« 東京スカイツリー my photo アルバム(1/2) | トップページ | キハ58隊員・西へ(その5)・・W松松へ(1回) 予讃線を進みます »

2012年5月23日 (水)

東京スカイツリー my photo アルバム(2/2)

 街角のツリーも振り返ります。

 最初は、ツリーを見守り続けてきたミラーです。

Dsc01643

Dsc01741

Dsc02435

P7100651

P1074984

 すっかり観光名所になったミラーでした。

 そして、このミラーのNo.1お気に入り.は・・・。

P8151119

P8151118

 昨日の全景写真にもありましたが、綿菓子のような夏雲の上を絹絣のような秋雲がただよっています。

 ツリーがいかに高いかを実感する瞬間でした。

 ちなみに、他にもツリーを見守るミラーがあります。

P8151123

P8151124

 まさに、街角のツリーですね!

 

 さて、タワーのふもと・とうきょうスカイツリー駅へと生まれ変わった業平橋駅です。

Dsc02419

Dsc02423

Dsc02422

Dsc02425

Pa293315

 そして最後の日・・・

Dsc00335

Dsc00337

 翌317日・生まれ変わった日も雨でした。駅名看板が外されて・・・

P3176368

P3176372

P3176371

P3176365

 おしなりくんのおし、そう ツリーは押上にあります。

P1075006

P7100663

P1074937

 路地からの光景も。でも、いつかこのあたりも都市開発されるんでしょうね。

 赤ちょうちん ともです。

P1075030

 ビールがAsahです。さすが地元!

  最後にもう数枚。

ツリーの写真は、どうしても晴れた日、青空のもと納めたくなります。

 そういうなか、見直してみると、厚い雲との共演も趣があります。

Pb203748_2

 雲との距離感に、改めてその高さを実感しました。

 そんな自然では、昨日の初日の出にあるようにお日様との共演が一番印象深いかもしれません。

 再掲になりますが、ツリーを祝福する夜明けの瞬間として・・・

P1054903_2

P1054906

P1054909

P1054913

P1054915

 いろいろなことが起きている世の中ですが、夜明って、その言葉もその瞬間も、希望を感じてやまないのです。

Dsc01509

 スカイツリーも幕開け(明け)です。関係者のご尽力に感謝するとともに、完成/開業しちゃったその姿に少し寂しさも感じるのでした。 

|

« 東京スカイツリー my photo アルバム(1/2) | トップページ | キハ58隊員・西へ(その5)・・W松松へ(1回) 予讃線を進みます »

photo」カテゴリの記事

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

夜明けのスカイツリーの写真、綺麗に撮れてるなあ! って思ってたら「よあけ」の駅。

確か九州の久大線にある駅ですよネ!

そう言えば山口県に「厚狭駅」(アサ)もありました。

投稿: tokyo hirokun | 2012年5月23日 (水) 09時21分

キハ58→tokyo hirokunさん
そうです、厚狭駅あります。面白いですね。
よあけは、漢字でも「夜明」なんです。川沿いの大地で久大本線と日田彦山線が分岐していく鉄路の姿は、いつまでも見ていたい風景でしたhappy01

投稿: キハ58 | 2012年5月23日 (水) 20時49分

キハさん、こんばんはnight

キハさんのスカイツリーアルバム、どの写真もきれいに撮れていますね lovely
夜明けのスカイツリーが特に素敵です(゚∇^d)
少し落ち着いたら見学に出かけようと思っていますhappy01

「よあけ」駅は九州にあるんですね _φ(。_。*)メモメモ

投稿: rikku | 2012年5月23日 (水) 23時48分

キハ58→rikkuさん
ありがとうございます。
ぜひ、ツリーにお越しくださいね。夜明駅は久留米駅から1時間弱です。
こちらもぜひhappy01

投稿: キハ58 | 2012年5月24日 (木) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/54777024

この記事へのトラックバック一覧です: 東京スカイツリー my photo アルバム(2/2):

« 東京スカイツリー my photo アルバム(1/2) | トップページ | キハ58隊員・西へ(その5)・・W松松へ(1回) 予讃線を進みます »