« Mother Lake(2) 京阪電車・石山大津線 石山寺駅を出発します + スマステ | トップページ | 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ »

2012年7月16日 (月)

幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その13) 海の日に外房線海岸風景.

 515日いすみ鉄道記事の続きです。

 海の日にピッタリな海岸路線の外房線、いすみ鉄道との接続駅である大原駅から乗車します。

P3206771

 キハ52がいなくなった いすみ鉄道ホームの横に黄と青の209系電車がやってきました。

P3206783

P3206784

 今までは菜の花の黄。そして、これからは外房海の青です。

 乗車するとすぐに出発です。

P3206785

 3つ先の勝浦駅・・・

P3206789

P3206790

 ここから、海岸がよりそってきます。

P3206791

 駅を発車してすぐの海岸ではボーダーの方がチラホラ。

起伏ある海岸線は、南房総国定公園に指定されているのも納得ですね。

P3206792

 その海岸線をトンネルを使って進む外房線です。

P3206793

 トンネルの先に見えるトンネル、遠近法の教科書みたいな構図でした。

 そのトンネルの先にあるのが、豊かな自然に恵まれ理想郷とも呼ばれ鵜原駅です。

P3206794

 日差しを満面に受けられるよう、ホームには屋根がありません。

 駅を出ると、また断崖、家々、青い海です。

P3206795

 断崖の間には入江の浜もありました。

P3206796

 次の上総興津駅で小停車。

P3206797

 上りの特急わかしお号と入れ違いです。

P3206798

 菜の花と青い海をイメージした「幸せの黄と青」E257系電車でした。

 そして次の駅・・・

P3206800

 旅行された方もいるのではないでしょうか。フラミンゴのダンスで有名だった行川(なめがわ)アイランド駅です。

P3206801

 海辺の丘陵を使った自然公園でした。

 頂上には久遠の塔という反射鏡があって、TV宣伝にもよく登場していた気がします。

 この地をトンネルで越えると、また海が登場です。

P3206803

 誕生寺、名勝・鯛の浦で有名な安房小湊。上総の国から安房の国に入ったのでした。

 海岸線は、まだまだ続きます。

|

« Mother Lake(2) 京阪電車・石山大津線 石山寺駅を出発します + スマステ | トップページ | 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

キハ58さんに刺激されて九十九里の海岸を見に行ってきました。

投稿: tokyo hirokun | 2012年7月16日 (月) 07時29分

嬉しなあーhappy01
潮風をいっぱい浴びられましたか。日差し強く、夏本番だったんでしょうね。

投稿: キハ58 | 2012年7月16日 (月) 12時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/55194216

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その13) 海の日に外房線海岸風景.:

« Mother Lake(2) 京阪電車・石山大津線 石山寺駅を出発します + スマステ | トップページ | 幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その14) 外房線から内房線へ »