« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

Mステ・・アイドルのシングル売り上げベスト30 昭和vs平成

 タモリさんのミュージックステーションで先月特集したものを、懐かしさ一杯で録画チェックしました。なかなかなデータでもあるので、記録に残すことにしました。

music

[昭和アイドル・30-15位]

30 柏原芳江 347万枚-37曲、春なのに、なんて今聴いても胸キュンソングですね。

29 南沙織heart02 私のブログで音楽記事初登場しました。シンシア・・・素敵です。

28 少年隊 仮面舞踏会はかっこよかったです。

27 薬師丸ひろ子 カ・イ・カ・ンには何とも言えません。三丁目の夕日他、お母さん役はまってます。

26 シブがき隊 坂の上の雲の主役を演じるなんて、想像できなかったです。

25 アグネスチャンheart02 カワユイことこの上ないお姉さんです。白い靴下はもう似合わないがMyベスト。

24 キャンディーズheart02 コントのセンスはピカ1でした。

23 森昌子 スタ誕ですね。越冬つばめ、にはジーンとしちゃいます。

22 河合奈保子 スマイルフォーミー元気娘ですね。

21 吉川晃司 クールなカッコよさ。

20 天地真理 アイドルの元祖っぽいですよね。まりちゃんグッズまであったそうな。

19 Wink シャッターポーズ、真剣すぎて余裕のないアーティストだったのでしょうか。でも好きです。

18 桜田淳子heart02 秋田といえば佐々木希さんが代表になっていますけれど淳子さんが元祖ですね。

17 森高千里 不思議なジャンルの詩でしたね。たく八郎さんをどうしても思い出しちゃいます。

16 光GENJI ローラ-スケートですね。

15 岩崎宏美heart02 773万枚-63曲 未来、ブログ記事にさせてもらいました。コロッケは楽しいけどチトやりすぎ。

music

[平成アイドル・30-15位]

30 Kis-My-Ft2 99万枚-3枚 最近よく登場していますね。名前の付け方が面白いですう。

29 KARA ミズターのヒップダンスは可愛いですね。一番年少のジヨンがイイですかね。

28 WaT おぼっちゃま風の小池さんは憎めない存在ですね。

27 Perfume ポリリズム、レーザービーム、広島が生んだテクノポップアイドルですね。NHKによく登場しているのはキャンディーズを思い出します。

26 CoCo 三浦理恵子さんくらいしか覚えていませんね。

25 高橋由美子 南くんの恋人のチヨミ役が、可愛かったですね。

24 NMB48 ナギイチとかありますが、ちょっとなじみのない48人。

23 タッキー&翼 Venusなんかナカナカかっこいい2人でした。

22 松浦亜弥 ダメ・・・どうしてもはるな愛さんを思い出しちゃいます。

21 広末涼子heart02 竹内まりやさん、岡本真夜さん・・・ポップな曲にピッタリなキュートさでした。

20 内田有紀 女優の印象強いのですが、結構売れていたんですね。

19 観月ありさheart02 手足長いなあーって印象でした。尾崎亜美さんの曲もよかった。いつのまのやらコメディ女優?

18 Hey!Say!JUMP 元男闘呼組の岡本健一さんの息子さんがいるんですよね。2世代No.1は凄い。

17 w-inds. 残念ながらよく知りません。

16 SKE48 松井さんですね。栄は、秋葉原とは違うイメージなんですが。どうせだったら場所ズバリでNSK48(錦)の方がいいような。でも、NMBと似ちゃいますね。

15 篠原涼子 348万枚-16枚 有名なあの曲以外15曲もシングルあるのは知りませんでした。

 

平成15位の岩崎宏美さんが773万枚-63曲と比較すると、昭和と平成の差があり枚数違うものの、楽曲の多いアーティストが昭和に並んでいます。この枚数と楽曲の数は、この先どうなるでしょうか。

 

 新幹線の昭和と平成などもどうでしょう。ひかりvsはやて です。

bullettrain

Dsc01153

Dsc01194

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

都電・荒川線の停車場たち(第1回) 海があったら下灘駅のイメージ・・巣鴨新田駅

 ヒマワリが挨拶してくれろ都電・荒川線。

P7298281

 駅というより停車場という言葉がピッタリな都電・荒川線の駅たち。

 週末、ぶらり立ち寄ったら、この暑さの中でも、けなげにたたずんでいるホームが印象に残りました。そんな停車場を紹介する第1回。

P7298328

 JR山手線から、ひとつ三ノ輪橋駅側へ行った・巣鴨新田駅です。

P7298310

 ホームの全景を見たときに思い出したのは、先月訪問した予讃線・下灘駅でした。

 奥に見える都立・文京高校の緑が、なんとなく伊予灘にだぶったりして。のんびり都電を待っているベンチのおばあちゃんの後姿が都会のせわしさを忘れさせてくれました。

P7298297

P7298298


 狭い場所なので、ホームは、ずれておかれています。

 反対側のホームへ行ってみましょう。

P7298302

 ホームへ行くのに、入場券いらないのが路面電車のイイところですね。

P7298303

P7298304

 ホームへは石段で上がります(反対側にはスロープあります)。

 そのホームの裏側は・・・

P7298305

 スナックにバーバー、路地の感じが雰囲気満点です。

 でも、目の前には・・・

P7298307

 立派な鉄塔がそびえていました。

 そして、7000形がやってきました。行ってらしっゃい!

P7298308

P7298309

 カーブを行く、レトロな9000形も記念に。

P7298316

P7298317

P7298318

P7298319

 改めて、駅と鉄塔と記念撮影です。

P7298320

 巣鴨新田駅を流れる風には、すこし草の匂いがありました。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

7月最終土曜日 下板橋でモーニング & 賑わう上野駅

 バレーボールも女子サッカーも柔道も隅田川花火大会も鑑賞するべくTVチャンネルくるくる回しっぱなしだった土曜日。Mr.ビーンの開会式出演シーンを見逃したのが残念でしたが・・・。

 

 朝は、ゆったり気分で出かけました。

 東京23区・北西に位置するターミナル駅・池袋。

P3036122

 ここを始発とする東武・東上線で2駅行くと・・・

P3036152

P3036157

 下板橋という駅があります。

Ncm_0882

Ncm_0878

Ncm_0875

 ちなみに、次の大山駅との間には車庫も。

Ncm_0881


 下町的商店街がほとんどな駅前の中で、ここは比較的ゆったりとした道が広がる住宅地です。

Ncm_0866

 そんな中にある、池袋駅東口に店を構える洋菓子・パンのタカセさんの工場と売店・ティールームがお目当てです。

Ncm_0867

Ncm_0872

Ncm_0869

 そのティールームのモーニングがなかなか。

Ncm_0870

 お店の中からは・・・

Ncm_0883

 土曜日朝らしい静けさに包まれた光景が気持ちのいいこと。

 そして・・・

Ncm_0884

 ホットケーキのモーニングが目の前に。

 洋菓子店の誇りを感じるホイップ&苺が添えられていました。

 コーヒーだけでも400円、ホットケーキをセットしても500円。ゆったりお値打ちモーニングです。

 

 午後、上野駅を通ると、マルシェをしているではないですか。

Ncm_0892

Ncm_0885

 司会で活躍する中山秀さんが親善大使を務める群馬県でした。

Ncm_0886

 朝積みブルーベリーは、とっても人気がありましたね。

 そして・・・

Ncm_0887

 初めて見たコンニャクのフィトチーネ。

 夏の恵みトウモロコシもスイカも青々しています。

Ncm_0888

 世界遺産候補の富岡製糸場もPRされていました。

Ncm_0889

 地酒もあれば・・・

Ncm_0890

 いちばん気になったのは月夜野ガラス工芸品です。

Ncm_0891

 群馬県で走り出したSLが描かれていて、イイ感じでした。

 駅コンコースの端では、四万温泉の射的遊び体験コーナーもあります。

Ncm_0902

 7月最後の土曜日、夏らしい静けさと賑わいある東京でした。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

Mother Lake(5) 世界共通・生け花を楽しむ外国の方 そして お決まりは・・・

 鳥のような雲が舞う琵琶湖・浜大津付近。

Dsc03609

 涼しそうな湖岸のベンチ・・・

Dsc03616

 そんな琵琶湖のほとりで、海外からいらっしゃた方々に生け花を楽しんでもらおうというイベントがありました。許可いただき数枚パチリです。

 一式そろえられています。

Dsc03639

 竹筒の中に、いけていくんですね。

Dsc03640

 まず、竹をたてて・・・

Dsc03643

 それからお花を飾っていきます。

 先生も熱心なら、外国人の方も真剣そのもの。

Dsc03642

 生け花は世界に通用する日本文化なんだなあ、とチョット感動しました。

 出来上がりは・・・

Dsc03644

 会場に飾られていた、先生方の作品も少々。

Dsc03633

Dsc03636

Dsc03638
  さりげなく落ち着いた和の心を表現している生け花の数々は、素晴らしい芸術作品です。関係者の皆さん、お疲れ様でした。

restaurant

 などと言いつつ・・・花より団子なもので、帰りの新幹線では・・・

Dsc03651

 枝豆+ノンアコールに、お弁当は・・・

Dsc03652

 京都駅のお弁当。

 コンパクトさで日本が誇る食文化の幕の内風です。

Dsc03655

 このお弁当に決めた理由は・・・

Dsc03656

 俵のおにぎりご飯です。めはり寿司っぽい、青菜巻に目が行ったのでした。

 未乗車区間もあるし、またこようっと・・・母なる湖にいだかれに。(終)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

Mother Lake(4) 京阪電車・そして浜大津の交差点風景です

 なでしこに続き、男子もスペインに勝つなんて、凄ーいsoccer

 そんな中、石山坂本線は、家々の間を縫って走り続けています。

Dsc03556

 夏雲も、モクモクでした。

 すぐに次の駅・・・中ノ庄駅です。

Dsc03557

Dsc03558

 ホームというより、停留所という感じが路面電車扱いの雰囲気を感じさせてくれますね。

 そして、わびさびを感じるラッピングの600形とすれ違いました。

Dsc03560

Dsc03561

Dsc03562

 そして、このあたりの中心・膳所本町駅です。滋賀県有数の公立進学高校がすぐそばにある駅・・・

Dsc03564

Dsc03565

Dsc03566

 発車するとすぐにまたカーブです。

 直線に入ると、再び比叡山と夏雲の競演が遠望できました。

Dsc03569

 そういえば、驚いたときに、

「ひえー、ざん延暦寺」なんて使ったことはありませんか。

 いまひとつにときには

「いまいち、日光、東照宮」

 結論をだすときに

「結局、薬局、郵便局」

 なあんて、ゴロが頭の中をよぎりました。

そんなことを考えていると、カーブを経て京阪膳所駅、JR琵琶湖線の接続駅に到着です。

Dsc03571

Dsc03572

Dsc03574

 カーブの先に、チラとJRの駅名票です。

Dsc03576

Dsc03577

 そして、優しい曲線が描くS字カーブ。

Dsc03580

 ・・・で、車内混んできましたので、石山坂本線の記録はここで終わりです。

 数駅飛ばして、浜大津駅にやって来ました。

Dsc03612

 ここの歩道橋からの風景が楽しいんです。

 湖岸方面から南を向くと・・・

 来た逆の坂本駅から石山寺駅行きの電車が横切ります。

Dsc03588

Dsc03589

Dsc03590

 信号変わって、縦方向に車です。

Dsc03592

 石山寺駅から坂本駅行きの電車が横切ります。

Dsc03593

Dsc03594

Dsc03595

Dsc03596

Dsc03597

 信号変わって、右折する車っです。

Dsc03598

 左手に京都方面行の京阪電車が左折します。

Dsc03599

Dsc03600

Dsc03604

Dsc03605

 4両もの電車が道路を走るのは、日本でもここだけです。

最後はアップで800系を・・・行ってらっしゃい。

Dsc03606

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

Mother Lake(3) 京阪電車・石山坂本線を行きます

琵琶湖南岸を走る京阪・石山坂本線を行く715日記事の続きです。

Dsc03503

 東端の石山寺駅を出発した京阪700系。

見事な幾何学模様のポイントを進みます。

Dsc03510

 名神高速と東海道新幹線の下をくぐると・・・

Dsc03511

 次の唐橋前駅の手前で、石山寺駅へ向かう700形と行き違います。

Dsc03512

Dsc03513

 住宅が線路のすぐそばです。路面電車らしさを感じました。

 そして、そんな住宅がにある唐橋前駅です。

Dsc03514

 立派な遮断機のある唐橋前駅でした。

Dsc03517

 この先、JR琵琶湖線(東海道線)のそばを走る石山坂本線です。

P7148252


 発車するとカーブしながら国道1号線をくぐりました。

Dsc03518

 カーブの連続をS字でこなすと・・・

Dsc03520

Dsc03521

Dsc03523

 JRとの接続駅・京阪石山駅です。

Dsc03524

Dsc03525

 ホームの先には緩やかなのぼり勾配がみえました。

Dsc03527

Dsc03528

Dsc03529

 石山駅を発車し、上りカーブへ入ります。

Dsc03533

Dsc03536

Dsc03538

 鉄橋です。

Dsc03539

 渡ったのはJR琵琶湖線でした。

Dsc03540

 渡りきると、一転して下りの直線です。

Dsc03541

Dsc03543


 そしてこのあたりの地名でもある粟津駅。

Dsc03544_2

Dsc03545

 信号の上に書かれた粟津の字体が歴史を感じます。

 そして、600形とすれ違いました。

Dsc03547

Dsc03548

 600形と700形は凄くそっくりなので、見分けつかないですね。

 100年記念の丸いプレートは一緒です!

 カーブを超えると・・・

Dsc03549

Dsc03551

Dsc03553

 ホームがずれている瓦ケ浜駅でした。

 その遠く先には、緑に覆われた比叡山が望めます。

Dsc03554

 終点の坂本駅は、この比叡山の下に位置するんですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月25日 (水)

涼甘味・・・夏の夕暮れは本格熱燗で

 風鈴の涼しさを感じ、涼甘味を食べたら・・・夏ですが夜はあったまりたくなるものです。

 先輩に連れて行ってもらった、本格飲み屋さんで、ちょっとスナップ写メです。

Ncm_0688

 長年使われている木箱の中に、出番を待つ一合徳利が控えていました。

 出番が来ると、じょうろでちゃんと量られ、スタンバイOK。

 そして燗は・・・

Ncm_0687

 むっかしドラマか何かでみたおぼえのある、燗どうこ(湯煎)で暖められる徳利。なんかいいですね。

 東京駅そば八重洲の飲食店街にあるこのお店、ふくべさんと言いますが、菊正宗の大樽がありその樽酒を味わえる東京の数少ない飲み屋さんとのでした。

Ncm_0689

 お酒をあじわうので、食べるものはちょっとしたおつまみたちです。勢いでクサヤのの干物なんかもいっちゃいました。

 そんな中、あるときだけある(当たり前ですね)のがゆで卵。

Ncm_0695

 たかがゆで卵、されどゆで卵。濃―い黄身が、菊正宗の熱燗とあいましたねー。

 イイ気持ちになって店内を見ると・・・

Ncm_0690

Ncm_0692

 ちっちゃいお盆に、お猪口と箸がセットされて出てくるのも、主役が熱燗の店らしです。

 最後は、今日お店お勧めという菊正宗でなく広島のお酒・賀茂鶴の超特選特等酒です。

Ncm_0696

 超に加えて特が2つもつくなんて・・・初めて対面した種類のお酒です。旨い・・・と感じた記憶だけで、いま文章に起こすほど覚えていません。

Ncm_0693

 この熱燗、江戸っ子というより江戸大人ののたしなみ、とでもいいましょうか。

 純粋に、お酒だけ味わうというのも、ええもんですね・・・ウィッ・・・もう飲めませーん。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月24日 (火)

涼甘味を求めて(第6回)・・巣鴨・みずのサンのクリームあんみつ

 大師前駅の帰りに乗車する8000系がやってきました。

Dsc03844

 早速乗り込みます。

Dsc03846

Dsc03847

 出発して振り返ると家並みの向こうに本堂の屋根が見えました。

Dsc03848

Dsc03849

 東武・東京スカイツリー線と合流し・・・

Dsc03852

 見事な複々線S字カーブのいちばん左側の大師線を振り返り・・・

Dsc03859

 西新井駅で乗り換えます。

Dsc03858

 東京スカイツリー線からはその名の通りツリーも遠望できて・・・

Dsc03864

 常磐線の複々線を高架でわたると・・・

Dsc03867

 圧巻・8本の鉄路が並走するW複々線(+つくばエクスプレスで10本)となって、荒川を渡り都心へ向かいます。

Dsc03871

 訪れたのは、旧中山道に商店街がひろがる巣鴨・地蔵通り商店街。

Ncm_0821

 大名行列駕籠の車止めが、雰囲気だしています。

Ncm_0822

 商店街のイラストも見ていて楽しいです。

 そんな地蔵通り商店街のとげぬき地蔵・高岩寺に行く手前にあるのが、塩大福が名物な和菓子店・甘味処みずのさんです。

Ncm_0819

Ncm_0820

 "みずの"さんも時節柄、氷もの中心ですが、クリあんもなかなかのもの。

 なんてたって、餡子命の大福が自慢のお店ですから。

 そして、これが・・・

Ncm_0830

 自分にとっての正統派、こし餡が、ラクトアイスとほぼ同形状で並んでいます。この左右対称性があんみつでは無い、クリームあんみつの見た目の食感を支えていると思っています。

 加えて。自家製寒天、ちりばめられた塩えんどう豆、缶詰のみかん・パイン、求肥・・・別添の黒みつで仕上げを・・・

Ncm_0832

 クリームあんみつと対峙する瞬間・・・(チト大袈裟でした)

Ncm_0833

 そして・・・

 ・・・

 ・・・

 これで540円。リピートもしやすいですね。

一息ついて、店内を少し。

Ncm_0825

Ncm_0828

 都電の似合う街・巣鴨にぴったりのこし餡のクリームあんみつでした。

Ncm_0839

 (終)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

涼甘味を求めて(第5回)・・西新井大師参道・かどやサンのクリームあんみつ

 お大師様にお参りしたらほぼ毎回吸い寄せられちゃう 清涼飲料・甘味・軽食のかどやさん登場です。

Dsc03776

 夏の時期は、氷ものがずらーっとラインナップされていますが・・・

Dsc03777

 昔ながらのショーケースがあって、定番の食事ものと・・・

Dsc03778

 どうですか、このお値打ち感。

Dsc03779

 あんみつと言えば、浅草・梅園、湯島・みつばち、上野広小路・みはし、亀戸・船橋屋、銀座・鹿の子、銀座・立田野など、和菓子専門店がまず浮かびます。

 でも、このかどやさん、手作り感がたまらないんです。

 店構えも・・・

Dsc03825

 冷房ありません。天然の涼風が店内をそよぎぬけます。

 そんな店内の風景・・・絵になります。

Dsc03827

 家族連れがワイワイと氷をたべ、カップルはお店のおばあちゃんと語らって・・・とっても幸せな日常風景がそこにあるんです。

 お亡くなりになった俳優の地井さんも ちい散歩でいらしてたんですね。

Dsc03831

 色紙に合掌しました。

 味のある若手俳優・堺雅人さんも。

Dsc03832

 そんな壁にはメニューが張られています。

Dsc03829

 アップで・・・

Dsc03835

 甘味屋さん黄金のラインナップがそこに(クリームあんみつを写真に入れて無かったですcoldsweats01)。

 そして、その時は唐突に現れました。

Dsc03838

 "かどや"さんのシンプルなお店にピッタリの素朴なクリあんです(ここは通ぶった言い方で)。

Dsc03837

 天草の香りがほのかに残っているような寒天、乳脂肪の多さで分類されるアイスクリームやアイスミルクでなく あくまで助演食材のラクトアイス、かすかな塩気のえんどう豆、黒蜜と白蜜をブレンドしたような蜜、これでいいんです缶詰ミカン、砂糖が付いた求肥・・・そして主役・茹で加減が絶妙・小豆の香り残るつぶ餡。

 あんみつ類は「こし餡(さらし餡)」でなければならない、と思い続けてきた我が味覚に激震を走らせた それはそれは素朴なつぶ餡なのです。

 餡にクリームに寒天に塩気の豆・・・その絶妙なハーモニーを い・た・だ・き・まーす!

Dsc03839

 かどやの皆さんに感謝・感謝なのでした。

 そういえば、よく見てこなかったのですが、別のテーブルそばに、かき氷の食べ方なる張り紙がメニューの下にありました。今度見てみよっと。

Dsc03830

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

涼甘味を求めて(第4回)・・西新井大師境内・耳から目から涼しさを

 今日は大暑なのに、昨日おとといと涼しすぎる東京です。

昨年も同じように、西日本が暑くても、関東は長袖シャツが程よいような涼しい日がありました。小さい日本列島も同じ気候区分で語りにくくなっていますね。

 

さあ、風鈴まつりをのぞいてみましょう。

日本の夏・・・なんて言うとどこからのナンタラ線香みたいですが、風鈴は実用性を備えた身近な芸術作品と思います。

Dsc03791

 音色のウェーブが凄いです。一つずつ見ていきます。

 

 可愛いイラストが描かれた佐賀県・伊万里焼風鈴。

Dsc03793

 ギヤマン風で南国感じる沖縄県・琉球風鈴。

Dsc03794

 しっかりした陶器でできた茨城県・笠間焼風鈴。

Dsc03795

 風鈴本体に切欠きを造っている珍しいタイプの岐阜県・美濃焼風鈴。

Dsc03799

 なかなか凝ったガラス造りの大阪府・河内風鈴(河内というと「河内のおっさんの唄」を思い出しちゃいます)。

Dsc03798

 炭が風鈴になって、音色だけでなく臭いの吸着効果もきたいできる福島県・竹炭風鈴

Dsc03800

 鉄器でできた重厚な岩手県・南部風鈴。

Dsc03802

 城下町の風情をシンプルに伝えてくれる兵庫県・出石焼風鈴。

Dsc03803

 シンプルかつ名は体を表している奈良県・瑠璃風鈴。

Dsc03804

 季節の花をあしらって加賀の国らしい石川県・九谷焼風鈴。

Dsc03805

 可愛い形のオンパレード愛知県・瀬戸風鈴。金魚さんも夏風にのって泳いでました。

Dsc03806

Dsc03809

 一つ一つの形状が凝っている富山県・高岡青銅風鈴。

Dsc03814

 竹籠に入った、珍しい作りの静岡県・竹千筋風鈴。

Dsc03817

 そして私が見たラストは、山口県・萩焼風鈴。

Dsc03815

 風鈴祭りでは、お気に入りの風鈴を、すぐに買うことができるんですね。

 笠間焼・萩焼の個数か少ないことから、売れ筋(人気)がどうこうなんて 商売っけでてちょっと気になるところですが、補充のタイミングもありますのでなんとも言えませんね・・・イヤイヤ、粋な風鈴の前で、不粋なことを言ってはダメですね!

 さあ、お参りして・・・

Dsc03819

Dsc03820

Dsc03821

 行きましょう・・・クリームあんみつへ向かって!映画ロッキーで有名な振り返りシーンのような気分で西新井大師の街をみていました。(チト大げさでしたcoldsweats01

Dsc03822

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年7月21日 (土)

涼甘味を求めて(第3回)・・西新井大師参道・商店街から境内へ

 西新井大師の参道を行きます。

Dsc03768

 歯医者さんに郵便局、駅前っぽいスタートです。

 かと思えば・・・

Dsc03773

 赤ちょうちんのお店。初詣時などは、甘酒やコップ酒を店頭販売しています。

 レトロな感じがたまりません。

 そして、せんべい屋さん・・・

Dsc03775

 丸いおせんべい入れガラス容器が懐かしいです。

 そのせんべい屋さんの先を右に曲がると・・・

Dsc03780

 お大師様目の前の参道です。

 老舗の武蔵屋さんは、緑を生かして割烹料理店らしいですね。

Dsc03781

 そして、山門の手前では、よくある光景が・・・

Dsc03782

Dsc03784

 面と向かって、しのぎを削るライバル、清水屋さんと中田屋さんです。

 どちらも名物は草団子。食べていかないって・・・Dsc03786


 両側から誘われます。

 どちらかに決めにくいので、振り向きもせず、夏祭り看板を掲げた山門をくぐります。

Dsc03787

Dsc03788

 厄除け大師を表す立派な石碑がありました。

Dsc03789

 反対側には、塩をかけられた塩地蔵があります。写真で見ると好きな昔話・雪に埋もれた笠地蔵のようにも見えした。

 いよいよ本堂。

Dsc03790

 堂々とした建築物です。青空や緑を背景にして、趣もありますね。

 そして、ふと右を見ると「風鈴祭り」の看板・・・

Dsc03791

 涼しそうな空色文字です。音色に惹かれちゃいました。さて、どんな風鈴があるのでしょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

涼甘味を求めて(第2回)・・東武・大師線で西新井大師へ

Dsc03712

 一駅間だけの大師線、切符売り場のない終点の大師前(新井大師前)駅の改札口はここ西新井駅にあります。行くときはここで切符回収、もしくはスイカ等清算しちゃいます。大師前駅からきたときは、ここで切符を購入・スイカ等入場記録gつきます。

 初大師や初詣の混雑解消のためにも考えた手なんですね。

 ちなみに、複々線だった線路でしたが、こんな風に東武への各種乗り入れがあります。

Dsc03715

 こういう複雑なことを平気でできる日本の鉄道の列車運行、料金分配システムは凄いです!

 さあホームへ降りましょう。

Dsc03713

Dsc03714

 ちょうど折り返しの列車がやってきました。

Dsc03717

 8000形の電車に乗り込んで・・・

Dsc03723

Dsc03720

 すぐに出発です。

Dsc03725


Dsc03727_2


Dsc03729

 これまた関東では珍しい単線の高架線です。

Dsc03732

Dsc03734

 左へのカーブが現れて・・・

Dsc03737

 その先に、終着駅が見えてきました。

Dsc03740

Dsc03741

 立派なドーム型駅舎です。

Dsc03743

Dsc03745

 ワンマン電車なので、運転手さんはすぐ後方(帰りの前方)へ向かっていました。

Dsc03748

Dsc03749

 そして、あわただしく帰っていく、乗ってきた電車を見送ります。

Dsc03750

Dsc03751

Dsc03752

Dsc03755
 出発後は、がらんとしたドーム駅舎がそこにありました。

Dsc03757

Dsc03760

 3階のホームからはお大師様付近の緑が鮮やかに見えます。

Dsc03759

 さあ、きっぷ売り場もない、無人の改札をでましょう。

Dsc03762

Dsc03761

Dsc03765
 地域の案内図があります。

Dsc03766

 右へ行くと、緑の先にお大師様。

Dsc03767

 遠回りして、左側の参道商店街から行きましょう。

 商店街の手前で振り返ると、駅の全容も見ることができました。

Dsc03770

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年7月19日 (木)

涼甘味を求めて(第1回)・・きっぷ売り場の無い駅って

Dsc03763

Dsc03764

 電光掲示板まで設置されているそれなりの駅なのに、きっぷ売り場がないなんて・・・

 この駅のそばに、求めちゃう涼甘味屋さんがあります。

 

 でも、暑い夏。

 スタミナ付けないとたどり着きません。

 というわけで・・・アーン。

Ncm_0795

 焼き肉のカルビで、元気をつけます。

 こんな派手な入り口の韓国料理のお店でした。

Ncm_0798

 メニュー表が出迎えてくれるんです。花に誘われるミツバチになった気分を感じました。

 ちなみにここのお肉は、岩手・前沢牛です。最高ー!

 

 場面変わって、荒川を鉄橋で渡ろうとしています。

Dsc03658

Dsc03661

 橋を渡ると・・・

Dsc03665

Dsc03667

 高架に複々線の大カーブ。

Dsc03672

 直線区間には電車が2編成見えました。

Dsc03674

 片面だけの面白いホーム。

Dsc03676

 その先にもう片面ありました。

 すれ違う200系特急の独特な色合い・フォルム・・・。

Dsc03678


 そう、東武・東京スカイツリー線です。

 到着した駅。

Dsc03685

Dsc03687

Dsc03691

Dsc03693

 ホームから振り返ると、2両編成の電車がありました。

Dsc03694

Dsc03695

 そうです、ここは東京の北東部にある西新井という駅です。

Dsc03696_2

 東京で路面電車でもないのに2両編成なんて・・・乗ってみましょう。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012年7月18日 (水)

幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その15) 東京湾を北上・内房線

 お昼も過ぎて、楽しいお弁当タイムです。

 今回は、いすみ鉄道・大原駅で購入したお弁当です。

P3206830

 これに決めた理由の半分は、右にあるお茶の入れ物でした。懐かしいですね。

もう半分は、ゆかりの本多忠勝をもじったカツ弁だったことです。

P3206837

 弁当のカツは、冷めてもおいしいように丁寧に作られていること多く、美味しいんですね。仕出しの料理屋さんが作っているというので期待大。

 さあ・・・ジャーン!

P3206835

 タケノコ、タコ足の煮物に、大粒黒豆など、添え物もバッチッリ。

 そしてカツは・・・柔らかく、衣もgoodです。豚肉の味わいが、ジューシーに口に広がります・・・って、列車は館山駅に到着しました。

P3206838

 南国・館山をイメージした駅舎です。

P3206840

 内房線、ここからは一気に北上します。

P3206841

 到着したのはビワの産地・富浦駅です。

P3206842

 列車行き違いで小停止しました。

 やってきたのは・・・

P3206844

P3206845

 何度か登場した房総特急・E257系でした。

 この先西側に、東京湾が広がります。

P3206846

P3206847

 小さな漁港もあれば、外房に負けない海岸起伏もあります。

P3206851

P3206853

 山側には菜の花の黄。

 西に青い海、東に黄の菜の花。房総特急カラー通りの世界が広がっていました。

 青い海・・・その色彩を鮮やかにしているお日様・・・

P3206857

P3206858

 そして、浜金谷駅に到着。

P3206859

P3206861

 神奈川県の久里浜と東京湾フェリーでつながっています。

 今日は、E257系で一気に帰ることにしました。

P3206863

P3206865

 車窓には、さっそく東京湾の景色が広がります。

対岸には火力発電所の煙突が見えました。三浦半島と房総半島・・・狭い東京湾の入り口がよくわかりますね。

なぎの海には、一艘の漁船が・・・絵になる車窓です。

P3206867

P3206869

 やがて、木更津駅に到着。

P3206870

P3206872

 久留里線のディ-ゼルカーたちとも会えました。

 そして、小湊鉄道で出発した五井駅へ戻ってきたのです。

P3206873

P3206877

 十数分後、今回の出発点・千葉駅が見えてきました。

P3206878

 房総半島・斜め横断して時計回りにぐるり、小湊鉄道・いすみ鉄道・外房線・内房線・・・黄と青いっぱいの幸せを感じた日です。(終)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月17日 (火)

幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ

 安房小湊駅駅には、E257系先輩の255系が停車していました。

P3206804

 波型の上のVIEWの文字、斬新なデビューをしたこと覚えています。初代の黄と青、房総特急のイメージにピッタリでした。

P3206805

 ホーム隣には209系も。幸せの黄と青列車が全開です。

 また入江が現れると・・・

P3206807

 安房鴨川市の前原海岸が広がります。

P3206808

 そして、安房鴨川駅に到着。

 ホーム反対方向で待っている内房線の209系電車に乗り継ぎました。

P3206809

 すぐに発車。黄と青電車でいっぱいの安房鴨川駅にお別れです。

P3206810

 レールが交わるポイントがたくさんあって、鉄道模型のようでした。

 内房線へ入っても、海岸風景は続きます。

P3206811

 そして太海駅。

P3206812

 フラワーセンターや仁右衛門島を控えた観光駅です

 民家のような駅舎が、どことなくのどかさを演出していました。

 

そして、発車するとすぐに、海岸風景が続きます。

P3206814
P3206816

P3206817

 海岸に張り出した道路も、風景のアクセントですね。

 ほどなく、女性の名前のような駅・・・

P3206821

 ここ江見駅からは、お花畑の房総半島です。

P3206823

 海岸線の手前にはビニールハウスも点在していました。

P3206824

 そして、あっと驚いたショベルカー・・・

P3206825

 キリンさんのラッピングでした。斑点の感じなど、そっくりですね。

 そうこうしていると、次の駅ホームです。

P3206826

 訪問したのは3月、いすみ鉄道でも鮮やかに咲いていた菜の花が出迎えてくれました。

P3206827

 駅の名は、和田浦・・・

P3206828

P3206829

 菜の花に包まれた209系、その奥には小高い丘陵。のどかな内房線した。

 お昼時間を過ぎています。いよいよ、515日にチラと登場したアレの出番です。

P3206836

◇  ◇  ◇

暑かった週末の涼風2題

noodle

夏は冷やし中華ですね。

自分で盛り付けるタイプは、楽しいですね。

Ncm_0787

penguin

商店街の通りに、大きい氷が。

触るとヒンヤリ気持ちいいです。

Ncm_0788_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その13) 海の日に外房線海岸風景.

 515日いすみ鉄道記事の続きです。

 海の日にピッタリな海岸路線の外房線、いすみ鉄道との接続駅である大原駅から乗車します。

P3206771

 キハ52がいなくなった いすみ鉄道ホームの横に黄と青の209系電車がやってきました。

P3206783

P3206784

 今までは菜の花の黄。そして、これからは外房海の青です。

 乗車するとすぐに出発です。

P3206785

 3つ先の勝浦駅・・・

P3206789

P3206790

 ここから、海岸がよりそってきます。

P3206791

 駅を発車してすぐの海岸ではボーダーの方がチラホラ。

起伏ある海岸線は、南房総国定公園に指定されているのも納得ですね。

P3206792

 その海岸線をトンネルを使って進む外房線です。

P3206793

 トンネルの先に見えるトンネル、遠近法の教科書みたいな構図でした。

 そのトンネルの先にあるのが、豊かな自然に恵まれ理想郷とも呼ばれ鵜原駅です。

P3206794

 日差しを満面に受けられるよう、ホームには屋根がありません。

 駅を出ると、また断崖、家々、青い海です。

P3206795

 断崖の間には入江の浜もありました。

P3206796

 次の上総興津駅で小停車。

P3206797

 上りの特急わかしお号と入れ違いです。

P3206798

 菜の花と青い海をイメージした「幸せの黄と青」E257系電車でした。

 そして次の駅・・・

P3206800

 旅行された方もいるのではないでしょうか。フラミンゴのダンスで有名だった行川(なめがわ)アイランド駅です。

P3206801

 海辺の丘陵を使った自然公園でした。

 頂上には久遠の塔という反射鏡があって、TV宣伝にもよく登場していた気がします。

 この地をトンネルで越えると、また海が登場です。

P3206803

 誕生寺、名勝・鯛の浦で有名な安房小湊。上総の国から安房の国に入ったのでした。

 海岸線は、まだまだ続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

Mother Lake(2) 京阪電車・石山大津線 石山寺駅を出発します + スマステ

 琵琶湖南端を走る歴史ある鉄道・京阪大津線が100周年を迎えました。

 大阪駅まで乗り入れている京阪電車の一番東端が、石山大津線という少し小ぶりな電車・路面電車である京阪700形の始発駅・石山寺駅です。

Dsc03496

Dsc03486

 源氏物語で有名な駅前には、小さなロータリーと名前の通り・石山寺を模した模型がありました。

Dsc03494

 唐橋で有名な瀬田川がすぐ横を流れています。

Dsc03495

 潤沢な緑たちにMother Lakeからの豊かな水。時には人をこまらす川。今は穏やかな流れ。人間の喜怒哀楽のようです。。

 

 そんな瀬田川畔のこじんまりとしたホームにお似合の700形・2両編成がそこに。

Dsc03491

 100周年の丸いプレートが誇らしげです。

Dsc03489

 折角なので、一台やり過ごしましょう。

Dsc03497

Dsc03498

Dsc03499

 行ってらっしゃーい。

Dsc03501

 ・・・と直ぐに、次の電車が来ました。

Dsc03502

 さあ、石山坂本線を進みましょう。

P7148252

 梅雨の合間の爽やかな朝が始まります。()

Dsc03503

Dsc03506

Dsc03508

◇ ◇ ◇

train おまけです。

スマステで夏に乗りたいアイデア列車という特集をしていました。

ランキングとキーワードを記録に。小林克也さんに紹介された列車たち、こういうのもgoodですね。

shine

 

7位 リゾートしらかみ 能代駅でバスケットボール・フリースローが楽しめる。岩舘海岸。津軽三味線の演奏。

 

6位 黒部峡谷鉄道。室井滋さんのアナウンス。峡谷の絶景。花崗岩の宇奈月湖。黒薙駅の露天風呂。

 

5位 大井川鉄道 SLかわね路 SL動輪焼 かわね温泉からの光景 SLおばさんのハーモニカ

 

4位 くしろ湿原ノロッコ号 見渡す限りの大湿原 カヌー体験

 

3位 A列車で行こう バーカウンター デコポンを使ったAハイボール 

 

2位 SLばんえつ物語号 車内のゆったりスペース SL整備作業・給水作業

 

1位 嵯峨野トロッコ列車 保津川渓谷美 酒呑童子 船の売店

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

Mother Lake(1) 梅雨の合間の爽やか風景

 今週、琵琶湖の南端部・大津市を訪れました。

 夏雲と友達のような比叡山をアクセントにした琵琶湖。

Dsc03464

 海と見間違えるような奥行きのある湖、周りを彩る緑、そして束の間の晴れ間・・・ニュースで報道されていることとは、無縁の爽やかな湖岸風景です。

 その湖面を優雅に進む観光船。

Dsc03463

 レイクリゾートといった趣でした。

 湖岸に近づくと、思いっきり空気を吸いたくなるような爽やかさです。

Dsc03622

 強い日差しに、木々の影法師も絵にかいたような形をしていました。

 その木を含む1枚・・・

Dsc03619

 絵画を見ているようでした。

 芝生には小鳥も。

Dsc03625

 湖には、下灘駅でも見た様な小舟が、プッカリプッカリ浮かんででいます。

Dsc03626

Dsc03628

 そうそう、琵琶湖の南側には、歴史ある鉄道が走っていました。

 100周年を迎えたその路線へ行ってみましょう。

Dsc03506

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月13日 (金)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第9回]・・下灘駅の記憶

 小さな駅舎の中も記憶に残したいものがありました。

camera

 ルフィの忘れ物・・・?

Dsc03050

 空き缶も生まれ変わりました。

Dsc03049

 素敵な想い出たちの掲示板・・・

Dsc03048

 本線だった証、松山・宇和島が行先になっている時刻表です。

Dsc03058

 地域の皆さんが支えているこの駅舎を出ると・・・

Dsc03045

 通学路の証もありました。消えかかっていますが、立ち止まり安全確認の足跡マークです。

Dsc03041

Dsc03040

 左右を見て、横断歩道を渡ります。

Dsc03042

 緩やかな上り坂の道風景を見ていると、信州にある高原の駅のようでした。この風景に、潮風が漂うなんて・・・一粒で二度美味しい、どこかのアーモンド・キャラメルのようです。

 渡りきって振り返ると・・・

Dsc03044

 素顔の下灘駅と会うことができました。

 今まで何度も通り過ぎた下灘駅・・・はじめまして。おはようございます。

 そして、またいつか・・・。

Dsc03051

Dsc03039

 また下灘駅に帰ってくるために、迎えに来てくれたのは松山駅行きのキハ185系でした。 

Dsc03062

Dsc03063

Dsc03064

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月12日 (木)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第8回]・・続・下灘駅にて

 人間の世界が変わっても、変わらない伊予灘の海。

Dsc03059

 人間が、人間の営みが、自然の一部であることを、改めて実感させてくれる海。

Dsc03060

 そんな海に抱かれた下灘駅です。

Dsc03055

 ホームにある小さな三角屋根。

Dsc03026

 その三角屋根の下には、ベンチが2つ。

Dsc03027

 ベンチでは、乗客の代わりに、自分の荷物と持ってきた朝食のパンが座っていました。

 本当は、ベンチに座り、パンをかじりながら、ただ海を見つめようと思ってきたのですが、そうはいかなかったです。ペロッhappy01

 

 先ほどからチラチラ見えた、駅のホームから見えるお店。

Dsc03029

 美容院でした。

Dsc03030

 海の見える美容院なんて、素敵ですね。

 さあ、駅舎へ向かいましょう。

Dsc03031

 JR四国は駅のトイレを充実させています。駅舎の半分は、トイレが占めていました。

 あちらこちらにお花もたくさん。

Dsc03032

 改札を抜け、振り返ると、有名なシーンが現れます。

Dsc03033

 大人目線の世界。そして・・・

Dsc03034

 子供目線の世界。

 見える水平線の違いが、背比べの柱の傷 代わりのようにも思えます。

train

 戻る列車の時間が近づいてきました。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第7回]・・下灘駅にて

 崖ギリギリを緩やかなS字カーブで進む予讃線・旧線。

Dsc03005

 小さなホームが現れました。

Dsc03012

Dsc03014

 ホームに降り立ち、この先キハ185系が向かう鉄路を、一緒に見つめたのです。

Dsc03016

 そして、出発・・・。

Dsc03018

Dsc03019

 港のある風景の中にキハ185系が吸い込まれていきました。

Dsc03021

 下車した乗客も乗車した人も、1人だけです。

 ディーゼル音の無くなったホームには、潮騒の調べが流れていました。

Dsc03024

Dsc03025

 加えて、道路ができたため「といわれた」になったホームには、時折 車の走行音も、音のアクセントのように漂います。

 流れと漂いの中を、来た方向のホーム先端へ向かいます。

Dsc03052

 走ってきた鉄路は、山肌にできた緑の中に消えていました。

 山と海の間のわずかな隙間にできた平地・・・下灘駅はそんな地勢の中にあるのです。

 この端から、くるりと向きを変えると・・・

Dsc03054

 民家と見間違う駅舎に続く、片面ホームに描かれた2つの白点線。

 予讃本線から予讃線へ・・・鉄道路線の役割変化とともに無くなった左側の鉄路が、静かに見つめていると蘇ってくるようです。

 でも そんな駅を、ホームを、見つめているのは私だけではありません。

Dsc03057

 変わることのなく見続けてきた、伊予灘の海です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月10日 (火)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第6回]・・予讃線・カードで振り返る”遠くへ行きたい”

 上灘駅を出発し鉄橋を渡ると、再び伊予灘が迫ってきます。

Dsc02986

Dsc02991

Dsc02994

 目的の地へ近づくにつれて、目の前にひろがる風景にオーバーラップするかのごとく、今までの四国への旅が、頭の中をかすめたのです。

train

 遠くへ行きたかった、その気持ちを携帯し、訪問した四国の地。高橋洋子さん主演の映画・旅の重さを見て、たまらなく行きたくなった四国の地・・・。

 残念ながらフィルムの写真残っていないのですが、違うものが出てきました。

 オレンジカードです。数回訪問してからものですが、記念に。

 

 今回と違い、東京駅をブルートレインで出発しました。

Ncm_0707

 2425型寝台のときは、シャワールームがありました。シャワーを浴びて、ぐっすり眠ると宇野駅に翌朝到着です。

 そして、宇高連絡船に乗り換え。

Ncm_0709

 朝食だった、立ち食い・さぬきうどんの美味しかったこと。

 そんな連絡船もお別れが・・・。

Ncm_0710

 すっごく好きな1枚です。瀬戸大橋開通後は、JRで一気に。

Ncm_0712

Ncm_0713

 そんな青い国・四国でキハ185系が特急しおかぜ号、いしづち号(高松駅始発)が疾走していたのです。

Ncm_0701

Ncm_0702

 ・・・列車は、少しずつ下りはじめました。下灘駅はすぐそこです。

Dsc02997

Dsc03003

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月 9日 (月)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第5回]・・予讃線・下灘駅への最終アプローチ

 高野川駅-上灘駅間では、予讃線と伊予灘の狭い間に家並みが現れます。

Dsc02943

 先週記事の山陰海岸と同じように、海岸部の厳しい地形を感じる光景でした。

 そして、線路と家のわずかな隙間には、小さい菜園も・・・

Dsc02944

 地域の鉄道を感じる瞬間でもありました。

 港を見下ろす山の斜面にへばりつくように進む予讃線・旧線・・・

Dsc02946

Dsc02947

Dsc02949

Dsc02950

 民家のすぐ上をとおる餘部鉄橋のミニ版のような雰囲気をもった橋梁も渡ります。

Dsc02953

 そして待ち構えるトンネル。

Dsc02955

 その先、すこし広めの平地が現れると、単線の鉄路が二つに分かれ・・・

Dsc02958

 左へ緩やかにカーブしたホームに到着します。

Dsc02959

 伊予上灘駅、下灘駅ひとつ手前の駅です。

Dsc02974

Dsc02977

Dsc02961

 今までキハ185系が走ってきた方向を振り返ると・・・

Dsc02960

 どこかで見かけた様な、とんがった山が見えます。

Dsc02971

Dsc02973

 大好きな映画 インディジョーンズ1作目・レイダース失われたアークの出だしでパラマウント映画の山モニュメントが変化する南米の山のイメージそっくりでした。

 この写真だけ見ると、とても海沿いとは思えません。

fuji

 先頭に戻ります。

Dsc02970

Dsc02964

 階段、鉄路、ホーム、駅舎・・・絵になりますね。

Dsc02966

 静かな土曜日早朝の駅でした。

 さあ、列車に戻りましょう。

Dsc02969

 上り、松山駅方面への列車がやってきます。

Dsc02978

 キハ54系+キハ472両の長い編成でした。

Dsc02979

 ヘッドマーク代わりに、メロンパンナちゃんのイラストです。四国を感じるなあー。

Dsc02982

 さあ、出発進行!

Dsc02981

Dsc02983

 下灘駅へ向けて、最後の単線鉄路をキハ185系は進みます。

Dsc02984

Dsc02985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります

 分岐点の駅です。

Dsc02916


Dsc02917

 宇和島駅方面への時間短縮・利便性向上にために1986年完成した山越えの新線と旧線の分岐点・向井原駅に到着しました。

Dsc02911

 下灘駅へは後3駅。

 さあ、出発進行!

Dsc03090

Dsc03089

Dsc03088

 新線を左側に見送りながら高架線とお別れです。上を走る松山道もこの先で新線沿いに左へカーブしていきます。

Dsc03087


Dsc03085

 地上に降りてきました。本来の予讃線、国鉄時代は予讃本線と呼ばれ、特急しおかぜが疾走した栄光の本線です。

Dsc02926

Dsc02928_3

Dsc02929

 海沿いとは思えない山・森の中を、旧線の鉄路は左へ右へ。

Dsc02933

 使われなくなった鉄道設備を通過し・・・

Dsc02934

 トンネルを越えて・・・

Dsc02940

 片面ホームの高野川駅に到着しました。

Dsc02941

 そして、高野川駅を出発して2分弱・・・

Dsc02942

 山越えした予讃線が、伊予灘(瀬戸内海)と出会いました。

 山肌にへばりつくように、鉄路は進みます。下灘駅までは後2つになりました。

cherry

pencil

[昨7月7日のヒトコマ]

① 花のお江戸の風物詩、季節の入谷の朝顔市(まつり)がありました。行けないので駅貼りの案内を記録にします。

 

Ncm_0697

 
② お江戸の夏といえば、濃ーいつけ汁でズズッと喉越し楽しむ・もりそば(せいろ)ですね。透明度の全くない醤油つけ汁は最高ーです。〆は、蕎麦湯で。そして、たまに食べたくなるのはカツ丼です。甘しょっぱさが、卵やカツの衣に浸み込んで、こたえられませーん

 その2つを、一度に楽しめるのがカツ丼セットです。

Ncm_0700

 普段から何気なく、ボリュームで選んじゃうメニューかもしれませんが、どうしてどうして、贅沢な一品ですね。いただきまーす。

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第3回]・・七夕の日にキハ58系を受けついだキハ185系を紹介

 松山駅から約15分、伊予市駅ではキハ54系とキハ185系が寄り添っていました。

Dsc02894

 七夕の日の記事っぽいなあ・・・なんてこじつけちゃいます。

Dsc02896

 キハ185系、老朽化したキハ58系の後継機として作られました。

 ただし、単なる後継でなく「急行」であったキハ58系を、「特急」として受け継いだのです。

 急行から特急への一番の変化は座席でしょうか。

00090004

Dsc02265

 キハ58系(28系):垂直の背もたれ、4人掛けのボックスシート。

 これが・・・

Dsc02889

 キハ185系では、2人掛けのロマンスシート(リクライニングシート)が並びます。

 そんなキハ185系も、今は新型の2000系というものに置き換えられ、この宇和島駅行きのように特急ではなく普通列車になっています。

 記録に残しましょう。

Dsc02887

Dsc02888

 たとえば、横スライド式のカーテン。特急であった証ですね。

Dsc02892

 折り畳み式のドア。

Dsc02906

 客室入口の自動ドア。

Dsc02907

Dsc02909

 アイサイト絶好調なスバルの富士重工が作っていました。

Dsc02910

 外観も・・・

Dsc02897

Dsc02898

Dsc02899

Dsc02900

Dsc02901

Dsc02903

 さあ、信号が青になりました。

Dsc02912

 いよいよ、予讃線・旧線に入っていきます。海は右側に近づいてくるのでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月 6日 (金)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第2回]・・予讃線を西へ向かいます

  

 上野動物園のシンシンに赤ちゃんが舞い降りてきました。

 おめでとーう。

 bell

 この記事も624日の雲海から地上へ降りてきました。

Dsc02854

 伊予鉄にオハヨーの挨拶をしながら、梅雨曇天の元、早朝の松山駅へ向かいます。

 高松駅へ向かう特急いしづちを左に見て、向かうは右側の予讃線・宇和島駅行き普通列車です。

Dsc02859

 少し前には、特急しおかぜの車両として使われていたキハ185系ではないですか。

Dsc02860

 ウレピー!

 と思っていると、すぐに発車です。

Dsc02862

Dsc02863

 街中を抜けると、右手になにやら建造物があります。

Dsc02870

Dsc02873

 次に停車する市坪駅前の坊っちゃんスタジアムでした。

Dsc02875

 プロ野球公式試合も開催する球場・・・駅名看板にも、野球にかかわる記載がありました。野球が日本で始まったころ捕手として熱心にプレーしたことで有名な正岡子規の姿です。自分の幼いころの名前「のぼる」を使い「野・球」を「の・ボール」と呼んでいたんですね。

Dsc02877

 その先、重信川を素朴な作りの鉄橋でわたります。

Dsc02881

 水を張った田に、家々が映し出されています。

 そんな中、車内に目を向けると、最近見られなくなった鉄道地図がありました。四国の形がくっきりです。

 

Dsc02883

Dsc02884

 予讃線のルートはこの先別れます。

 その海側のルートに目指す駅がありまるのです。

 それは・・・

Dsc02886

 下灘という小さな駅です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

梅雨中休みの東京だより(第6回)・・谷中近くの静かな日曜日

谷根千で有名になった谷中も、メイン通りを少し離れると、静かな時間が流れていました。

 少し暑くなってきたので、壁に描かれた布袋さんにお水を。

Ncm_0593_2

 アジサイも楽しめますね。

Dsc03311_2

 ・・・そんな公園が楽しいです。

Dsc03312_2

Ncm_0591_2

 公園を先に進むと富士見坂があります。

Dsc03313_2

Dsc03317_2

Dsc03316_2

 坂の上から富士山は見えませんが、代わりに青紫のアジサイと坂を走り降りる真っ赤な車が、色彩感を届けてくれました。

 上の通りには昔づくりの家と・・・

Dsc03318_2

 えっ、スイスの国旗?

Dsc03323_2

 国旗に誘われて路地を左へ入ると・・・

Dsc03322_2

 スイス料理の可愛いカフェがありました。

Dsc03321_2

 路地を戻ると・・・

Dsc03328_3

 養福寺さんという、立派なお寺がありました。

Dsc03325_2

Dsc03327_2

 勇壮な山門とアジサイに包まれた鐘つき堂が印象に残るお寺です。

 そして先へ進むと、道に案内標識があらわれました。

Dsc03329_2

 日暮里駅はすぐそこです。

 程なく到着した駅の跨線橋から、訪れた地の裏側を望みました。

Dsc03332_2

 梅雨も後半ですね。局地豪雨などになりませんように。(終)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

梅雨中休みの東京だより(第5回)・・多摩モノレールでチョット空中移動

 今週、東京都西部にある立川へ行く機会がありました。

 加えて、まだ乗車したことのない多摩モノレールにチョッピリ乗れたのです。嬉しーい。

 お昼時だったので、スナップ写真を少々撮りました・・・ということで、このシリーズで紹介しちゃいます。

Ncm_0641

 JR立川駅の南口と多摩モノレールの立川南駅は、デッキ通路でつながっていて便利です。

商店街ビルのような街並みの中の上を走るモノレールは、路面電車的な感覚ですね。

Ncm_0643

 雨が上がって、青空に夏雲ポッカリ。その下の立川南駅にモノレール・1000系が停車しています。

 ホームへ上がると、そこには新都市交通をイメージする明るいホームがありました。

Ncm_0646

 梅雨時を明るく変えてくれる、黄緑の壁に路線図、時刻表等の運行情報が集められています。

 センスいいなあ。

Ncm_0645

 南側から乗車する1000系がやってきました。1月に紹介した江ノ島モノレールの懸垂式とは違い、レールの上にまたがるの跨座式は、安定感を生んでいますね(個人的には懸垂式のスリルも好きですが)。

Ncm_0648

 やってくる1000系は、オレンジべースの色合いです。駅の壁と合わせると、葉付きのミカンみたいですね。

 多摩動物園公園を通るだけあって、車体横にはキリンさんが描かれていました。

Ncm_0651

 乗り込むと、その最後部からは、雨雲が分割してできた夏雲もどきの下、南側の多摩方面に真っ直ぐレールが伸びています。

Ncm_0652

 ほとんど音もなく動き出すと、今までいた風景が眼下に見えました。

Ncm_0654

Ncm_0656

 エキュートの外観が現れたここはJR立川駅です。

Ncm_0658

 そして、すぐに次の駅・立川北駅に到着です。

 その距離はたった400mJR立川駅と立川北・南駅を結んだ線でできた図形は、あたかも高さの無い・平ぺったい二等辺三角形のようです。

 隣には、南行きのモノレールが現れました。

Ncm_0660

Ncm_0662

Ncm_0664

Ncm_0666

 こちらも出発です。

Ncm_0670

Ncm_0673

Ncm_0674

Ncm_0677

 伊勢丹のマークが目立ちました。伊勢丹・・・お笑いのCOWCOWを思い出しちゃいました。

 すぐに緑が増えてくると、レールの奥には青空です。絵にかいたような雲の白い色合いとマッチしますね。

Ncm_0679

 初夏らしい風景の中を、近代的な都市交通は進んでいきました。午後もがんばらなくっちゃ。

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年7月 3日 (火)

梅雨中休みの東京だより(第4回)・・渋谷・旧東急文化会館への通路

 先週、渋谷をお昼時に訪れる機会がありました。

Dsc03424

 久々の渋谷、あそこはどうなったのだろう・・・あそことは渋谷駅と東急文化会館をつないでいた長い陸橋です。

 パンテオン、渋谷東急、東急名画座・・・松竹東急系の洋画を中心に上映する劇場たちは、日比谷・有楽町の映画館とはまた違った存在でした。地下には東急ストアがあって、惣菜を買い込めたり、フルーツパーラー・西村さんの出店があったりして、映画鑑賞+αしたいときに選んでいました。

Dsc03374

 東京メトロ銀座線・表参道駅を出発して、地下から地上に出る・・・

Dsc03375

Dsc03376

Dsc03378

 まさに、出るところが東急文化会館の2階付近なのでした。

 渋谷駅ホームからこの地上に出るところを見ると・・・

Dsc03384

Dsc03386

Dsc03388

 渋谷というファッション基地からは想像もできないレトロな改札を抜けて・・・

Dsc03391

Dsc03390

 狭い階段を抜けて、人が多くなる東急東横線の渋谷駅を突っ切ると・・・

Dsc03397

Dsc03398

 あるはずの通路は閉じられ、今春オープンした「ヒカリエはこちら」の案内板の掲示場所になっていたのです。

 この通路が、ヒカリエへの道として残っているかと勝手に思っていたので、残念でした。

ヒカリエへの通路を進むと、透明フェンスから、左に使われることのなくなった往年の通路、右にヒカリエへの新通路が同時に見ることができます。

Dsc03399

 旧通路のすぐ横上を銀座線が走っているのでした。

Dsc03402

Dsc03400

 旧通路がこの後どうなるかはわかりませんが、耐震性など現在の建築基準からして、新通路に一本化されるんでしょうね。

Dsc03410

Dsc03403

 旧通路には、工事の関係者の方の姿だけです。

Dsc03406


 旧通路と銀座線の想い出・・・東急東横店にある駅へ吸い込まれていく銀座線・01系です。

Dsc03407

Dsc03408

 一方、渋谷の新しいシンボル・ヒカリエ。

Dsc03409

Dsc03411

 新通路を進みます。

Dsc03414

 01系が顔を出す・この下部あたりに、映画館の案内、渋谷東急や東急名画座へのエレベータがありました。

Dsc03416

 新しい通路、ヒカリエを抜けた先には、飲食店街ではなく、渋谷のもう一面である緩やかな坂の街が続いているのでした。

Dsc03418

 渋谷東口の新しい風景をもう一度。

Dsc03423

 いっけない、お昼を食べ忘れていましたcoldsweats01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年7月 2日 (月)

梅雨中休みの東京だより(第3回)・・上野駅の七夕飾り

 もうすぐ七夕、北へのターミナル・上野駅に可愛い七夕飾りが登場ですshine

Dsc03450

 手前には、仙台の七夕祭りをPRする飾り達です。

 五色の色合いが、イイ感じでした。

 そして、奥には・・・

Dsc03455

 地元で開催する・下町七夕祭りの飾り達でした。

Dsc03453

 シンシンの赤ちゃんのことか騒がれているパンダちゃん、河童くんと並んでいます。heart04

Dsc03458

 パンダ上野駅が描かれています。

Dsc03457

 とぼけた表情が、ユーモラスで和みますねー。

 そして、スカイツリーも。

Dsc03456

 さて今年は、彦星と織姫が会えるでしょうか。会えますように。

 そう願いつつも、また雨空に戻った東京です。

music

追記:会えるといえば、今年ヴァンヘイレンの来日があるのですね。昨日のFM東京でライブバージョンのJUMPを聴くことができました。梅雨空吹き飛ばしてくれる、強さ・軽快さが心地よかったです。「雨の日と月曜日は」の前の日でしたから、なんちゃって。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

今はなき餘部鉄橋の旧姿(後編)・・目玉おやじの焼酎をお土産はここからでした

 見事なトレッスル橋が、ただただ広がります。

 訪れたのは春先、桜と記念に。

Dsc01080

 名所になっているだけあり、橋梁の説明もありました。

Dsc01081


 鉄桁部分は、石川島、今のIHI。昨年1031日記事にした日暮里・舎人ライナーとおんなじです。昔も今も、日本の重工メーカーが活躍しているんですね。

Dsc01082

 橋の反対側は、山陰海岸が迫ります。

Dsc01083

Dsc01085

 下から見上げると、たまらない力強さを感じました。

 そして、橋のそばには、できた背景が描かれています。厳しい生活、やっとできた餘部駅のことが記録されています。

Dsc01093

Dsc01094

 その造り、景観の見事さとは、まさにコインの表裏のようです。

 地域の思い、建造者の思い、そして今訪れる人たちの思い、たくさんの思いの重さに耐えられるよう頑丈な構造物になっているようにも思えました。

 ・・・思い・・・。

Dsc01087

Dsc01091

Dsc01089

Dsc01090

 さあ、帰る時間が来ました。

 今度訪問するときは、新橋梁になっているのですね。ありがとう、餘部鉄橋。

Dsc01092

Dsc01096

 帰りは鳥取駅まで行って、

Dsc01097

 岡山駅まで行く・スーパーいなば(写真)を見送ったのち、スーパーはくとで新大阪駅経由帰りました。はくとに乗車する前、鳥取駅のお土産物売り場で瞬時に目が留まったものが、この目玉おやじの焼酎なのでした。印刷された絵が丸いガラスで拡大みえる楽しい作りです。2008年境港・鬼太郎ブーム始まりの頃のことでした。

Ncm_0627

Ncm_0628

| | コメント (10) | トラックバック (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »