« 東京の新緑も名残惜しみました | トップページ | キハ58隊員・西へ(その15)・・松山・松江へ(11回) 松山・路面電車からの景色を記念に »

2012年6月 5日 (火)

キハ58隊員・西へ(その14)・・松山・松江へ(10回) 松山・道後温泉駅です

 531日記事の坊っちゃん列車が見送った後の道後温泉駅を振り返ると・・・

Dsc02249

 お見送りした観光協会のマドンナさんの後姿を発見しました。

 駅のレトロな雰囲気とピッタリです。

 その道後温泉駅、正面から観ると、どこか懐かしさと可愛らしさとの同居がたまりません。

Dsc02263

 可愛らしさは、路面電車の駅であるからねのですね。

 そして、正面からやや右には、坊っちゃん列車の停車場もあります。

Dsc02265

Ncm_0288

 ちなみに、駅の真正面は、階段風情あるものの温泉街とういうより松山市の住宅街の一角を担っています。

Dsc02262a

 何度か訪れているあの有名な道後温泉本館やアーケードの温泉商店街はこの左側の方に広がっています。日曜日の午後でしたが、商店街入り口にも人はまばらでした。今回残された時間も少々なので、今までじっくり見ていなかった駅を観ましょう。

Dsc02260a

 ホーム側からです。レトロな駅舎にはレトロなモハ50形がお似合です。

 終着であるそのホームの先に進むモハ50形・・・

Dsc02259

 先にあったものは、車庫でした。

Dsc02258a

 今度は、停車中のモハ50形を記録にとどめます。

Dsc02251

 ヘッドライト、車体に埋め込まれているのではなく、屋根にのっかている姿が好きです!

Dsc02252

 前面の下部の障害物除けが、ごつくなく、路面電車らしいです。

Dsc02253

 そして車輪・・・というより、一六タルトの看板が松山らしいですね!

Dsc02254

 反体側には、新しいお菓子の看板・・・坂の上の雲にでできた東京根岸の子規庵は、2010128日・記事にしました。

Dsc02255

 最先端部分には、帝国車両のプレートです。

Dsc02256

 大阪府堺市に存在した鉄道車両メーカー、先日タモリ倶楽部で潜入した東急車両製造に組み入れられました。工場の場所柄、南海電車をたくさん作りましたがわが愛しのキハ58系を製作した5社の中のひとつでもあります。

 さあ、乗り込みましょう。

Dsc02267

 木造りの床ががどこか懐かしく、たまりません!

 そして最後部・・・

Dsc02266

 進行方向前側の場合は運転台になります。レバーと少しのスイッチがあるシンプルな運転台です。っちょっぴり運転したくなっちゃいました。

商店街入り口を入れて、記念に1枚。楽しい時間はあっという間でした。

Dsc02250

|

« 東京の新緑も名残惜しみました | トップページ | キハ58隊員・西へ(その15)・・松山・松江へ(11回) 松山・路面電車からの景色を記念に »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

路面電車の駅、素敵ですね。というか、路面電車の駅ってあるんですね。広島市に行っても、自由奔放に市内をぐるぐる回っているだけかと思ってました。夜露をしのぐ場所もどこかにあるんでしょうね。

投稿: アワムラ | 2012年6月 5日 (火) 04時17分

路面電車・・のどかで良いですね。happy01 車両もレトロで、床が板。昔乗っていた都電もそうでした。雨の日は微妙に床がツルっとすべるので、緊張しながら乗った記憶があります。coldsweats01
一六タルト。これ、とてもおいしいですね。happy01ゆず風味のあんこが入った和風ロールケーキみたいで。また食べたくなりました。lovely

投稿: korokoro | 2012年6月 5日 (火) 07時55分

松山銘菓のタルトには「一六のタルト」と「六字屋のタルト」があります。

商売が上手かったのかなあ、「一六」の方が大きく伸びましたネ!

道後温泉の終点に到着する直前に「ふなや」という老舗旅館がありましたが…。
今は大きくなってますね! 創業380年だそうです。 懐かしいなあ!

投稿: tokyo hirokun | 2012年6月 5日 (火) 12時50分

キハ58→アワムアさん
ありがとうございます。共感してもらえて嬉しいですhappy01
そういえば、屋根のある車庫はあるんですかね。たとえば、都電荒川線はありました。

投稿: キハ58 | 2012年6月 5日 (火) 23時49分

キハ58→korokoroさん
そうですね、滑りやすい印象あります。
ゆず風味のあんと、ロール状スポンジ・・・洋と和の見事な調和ですね。大好きですhappy01

投稿: キハ58 | 2012年6月 5日 (火) 23時52分

キハ58→tokyo hirokunさん
六字屋のタルトのことは初めて知りました。ありがとうございますhappy01
ふなや・・・老舗ですよね。立ち寄り湯で行ったことがあります。新しさと老舗の調和がすばらしかったです!

投稿: キハ58 | 2012年6月 5日 (火) 23時57分

横長に見ると「一」の字に見えて、縦に置くと餡子が「6」の字に見えるので、「一六」であり「六字屋」だと、聞いたことがあります。

投稿: tokyo hirokun | 2012年6月 6日 (水) 05時48分

キハ58→tokyo hirokunさん
豆知識ですね。ありがとうございます、メモメモ・・・happy01

投稿: キハ58 | 2012年6月 7日 (木) 00時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/54867604

この記事へのトラックバック一覧です: キハ58隊員・西へ(その14)・・松山・松江へ(10回) 松山・道後温泉駅です:

« 東京の新緑も名残惜しみました | トップページ | キハ58隊員・西へ(その15)・・松山・松江へ(11回) 松山・路面電車からの景色を記念に »