« 梅雨の合間の晴れ風景 & 穴子寿司弁当 | トップページ | 6月10日 路面電車の日に都電・荒川車庫へ大潜入・・その4 保守の真髄をチラっと »

2012年6月17日 (日)

6月10日 路面電車の日に都電・荒川車庫へ大潜入・・その3 いよいよ都電の保守工場です!

P6107803

 今週と違い、梅雨の入り口でギリギリセーフだった先週日曜日でした。

 黄色い幸せ電車&マスコットとお別れして、奥の保守工場へ向かいます。

P6107832

 工場入り口では、手作り案内板と場内配置図がお出迎えです。

P6107831

 よく見ると、ヘルメット姿のとあらんが見学箇所をご案内。

 工場内部だけでなく、引き込み線上部のトラバーサが今回の大・大・楽しみです。

 そんなワクワク感とともに工場内部へ入ると・・・

P6107847

 早速、重量物移動に活躍する天井クレーンがこんにちは、でした。

P6107848

P6107849

 機械工場らしい風景で満足満足。

 5トンまで吊り下げられる滑車がついたこのクレーンは総合電機&鉄道車両&スカイツリーのエレベーターでも活躍している日立製でした。縦横に水平移動するクレーンらしく東西南北の位置標識がついています。

 下を見ると・・・

P6107838

 車体から外され点検中のモーター達。

P6107846

 車輪を回転させ動かす、電車の要・・・上部の回転体が下部のモーター容器の中でくるくる回転して車輪を回転させ路面を走らせてくれます。お疲れ様!

P6107844

 最新型用はコンパクトになっていますね。

目線を上げると、見慣れたものが・・・

P6107841


 昨年10月運行された花電車のデコレーションです。

 解体されても、こうして再登場してくれました。当時の写真(2011101)も再登場です。

Pa012416

 そんな100年をチョッピリ感じさせてくれる演出もありました。

P6107833

 昔使われていたという、布製行先表示です。

 地下鉄や都バスでしか知らない路線、角筈(つのはず)って聞いたことがある地名です。四谷も四谷見附だったんですね。

 そして、運転台のハンドル式制御器。

P6107834

 三菱に、日本車両、見覚えある名前に加え、三菱の方は龍馬伝で有名になった岩城家・三菱財閥のスリーダイヤがキラリに神戸造船所が刻まれていました。製造メーカーの誇りを感じた瞬間でもあります。

 先に進むと、一連のレトロさを凝縮したものが・・・。

|

« 梅雨の合間の晴れ風景 & 穴子寿司弁当 | トップページ | 6月10日 路面電車の日に都電・荒川車庫へ大潜入・・その4 保守の真髄をチラっと »

グッズ・催し物・美味しい物(Goods, Events & Delicious foods)」カテゴリの記事

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

コメント

目を輝かせて見学されている様子が写真から伝わってきます。

昨夜はアルハンブラでフラメンコのライブを見て、いつもとは
違う夜を楽しんできました。

「写真撮影は禁止」でちょっと残念でしたが、雰囲気はタップリと
味わってきました。 料理も美味しかったです。
詳細は後日のブログで…。

投稿: tokyo hirokun | 2012年6月17日 (日) 10時00分

キハ58→tokyo hirokunさん
おっしゃるとおり、小っちゃい子たちよりも、お父さんたちのほうが熱心でしたね。
ただ、モーターあたりの付近は、あまり人がいなくチョット寂しかったです。そのかわり、ゆっくり見つめられたのが嬉しかったです。
アルハンブラ、楽しみにしていますhappy01

投稿: キハ58 | 2012年6月17日 (日) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/54978644

この記事へのトラックバック一覧です: 6月10日 路面電車の日に都電・荒川車庫へ大潜入・・その3 いよいよ都電の保守工場です!:

« 梅雨の合間の晴れ風景 & 穴子寿司弁当 | トップページ | 6月10日 路面電車の日に都電・荒川車庫へ大潜入・・その4 保守の真髄をチラっと »