« エンゼルトランペット in 日暮里 | トップページ | 都電・荒川線、もう一つのHappy!を目指して その3 巣鴨・新庚申塚駅 »

2011年11月16日 (水)

都電・荒川線、もう一つのHappy!を目指して その2 巣鴨・地蔵通り商店街から駅へ

 商店街を歩いていくと、とげぬき地蔵の案内が見えてきます。

Pb053614hdr

 通りから見た高岩寺です。とげぬき地蔵の名前の方が、有名ですね。

Pb053616_2

 秋の高岩寺は菊まつり一色です。境内のベンチでは、参詣者の皆さんが和やかにされていました。

Pb053609

 この木々の間の奥に、お地蔵さんが鎮座しています。今回、お地蔵さんまでは行きませんでした。

Pb053610

 菊で飾られた五重塔、三重塔です。見事な飾りつけですね。

Pb053613

 さまざまな菊が飾られています。

Pb053612

 菊を堪能した後は、商店街を庚申塚駅に向かいます。

 現れました・・・赤パンツで有名なマルジです。赤は血潮の赤。勝負パンツに着用されている方も多いと聞きます。

Pb053620

 高岩寺を過ぎると、人もまばらな朝の商店街です。

Pb053621

 歩くこと数分、通りの先に都電の走る姿が見えました。あそこが、庚申塚駅です。もう少し。

Pb053623hdr

 古くは中山道を旅する人たちの休憩所であった、駅名の由来になった庚申塚に、少し離れた所からお参りしました。猿田彦大神を祭っています。

Pb053624

 ここからは、商店街の名前も変わります。都電は、本当に街の一部なんですね。

Pb053625hdr

 駅の手前には、総菜屋のカリスマと呼ばれる「なりたや」さんです。代表取締役の方は、成田惣菜研究所を主宰しています。

Pb053627

 店内は・・・手作り惣菜の数々がありました。少しお腹もすいてきたので手作りパンを購入。その際に懐かしいものを見つけました。お店の方に了解を受けて1枚。

Pb053628

 タイムスリップしてしまいました。懐かしさとお腹を満たして、いよいよ庚申塚駅です(続く)。

|

« エンゼルトランペット in 日暮里 | トップページ | 都電・荒川線、もう一つのHappy!を目指して その3 巣鴨・新庚申塚駅 »

街角&旅風景・スカイツリー&タワー(Dairy Scenes)」カテゴリの記事

コメント

菊祭りの季節ですね。我が家の庭にも菊が咲いています。
高岩寺の菊も綺麗ですね。おばあちゃんたちの目を楽しませてくれているのでしょう。
都電の旅も楽しいですよね。
もう何年も都電に乗っていないのですが、久しぶりに乗ってみたくなりました。

投稿: まるみ | 2011年11月16日 (水) 15時26分

☆まるみさん、コメントをありがとうございます。
おうちで美しい菊をみられるなんて、イイですね。
ぜひ、都電の旅を楽しんでくださいtrainhappy01

投稿: キハ58 | 2011年11月17日 (木) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/53232168

この記事へのトラックバック一覧です: 都電・荒川線、もう一つのHappy!を目指して その2 巣鴨・地蔵通り商店街から駅へ:

« エンゼルトランペット in 日暮里 | トップページ | 都電・荒川線、もう一つのHappy!を目指して その3 巣鴨・新庚申塚駅 »