« 初夏&雨の季節に・・想い出のアルバムCD | トップページ | キハ58隊員・西へ(その13)・・松山・松江へ(9回) 松江城公園にて新緑を名残惜しみました »

2012年6月 2日 (土)

キハ58隊員・西へ(その12)・・松山・松江へ(8回) 松江・塩見縄手の街並み

 529日に続き、水鏡の松江城お堀です。

Dsc02431

 お堀の北東端にある木造の橋をわたります。

Dsc02434

 この静けさ、この色彩・・・とっても贅沢な散歩になりました。

 そして、橋の上から目の前に広がる世界は・・・

Dsc02435

 緑という色がこんなにも緑だったとは。

鏡となった水面の緑まで、その反射・濃淡にあふれていました。

Dsc02439

 加えて、そしてほのかに香る緑に匂い・・・決して自己主張しない緑の力を感じたのです。

 そして、緑の奥では、松平不昧公ゆかりの天守閣が、しっかり見守っているのでした。

Dsc02441

 土でできた歩道の上には、観光用小型市バスのバス停もあります。

Dsc02442

 東京でも浅草や上野などで「めぐりん」なる小型乗り合いバスが運行されていますが、このような風景を見るこちができるバス停なら、

Dsc02443

 バスが少々遅れても気にならないでしょうね。

Dsc02437


 土手では、少しですがあやめが色彩を加えていました。

 案内板も風情ありますね。

Dsc02445

 迷わず散歩できます。

 そして、前方には・・・

Dsc02446

 武家屋敷街・塩見縄手が現れたのです。

Dsc02447

Dsc02449_2

 この先に小泉八雲さんゆかりの地があります。

Dsc02451

 不思議なのですが、たくさんの通勤車両は気になりませんでした。

Dsc02452

 清楚な街並みは、実際の生活に登場する一場面でもあり、今生きている証でもあるのです。

 振り返ると、車の後ろ姿達。

Dsc02454

 右視野と左視野で、心への風景の映り方が違う・・・脳科学の本で読んだ内容を実感しました。

 たまに途切れる車の間からは、武家時代が垣間見えます。

Dsc02448

Dsc02453
 幣と幣の間に吸込まれていく、学生を乗せた自転車たちも軽快そのものでした。

Dsc02455

|

« 初夏&雨の季節に・・想い出のアルバムCD | トップページ | キハ58隊員・西へ(その13)・・松山・松江へ(9回) 松江城公園にて新緑を名残惜しみました »

photo」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

おおすごい!お城sign01

風情がありますね~(◎´∀`)ノ

投稿: ジョニー・タピア | 2012年6月 2日 (土) 05時35分

いいですね~~^^
武家屋敷は大好きです。
古い街並みは ノスタルジックで タイムスリップしたみたいな感覚になりますね~。

投稿: mariana | 2012年6月 2日 (土) 10時18分

キハ58→ジョニータピアさん
風情を感じてくださり、ありがとうございます。
励みになりますconfident

投稿: キハ58 | 2012年6月 2日 (土) 21時48分

キハ58→marianaさん
武家屋敷、お好きですか。嬉しいです!
今回は開館前の時間だったので、外観だけですが、昔行きました。中も雰囲気ありますよ。
現在の車との同居は、余計にタイムスリップ感を演出してくれましたhappy01

投稿: キハ58 | 2012年6月 2日 (土) 21時53分

松江で「堀川めぐり」しましたよ。
松江城のお堀を船で巡るのですが、風もなく暑い9月でした。
松江といえばお菓子も有名ですが、いろいろ買われたのかしら?

投稿: まるみ | 2012年6月 2日 (土) 22時52分

キハ58→まるみサン
いらっしゃんたんですね。
堀川めぐりしたことないのですが、のんびりゆったりなんでしょうね。
残念ながら今回は買っていません。しじみのご飯は味わいましたよhappy01

投稿: キハ58 | 2012年6月 3日 (日) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/54853889

この記事へのトラックバック一覧です: キハ58隊員・西へ(その12)・・松山・松江へ(8回) 松江・塩見縄手の街並み:

« 初夏&雨の季節に・・想い出のアルバムCD | トップページ | キハ58隊員・西へ(その13)・・松山・松江へ(9回) 松江城公園にて新緑を名残惜しみました »