« 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります | トップページ | 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第6回]・・予讃線・カードで振り返る”遠くへ行きたい” »

2012年7月 9日 (月)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第5回]・・予讃線・下灘駅への最終アプローチ

 高野川駅-上灘駅間では、予讃線と伊予灘の狭い間に家並みが現れます。

Dsc02943

 先週記事の山陰海岸と同じように、海岸部の厳しい地形を感じる光景でした。

 そして、線路と家のわずかな隙間には、小さい菜園も・・・

Dsc02944

 地域の鉄道を感じる瞬間でもありました。

 港を見下ろす山の斜面にへばりつくように進む予讃線・旧線・・・

Dsc02946

Dsc02947

Dsc02949

Dsc02950

 民家のすぐ上をとおる餘部鉄橋のミニ版のような雰囲気をもった橋梁も渡ります。

Dsc02953

 そして待ち構えるトンネル。

Dsc02955

 その先、すこし広めの平地が現れると、単線の鉄路が二つに分かれ・・・

Dsc02958

 左へ緩やかにカーブしたホームに到着します。

Dsc02959

 伊予上灘駅、下灘駅ひとつ手前の駅です。

Dsc02974

Dsc02977

Dsc02961

 今までキハ185系が走ってきた方向を振り返ると・・・

Dsc02960

 どこかで見かけた様な、とんがった山が見えます。

Dsc02971

Dsc02973

 大好きな映画 インディジョーンズ1作目・レイダース失われたアークの出だしでパラマウント映画の山モニュメントが変化する南米の山のイメージそっくりでした。

 この写真だけ見ると、とても海沿いとは思えません。

fuji

 先頭に戻ります。

Dsc02970

Dsc02964

 階段、鉄路、ホーム、駅舎・・・絵になりますね。

Dsc02966

 静かな土曜日早朝の駅でした。

 さあ、列車に戻りましょう。

Dsc02969

 上り、松山駅方面への列車がやってきます。

Dsc02978

 キハ54系+キハ472両の長い編成でした。

Dsc02979

 ヘッドマーク代わりに、メロンパンナちゃんのイラストです。四国を感じるなあー。

Dsc02982

 さあ、出発進行!

Dsc02981

Dsc02983

 下灘駅へ向けて、最後の単線鉄路をキハ185系は進みます。

Dsc02984

Dsc02985

|

« 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります | トップページ | 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第6回]・・予讃線・カードで振り返る”遠くへ行きたい” »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/55146584

この記事へのトラックバック一覧です: 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第5回]・・予讃線・下灘駅への最終アプローチ:

« 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります | トップページ | 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第6回]・・予讃線・カードで振り返る”遠くへ行きたい” »