« 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第2回]・・予讃線を西へ向かいます | トップページ | 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります »

2012年7月 7日 (土)

海に日本一近い(といわれた)駅へ[第3回]・・七夕の日にキハ58系を受けついだキハ185系を紹介

 松山駅から約15分、伊予市駅ではキハ54系とキハ185系が寄り添っていました。

Dsc02894

 七夕の日の記事っぽいなあ・・・なんてこじつけちゃいます。

Dsc02896

 キハ185系、老朽化したキハ58系の後継機として作られました。

 ただし、単なる後継でなく「急行」であったキハ58系を、「特急」として受け継いだのです。

 急行から特急への一番の変化は座席でしょうか。

00090004

Dsc02265

 キハ58系(28系):垂直の背もたれ、4人掛けのボックスシート。

 これが・・・

Dsc02889

 キハ185系では、2人掛けのロマンスシート(リクライニングシート)が並びます。

 そんなキハ185系も、今は新型の2000系というものに置き換えられ、この宇和島駅行きのように特急ではなく普通列車になっています。

 記録に残しましょう。

Dsc02887

Dsc02888

 たとえば、横スライド式のカーテン。特急であった証ですね。

Dsc02892

 折り畳み式のドア。

Dsc02906

 客室入口の自動ドア。

Dsc02907

Dsc02909

 アイサイト絶好調なスバルの富士重工が作っていました。

Dsc02910

 外観も・・・

Dsc02897

Dsc02898

Dsc02899

Dsc02900

Dsc02901

Dsc02903

 さあ、信号が青になりました。

Dsc02912

 いよいよ、予讃線・旧線に入っていきます。海は右側に近づいてくるのでした。

|

« 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第2回]・・予讃線を西へ向かいます | トップページ | 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。映画のクレジットタイトルの前に、舞台となる列車を紹介しているようでワクワクします。さて、ロマンスが始まるのでしょうかheart 殺人事件が起きるのでしょうかpunch 乗っ取られてしまうのでしょうかbomb

投稿: アワムラ | 2012年7月 7日 (土) 04時23分

coldsweats01おはようございます。
明るい感じのブルーとグリーンの車両は爽やかで良いですね!happy01
日本って面白いのは、どこにでも自動ドアを設置することですね。coldsweats01そういう細かい所に凝り性の日本が大好きです。lovelyでも、電気を使ってしまいますけど。

投稿: korokoro | 2012年7月 7日 (土) 10時04分

何だか、とても細かな相違を紹介されているところは流石です。 とても私などが乗っても気付かないことばかりで、恐れ入りました!

投稿: tokyo hirokun | 2012年7月 7日 (土) 19時12分

キハ58→アワムラさん
ありがとうございます。そんな風にご覧くださって嬉しいですhappy01
これから起こることはですね・・・ひ・み・つ ですsearchなんちゃって。

投稿: キハ58 | 2012年7月 7日 (土) 22時17分

キハ58→korokoroさん
自動ドア、確かにそうですね。客室入口の自動ドアは、とても便利です。荷物に駅弁もって両手ふさがっているときなど助かっていますhappy01

投稿: キハ58 | 2012年7月 7日 (土) 22時20分

キハ58→tokyo hirokunさん
私も車のちょっとしたマイナーチェンジなど、全く気が付きませんcoldsweats01
みんなが別々にいろんなところを気が付くって、いいことですよねhappy01

投稿: キハ58 | 2012年7月 7日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/55128746

この記事へのトラックバック一覧です: 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第3回]・・七夕の日にキハ58系を受けついだキハ185系を紹介:

« 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第2回]・・予讃線を西へ向かいます | トップページ | 海に日本一近い(といわれた)駅へ[第4回]・・予讃線・山肌を削って敷かれた旧線へ入ります »