のすぐそばです。路面電車らしさを感じました。

 そして、そんな住宅がにある唐橋前駅です。

Dsc03514

 立派な遮断機のある唐橋前駅でした。

Dsc03517

 この先、JR琵琶湖線(東海道線)のそばを走る石山坂本線です。

P7148252


 発車するとカーブしながら国道1号線をくぐりました。

Dsc03518

 カーブの連続をS字でこなすと・・・

Dsc03520

Dsc03521

Dsc03523

 JRとの接続駅・京阪石山駅です。

Dsc03524

Dsc03525

 ホームの先には緩やかなのぼり勾配がみえました。

Dsc03527

Dsc03528

Dsc03529

 石山駅を発車し、上りカーブへ入ります。

Dsc03533

Dsc03536

Dsc03538

 鉄橋です。

Dsc03539

 渡ったのはJR琵琶湖線でした。

Dsc03540

 渡りきると、一転して下りの直線です。

Dsc03541

Dsc03543


 そしてこのあたりの地名でもある粟津駅。

Dsc03544_2

Dsc03545

 信号の上に書かれた粟津の字体が歴史を感じます。

 そして、600形とすれ違いました。

Dsc03547

Dsc03548

 600形と700形は凄くそっくりなので、見分けつかないですね。

 100年記念の丸いプレートは一緒です!

 カーブを超えると・・・

Dsc03549

Dsc03551

Dsc03553

 ホームがずれている瓦ケ浜駅でした。

 その遠く先には、緑に覆われた比叡山が望めます。

Dsc03554

 終点の坂本駅は、この比叡山の下に位置するんですね。

|

« 涼甘味・・・夏の夕暮れは本格熱燗で | トップページ | Mother Lake(4) 京阪電車・そして浜大津の交差点風景です »

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。粟津という名称に親近感を感じます。そういう名前の同級生が何人かいて、一緒のクラスになると出席番号のトップの座を奪われてしまいます。話がズレますが、西の読みにくい市の横綱は兵庫県の「宍粟市」で、「しそうし」と読むそうです。最近、テレビのニュース番組か何かで知りました。

投稿: アワムラ | 2012年7月26日 (木) 03時47分

電車の先頭車両に乗って、運転席のすぐ横でカメラを構えたキハ58さんを想像しながら写真を拝見しました。 こうやって、次々に展開する線路や駅をシャッター押しながら満喫されたんですネ!

そうそう、宍粟市の外に匝瑳市も一緒に難読市で登場しましたよネ!

駅名だって府中(こう)、帯解(オビトケ)、など、難読駅名が沢山あります。

投稿: tokyo hirokun | 2012年7月26日 (木) 06時01分

おはようございます。
やっぱり、私は線路が好きです。lovelylovelylovelylovelylovely星5つではなくてlovely5つでございます。本当に線路を見ていると、気持がスカッとするんですよ。私って変わりものですかね?coldsweats01美しいですし。たぶん運転手さんも線路が好きだと思うんです。(っな訳ないですかね?happy01

投稿: korokoro | 2012年7月26日 (木) 08時40分

キハ58→アワムラさん
そういう思い出をお持ちなんですね。
私の場合は、信越線本線・釜飯で有名な駅名の女子でしたhappy01いつもスレスレ負けてたんですよねcoldsweats01

投稿: キハ58 | 2012年7月26日 (木) 22時57分

キハ58→tokyo hirokunさん
はい、難読駅ありますよね。山陰本線の特牛駅、今は聖高原駅になりましたが以前の麻績駅なんかも難しい駅でしたhappy01

投稿: キハ58 | 2012年7月26日 (木) 23時01分

キハ58→korokoroさん
線路の何がお好きかによるでしょうね。私は、固いレールがしなやかにカーブする、その相反性が大好きです。直線の場合は、どこまでも続く遠近法の極みみたいな構図がたまりませんねhappy01

投稿: キハ58 | 2012年7月26日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/55279332

この記事へのトラックバック一覧です: Mother Lake(3) 京阪電車・石山坂本線を行きます:

« 涼甘味・・・夏の夕暮れは本格熱燗で | トップページ | Mother Lake(4) 京阪電車・そして浜大津の交差点風景です »