« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

キハ58隊員・西へ(その11)・・松山・松江へ(7回) 松山・坊ちゃん電車です

 お立ち寄りくださっている皆さんの思いがつまった街・松山。坊っちゃん、坂の上の雲のみならず、皆さんの歴史、思いが映されていることを改めて感じました。

 そんな思いを胸に、路面電車の終点・道後温泉駅に到着します。

 その道後温泉駅、ホームに停車していたのは・・・

Dsc02236

 坊っちゃん列車でした!

Dsc02237

 蒸気機関車の外観をしていますが、煙突から 石炭を燃やした煙はでません。

 なぜなら、ディーゼルを使っていて、型式もディーゼル機関車D1形といいます。水蒸気で白い煙がでるらしいのですが、見たことはありません。

Dsc02238

 この機関車を造ったのは、このブログでたびたび登場してきたディーゼル車製造の名門・今は消滅している新潟鉄工所さんです。その昔は、上場株式会社一覧の機械で一番最初に名前が出てくる会社でした。残念!

 たまたま巡り合った坊っちゃん列車・・・よーく見ましょう。

Dsc02240a

 精巧な模型のようです。

Dsc02241

 機関車の要・動輪部は、小型ながらも迫力満点でした。

Dsc02242

 運転台は蒸気機関車と同じですね。運転手さん、お疲れ様です。

Dsc02243a

 レトロな道後温泉駅、モハ50形、そして坊っちゃん列車・・・いつまでも見ていたいヒトコマでした。

Dsc02239

 坊っちゃん列車は、出発の準備が整ったようです。

Dsc02244

 さあ、出発進行!

Dsc02245

Dsc02246

 なんとも愛らしい可愛さでした。

Dsc02247

 あの有名な坊っちゃんが乗ったとされる当時の軽便鉄道を復元したその走る姿に、城山公園そばの西堀端でも出会えたのです。

Dsc02220

Dsc02221

 張りめぐらされた路面電車の架線の下を走る坊っちゃん列車・・・少しレトロな時代の融合が心和む松山なのでした。()

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月30日 (水)

キハ58隊員・西へ(その10)・・松山・松江へ(6回) 路面電車と平山城の街・松山

 予讃線の中心・松山駅です。

三角形の駅舎に昔の「驛」の字が、坂の上の雲の街・松山にふさわしい感じですね。

Dsc02211

 そして、松山と言えば・・・

Dsc02212

 路面電車です!

 広島、岡山、高知と中国四国地方は路面電車がたくさん活躍していますね。ちなみに、ここの正式名称は伊予鉄道松山市内線といいます。

駅前通りを城山公園の方へ向かいます。

Dsc02213

 駅前通りの付きああたり付近には、レンガ造りのレトロな喫茶店もありました。

Dsc02215

 突き当りを右に曲がって、西堀端通りをかすめ・・・

Dsc02216

 すぐに左へ曲がって真っ直ぐ進むと・・・

Dsc02217

 城山公園入口の南堀端停留所では電車同士のすれ違いです。

Dsc02218

Dsc02219

 そして、市役所方向へ足を進めると、モハ50形の屋根越しに、何か現れましたよ。

Dsc02224

 一面の緑の山上にあるお城、松山城です!

Dsc02225a

 松山を紹介する際に使われることが多い、お城が見守る路面電車の構図で、数枚記念撮影します。

Dsc02230a

Dsc02231a

Dsc02233a

Dsc02234

 その2つに加わった新緑が、豊かな色彩感を生んでいるだけでなく、お城の存在を引き立てていました。

 ここ市役所前からは、路面電車で終点へ向かいます。

 松山の中心地、松山城に上ったり・坂の上の雲ミュージアムをひかえた・大街道付近は、日曜日の午後ということもあって賑やかです。

Dsc02276

 繁華街を抜けて緑が多くなってくると・・・

Dsc02269

 終着の道後温泉駅が近づいてきました。

Dsc02235

 おや、ホームに何かが止まっています。あの可愛い機関車は・・・。(続)

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年5月29日 (火)

キハ58隊員・西へ(その9)・・松山・松江へ(5回) 水鏡の街・松江

 早朝の松江・県庁前の広場奥には重要文化財に指定されている天守閣が遠望できました。

Dsc02403

Dsc02404

 お城に近づくと・・・

Dsc02407

Dsc02408

 お堀に緑たちと城郭の映るさまには、月並みな言葉ですが 息をのみました。

 でもこれは、始まりに過ぎなかったのです。

Dsc02414

 この案内図の位置から右手の方へお堀を回ります(ちなみに西が上です)。

Dsc02416

Dsc02418

Dsc02420

Dsc02421

Dsc02424

Dsc02426

Dsc02429

 足をとめて振りかえります。

Dsc02432

 チリひとつなかったこの道を振り返りながら、この見惚れる景色のその奥にある、観光都市として官民一体で努力されている皆さんに感謝しました。

 さあ、足を進めましょう。初めて松江を訪れた時にそのたたずまいが深く印象に残った塩見縄手がすぐそこです。(続)

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月28日 (月)

キハ58隊員・西へ(その8)・・松山・松江へ(4回) 水鏡の街・松江の京店通り,京橋川でレトロな趣を

 国際観光都市・松江の静かな夜です。

Dsc02381

 松江城の南東・松江大橋手前に広がる、ちょっとレトロな京店通りです。

Dsc02382

 居酒屋さんも街の雰囲気に溶け込んでいますね。

そして振り返ると・・・

Dsc02383

 イタ飯屋さんも、小道のバールのようでした。

 そして、松江城方向の京橋川に向かうと、光とお堀の競演です!

Dsc02384

Dsc02387

Dsc02388

 橋のたもとには蔦の絡まる喫茶店がある一方、

Dsc02385

 今来た道を振り返ると・・・

Dsc02386

 京店の蔵造りが同居していました。

 夜風が心地よい、橋の上。久々の松江、チョッピリゆったり気分になりました。

 

 そして早朝、同じ場所を訪れると・・・

Dsc02393

 緑が加わって、また違う趣です。

Dsc02394

 居酒屋さんのあたりも、こざっぱりしています。

 一方、暗くて写真撮らなかった橋への通りは、朝の散歩にピッタリの雰囲気でした。

Dsc02395

Dsc02396

 そして、橋に出ると・・・

Dsc02398

Dsc02399

Dsc02400

 水鏡の街・松江の物語 その序章のようです。

 散策の足が、お城の方へ動いていました。水鏡を期待する気持ちのスイッチがonになっていたのです。

Dsc02402

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

新緑から深緑へ・・5月最終土曜日in新宿

 松山、松江となかなか青空に会えませんでしたが、青空のもと濃さを増す緑の匂いを、新宿区の住宅地で感じることができました。キハ58隊員・西へをチョットお休みします。

camera

 まずは、昨2011121日記事に初登場した、とびっきりの笑顔と一緒です。

Ncm_0456

 日差しを浴びて、本当に嬉しそうでした。青+緑に加わった車体の赤もniceですね。

 公園の樹木も、青空を歓迎しているようでした。

Ncm_0454

Ncm_0455

 そして、公園外の歩道には、初夏にふさわし木陰ができています。

Ncm_0453

 自転車たちも涼しそうですね。

 そして、423日の記事で登場した街角のお花たちです。1か月たっても、この見事さ。

Ncm_0457

Ncm_0458

 手入れくださっている方に感謝です。

 そばには、黄色いおちょぼ口をあけたような赤い蕾たちが多数です。

Ncm_0459

 お弁当屋さんの軒先では、あさがお・つるようの網も張られていました。初夏の準備ですね。

Ncm_0462

 少し大きな交差点にでてくると・・・

Ncm_0471

 弁財天さんが登場です。

Ncm_0465

Ncm_0466

 厳島神社というと、日本三景・広島にゆかりありそうですが・・・

Ncm_0472

 関係ありました!

 厳島神社と弁財天が一緒になっているのは、どことなく江戸の庶民文化らしいです。

 弁財天ということは・・・七福神めぐりもありました。

Ncm_0469

 小さい境内に入ると・・・

Ncm_0468

 竜神様が、小さなお社を守っていました。「俺が守るんだ」風な、気概に充ちているではありませんか。力強く、頼もしいです!

 そして、池には鮮やかな錦鯉たちも。

Ncm_0474

 お参りして、

Ncm_0473

 神社を後にすると・・・

Ncm_0475

 お花が出迎えてくれろバス停でした。

Ncm_0477

 新宿駅までわずか10分程度のところですが、青空のもと新緑も深緑もお花達も住んでいらっしゃる皆さんも、静かな朝をむかえている街でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

キハ58隊員・西へ(その7)・・W松松へ(3回) 今度は飛行機でもう一つの「松」へ(え)

 この週は、別の「松」へ(え)行く機会がありました。

Dsc02342

 東京から到着したのは・・・

Dsc02344

 島根県の出雲空港です。縁結び空港なる、出雲大社ゆかりの冠を纏っていました。

 その昔、東京駅から夜行も含め各駅停車だけを乗り継いで24時間くらいかかったことを考えると、ちょっと訪れるのに飛行機は便利ですね。

 連絡バスから車窓を少々。

Dsc02345

 バスは、すぐに山陰道へ入ります。

Dsc02351

 空港の東端が接する宍道湖を奥に、眼下には森の間に水を張った田が見えました。新緑の違った濃さが目にリラックスを届けてくれます。

Dsc02352

 家並みも現れてきました。そして、程なく高速を降りました。湖の奥には、ビルの塊が見えます。

Dsc02354

 湖畔に出ると・・・

Dsc02359

 松の木をたたえた小島です。

 少しだけ顔を表したお日様に、少しだけ湖がきらめいていました。

Dsc02356

Dsc02364

 夕焼けで有名なこの小島・嫁が島を、お地蔵さんが見守っているではないですか。

Dsc02366

 そして到着した地は、W松松・・・松山市から直線で約250km、広島市を飛び越え北北東にある島根県松江市です。

Dsc02370

 街の中央にある駅は・・・

Dsc02368

 20101228日記事でも紹介した中井貴一さん主演のRAILWAYS舞台になった一畑電鉄の始発駅です。

Dsc02372_2

 瀟洒な造りの駅なのですが・・・

Dsc02373

Dsc02375

 レトロな感じの電車が出発を待っています。

 「朝行きますねぇ!」電車の上部越しに沈むお日様を見ながら、ひと声かけました。

Dsc02380

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

キハ58隊員・西へ(その6)・・W松松へ(2回) 予讃線でお昼、そして松山駅に到着です

海から離れる前に瀬戸内海をよーく見て、そして・・・

Ncm_0160

 お昼でーす!

Ncm_0166

 岡山駅で購入した たこ飯弁当です。

 風呂敷風の包みと、アフリカ産が多い中、瀬戸内海産を売り物にしているこのお弁当に目が行きました。

 風呂敷を外すと、カラフルなパッケージが・・・

Ncm_0169

 そして中身はというと・・・

Ncm_0172

 たこ飯をメインにした幕の内風おかず達でした。

 そうそう、お魚型の醤油入れも。

Ncm_0180

Ncm_0187

 そうこうしていると製紙工場のある街・伊予三島駅です。

Ncm_0177

 単線の予讃線、上りのしおかぜ号と交換でした。

Ncm_0179

 見送ると、その左側に煙突が見えました。製紙工場の街であることがよくわかりますね。

 海を離れると、新緑たちです。

Ncm_0191

 少し海が見えて・・・

Ncm_0193

 車窓左手遠くに山々が見えると・・・

Ncm_0198

 別子銅山で有名な新居浜駅です。

Ncm_0201

 ここは、住友財閥発祥の地。鉱業、繊維業・・・産業の始まりです。

 発車すると、石鎚山系の山々と手前には水をたたえた田が水鏡のようです。

Ncm_0207

 海と山に挟まれた狭い平地でお米作りをされているんですね。

そして、四国鉄道文化館の建屋が見えてくると・・・

Ncm_0218

 石鎚山からの豊富な地下水に恵まれた街の駅、伊予西条駅です。

Ncm_0219

 豊富な地下水のおかげでビール系の工場もありますね。

 そのビールの延長でしょうか、金色の麦畑・金麦が広がっていました(工場は違いますが)

Ncm_0222

 遠くに、吊り橋の一部とクレーンたちが見えます。

Ncm_0226

 造船所のクレーンたちのようです。

Ncm_0228

 そして、瓦屋根の立派な家々が現れたと思ったら・・・

Ncm_0236

 今度は、石油化学工場です。

Ncm_0237

Ncm_0240

 程なく、瀬戸内海が再び姿を見せてくれました。

Ncm_0246

 工場の横には小さな漁港です。瀬戸内海らしい光景ですね!

Ncm_0252

 遠くにはタンカーも小さく見えます。さきぼどの石油化学工場に行くのでしょうか。

Ncm_0267

 やがて、見たことのある湾越しの街、松山市三津浜付近が遠望できます。

Ncm_0273

 そして、しおかぜ号の終着・松山駅に到着しました。

Dsc02205

Dsc02206_2

Dsc02208


Dsc02209_2

 静かな日曜の朝、東京駅を6:50に出発し、13:15少し前に松山駅に到着・・・所要6時間強、航空機の約4倍の時間。しかし、瀬戸大橋ができるまでは、宇高連絡船使用で10時間以上はかかっていたような気がするので、大幅な短縮です。四国連絡用の寝台特急・瀬戸号も大活躍していましたし。

 その頃に宇高連絡船の甲板で食べた さぬきうどんが美味しかったなあなど・・・懐かしんでいると・・・

Ncm_0274

 ありました。やっぱり四国はうどんですね。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2012年5月24日 (木)

キハ58隊員・西へ(その5)・・W松松へ(1回) 予讃線を進みます

 519日続きです。

岡山駅でのぞみ・N700系から乗り換えた特急しおかぜ・8000系は四国の地・坂出市上空を進みます。

Ncm_0093

 瀬戸大橋の東側には、コンビナート地帯が広がります。三菱化学さんを始め、瀬戸内海に面した坂出市が昔・地理で学習した四国の工業にとり重要な地であることを実感しました。

Ncm_0095

Ncm_0100

 瀬戸内で盛んな造船業の門型クレーンも見えます。

Ncm_0103

Ncm_0108

 バイクや鉄道車両で有名な川崎重工さんです。原発稼働停止で注目を浴びている液化天然ガスを運ぶ球体タンクを備えた運搬船を、以前に見たことがありました。大活躍でしょうね。

 そして海上を離れると、讃岐富士(飯野山)が見えました。

 いつ見ても可愛らしい富士山です。

Ncm_0112

 程なく左側・高松駅に向かう鉄路と分かれます。

Ncm_0116

 正面に見える高架線は、高松駅から松山駅方面に向かう予讃線・・・しおかぜ号はこの予讃線へ立体交差で移動していきます。

 その頃、車窓反対側を見ると、宇多津のゴールデンタワーがそびえていました。

Ncm_0119

 行ったことないのですが、瀬戸大橋の展望台として脚光を浴びていました

 予讃線に入って2つ目が丸亀駅。

Ncm_0121

Ncm_0122

 中央遠くに、丸亀城が遠望できました。

 そして、高知駅方面へ向かう土讃線との分岐駅・多度津を経て、しおかぜ号は予讃線を邁進します。

Ncm_0123

Ncm_0124

Ncm_0125

 土讃線が左手(南側)に分かれていきます。

Ncm_0136

Ncm_0138

 予讃線の単線からは、ミニ富士山のような山々の連なりが遠望できます。

Ncm_0144

 進行方向右側に目を向けると・・・

Ncm_0148

 曇り空のもとですが、海です!そしてここにも、とんがり帽子状の島がありました。

Ncm_0153

 名前の通りの海岸寺駅を過ぎたあたりから少しの間ですが、海岸スレスレを走る予讃線。瀬戸内海って穏やで、どこかいやされる海です。

Ncm_0154

 少しですが、海底も見える透明度がありました。

 松山駅まであと2時間弱。潮風をいっぱいに浴びて、しおかぜ号が行きます!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月23日 (水)

東京スカイツリー my photo アルバム(2/2)

 街角のツリーも振り返ります。

 最初は、ツリーを見守り続けてきたミラーです。

Dsc01643

Dsc01741

Dsc02435

P7100651

P1074984

 すっかり観光名所になったミラーでした。

 そして、このミラーのNo.1お気に入り.は・・・。

P8151119

P8151118

 昨日の全景写真にもありましたが、綿菓子のような夏雲の上を絹絣のような秋雲がただよっています。

 ツリーがいかに高いかを実感する瞬間でした。

 ちなみに、他にもツリーを見守るミラーがあります。

P8151123

P8151124

 まさに、街角のツリーですね!

 

 さて、タワーのふもと・とうきょうスカイツリー駅へと生まれ変わった業平橋駅です。

Dsc02419

Dsc02423

Dsc02422

Dsc02425

Pa293315

 そして最後の日・・・

Dsc00335

Dsc00337

 翌317日・生まれ変わった日も雨でした。駅名看板が外されて・・・

P3176368

P3176372

P3176371

P3176365

 おしなりくんのおし、そう ツリーは押上にあります。

P1075006

P7100663

P1074937

 路地からの光景も。でも、いつかこのあたりも都市開発されるんでしょうね。

 赤ちょうちん ともです。

P1075030

 ビールがAsahです。さすが地元!

  最後にもう数枚。

ツリーの写真は、どうしても晴れた日、青空のもと納めたくなります。

 そういうなか、見直してみると、厚い雲との共演も趣があります。

Pb203748_2

 雲との距離感に、改めてその高さを実感しました。

 そんな自然では、昨日の初日の出にあるようにお日様との共演が一番印象深いかもしれません。

 再掲になりますが、ツリーを祝福する夜明けの瞬間として・・・

P1054903_2

P1054906

P1054909

P1054913

P1054915

 いろいろなことが起きている世の中ですが、夜明って、その言葉もその瞬間も、希望を感じてやまないのです。

Dsc01509

 スカイツリーも幕開け(明け)です。関係者のご尽力に感謝するとともに、完成/開業しちゃったその姿に少し寂しさも感じるのでした。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

東京スカイツリー my photo アルバム(1/2)

 今日の開業を記念して振り返ります。

 最初は初日の出。

Dsc0152020100101

Dsc0202320110101

Dsc0314520120104

 建設開始から201020112012年(12年はなかなか日の出にならず14日です)と3年分です。2010年、タワー建設用のクレーンがお日様を引き上げているように見えた瞬間が印象深かったですね。

 今年は初日の出見えなく、2日も曇りでしたが、翌3日に雲の存在が不思議な瞬間を創ってくれました。

Dsc03137

 続いて全景。

Dsc01639

Dsc01752

P2260029

P7100643

P8151113

P1074951

 川が整備されてきました。最後から2枚目は昨年8月15日。夏雲と秋雲の共演に心惹かれました。次、最後の1枚は、今年17日です。冬の澄み切った青空に映えますね!

 

 そして近づいて。

Dsc01769

P2260020

P8151112

P1075027
 その存在感に圧倒されます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

有楽町の小道はテルマエ・ロマエに通じる・・・有楽町駅からシネシャンテぐるり一周

 金環日食見えるか見えないか、気にしながら昨日のテルマエ気分の日曜日を振り返っています。

Dsc02764

train

 既に曇天気味だった朝。それでも有楽町の人出はなかなかのものです。

Dsc02729

 イトシア側、そしてその奥に大分装いを変えたマリオン・ビルが控えています。

Dsc02730

 イトシアのビル・ガラス窓の表面を東海道新幹線が過ぎていきました。

Dsc02733

 マリオンの方に進んでいきます。

 SEIBUの表記が、LUMINEに代わっています。

Dsc02735

Dsc02736

 そのマリオンの通路を通り抜けると・・・

Dsc02737

 その前に、ピカデリー前に気を引くポスターがありました。

Dsc02738

 初夏を感じる穏やかな日曜日にお似合の、爽やかLOVEHEARTですね。

Dsc02739

 マリオンを抜けて晴海通りには行列です。

このあたりの行列は、宝くじのチャンスセンターからでしょうか?

 変わらぬマリオンの顔も記念に。

Dsc02740

 晴海通りを歩道で横断します。

Dsc02741

Dsc02742

 ニュートーキョービルには、次回公開のMIB3の紹介パネルが見えます。

Dsc02743

 手前を右に曲がると・・・

Dsc02744

 ガード下に続く小道です。

 そして、よーくお世話になっている・だーい好きな一角に来ました。

Dsc02745

 昼間は暗いですが、12時頃からの開業に向けて・・・

Dsc02747

 開店準備されています。登運とんサンでーす!

Dsc02748

 帝国ホテルに近いため、外国人の方も多いんですよね。また今度。

 ガードをくぐると見えてきました。

Dsc02749

 右手奥のビル・・・

Dsc02750

 日比谷シャンテシネです。

Dsc02751

 まだ9時なのに行列ができていました。その行列は・・・。

Dsc02752

 ヒットしてますね・・・楽しみ楽しみ。

 列に並んで振り返ると、シャンテビル本館の柔らかいフォルムが出迎えてくれました。

Dsc02753

 ちなみに歩いてきた方向を振り返ると、懐かしい風景に戻ります。

Dsc02754_2

 指定券に引き換えて、エレベータを昇り、シネ1内の階段を上がっていくと・・・

Dsc02758

Dsc02762

 新緑の鮮やかさに負けない、爽やかな笑いに包まれた2時間が待っていたのです。

 阿部ちゃんの大真面目な演技がとにもかくにもハマります。もちろん上戸さん始め、なりきり市村さんとか、確かに濃いー!ゆっくりとお風呂に入りたくなっちゃいました。

 ちなみに、次回作は・・・

Dsc02763

 オールバウトマイマザーやトークトゥーハーで有名なペドロアドモバル監督作です。

 神経衰弱ギリギリの女たち が大好きなのですが、とにかく気になるタイトル・写真です。

movie

 映画館を出ると・・・

Dsc02765

 聖子さんと・・・

Dsc02768_3

 吠えるゴジラくんが待ってくれていました。

 そして、歩るいていくと・・・

Dsc02773


 いつも新幹線から見る光景の中に登場する通行人になった自分を想像したのでした。

 有楽町駅はもうすぐ。金環日食まで約19時間、ツリー開業まで約46時間となった日曜日のお昼前です。

(おまけ)

テルマエ観たら、ラコステのワニさんマークが妙に気になったのでしたhappy01

Dsc02770


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

デビュー! スカイツリー 粋な構造物を北千住-錦糸町-市川・L字ラインのミニツアーで満喫(予告編)

 東京タワーとコラボした511日の続編です。

bar

 イベント満載の週が始まりました。

 21日・世紀の金環日食に続いて、今年最大注目のスカイツリーが22日に開業です。

構造物としての美しさ、存在を記録するため、その足元から、都心の一部分なしている姿までL字ラインで5月5日に訪れました。

日後を控え、さわりを少々ですhappy01

 

 

train foot bus

 

P5057349
 面白写真や・・・

P5057360
 普段の生活の中や・・・

P5057382
 経営母体である東武鉄道(電車)とのコラボとか・・・

P5057389
 信号も整備され、お出迎えの準備ができた姿とか・・・

P5057488
 移動中の都バスの車窓とか・・・

P5057558

 まるで模型のような世界にたたずむ姿を、東京スカイツリーライン・北千住駅起点に市川市・アイリンクタウン(前回43日記事で訪問)までミニツアーします。

camera

鉄骨構造物の東京タワーが醸し出す力強さとは異なる、鋼管構造が醸し出す剛と柔の調和が、高さだけでなく日本技術の粋(イキ)を全身で感じるのでした。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月19日 (土)

キハ58隊員・西へ・・東海道新幹線の先へ(その4) 瀬戸内海を上からこんにちは

 岡山駅でのぞみ・N700系を見送ります。博多駅まで、がんばってくださいね。

Dsc02173

 乗り換えたのは・・・

Dsc02175

Ncm_0043

 流線型が印象的な特急しおかぜ号です。

 奥には吉備線の赤いディーゼルカーも見えました。

Dsc02177

 新幹線を見送って、しおかぜ号は南下します。

Dsc02178

Ncm_0045

 倉敷が近いせいか沿線には、土蔵を模した建物もありました。

Ncm_0046

 程なく海が見えてきました。

Ncm_0048

 そして、JR西日本とJR四国の境界・岡山県最後の駅・児島です。

Ncm_0049

 児島駅を発車すると、いよいよです。

Ncm_0053

 トンネルを越え、列車の轟音ともに瀬戸大橋を渡ります。

Dsc02180

 岡山県側に振り返ると、鷲羽山周辺の街が広がっていました。

Dsc02181

 南下にしたがい、進行左側()景色を堪能します。

Ncm_0055

Ncm_0058

Ncm_0059

Ncm_0062

Ncm_0065

 大橋から島に降りる道のカーブがなめらかな曲線でした。

Dsc02188

 そして、再び海上に出て・・・

Dsc02190

 開業当初は集客力バツグンだったフィッシャーマンズワーフが眼下に広がります。

Ncm_0074

Ncm_0078

Ncm_0079

Ncm_0080

 そして、四国側が現れました。

 瀬戸内海の空中散歩も終わりです。

Ncm_0085


Ncm_0090

 坂出市の工業地帯が広がります。

 しおかぜ号は、松山駅に向かって進みます。()

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

キハ58隊員・西へ・・東海道新幹線の先へ(その3) 新緑気分の車窓・近江から新幹線車庫・山陽新幹線へ

 米原駅から始まる近江の地では、田に張られた水、そして映る緑が、驚くほど鮮やかに見えました。素朴な感動を味わえたのです。

Dsc02132

Dsc02133

 そして京都駅を過ぎると、お馴染みの東寺・五重塔があらわれました。古都のたたずまいが素敵です。

Dsc02136

Dsc02137

 山崎付近、車窓右には阪急の京都線が並走します。時速差350キロ超でのたまたま写真です。

Dsc02141

 山麓を走る東海道本線には、貨物列車です!

Dsc02142

 そして車庫です。2編成分が縦置きできる長さがあります。

GW明け休日のせいか、休憩車両が多いですね。

Dsc02144

Dsc02145

Dsc02146

Dsc02147

Dsc02148

 新大阪・新神戸を過ぎると淡路島が現れました。

Dsc02153

 日本有数の鉄鋼会社・神戸製鋼所さんの製鉄所が見えます。

Dsc02162_2

 姫路駅の手前では、新緑の山に鉄塔がそびえています。見ることが多い日本らしい風景とも言えますね。

Dsc02163

 そして、tokyo hirokunさんに教えていただいた姫路発祥の甘味屋さん・御座候の工場がありました。ちょっと感激です。

Dsc02165

 姫路駅を過ぎたところでは、廃線になったモノレールの線路跡がさびしそうに残されていました。

Dsc02166

Dsc02167

 線路が途中で無くなっているんですね。

 やがて岡山県との境になり、緑の中に清流が登場、そしてゆったりと流れ緑が同化しています。

Dsc02168

Dsc02170

 山陽本線が近づいてくると、川の先にお城が見えます。

東京駅から720キロ・・・岡山駅に到着します。(続)

Dsc02172

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月17日 (木)

キハ58隊員・西へ・・東海道新幹線の先へ(その2) 新緑気分の車窓・富士山から浜名湖・伊吹山へ

 三島駅-新富士駅間の右側(富士山裾野)も緑が鮮やかでした。

Dsc02050

 そして富士山と再会。

Dsc02052

Dsc02055

 緑・青・そして白、新緑シーズンのベストマッチですね。たまりませーん!

 富士山が全景を表すようになると、第2東名とのコラボもチョッピリです。

Dsc02057

Dsc02059

 富士市の象徴・煙突と富士山も記念に。

Dsc02063

 そして富士川では、海側の車窓左の風景です。急流・富士川も下流では広い川ですね。

Dsc02068

 海との境が少ない蒲原付近の山側風景も好きなんです。鮮やかな緑、斜面にへばりつく道、秋にはミカンの色もチラチラ見えます。

Dsc02073

Dsc02074

 静岡を過ぎ、安倍川を渡り・・・

Dsc02075

 茶畑を行って・・・

Dsc02082

 模様のような雲の下を流れる天竜川を過ぎると(そうそう、磐田市付近でピョンピョンしている親子は見なかったですねー)・・・

Dsc02086

 奥に浜名湖大橋をした、浜名湖を渡る東海道線の少しレトロな橋梁たちです。

Dsc02094

Dsc02095

 愛知県にわたると、スズキ自動車の大きな工場が見えてきました。風力発電プロペラが緑の中にシンボリックに立っている姿が印象的でした。

Dsc02099

 濃尾平野の農業地帯を通り・・・

Dsc02113

 名古屋を超えて養老山系を遠望できる長良川を超えると・・・

Dsc02115

 右側に伊吹山系が現れました。

まず、露天掘りで削られた山・・・

Dsc02119
 関ヶ原と鉄搭・・・

Dsc02121

 山と水を張った水田・・・

Dsc02123_2

Dsc02126_2

 伊吹山です。久しぶりにクッキリとその雄姿を見ることができました。もうすぐ滋賀県です。(続)

Dsc02129

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月16日 (水)

キハ58隊員・西へ・・東海道新幹線の先へ(その1) 新緑気分の車窓・東京,神奈川,静岡

 

したら初夏の装いがチラホラ見えました。

 

鉄道での西行き紀行、出発進行!

 

Dsc01997

 早朝の東京駅は、新幹線が出番待ち、勢揃いでした。

 

 タワーへのバス旅で掲載した東京フォーラム手前を、山手線と並走です。

 

Dsc01998

 新橋駅奥に霞が関ビル、続いて浜松町駅奥に東京タワー、そして貿易センタービル・高架は東京モノレールが過ぎていきます。

 

Dsc01999

Dsc02000

Dsc02001

 この後は、前回と反対の進行方向左側をメインに鑑賞です。

 

早速、大井町駅の前回反対側、左側から山手線車庫線、りんかい線、横須賀線や湘南新宿ラインなどなど、大好きな線路の集積地帯です。

 

Dsc02002

 しばらくすると先ほど右側に行った横須賀線・湘南新宿ラインが寄り添ってきます。

 

Dsc02003

 東京湾にそそぐ方を見ながら多摩川を渡り、神奈川県に入ります。河原の緑が鮮やかです。

 

Dsc02007

 昨年できたJR武蔵小杉駅 横を走り去ります。

 

Dsc02011

 横須賀線ともすれ違い。奥の建物は、パソコン・電子機器でで有名なNECさんですね。

 

Dsc02012

 この辺でモーニングです。早朝限定・新幹線の500円セットでチョット休憩。

 

Dsc02017

 そうこうしていると進行方向右手に、クッキリと富士山です。

 

Dsc02020

Dsc02021

 手前の緑だけでなく、大山山系を前面にした富士山も神奈川県らしいです。

 

 左手には湘南平の高台が現れました。

 

Dsc02029

 この麓 海そばには、芸能人水泳大会でよく登場した大磯ロングビーチがありますね。

 

 そして、酒匂川橋梁を超えると…

 

Dsc02030

 小田原です。小田急電車・大雄山線もチラと見えました。

 

Dsc02031

 相模湾をちらと見ると、熱海そして丹那トンネルを超えて、函南駅あたりの緑です。海だけじゃない伊豆の付け根ですね。

 

Dsc02039

 進行方向右側もこの通り。

 

Dsc02040

 三島駅付近で富士山です。

 

Dsc02041

 新幹線架線越しに、三島の字を入れた写真が撮れました。静岡県を西へ進みます。()

 

Dsc02043

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

幸せの黄と青・早春の房総半島 斜め横断 から 外房線・内房線へ(その12) 大原駅でのお土産etc.

 JR大原駅のホームからいすみ鉄道・大原駅を振り返ります。

 シンプルそのものですね。

P3206783

 そうそう、いすみ鉄道・大原駅の売店はなかなか楽しく、いろいろ買っちゃいました。訪れた際のご参考にどうぞ。

 まずは、鉄道らしくキップです。

P3206887

 震災で被災した三陸鉄道(岩手県)、ひたちなか鉄道(茨城県)を応援するキップ。

 ひたちなかは8月に、三陸は9月に訪れたときのことを思い出しました。

 次は、ほんのり濡れている煎餅・い鉄揚げです。

P3206883

 いすみ鉄道をご指南してくれた・たかしさん推薦の1品・・・甘じょぱさと、軽い口当たりが、絶妙でやめられません。パッケージも幸せの黄です!

 可愛いポリ袋に入れてくれます。

P3206886

 間違っても、ゴミ袋なんて呼べません。

 そして、いすみ鉄道のキャラクター・ムーミングッズ。

P3206882

 沿線の菜の花、こんなに多いんですね。

 もちろん、小物お土産も、このような鉄道絵柄の袋に入れてくれます。

P3206885

 オールスター出演ですね。

 絵葉書も、四季を映していて見とれちゃいます。

P3206884

 菜の花だけではない、いすみ鉄道・1年間の魅力がよくわかりました。

 そして、最後に・・・。後程くわしく登場します!

P3206836

 さあ、菜の花の黄と海の青を兼ね備えた電車がやってきました。

P3206784

 大原駅から外房線で南下します。()

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

幸せの黄と青・早春の房総半島斜め横断 小湊キハ200形&いすみキハ52系(その11) 大原駅にて

 走ってきた鉄路をふりかえりながら、小休止しているキハ52系・・・

P3206778

 駅にはキハ52系が登場する横断幕が掲げられ、地域に愛され・みんなで盛り立てていこうとする一体感を感じました。

P3206775

 TVでの紹介の際にはフォークソング列車なる歌声喫茶in鉄道もあり、単なる移動手段を超えた鉄道のありかたが嬉しかったです。

 そして、ホームに目を向けると、折り返しの急行を待つ皆さんでいっぱいでした。

P3206772

 楽しんでくださいね!

 さあ、ホームをでましょう。

P3206777

 改札口も、どこかフレンドリーな感じです。

 ・・・などしているうちに、折り返しの時間になりました。

 職員の方にお願いして、ホームに入らせてもらい、見送ります。

 出発の準備は整いました。

P3206779

 信号はありますが、ホームからの安全確認・出発案内・見送りをされていました。手作りのいすみ鉄道ですね。

P3206780

 行ってらっしゃーい。また乗りに来まーす!
P3206781

 さあ、房総半島・斜め横断の旅(黄色)から、今度は房総半島ぐるり海風景(青色)です。()

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

幸せの黄と青・早春の房総半島斜め横断 小湊キハ200形&いすみキハ52系(その10) 斜め横断・終着の大原駅に到着です!

Ncm_0021

 5月第2日曜日・・・世界中のお母さん、ありがとうですconfident

 

 ぶらり旅TV紹介された いすみ鉄道 その翌日422日記事の続きです。

 夏もまじか。春をふりかえましょう。

P3206740

 ムーミン谷の駅・国吉駅を出発したキハ52系は、菜の花の土手を進みます。

P3206745

 森、畑、沼、民家、立ちのぼる煙、そしてこの風景の一端を担う真っ直ぐな鉄路・・・この何気ない風景はどこか懐かしいですね。

 そんな風景の中、車内では皆さんが皆さんなりの旅を楽しまれていました。

P3206746

 車窓を楽しむ方、車掌さんとの会話を楽しむ方、キハ52の車内を懐かしそうに見つめる方・・・沿線の菜の花だけでなく、たくさんの笑顔が咲いた車内です。

 そして、列車は小さな駅へ、

P3206747

 上総東駅です。

P3206749

 少し朽ちた感じの駅名看板が、素朴なホームに映えます。

 行き違いのためにしばし停車。

P3206752

 後で気が付いたのですがミラーから足が生えていました(足の方失礼します)。

 車両横のサボ・行先表示板も、昔のものに差し替えられていました!

P3206753

P3206754

 嬉しい演出ですね。

 向こうからは、菜の花色の列車が現れたのです。

P3206755

 さあ、ラストスパート!

P3206760

 菜の花に彩られられた花道をカーブします。すると・・・

P3206761

 水を張った田と菜の花たちが、車窓一杯に広がります。

train

 程なく、左手から別の鉄路が寄り添ってきました。

P3206764


P3206765

 JR外房線です。そして、また少し離れて・・・

P3206766

P3206767

P3206768

 キハ52系、今の活躍場の東端・大原駅に到着しました。(続)

P3206771

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月12日 (土)

Mステ アーティスト別BEST3・・阪急電車・主題曲のaikoさんだ + ピンクの空

 510日・日中の雨・・・の降る前に東京を離れ、戻ってきたときには澄み切った夕暮れの空。空色もあれば曇り色もあって、でもその微妙な境にピンクがかった空(雲)を見つけました。

P5107617

 泣いたお空が 泣き止んで

 ご機嫌戻った夕暮れ たそがれ

 なあんだ、泣いたり笑ったりする僕らと一緒

お空も泣きたくなるんだね

ひとしきり泣いたら泣き止んで

「えっ、何かあった?」って、泣いたことを忘れているような このオトボケ

そうか このピンク色はオトボケの印だったんだ

でもお願い 泣くときはほどほどに

オトボケ空さん じゃあまたね

 

 

 約一週間前のMステで、視聴者投票によるアーティストのBEST3とういう特集がありました。

 自分とどんぴしゃな2組を記録します。

music

aikoさん]

3位 花火

2位 ボーイフレンド

そして

1位 カブトムシ

Aikoさんの作品を聴くと、まず頭をよぎるのが「なんかどの曲も同じように聴こえる」なのです。

でも、逆にそれが心地よくて、どの曲を聴いても、安心して聴けちゃうので、いつの間にかはまっちゃうのでした。

そして心ときめくのがその詩。

特に、1位・カブトムシのサビ。「甘い匂いに誘われた私はカブトムシ」・・昆虫を超えた愛らしいパートナーに見えてきます。

 映画・阪急電車の主題歌に、このようなaikoさんを起用したのはド・ストライクだったと思います。

 

music

[ミスチル]

3位 Sign

2位 名もなき詩

そして

1位 Tomorrow never knows

 特に2位「名もなき詩」は、和久井映見さんが軽度の知的障害(イデオ・サヴァン症候群、最近では中居正広さんataru)を演じたドラマ・ピュアの主題歌でした。オブジェ創りに天才的な才能をみせる、それこそピュアな姿に心洗われ、純粋なことの素晴らしさ・反面この社会で普通に生活することへのハードルを目の当たりしたのです。

 桜井さんの歌声が、そんな和久井さんやまわりの人々を力強くも優しく包んでくれました。歌とドラマと相互作用の共振MAXなんですね。

 1位は、純粋に作品への共感MAXでした。サビの「果てしない闇の向こうに・・・誰も知ることのない明日に」は、歌い上げから、つぶやきに変わっていく歌唱に引き込まれてやまないのでした。

shine

ちなみに、イノセント・ワールドで有名になる前の「クロスロード」も超好きです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

鉄骨構造美の極み・東京タワー再び(その5)・・鉄骨+リベット と 鋼管+溶接のスカイツリー

 足もとまで来ました。

P4297224

 映画・3丁目の方のAlways世界のようですね(スピルバーグ監督のAlwaysも好きです!)。

 足もとをみると、当時の最高技術であったといわれる・丸い頭をもったリベットで接合されていったさまが、蘇るようです。

P4297227

 鉄骨にぽちぽち見える丸い粒、800度超の高温に熱せられたて真っ赤になった鉄のピン・リベットを上へ上へと延びていく鉄骨に打ち込むなんて、尊像を超えます。

 組みあがった鉄骨。



 そして、強い日差しを受けても朽ちることのない鉄骨たち。

P4297271

 鉄骨の品質や表面の塗装技術にも、改めて敬服しました。

 遠くから見えるその美しさ、構造の繊細美、に加え・・・

P4297272

 この踏ん張り・・・

P4297275

 自立という言葉には、力強さ・きがいが備わっている必要あることを実感した429日でした。

 

一方、GW後半の快晴日・55日のスカイツリー。

P5057391

 いつの間にか、川(?)の整備も出来上がり、その足元は、澄み切った青い空のもと絶好の憩いの場になっていました。

 そして、川辺のフェンスには・・・

P5057397

 万が一落ちた人を救助するための浮き輪も完備してあります。写真右端です。

 そして構造。スカイツリーは鉄骨でなく、水道管のような丸い断面をもつ鋼管でなりたつのでした。

P5057415

 しかも、ただの直線状ではなく、写真右側に見えるようなゆるーい弧を描いています。

 加えて、計算つくされた幾何学美。

P5057417

 東京タワーから53年を経て生まれたこの技術の極みに、429日とは異なった感動を覚えました。

 細かく見ると、太い鋼管に細い鋼管が溶接され、昔化学で勉強した分子構造の腕のようです。

P5057413

P5057414

 とくに、足元・・・

P5057399

P5057411

P5057412

 柱になっている1本の交換に、小骨のように細い鋼管が溶接されていました。

shine

 現在最高峰の溶接技術・・・

 53年前の東京タワーも当時最高峰の接合技術・・・

 最高峰という技術の冠は、時代が変わっても受け継がれています。

 完成品を眺め撮影できる幸せ・・・2つの塔に携わった皆さんに、改めて感謝でいっぱいの55日でした。(ツリーへ続きます)

movie

 追記:ロードオブザリングの2作目・二つの塔も大好きですheart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

鉄骨構造美の極み・東京タワー再び(その4)・・新緑と青空がお似合ネ!

 52日記事でタワー内で6日まで開催されていた鉄道模型展を先行しました。

 時間を少し巻き戻して・・・東京都からの路線バスで降り立ったところ周辺からの見惚れたタワー姿です(すぐ惚れちゃうんですがcoldsweats01)。

bus

 晴天の429日午前、バス停・・・

Dsc01542

 停留所標識のガラスにはは東京タワーがプリントされているかのよう。

 順番逆で、降りてすぐ振り返るとコチラの順方向です!

P4297208

 緑の中には、タワー色と同じ白のツツジがチョッピリ。

P4297204_5

 少し引いてみると、その豊富な緑に、都心にいることを忘れそうです。

Dsc01537

 タワーを包むキラメキをイメージすると・・・

P4297209

 スカイツリーと同じような、反射鏡もありました!

 ちょっとクネったタワーがかわゆいですね。

Dsc01545

 太い鉄骨に斜めの補強鉄骨が入る幾何学模様・・・スカイツリーと異なった構造美を少し遠望記念撮影します。

P4297210

 さあ、タワーに近づきましょう。

GW晴天のもういち日・5日は、少し近づくことができるようになったスカイツリーへ行きましたので、見た目の構造差もぜひ。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

台東区・御徒町駅(2/2)・・・親しみと懐かしさと

429日にミルクスタンドを紹介した御徒町です。

GW終わりましたが、アメ横をはじめ、なかなかの賑わいでした。

train

JR東日本が誇る最新型通勤電車・E233系で駅に降り立ちます。

Dsc01489

 目の前では、徳大寺(通称:開運摩利支天)さんが、今日もアメ横を見守っています。

 ちなみに、ホームから上野駅側は、鉄路も緩やかにカーブしていて、お気に入りです!

Dsc01486

 改装され新しい顔を見せる駅構内は、人・人・人。

Dsc01485

 それでも、駅全体のたたずまいは、どこか懐かしさを感じます。

Dsc01482

Dsc01483

Dsc01449

 御徒町駅を上野方面に進む京浜東北線は、アメ横のすぐ上を走ります。

Dsc01466

Dsc01478

 アメ横のシンボルを記念に。

Dsc01480

 そして、摩利支天さんにお参りします。

 境内からは、電車も。鐘つき堂と電車・・・少し不思議な感覚でした。

Dsc01469

 御徒町をくぐる春日通りに戻ります。

Dsc01465

 オヤ、青空に何かが飛んでいます。

Dsc01463a

 パンダだー、空飛ぶパンダ!青空の中からこんにちはしてくれます。

Dsc01454

 老舗・松坂屋デパートのアドバルーンでした。

Dsc01452

 二人で空中遊泳。どんなお話をしているのでしょうか。。

Dsc01460a

 パンダだけではありません。

松坂屋のガラス窓に、

Dsc01456

 そして緑の間から、眩いばかりのお日様も、こんにちはしてくれます。

Dsc01458a

 初夏の訪れを予感した休日でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

クロスファイア と ホワイトアウト

GW終盤、本棚を整理するため捨てることにした書籍の内、特に思い出深い2冊を記録に残します。

 

book

[クロスファイア]

念力放火能力を持つ少女の、その能力が故の切ない生きざまを、臨場感あふれる表現で描き上げた宮部みゆきサンの作品です。

 カッパノベルズで発行された中編集・鳩笛草の中の一編・燔祭のその後として描かれていますが、超能力者とそれを排除しようとする組織の、まさに息詰まる戦いは、いろいろな意味での復讐心がその背景にあるため、逆に読んでいくうちにたまらなく切なくなりました。

P5067615


 大傑作・ガメラ2を監督した金子修介さんが2000年に手掛けて映画化されました。当時売出し中だった矢田亜希子さんが初主演することもあり、速攻観に行った想い出があります。少女の純真さ、運命に翻弄されるさまは、映像になってなおこみ上げてくるものがありました。映画から原作へ、という読者も多かったらしいですね。加えて、後から知ったのですが、雨上がりの宮迫さんやメンズノンノ・モデルだた谷原さんも出演していたみたいで、今度機会があったら役者ぶりを確かめたいですね。

book

[ホワイトアウト]

 冬山を舞台にした緊迫感MAXの山岳アクション小説です。このミステリーがすごい!で1996年の日本1位になるくらいなので、皆さん同じように共感されたんだなあーと、真保裕一さんのこの作品が1位になったことを嬉しく思った記憶があります。

テロリストに占拠され下流の街を人質する舞台になった新潟・奥只見ダムに旅行で行っていたこともあり、臨場感満点で読んだものです。

P5067614

 織田雄二さんを主役に、フジテレビが大々的なPRをして2000年に映画公開されました。そのスケールの大きさ、ダイハードへのオマージュとされるシーンなど、話題にはなりました。この作品も速攻観にいったのですが、小説から得られるイマジネイションがあまりにも膨らみすぎたためか、少し物足りなかった記憶があります。逆に、よく言われる原作の難しさを改めて実感したのでした。

book恐ろしくもあり、ハラハラしながら、突き進んで、深い感慨に浸させてくれた2冊(3冊)に感謝ですheart04confident

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

ちょっぴり大阪(兵庫)(その8) 東宝映画・阪急電車の世界へ(延長で4/4)

 小林駅に魅了され、1回延長になりました!

Dsc01738_2

 そろそろ、小林駅とお別れする時間になりました。

 早速 西口から入場し・・・

Dsc01731a

 ようと思ったら、こちらは 券売機がありません。私鉄はSUICAが使えないんですよね。

 そうです、「キチンと正面から帰りましょう」、と促されているんですね。楽しようとしました。イカンイカン。

 などと考えつつ歩道橋をあるいていると・・・

Dsc01735

 空には、自衛隊のヘリコプターならぬ普通の飛行機が・・・

Dsc01740

 低空なこと・・・そうです、。伊丹空港が近いことを思い出しました。

 梅田駅までの切符を買って・・・

Dsc01722_2

Dsc01741

 西宮北口駅行きのホームで電車を見送り・・・

Dsc01742

 降りたホームに戻ると・・・

Dsc01701a


 宝塚駅行きがやってきました。

Dsc01743

 車内はご覧のとおり、

Dsc01744

 皆さん「静かに」乗車されていました(阪急の全線通じて、南果歩さん&宮本信子さん+芦田愛菜ちゃんエピソードでのような騒がしさは無かったですヨ)。 

 さあ、出発進行!

Dsc01745

 緑の丘陵に向かい、緩やかなのぼりとカーブを進むと、逆瀬川駅です。

Dsc01746a

Dsc01748

 宮本信子さんと芦田愛菜ちゃんが犬を連れて乗ったこの駅の先には、橋と小さいアップダウンが見えます。

Dsc01749a


 橋から見た進行方向左側。小林駅と違い、ターミナル的なビルが目立ちました。

Dsc01750

 そして、直線区間ですれ違うと・・・

Dsc01752

 車窓左(西)に緑の丘が近づき・・・

Dsc01753

 中谷美紀さんが、ウェディングドレス姿で反対側のホームから乗車してきた宝塚南口駅です。

Dsc01755

 そして、川を渡るその先左手に、宝塚大劇場の建物が見えてきました。

Dsc01758

 川の東側はひらけ、西側は丘陵が迫っていて、宝塚市の地形なんですね。

Dsc01760

Dsc01761

 今津線は、高架線の状態で丘陵地帯に広がる住宅地を前に左へカーブを始めました。

Dsc01762

 直線になると、目の前にポッカリ口を開けた建物が見えます。

Dsc01764

 右手に電車の姿が現れると・・・

Dsc01765

 終点の宝塚駅です。

Dsc01766

Dsc01767

Dsc01768

Dsc01769

 とってもシンプルな行き止まりですね。

 映画のラストと同じように、宝塚駅ホームに降り立ったのです。

 降りて思ったこと・・・また、映画を観たくなりました。

 そう思わせてくれた今津線の3000形電車、運転手さん、車掌さん、ありがとうございました!

train

 この映画で一番印象に残ったセリフ、門戸厄神駅で南果歩さんにたずねられて戸田恵梨香さんが思いを話すシーン「この電車に恩返ししたくなった」・・・がチラッとよぎりました。

 

Dsc01771

 ホーム対面に、梅田行き急行電車がやってきました。乗り継ぎも、バッチリですね。

Dsc01772

Dsc01773

 宝塚散策は、また。さあ帰りましょう。宝塚線もどこかでアップします。雲雀丘花屋敷など面白い駅名ありました。(ひとまず終です)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年5月 6日 (日)

ちょっぴり大阪(兵庫)(その7) 東宝映画・阪急電車の世界へ(3/3)

 ウェディングドレス姿の中谷美紀さんの気概には及びませんが、菖蒲湯に浸かり、さっぱりしたところで再会しました。

heart04

 ご覧になった方、ホッコリされましたでしょうか。

 

 エピソード一つ一つに込められた思い、そして紡いでゆく阪急・今津線、aikoさんの普段着な歌唱・・・ポケットにしまって、ひょいと取り出したくなる・・・原作者・有川さんの世界に浸るだけにとどまらず、繰り返してみちゃう一作でした(ちなみにロードショー中に2回行きました)。

movie

 さて、エピソードの中でも登場し、気になった駅・それが小林駅です。

train

 住宅地との隙間にある狭いホームに降り・・・

Dsc01692

 宝塚駅方面に向かう電車を見送り・・・

Dsc01693

Dsc01694

Dsc01695

 線路際の瀟洒な家々に目を向け・・・

Dsc01696

Dsc01697

 駅名票の横を通って進むと・・・

Dsc01700

 "あの"階段・ベンチがあらわれました。中谷美紀さんが少女を勇気づけた会話が、そして中谷美紀さんと戸田恵梨香さんの「人生の機微」やりとりが、聞こえてくるようです。

Dsc01701a

Dsc01702a

 ひと気のないこの階段をあがっていくと・・・

Dsc01704

 山側に出る自動改札だけの出口があって、跨線橋反対側を見ると・・・

Dsc01705

Dsc01706

Dsc01708

 新緑の小山を背景にして宝塚駅発の電車がやってきました。

 屋根にある パンタグラフと冷房機を記念に。

Dsc01711

 跨線橋を渡り反対ホームから今来た西宮北口駅側を見ると・・・

Dsc01713

 ホームの先にもう一つの橋がありました。

 そうこうしていると、ちょうど次の電車がやってきたので記念に。

Dsc01716

Dsc01717

 改札口をでて、振り返ると・・・

Dsc01719

Dsc01721a

 それこそ「阪急電車」小林駅です。普通なら阪急電鉄 小林駅のところですが。

 そして駅前、花壇が手作り風でイイ感じでした。地元の皆さんに育まれているんですね。

Dsc01722
Dsc01723

Dsc01724

 赤いポストや標語看板、駐輪場や住居表示まで(映画では看板住居表示は緑のボードになっていましたが)・・・

Dsc01725a

 住宅地駅前にふさわしいフルセットが完備されていますね。

 みんなの町の駅を強く感じました。中谷美紀さんが新しいスタートをきるにふさわしい駅なことを、ほんの数分滞在しただけなのに、確かめちゃった次第です。

 駅の左側にある歩道橋を渡りましょう。

Dsc01727


 ホームに面した反対側には、梅田駅から乗ってきた、南側の景色が広がります。

Dsc01726
Dsc01730a_2


 歩道橋の先はちょっと複雑な面白い通路になっていました。

Dsc01728

 先に進むと、通路の石垣からはお花が顔をだしていました。

Dsc01732

 さらに進むと、ホームに降りてまず目についた、そして 役名「少女」が通る石段です

Dsc01738

 その先には緑の丘陵が広がっていました。そよぐ風にあたり、緑の匂いに包まれながらチョッピリ映画の余韻にひたったのです。

(続(終わりの予定でしたがもう1回))

Dsc01736

Dsc01737

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

ちょっぴり大阪(兵庫)(その6) 東宝映画・阪急電車の世界へ(2/3)

Dsc01654_2

 なめらかな曲線を描く坂の鉄路を、時速100キロくらいの高速でくだると、山の手側に電車の車庫が現れてきました。

Dsc01655

 そして、7000系が減速を始め、車内放送と、車庫と本線の切り替えを担うポイントの登場が、五感で西宮北口駅への到着を知らせてくれます。

Dsc01657

Dsc01658

Dsc01660

 下車、そして見送ります。

Dsc01661

Dsc01663

 広いコンコース、そして山の手側、映画にもチラと出演した階段横のエスカレータを下りた先に、その阪急・今津線はありました。

Dsc01664

Dsc01665

Dsc01666

 ホームの先端(海側)は行き止まりになって。昔は、この西宮北口駅を横切るように、最南端の今津駅まで一気通貫していたそうですね。

Dsc01667a

Dsc01668

 ホームには藤棚のような緑も。

Dsc01669

 阪急電車は、これから進む今津線の鉄路を見つめていました。

Dsc01670

 映画の後半部と同じ、西宮北口駅から終点の宝塚駅を目指します。

 準備ができて、出発進行!

Dsc01671

Dsc01672

Dsc01673

 発車して程なく、門戸厄神駅ホームが見えてきました。昔、舞台を見に行ったりして少しオキニだった南果歩さんが公開中SPEC主演の戸田恵梨香さんと出会うエピソードで出てきました。

Dsc01675

 すぐに発車すると、住宅地の間をまっすぐに伸びる今津線鉄路が目の前に現れます。

Dsc01676

Dsc01677a

 そして、甲東園駅。

Dsc01678

 緑豊かで広々とした関西学院大学のキャンパスを映画で初めて観ました。あの女子高生が憧れるのも納得です。その女子高生と、大学生カップル・・・ある時は勇気づけ、ある時は切なく、ある時は微笑ましく・・・不思議な偶然をつづった有川さん一流のエピソード達のひとつにも現れました!

 続く仁川駅と間では、緑と緩やかなカーブが増えてきます。

Dsc01679


Dsc01680

 仁川駅手前では、小さい橋がお出迎えです。

Dsc01682

 仁川駅北端からは、前面に六甲?の丘陵地帯が見えてきました。

Dsc01683

 少しのぼってきたようです。

 東側の住宅地がやや下に見えるようになり、目の前の直線鉄路もチットだけ上を向いています。

Dsc01686

Dsc01690

 そして、今回途中下車する駅・小林(「おばやし」って読むんですね)が見えてきました。 (2枚目は、1枚目の写真を撮った時を車掌から撮ったものです)

Dsc01691a

Dsc01734

 主役の中谷美紀さん、そして先ほどの少女・・・人生の思いきりや、素敵な出会い、そして勇気、それらを暖かく包んでいたこの駅の存在はとても大きかったです。この目で、耳で、肌で、鼻で、確かめたかったのです。(続)

Dsc01619

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

ちょっぴり大阪(兵庫)(その5) 東宝映画・阪急電車の世界へ(1/3)

 約1年前の52日、映画・阪急電車を取り上げました。

 こどもの日の5日に地上波で放送されることを知り、昨日までの記事以降ちょうど最近乗りに行けたので、その雰囲気だけでも届けられれば嬉しいなあと、「一周3時間のお散歩」を追加します。

 

 スタートは、梅田駅です。

Dsc01606

Dsc01607

 初めて行った頃は、「なんで大阪駅でないんだろう」って不思議でったものです。北から阪急・市営地下鉄・JR・阪神で、駅名は梅田・梅田・大阪・梅田・・・オセロゲームだったら大阪が裏返って梅田になっちゃう状況です。

 それでも、南海・なんば駅と並ぶ地上でのこの行き止まりスタイル・・・東京にも東急・渋谷駅、西武・池袋駅などありますが、神戸線・京都線・宝塚線と3線乗り入れるスケールの大きさがイイですね。

 これから行くルートは・・・

Dsc01604

 空色の神戸線・西宮北口駅 乗り換え 今津線を北上し、宝塚駅からオレンジの宝塚線で梅田に戻ろうというものです。

 さあ、9号線へ。植物たちの先に、阪急カラーの神戸線特急が停車していました。

Dsc01608a

Dsc01611a


Dsc01613a

 そうそう、何気なく使っちゃいましたが、ここでは番線でなく号線と呼んでいます。駅構内では「ただいま9号線に・・」なんてアナウンスが流れるので、すぐ染まっちゃいます。

 梅田駅の発車瞬間を味わいたくて、最後部に乗車しました。

Dsc01620a

 この電車の製造メーカーはアルナ工機。東武鉄道・スペーシアなども製造してきた今はなき会社です。

 長―いつり革や木造り風の内装もgoodですね。

Dsc01618a

 さあ、時間が来て、阪急7000系がゆるやかなカーブのホームを通り過ぎていきます。

Dsc01622

 そして、鉄路は駅舎を離れました。

Dsc01623

Dsc01625

 カーブが続くと橋・・・絵にかいたような鉄道風景が続きます。

Dsc01626

Dsc01627

Dsc01628

 すぐに次の中津駅ホーム。通過すると逆カーブに入ります。

Dsc01629

Dsc01631

 そして淀川鉄橋。琵琶湖から流れる川が大阪湾にながれる手前で川幅の広いこと。

Dsc01633

Dsc01637

Dsc01639

 そして渡りきった先、神戸線・宝塚線・京都線の分岐駅・十三(じゅうそう)です。鉄路の交差が感慨深く、見惚れちゃいました!

Dsc01641

 あのネギ焼き本店のある十三の駅を発車すると、いよいよ鉄路は神戸線の2本だけになります。

Dsc01642

Dsc01643

Dsc01645

 緑の中を時速100キロ程度で風のように疾走する7000系・・・軽快ですね。

Dsc01646_2

 また川を渡り、高架に入り・・・

Dsc01648

Dsc01649

Dsc01650

 また川を渡り、高架に入り・・・

Dsc01651

Dsc01652a

Dsc01653

 その高架をくだると、とてもセクシーなカーブ鉄路が現れました。

Dsc01654

 なぜか、ヒッチコックの映画・白い恐怖でのシュプールが頭を一瞬よぎります。

 乗り換えの西宮北口駅が近づいてきました。(続)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年5月 3日 (木)

ちょっぴり大阪水風景&駅グルメへ(その4) 淀屋橋・ネギ焼、そして阪急電車へ続きます

 GW後半戦、西行き東海道新幹線も混んでいるでしょうね。

 415日記事の続きです。

 

 大阪訪問時、市営地下鉄・御堂筋線で降りた駅が淀屋橋でした。

 ちょうどお昼頃、ぶらりとしたのですが、土佐堀川と街風景が調和して、曇天を吹き飛ばすような水風景です。

Dsc00573

 橋の上から御堂筋を北側見ると、いかにもの大通り・・・

Dsc00568

 ところが、西を見ると・・・

Dsc00564

 中之島・四ツ橋筋のビル群が、そして東を見ると・・・

Dsc00565

 右に北浜のビル群が、左に最近よく名前の出る大阪市役所が緑に包まれて、都会のオアシスといった感じですね。

 写真右側、橋のたものとには、川に面した舟座敷をおもちの割烹料理屋さんが、イイ雰囲気を醸していました。

Dsc00566

 市役所に近づくと、緑やお花が迎えてくれます。

Dsc00567

Dsc00569a

Dsc00570a

Dsc00572

 上から平面的に見た地図もわかりやすいですね。

Dsc00571

 市役所と通りを挟んだ反対側には日本銀行のレトロなビル・・・も、そうなのですが、その前にあるポストが一際目を引きました。地球らしきものを支え上げている人たち・・・皆で支えねばです。

Dsc00574

night

 時間は過ぎて、夜。

 前回、新幹線300系引退記念弁当に負けて、新大阪駅での夕食にならなかったネギ焼きへまい進です。

 新幹線のコンコース内に大阪の味・有名店が出店している一角があります。

Dsc00579

Dsc00575a

 お目当ての、十三・ネギ焼きのやまもとさんです。ネギたちのイラストが可愛い!

Dsc00576a

 右手にカウンターがあり、そこで熱々をいただけます。

Dsc00577

 醤油を薄っすらまとったネギたっぷりの生地の中には、食感が楽しめる牛スジと小さくカットされたこんにゃく。和風お好み焼きは、どこかサッパリとした味わいがあるんですよね。店の雰囲気は十三本店にはかなわないけど、味は同じです!

Dsc00578

 

 焼きそばまで頼む時間がなく、ここは売店で大阪別の味・大阪寿司を購入です。

Dsc00580

 リーズナブルな価格だけでなく、作っているのが、ポ-トデリカさんと並ぶ関西の駅・コンビニお弁当界の雄・シノブフーズさんでした。

 

 ところで、お昼も新大阪駅1階で、この時も大阪の味・串カツを楽しみました。

Dsc00563

 ただし、驚いたことが一つ。

 串カツって、野菜や魚もあるイメージがありました。出てきたものは写真の通り。みんな同じ形してるなあ・形合わせるの大変だろうなあ・・・と思ったら、すべて トン串かつだったのです!しかし柔らかでポンポン食べられたので○。

 

 おなか一杯になった大阪でした。

 ところで、これで記事終わりにしようかと思ったら、今週 映画・阪急電車にでてきた路線に乗る機会があり、また今度の土曜日にフジTV系列で映画放送されることもあり、このまま大阪(兵庫?)続けることにしました。train阪急・今津線 雰囲気ありましたヨ。(続)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年5月 2日 (水)

鉄骨構造美の極み・東京タワー再び(その3)・・1番ゲージの鉄道模型展です

 まず、56日まで行われている鉄道模型展「究極」と形容詞がつくのも納得の原信太郎氏コレクション展です。

Dsc01550

 今秋に横浜みなとみらい21の横浜三井ビルに開館する原鉄道模型博物館の一端を知ることができる展示会でもります。

 なんといっても珍しいのは、絵画鉄道模型の数々1番ゲージとよばれる最大級1/32の模型なんです。

 たとえば、オリエントエクスプレス。この精巧さには、参りました!

Dsc01572

Dsc01573

 サロン、ダイニングだけでなく、厨房まで!調理の音が聞こえてくるようです。

Dsc01574

 会場内は、国毎に展示車両が区分けされている親切さ、わかりやすさに包まれています。たとえばスイス・・・

Dsc01568

Dsc01569

 ドイツの機関車(頑丈さいっぱい!)、天窓の付いた電車・・・

Dsc01571

Dsc01567

Dsc01566

Dsc01565

 アメリカの大陸横断特急(ちょっとヤングマンを思い出しちゃいます)・・・

Dsc01560

 フランスの機関車(スッキリしたデザインがらしいですねー)・・・

Dsc01564

 日本の機関車(貴婦人C57です)・・・

Dsc01585
 皆さん、じっくりご覧になっていました。

Dsc01563

 隣のエリアでは、鉄道模型が走っています。

P4297244

 大きいいだけに、迫力満点です。

P4297248

P4297257

 貨物列車も、実物のようでした。

P4297263

 引き込み線やポイントも、普通の鉄道模型より、かなり実物に近い感じです。

Dsc01581a

 鉄道資料以外でも、帽子、プレートなど、写真でしか見たことのない実物を見ることができました。嬉しいなあ。

P4297240

P4297242

 最後に、原さんと、ブリキ電車・・・このブリキの電車・1両が、原さんの思いを静かに語ってくれるのでした。ありがとうございます、原さん。

P4297239

P4297238

 さあ、懐かしさの後は、青空と緑のに包まれたタワーの姿が待っています。(続)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

鉄骨構造美の極み・東京タワー再び(その2)・・路線バスがGWの都心を行く

P4297171

 [東98]は、東京駅八重洲南口を発車すると、まず はとバスの行列とご対面です。浅草・スカイツリーへ、渋谷ヒカリエへ・・・都心観光を一手に引き受け、大活躍です。

Dsc01501

 JRに沿って南下すると、左手に交通会館ビルの円形レストラン、正面に東京国際フォーラムです。

Dsc01503

 交差点を右折します。いつもはイベントで賑わうフォーラムも、今日は静かな時間を過ごせているようですね。

Dsc01504

Dsc01505

 西向きに進むと、右手に三菱地所の美術館が見えます。レンガ造りがイイですね。

Dsc01507

 左折して、国道1号線を南下します。皇居がチラっと見えました。

Dsc01509

Dsc01510

Dsc01511

Dsc01512

 通称・日比谷通りも、通行量は信じられない少ないですね。

Dsc01513

 銀座四丁目を突きっている晴海通りを直進し、日比谷公園の隣を進みます。

Dsc01515

Dsc01516

Dsc01517

 内幸町を右折します。右折直前では、ビルの陰にタワーがチラッと顔をだしました。

Dsc01518

Dsc01519

 右折して西向きになると、立法の府・国会議事堂が目の前です。

Dsc01523

 すぐ左折すると、経産省前というバス停でした。1人乗車されましたが、通りにひと気はほとんど無かったです。

Dsc01525

 バスは現在 国道1号線を南下中です。クレーンに紛れてタワーが隠れていますね。

Dsc01528

Dsc01527

 南下していくと、三田にあるNECのタワービル、さらに近づくと増上寺が姿を現しました。

Dsc01531

Dsc01532

 増上寺の手前を右折し、緑に包まれた中をタワーに向かいます。新緑が鮮やかですね。

Dsc01533

Dsc01534

 約20分の都心遊覧を終え、バスを降り、見送ります。そして現れたのは・・・いよいよです。ワクワク・・・(続)

Dsc01535

Dsc01536a

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »