« 三陸鉄道・北リアス線 宮古市・田老へ③(大堤防から田老駅へ) | トップページ | 宮古市・田老、下北半島・尻屋崎を目指して① 東北新幹線 »

2011年9月13日 (火)

岬めぐり・・・最果てバス紀行のBGM 下北半島・尻屋岬

 フォークギターにより海にきらめく日差しを表し、リコーダーの素朴な音がそれにかぶさっていく。なんて明るく、楽しいリズムなのでしょう。

  しかし、その詩は、さびしい失恋からの立ち直りを表しています。

  1974年 山本コータローとウィークエンドの代表曲、岬めぐり

  1970年代は路線バスの旅は当たり前でした。そんな30数年前に路線バスで訪れた本州の北端に位置する尻屋崎を夏も過ぎた9月に再び路線バスで訪れました。

 P9101877

 バスの中で、ポータブルオーディオの岬めぐりを繰り返し、繰り返し聴いたのです。

  乗客3人だけ、目的地は最果て、そして最高のBGM

  彼女と二人で行くと約束していた岬に、たった一人で行くことになったんだけど、その岬に向かう路線バスの窓に広がる青い海に、悲しみの思いを沈めて立ち上がるんだ。勇気づけられる1曲です。2番では「あなたをもっと愛したかった」と引きずる思いをチラっと表現しているんですけど、立ち上がって街に帰る決意があるんですね。このブログを書きながら、また繰り返し、繰り返し聴いてしまいました。懐かしさにで、ジーンとしっぱなしだったのです。

 バスを使った尻屋崎紀行は、また後ほど。

P9101864

 

|

« 三陸鉄道・北リアス線 宮古市・田老へ③(大堤防から田老駅へ) | トップページ | 宮古市・田老、下北半島・尻屋崎を目指して① 東北新幹線 »

70&80年代Songs+α」カテゴリの記事

コメント

how many time i do not do what i want to do but do what i dont want to do

投稿: jessical | 2011年9月13日 (火) 01時47分

Thank you for your comment.musicThe life is amazing.clover

投稿: キハ58&28 | 2011年9月13日 (火) 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/52705287

この記事へのトラックバック一覧です: 岬めぐり・・・最果てバス紀行のBGM 下北半島・尻屋岬:

« 三陸鉄道・北リアス線 宮古市・田老へ③(大堤防から田老駅へ) | トップページ | 宮古市・田老、下北半島・尻屋崎を目指して① 東北新幹線 »