« 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ | トップページ | 涼甘味を求めて(第1回)・・きっぷ売り場の無い駅って »

2012年7月18日 (水)

幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その15) 東京湾を北上・内房線

 お昼も過ぎて、楽しいお弁当タイムです。

 今回は、いすみ鉄道・大原駅で購入したお弁当です。

P3206830

 これに決めた理由の半分は、右にあるお茶の入れ物でした。懐かしいですね。

もう半分は、ゆかりの本多忠勝をもじったカツ弁だったことです。

P3206837

 弁当のカツは、冷めてもおいしいように丁寧に作られていること多く、美味しいんですね。仕出しの料理屋さんが作っているというので期待大。

 さあ・・・ジャーン!

P3206835

 タケノコ、タコ足の煮物に、大粒黒豆など、添え物もバッチッリ。

 そしてカツは・・・柔らかく、衣もgoodです。豚肉の味わいが、ジューシーに口に広がります・・・って、列車は館山駅に到着しました。

P3206838

 南国・館山をイメージした駅舎です。

P3206840

 内房線、ここからは一気に北上します。

P3206841

 到着したのはビワの産地・富浦駅です。

P3206842

 列車行き違いで小停止しました。

 やってきたのは・・・

P3206844

P3206845

 何度か登場した房総特急・E257系でした。

 この先西側に、東京湾が広がります。

P3206846

P3206847

 小さな漁港もあれば、外房に負けない海岸起伏もあります。

P3206851

P3206853

 山側には菜の花の黄。

 西に青い海、東に黄の菜の花。房総特急カラー通りの世界が広がっていました。

 青い海・・・その色彩を鮮やかにしているお日様・・・

P3206857

P3206858

 そして、浜金谷駅に到着。

P3206859

P3206861

 神奈川県の久里浜と東京湾フェリーでつながっています。

 今日は、E257系で一気に帰ることにしました。

P3206863

P3206865

 車窓には、さっそく東京湾の景色が広がります。

対岸には火力発電所の煙突が見えました。三浦半島と房総半島・・・狭い東京湾の入り口がよくわかりますね。

なぎの海には、一艘の漁船が・・・絵になる車窓です。

P3206867

P3206869

 やがて、木更津駅に到着。

P3206870

P3206872

 久留里線のディ-ゼルカーたちとも会えました。

 そして、小湊鉄道で出発した五井駅へ戻ってきたのです。

P3206873

P3206877

 十数分後、今回の出発点・千葉駅が見えてきました。

P3206878

 房総半島・斜め横断して時計回りにぐるり、小湊鉄道・いすみ鉄道・外房線・内房線・・・黄と青いっぱいの幸せを感じた日です。(終)

|

« 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ | トップページ | 涼甘味を求めて(第1回)・・きっぷ売り場の無い駅って »

グッズ・催し物・美味しい物(Goods, Events & Delicious foods)」カテゴリの記事

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

一番上のお茶の入れ物がなつかしいなら、今はどうなっているのですかsign02 私の時計は20年ぐらい前に止まっているらしい。尾道は今、海のフェスティバルとかいうのをやっていて、でっかいアヒルがいるそうです。ここだけの話、大林監督は高校も大学も先輩なんですよ。

投稿: アワムラ | 2012年7月18日 (水) 05時48分

車窓からの景色が撮れて、次々に現れると、まさしく旅のスケッチです。

自宅に居ながら、房総半島の旅を楽しめました。

そうそう、昔のお茶は陶器の焼き物でしたネ! 

その昔、佐賀県三養基郡白壁皿山というところで、そのお茶を入れる容器を焼いていました。 もう50年も昔のことです。

投稿: tokyo hirokun | 2012年7月18日 (水) 08時47分

おかげさまで、私も房総半島の旅をゆーっくりと味わった気分になりました。駅弁も出てきましたし。感無量です。lovelyhappy01
本当に駅弁が食べたくなって来ました。coldsweats01おいしそうですね。eye

投稿: korokoro | 2012年7月18日 (水) 12時17分

キハ58→アワムラさん
K高、S大学(だったと思うのですが)、大林さんの後輩・・・ブログから感じるアワムラさんのイメージにピッタリです。
私は単に87年に開催された尾道映画祭にファンの1人として参加していました。当時のジャンパーはそろそろ整理時だったので、その前に1枚撮影したものをプロフィールに載せています。ロープウェイ山麓駅前の喫茶・こもんへ行ってワッフル食べたり、朱華園(でしたっけ)のラーメン、結構油のコクがあったなあ、なんて今思い出しちゃいましたhappy01
街としては、竹原の方が訪問した回数が多いです。忠海付近から見た瀬戸内の美しいこと、重工の工場をぐるり回って三原駅に着く呉線。えびす堂あたりの竹原街並みは小京都というより素朴な昔の街が残っている感じがたまらないですね。
いけない、いけない・・・取り留めなくなっちゃいました。
今のお茶は、ペットボトルです。お茶が無くなった後にお湯を足してもらった、そんな人の触れ合いがなくなるのはさびしいですね。

投稿: キハ58 | 2012年7月18日 (水) 23時00分

キハ58→tokyo hirokunさん
残念ながら、陶器のお茶入れは知らないんですよ。写真でみyたことあります。佐賀の焼き物だったんですね知らなかったです。豆知識ありがとうございます。メモメモpencilhappy01

投稿: キハ58 | 2012年7月18日 (水) 23時03分

キハ58→korokoroさん
南房総鉄道周遊だけの旅、お付き合いありがとうございました。
何度も訪問していると、ぐるり車窓の旅などもイイもんですねhappy01
明日も食べ物出ちゃいます。何か食欲あるんですよ、食べたら元気になる、けどお腹周りが・・・coldsweats01

投稿: キハ58 | 2012年7月18日 (水) 23時07分

こんばんは。
房総半島を列車で廻るって、素敵ですね。千葉の房総半島は2、3回行ったきりで関西に戻ったので、ほとんど記憶がないのですが、また行ってみたい場所の一つです。

駅弁豪華ですね、駅弁なんてもう何年食べてないだろう、、、

投稿: 大樹 | 2012年7月19日 (木) 00時37分

キハ58→大樹さん
東京に近いのに、爽やかな海岸風景が楽しめますね(^-^)。しかも、太平洋と東京湾と。ぜひまた、いらしてくださいね~!

投稿: キハ58 | 2012年7月20日 (金) 08時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/55198117

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その15) 東京湾を北上・内房線:

« 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ | トップページ | 涼甘味を求めて(第1回)・・きっぷ売り場の無い駅って »