« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

お盆休みの鶴見線 本州在来線乗車JR最後の駅へ③ (大川駅から海芝浦駅へ)

 本州のJR在来線でただ1つ乗り残している線。都心でローカル色を味わえる鶴見線。815日のお盆休みの月曜日、ついに行ってきました。826日続きです。

近くて遠かった海芝浦駅にたどりつきました。

P8151064

 

 まずは、大川駅から安善駅へ戻ります。途中、左側に見える水路が、とっても青かったです。

P8151017

安善駅に戻ってきました。乗り換えの浅野駅が、駅名表示下に描かれています。

P8151013


安善駅の次が、海芝浦駅行き 乗り換えの浅野駅です。今来た安善駅に向かう列車が出て行きました。

P8151043


 目を海側に向けると・・・ありました、海芝浦支線が。別のホームになっているのです。

P8151044


 支線側のホームに移動し、本線を望みます。2つのホームが良くわかります。

P8151047


  支線のホームから鶴見駅方面を望みます。海芝浦駅行きの205系が走ってくる鉄路です。

P8151045


 やってきました!海芝浦駅行き列車です。

P8151050


 浅野駅次の新芝浦駅は、水路のすぐ横にありました。所々みえる枕木の草々が、貨物線っぽいですね。

P8151054


 新芝浦駅の先の鉄路は1本に収れんされます。

P8151055


 海芝浦駅への1本の鉄路(みち)。

P8151056


 終点を予感させるカーブです。

P8151057


 見えてきました・・・海芝浦駅です。

P8151058_2


 海そば、単線片面のホームのみの駅でした。駅の奥には、この駅の存在目的である東芝の建物が見えます。

P8151059


 着きました、停車しました・・・海芝浦駅に到着したのです。

P8151060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月30日 (火)

JR東日本・東京総合車両センター 2011夏休みフェア②

 豪雨翌日の曇り空の827()に、大井町駅そばにある東京総合車両センターで開催された年1回恒例の夏休みフェア訪問記録の続きです。

 

 車両展示第二弾は、湘南色の185系、北斗星ヘッドマークのEF510系、中央線233系とミュートレインでした。

P8271166_2


 湘南色の185系を見て「165系とまちがっちゃうな-」とJRの係員に話しかけているお年寄りのレイルファンの方の笑顔が、この車両の価値を物語っていると思いました。

P8271156_2


 横から見ると、165系のグリーン車っぽいですね。

P8271163_2


 北斗星機関車と中央線快速とのコラボ展示も、ここならではを感じました。

P8271159_2


 展示会場そばの建屋では、東北支援の催しがありました。100円で景品のあたるゲームとか、職員の方手作りグッズのプレゼントなど。まずは手作りのコーナー案内表示がイイ感じです。

P8271162_3


 手作りグッズのコーナーでは、列車写真をラミネート処理した下敷きもどきが楽しいです。ここにありませんが、小生はブルートレイン・あけぼのをいただきました。

P8271161_2


 建屋をでると立ち入れるセンター最北端まできました。保守車両と総武線でした。

P8271164_2


 センターの中心部に戻り、いよいよ車体上下の見学です。クレーンでつる車両は、右側の建屋から、中央奥に見える水色の橋に乗った移動式レールを通って、左側のクレーン建屋に移っていたのです。

P8271169_2


 前の写真 右側の建屋が下の写真・奥、左側の建屋が下の写真手前です。JR職員の方が説明を始めました。

P8271170


 さあ、アーチ型クレーンが降りてきました。

P8271171


 E231系車体を捉まえようとしています。

P8271173


 車体が吊りあげられています。

P8271174


 クレーンが移動を始めました。迫力ありますね。

P8271176_2


 建屋の端までやってきました。車体の下が良く見えます。センター夏休みフェアにきた甲斐がありました。

P8271177


 出口では、歓迎の垂れ幕の裏側に、来場のお礼が書かれています。いえいえ「こちらこそ、センターの皆さん ありがとうございました」来年もこようかな!

P8271185

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月29日 (月)

スマステ 映画製作費ランキング・ベスト10から・・・タイタニックがランク下位なんて驚き!

 月一ゴローの1位が香取さん主演の「こち亀」だったことは、さておき面白い特集が827日に放送されました。

 製作費の莫大さランキングです。お金を使った理由が、小林克也さんのナレーションで説明されて、納得したり・びっくりしたりなのでした。

 

10位 タイタニック 160(億円)

 9位 キングコング 165

 8位 Xメン ファイナルディシジョン 168

 7位 ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛 180

 6位 アバター 189

 5位 ハリーポッター 謎のプリンス 200

 4位 スパイダーマン3 206

 3位 塔の上のラプンツェル 208

 2位 スーパーマン リターンズ 216

 1位 パイレーツオブカリビア ワールドエンド 240 

 

 アバター1位、タイタニック2位と予想しましたが、あっさり外れてしまいました。

 

 9位 キングコング は、少し意外でした。後から追加撮影していたのですね。それにしても、キングコングの生息するドクロ島でのシーンは、ホラー映画のようでした。水の中で、蛭のお化けみたいのに人が飲み込まれたりして・・おお怖。

P8281305


 7位 異論多いと思いますが、「1よりも2が好き」な作品があります。エイリアン、エクソシスト、スーパーマン、ロードオブザリング、ダイハード、トゥムレイーダー、ハムナプトラ。インディだけは=なんですね。ナルニアも2の戦闘シーンには大興奮したものです。お姉さん格のアナ・ポップウェル、妹分のジョージー・ヘンリー。オーディションで大役を勝ち取っただけあって、将来が楽しみな若手女優です。

 ところで、ライラの冒険(ニコール様)、古くは刑事ジョンブック、ヤングシャーロック・ピラミッドの謎 といった絶対2ある もしくは シリーズ化される風な作品たちはどうなったのでしょうか。

P8281307


 4位 スパイダーマンは、サム・ライミ監督したことで成功したと考えています。少し暗めの物語性とコミカルなところを超大作らしからぬ味付けしてくれました。(前売り券を絵画調にしました)

P8281306

 2位 天国のクリストファーリーブに想いを馳せつつ、娯楽映画のスーパーマン2とは一線を画す作品でした。ブランドン・ラウス なかなかです。監督ブライアン・シンガーらしい、単なるアクション映画にとどまらせていません。前半にある航空機墜落を救うシーンは、わかっているもののハラハラドキドキ、この手のシーンの傑作です。必見。しかし、監督キャスト変更違約金でお金を使っているなんて・・・トホホですね。(前売り券を水彩画調にしました)

P8281304

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月28日 (日)

JR東日本・東京総合車両センター 2011夏休みフェア①

 豪雨翌日の曇り空の827()に、大井町駅そばにある東京総合車両センターで年1回恒例の夏休みフェアが開催され、8年ぶりに行ってきました。

 楽しみなのは、クレーンを使った車体上下実演と、通常は山手線主体の車庫に1日限り展示される車両たちとの出会いです。

P8271176


train

 開場の10時前に大井町駅に到着し3分ほど歩くと、会場までの長い列が既にできていました。JRの方の誘導に従って最後部に並びます。幼稚園、小学校低学年の子供たちを連れた親子が多かったですね。もちろん鉄道ファンの方が多数。待つこと5分ほどで会場入り口まできました。歓迎の横断幕が車両センター正門の上に掲げられ、開会式につかわれたくす玉がありました。

P8271187dp


 センターの中に入ると、台車を外して点検中のE231系、E217系がお出迎えです。

P8271149


 パンタグラフのあげおろし体験コーナーがありました。自分が操作したパンがグラフが上がったり下がったりするたびに、幼稚園生くらいの小さな男の子たちが、喜んではしゃいでいます。笑顔が一杯で楽しい雰囲気でしたね。JR職員の方の丁寧な応対も、とても良かったです。

P8271150


 電車に積まれている機器も展示されていましたが、チョット専門的すぎたのでしょうね、先ほどとは違い鉄道ファンの方がチラホラといった感じです。

P8271151


 センターとセンターの間では、テントが沢山あり、鉄道グッズを販売しています。レアものの鉄道部品を求める人は8時頃から配布の整理券をもらいに早朝から並んだそうです。

P8271153


 建屋内では、E231系を置いての車掌放送体験をしています。

P8271155


 その車掌体験の車両では、普段見られない連結器が良く観察できました。いやあ、しっかりした構造です。こういうのが見られるのも、夏休みフェアの楽しいところなんです。

P8271168


 いよいよ、センターの北端・・ありました車両展示第一弾。

 143系、E217系の共演です。

  車両展示第二弾と、車両上げ下ろしは後篇に続きます。

P8271154

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日暮里駅から谷中、千駄木を巡る①・・・日暮里総鎮守・諏訪神社大祭日

 828日の午前中は、8月最後の日曜日を演出するべく、お日様が大サービスで日差しを降り注いでくれました。おりしも、日暮里総鎮守である諏訪神社大祭の日です。年に一度、お神輿があちらこちらに見える中、日暮里駅前から谷中墓地、さんさき坂経由で千駄木、よみせ通りから谷中銀座、そして出発地の日暮里駅まで。絵画調写真にような都心とは思えない静寂さと、昔の東京、話題の谷根千の入門編というような3km弱、ぶらぶらしながら1時間強のお散歩道です。

P8281242


 出発の日暮里駅前。日暮里舎人ライナーの高架駅と京成・JRの改築された駅が都会らしい雰囲気を作り出す東口(山手線外側)です。大祭らしく、駅前のコミュニティスペースにはお神輿の姿があり、日暮里(ひぐらしのさと)を感じました。

P8281226


 写真右下では、お囃子をのせた軽トラックが、出発を待っています。お祭り、盛り上げてください。

P8281229


 谷中墓地へ向かうために、舎人ライナーのしたをくぐって、南側にきました。色鉛筆で描くとこのような感じです。

P8281230


 日暮里駅前の大しだれ柳。ハーリポッターの暴れ柳を思い出してしまいました。

P8281231


 山手線・京浜東北線・東北本線・常磐線・東北上越新幹線・京成本線を横切り、山手線内側(駅西側)に向かうため、もみじ橋 を渡ります。

P8281232


 階段を登りきると、風景が一変します。谷中の緑が広がるんです。

P8281233


 日暮里駅改札口まできて振り返ると、新しくなった京成本線の駅が堂々とした構えを見せてくれます。

P8281234


 橋から下をのぞきます。南行きの京浜東北線の右側には、東北上越新幹線・上野トンネルが見えるんです。

P8281238


 橋の途中からは、スカイツリーの姿も楽しめます。

P8281236


 橋を渡りきると、谷中墓地への昇り階段が少しだけありました。案内板はありますけれど、自販機もお店もありません。

P8281235


 上った坂を振り返ると、高層マンション群をバックに日暮里駅が見えます。この坂、裏路地といった感じです。

P8281239


 先を進むと、谷中墓地の入り口に来ました。蝉の声がひびきわたるほど、人口音の無い世界がそこにあります。

P8281240


 木漏れ日の中、都会の喧騒を忘れてしまいます。これなら、ご先祖様が十分やすらげるのではないかと思いました。同時に、おどおどしさの無い、開放的な霊園なのでした。

これから千駄木へまわっていきます。続く。

P8281243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月27日 (土)

続・JR東日本・震災復興支援イベント チャリティ・オークションで急行・伊豆のサボを落札

 819日から第1回の入札が締め切られ、第1300枚強の落札者が27日公開されました。

 2枚入札し、1枚を落札しました。165系が活躍した急行・伊豆のものです。

P8271207

 

 昨日の豪雨を引きづっているような曇天の東京・朝。

改札結果がどうなるか、少しドキドキしながら、東京駅・地下1階動輪の広場前会場へ。そこには、第2期のサボ達が飾られています。大磯行きがあったんですね。

P8271191


さて、改札結果はどこに。

ありました。写真のように、一覧表が柱に貼りだしてあります。

P8271192


 それでと、1つ目は・・・残念。2つ目は・・・ありました!

 早速、入札整理券をもって、展示会場奥の部屋へ行きます。小生が入っていくと、通路右側の女性職員の方2名が椅子から立ち、正面で引き渡し係の男性職員の方2名が軽く会釈されました。男性職員に入札整理券を提出すると、番号を確認、そして落札金額を支払います。チャリティなのですが、領収書も「上様」でついてくるのには、びっくり。そして、後部に置いてあるサボ達から、1枚が取り上げられ目の前に置かれます。念のための確認をし、証明書とともに受け取ると、持ち帰り用包装のサービスがあります。女性職員の方が手際よく新聞紙(さすがの交通新聞!)で包んでくれました。おまけに手下げもつけてくれて、持ち運び安かったです。おまけに山手線のティッシュケースをもらいました。

P8271198


 さあ、包装をといて、対面です。165系で走っていた急行・伊豆のサボ。昔を思い出してしまいました。感激です。

P8271199


 この購入金が、少しでもお役に立てればと、願ってやみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月26日 (金)

お盆休みの鶴見線 本州在来線乗車JR最後の駅へ② (扇町駅から大川駅へ)

 本州のJR在来線でただ1つ乗り残している線。都心でローカル色を味わえる鶴見線です。

 815日のお盆休みの月曜日、ついに行ってきました!822日続きです。

 大川支線終点の大川駅を絵画調にした1枚を、まず最初に。青空と緑の草々の間で休憩する205系電車の姿が、どこかほのぼのした感じを演出していました。

P8151026_2

 

 さて、扇町駅から浜川崎駅方面に戻り、乗り換え駅の安善駅まできました。駅名票が大川支線への分岐を示しています。

P8151004_2


 ホーム先の信号には、本線の出発と大川支線の出発と2つの表記があります。

P8151015_2


 大川駅行きの205系がやってきました。

P8151016_2


 鉄路ポイントの入り組んでいる模様をみると、鉄道模型的でワクワクしてしまいます。一番右側が大川支線です。

P8151018_2


 武蔵白石駅の手前で分岐します。

P8151019_2


 日本鍛造工場の有人踏切です。工場門に踏切がある姿は、京浜工業地帯そのものを感じます。

P8151020_2


 大川駅が近づくと、緑の草々がお出迎えです。

P8151022_2


 終着の大川駅は、片面ホームの小さい駅でした。

P8151023_2


 今、大川駅に停車しました。木造の駅舎と、Suicaのタッチ・ボックスのバランスが今風ですね。

P8151024_2


 大川駅全景です。工業地帯の通勤をささえてきた歴史を感じさせます。

P8151029_2


 205系、青空と緑の中でしばし休息しています。

P8151027_2


 工業地帯らしく、土日は3本だけの運転ですね。

P8151031_2


 もうすぐ折り返しの出発です。次は、いよいよ本州在来線最後の線区をへて海芝浦駅に向かいます。

P8151032_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月25日 (木)

アエラ(AERA) 震災と鉄道・全記録 その衝撃 と 応援メッセージに感謝

 見開き部(3ページ)に、今回の震災復興を考えるにあたっての、とても重き言葉がありました。

 「経済効率がすべてではない。これまでも。これからも・・・」

 (写真はAmazonのアソシエイトプログラムによります)

 特に、今回の被災鉄道路線を復旧させるためには、どうしても越えなければならないハードルが経済効率です。三陸鉄道だけでも全面復旧には100億円近い費用が見込まれるそうです。一回の運賃収入がたとえば500円として、たとえば1日平均5千人()乗車したとして、1年間に9億円。この中から一生懸命経営努力して1億円利益をひねり出したとして、100年かかって復旧費用ねん出です(借りた費用が無利子として)

 そう考えると、最初の言葉「経済効率」とどう対峙するか、これから難しい話がいろいろでてくるものと思います。

  318日から24日にかけて、仙台駅から八戸駅へ三陸海岸沿いに走るリアスシーライナーでの訪問記を掲載しました。震災前の姿しか生で見ていないので、この本のページをめくるのが怖かったです。

 でもめくりました。衝撃です。報道写真で一部見ていましたが、想像を絶する姿がそこにありました。

 各路線ごとに、鉄路や各駅の状況があらわになるのです。

 

 気仙沼線の志津川駅。高台だったのに・・・。大谷海岸駅。海水浴場目の前の駅で白い砂浜がまぶしかったのに・・・。(写真は訪問時)

00090009dp

00090012dp_2

 無事だった駅も・・・海沿いにしては20m超の高台だった南リアス線の三陸駅。内陸部だった大船渡線の盛駅。(写真は訪問時)

00090024

00090020dp


 6113114ページの女川駅、16ページの陸中山田駅、38ページの大槌駅、50ページの陸前赤崎駅付近、55ページの細浦駅付近、56ページの陸前高田駅、101ページ松岩駅付近、108ページの野蒜駅付近、116ページの新地駅。34ページの島越駅付近の崩壊した高架線にもし列車がいたら・・・。写真を見ただけで、ドキドキしてしまいます。

 同時に、今回の記事で、各路線の運転手・車掌の皆さんが乗客の皆さんといかに冷静に対処・避難したかが、その記事から臨場感をもってわかりました。その行動に頭がさがります。

今日の思いを忘れずに、復旧を祈念しつつ、本を閉じることにします。

 

 最後に、「鉄路よ熱く甦れ」、アエラならではの素晴らしい応援メッセージと、甦ってほしい快速・リアスシーライナー”、北リアス線海岸風景の写真を再掲です。

00090022dp

00090028dp_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月24日 (水)

残暑終っちゃう!70&80年代 フェバリット・ソングス その29-2 松田聖子・春③

 820日、聖子さんをブログに取り上げるのにYou Tubeで気分を盛り上げようとしたら、あれも観たいこれも観たいで、聖子さん漬になってしまいました。

 

 そんな中、大大大好きだった聖子さんのラジオ番組があるではないですか!

 “SONYナイト・スクエア 夢で逢えたら

 Your only my love my love····と聖子さん切ない声でのオープニング曲から始まって、青春恋愛相談大会なのでした。

 1983年最終回に公開録画したときの視聴者ベスト10You Tubeにアップされていたのです。

10位 チェリーブラッサム

9位 星空のスマイル

8位 スコール

7位 渚のバルコニー

6位 真冬の恋人

5位 制服

4位 未来の花嫁

3位 風立ちぬ

2位 秘密の花園

1位 赤いスイートピー

 

入っていました10位。チェリーブラッサムです。

 三浦徳子、財津和夫の黄金コンビによる、夏の扉のひとつ前の作品です。

 「なにもかも目覚めていく新しい私・・・」「つばめが飛ぶ青い空未来のキャンバス・・・」ここには、単なるアイドルポップを越えた聖子さんの作品の中で一番力強い歌声、凛としたその姿・メッセージがあります。まさに、同じ春の曲なのに、赤いスイートピーの対極なんです。

(アルバム シルエット)

(写真は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています)

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月23日 (火)

公開映画ベスト10回顧・その4 1986年作品・前篇 アクション映画の最高峰・エイリアン2登場の年!

 1977年から本格的に小屋に足を運び、早30数年。ぴあの雑誌版も廃刊になった今、記録を残している1984年から2009年に向けた回顧をしています。その第4回、忘れられない作品ばかりの1986年に付けた順位です。

 

 あまりにも濃い年なので、今回は前篇13位から6位まで。

13位 シルバラード

12位 XYZマーダーズ

11位 植村直巳物語

10位 愛と悲しみの果て(Out of Africa)

 9位 ストレンジャー・ザン・パラダイス

 8位 四月の魚

 7位 セントエルモス・ファイアー

 6位 アフター・アワーズ

 

(写真は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています)

 

 13位、白いドレスの女で、オキニ監督になったローレンス・カスダンの西部劇です。シルバラードを牛耳っていた悪党にわけありの4人がいどむ、痛快な娯楽作品でした。また、その後活躍するケビン・コスナーが、注目されるきっかけにもなった作品なんですね。個人的には、ロザンナ・アークエット、良かったですね。少しさびしげな表情が似合う中にそこはかとない色気を感じさせてくれる女優さんです。なんと、この年のMyベスト133作品も入っているのですから。残りはおいおい。

 12位 関係者が凄い超超B級作品です。サミ・ライミ監督(侍Me のダジャレが有名です)、コーエン兄弟脚本、なんと戸田奈津子さんが字幕を担当されました。

紹介文からそのB級ぶりがわかります。「かっとびのホラー・アクション・サスペンス・スーパー・ナンセンス・ギャグ・コメディ・シネマ!」今では、スパイダーマンやノーカントリーのこともあって「ハリウッド2大ヒットメーカーが贈る、大スラップスティック・コメディ!」となっているんです。

 殺人事件に巻き込まれ犯人にされてしまった気弱な青年と、くるっている犯人たちのドタバタが大笑い+スプラッター感覚の中で展開します。小道具も面白く、超大型スタンガンに殺す対象に合わせて電力調整メーターが付いているのは大笑いです。DVDにもなっているようなので、小生以外のファンもいるようです。良かった。

 10位 アフリカの雄大な自然の中で繰り広げられる、アフリカ版・風と共に去りぬともいえる波乱万丈の物語。アイザック・ディネーセンの回顧録をもとにしています。主人公・デンマークからアフリカへ渡る裕福な女性を演じるのが、当時 演技派として絶頂期をむかえていたメリル・ストリープ、共演がロバート・レッドフォード。舞台といい、俳優といい、音楽のジョン・バリーといい、メロドラマの極みといえる作品でした。ちなみに、アカデミー賞・作品賞受賞作なのです。日劇のどでかいスクリーン、戸田奈津子さんの字幕、がこの作品の凄さを下支えしています。

 8位 大林宣彦監督のライト・コメディ。タイトルはエイプリルフールのフランス語からだそうです。なんてったってトボケタ感じでどたばたする主人公をYMOの高橋幸宏が演じたのです。口当たりがよく、クスクス笑える映画だった記憶があります。この作品しかでていない、今日かの子さんのライトな色っぽさもgoodでした。

 6位 マーティン・スコセッシ監督作、ついていない男の過ごす一晩を描くブラックコメディです。万人に受けるとは思えません。ただ、ハマル人にはハマル、不思議な魅力をもってもいます。公開は地味で、シネマすくえあとうきゅうでの単館上映だった記憶があります。このブラックコメディを忘れられなくしているのが、ロザンナ・アークエット(本年2回目)、リンダ・フォレンティーノ、テリー・ガーといった癖のある役どころの女性たちです。ついていない夜をどうぬけだすか、主演のグリフィン・ダンと一緒にハラハラしたのです。パンフの表紙が物語を暗示した斬新なデザインで秀逸でした。(5位からに続く)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年8月22日 (月)

お盆休みの鶴見線 本州在来線乗車JR最後の駅へ① (尻手駅から扇町駅へ)

 本州のJR在来線でただ1つ乗り残している線。都心でローカル色を味わえる鶴見線です。

 いつでも行けそうな近さと、平日でないと本数も少ないことと相まって、逆に行けていませんでした。しかし、815日のお盆休みの月曜日、ついに行ってきました!工場の中を縫うように走る鶴見線のイメージでしたが、イエイエどうして。思いがけず素敵な1枚も撮れたりして、通算乗車時間1時間強でしたが、印象深い体験でした。

 

 今回は、南武線・尻手駅から鶴見線・扇町駅までです。

 まずは、尻手駅。住宅地も近いのですが、すでに川崎の工業地帯を予感させるこじんまりとした駅です。7:20頃、お盆ですが通勤の皆さんがけっこういらっしゃいました。

P8150966


 尻手駅のホーム左側に立川駅方面往きが、右側に今回乗車した浜川崎駅方面折り返しがやってきました。

P8150967


 浜川崎駅は、ワンマン列車です。東京近郊のワンマン運転は、東京メトロの一部とここだけですね。

P8150972


 信号が青になりました。いよいよ発車です。

P8150973


 ほどなく、川崎駅方面の南武線とお別れです。

P8150974


 お別れして、直ぐに単線になってしまいます。

P8150975


 隣に貨物線が現れ、目の前には複雑なポイント達が広がっています。

P8150977


 八丁畷駅、川崎新町駅ときて、10分程度で終着の浜川崎駅です。

P8150982


 木造りの駅舎が、高度成長期の工業地帯通勤の立役者だったこの駅を思い起こさせてくれます。

P8150984


 振り返ると、産業道路の橋がデーンと見えました。

P8150983


 鶴見線の浜川崎駅へは一度改札を抜けて、別のホームに向かいます。柵越しにそのホームをパチリ。扇町方面は、写真左手です。

P8150986


 真新しいJFE線用出口の看板。もとは、日本鋼管出口だったのでしょうね。

P8150988


 信号が青になりました。発車します。

P8150991


 広大な貨物線の一番右側だけが鶴見線です。

P8150993


 鉄路の数は減り、工場の中に引き込まれて行きました。

P8150995


 浜川崎駅の次、昭和駅の改札はレトロとSUICAのコラボですね。

P8150997


 いよいよ、扇町駅・終点です。

P8151000


 振り返ると、京浜工業地帯が広がっています。まさに、工業地帯の中。

P8151001


 まばらな乗客が、工業地帯のつかの間のお盆休みを感じさせてくれました。出勤の皆さん、お疲れ様です。次は、大川駅に向かいます。

P8151002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

JR東日本・震災復興支援イベント 東京駅でのサボ販売風景

小雨降る821日朝、19日から始まっているイベントに行ってきました。

 東京駅地下1階の動輪の広場で開催されています。

P8211143


 天気悪く、日曜の朝だったためか、来場者はまばらでした。

 

 そのお陰で、展示サボをゆっくり写真に収めることができました。

 普通車用のサボで気になったのは、東海道本線の遠距離路線で使われていたものです。

P8211144


P8211146

 東京駅-静岡駅 普通列車で乗車した頃を思い出します。30年以上前に、乗り継いで乗り継いで、山陰本線出雲市駅まで行きました。浜松駅までもあったようですが、乗車経験はありませんね。

 

 優等列車では、急行・伊豆です。

P8211146_2


 伊東温泉、熱川温泉、下田温泉へ行くために良く乗車した165系列車が懐かしいです。年末年始は、指定券を取るために3時間前位からみどりの窓口に並んだものです。ちなみに 当時 特急・あまぎの指定券はブルートレインなみのプラチナチケットで、まずとれませんでした。

 

 復興支援になればと2枚ほど入札し、懐かしい列車写真を観て、会場をあとにしました。

P8211145

 同時に開催されている毎日新聞社の震災に関する写真パネル展も胸にしみるものばかりです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エビスビールの楽しいおまけ はやぶさ、富士 ヘッドマーク・ストラップ

 どんよりした曇り空の東京・週末。昨日の聖子さんに続く、リフレッシュ・アイテムです。コンビニのサークルKサンクスで行われたキャンペーンの一環で、2缶に1個・6種の寝台特急ヘッドマーク・ストラップがついてきました。なんといっても、富士” “はやぶさ” “さくらのブルートレインのものが欲しくて、買いに行ったのです。

P8151141


残念ながら さくらは置いてなかったのですが、富士” “はやぶさは、この手に。それにしても、商売がうまいですね。カシオペアやトワイライトは350mL缶で、富士” “はやぶさ500mL缶に。結果、エビス500mL缶も手元に4本。でも、ちょうどお盆休みも迎え、ヘッドマークみながら楽しく飲むことができました。

ストラップも、おまけと呼ぶのが失礼なくらい、立派なものでした。

できれば、もう一種類、瀬戸のヘッドマークがあればいうことなかったですね。

 

 デジカメで撮影していたブルートレイン・富士の車両写真を想い出に。

00350018

00350014


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

残暑終っちゃう!70&80年代 フェバリット・ソングス その29-1 松田聖子・夏①②

 819日の豪雨があがるとともに、スーッと暑さもひいてしまった感じです。しまった、松田聖子さん特集をしていないうちに、夏が終っちゃう。

 

なぜ、夏が聖子さんかというと、それは 爽やか元気アイドルポップスMyナンバー1「夏の扉」があるからです。山下達郎さんの「夏への扉」と1字違いのこの曲、コンサートに行けば、ヒットメドレーコーナーで「せ・い・こー」「フレッシュ・フレッシュ・フレーッシュ」と手ぶり付きで最高に盛り上がれる1曲なんです。

1980年代中ごろ、本州最南端にある潮岬ユースホステルに泊まったときのこと、宿泊者同士で集う(なんと懐かしい響き、今は死語ですよね)ミーティングで、キャンプ風ゲーム(フルーツバスケットとか知りませんか?)に加え、盆踊り風「潮岬版・夏の扉」で弾けまくった想い出が蘇ってくるのです。

 

いきなり熱く始まってしまいましたが、とにかく聖子ちゃんカット始まりの1981年、キャンディ・ボイスが炸裂する「夏の扉」。三浦徳子さんの詩、財津和夫さんのメロディのベストマッチの1曲です。You Tube思えないにもたっぷり動画がアップされているのも嬉しい限りです。

 

数あるオキニの曲の内、夏の名曲もう一つは、「裸足の季節」です。

(写真はベスト盤Bible)

1980年 聖子さんのデビュー曲。何が凄いかと言うと、聖子さんの歌唱力はいわずもなが、このハイトーンボイスを十二分に生かしきるメロディラインの爽やかさなのです。サーカスのこれまた名曲「アメリカンフィーリング」を作曲した小田裕一郎さんのライトでポップなギター・ドラムス他アレンジサウンドが、イントロでそして間奏でたっぷり。鳥肌ものです。歌っている時の存在感も、70年代の桜田淳子さん、山口百恵さんなどとは違って(除く太田裕美さんと三木聖子さん)、作られていない隣のキュートなお姉さん的少女雰囲気が、親しみを感じさせてくれましたね。NHKレッツゴーヤングが爽やかピッタリでした。(続く) 

(写真は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月19日 (金)

旧・日光街道を少しだけ歩く・・・北千住周辺

 813日に訪れたのですが、出番が遅くなってしまいました。

 日光街道の面影満載です。

 

整備された北千住駅からスタート。

P8130915_2


 旧・日光街道の一部 宿場町通りです。駅から近く賑やかでした。

P8130919


 次の本町センター通りには、昔ながらの町屋もあります。

P8130923


 駅から離れると、人通りもまばらになります。次の通りは、千住仲町商店街でした。

P8130924


 ブロック塀に張り付けられたコミュニティバス停が、のどかな感じですね。

P8130927


 地域がらか川魚問屋もありました。

P8130928


 並走する国道4号線・現日光街道を示す道標も近くに現れてきます。

P8130932


 昔風の表札がイイ感じです。

P8130934


 旧・日光街道の道標に刻まれたもう一つの行き先は西新井(大師)でした。

P8130938


 昔の千住宿 配置図です。

P8130939


 千住宿プチテラスは、蔵造りの建物でした。

P8130940


 京成本線の高架が現れました。

P8130941


 千住大橋の手前、芭蕉像が現れました。なってたって奥の細道ですね。

P8130943


 別方向から。

P8130944


 国道4号線と合流です。旧・日光街道 北千住部の南端に来ました。

P8130945


 千住大橋です。都内から北に向かう大動脈ですね。写真は、日本橋に向かう、いわば上り方向の一枚です。ほんの少しでしたが、味わい深い道でした。

P8130947

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月18日 (木)

公開映画ベスト10回顧・その3 1984,5年作品 ナスターシャ・キンスキー,泉じゅんなどなど

 1977年から本格的に小屋に足を運び、早30数年。ぴあの雑誌版も廃刊になった今、記録を残している1984年から2009年に向けた回顧をしています。その第3回、1984,5年の選外からです。

 

1984

・殺したいほど愛されて

 若い絶世の美女を妻にもった国際的な指揮者の妄想、ドタバタを描いたコメディなのですが、役者がイイんです(久々の川平調)。ダドリー・ムーアとナスターシャ・キンスキー。ダドリーのオトボケ味は1977年のコメディ大大大傑作・ファールプレイでおなじみですが、とにかく笑わせてくれます。ファールプレイのときは相手役ゴルディー・ホーンでしたが、Nキンスキーも言うことなし。翌1985年のパリ・テキサスの公開1年前でした。見つめられたら、言葉を失い・ただただ見入ってしまうだけ。目力のある女優でした。

 

(写真は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています)

 

・しのぶの明日

 結婚を目前に恋人の不注意から車の事故で失明した女性が、自殺まで追いつめられたところを盲導犬と共に希望をもって明日に向かって生きぬいていくという感動作。とにもかくにも、しのぶ役の紺野美佐子が幸せから一転不幸の際にたたされながら、ひたむきに生きていこうとする姿にジーンとしたのを思い出します。

 

JトラボルタとOニュートンジョンのミュージカル・「セカンドチャンス」や、車が不死身のゾンビ化するジョンカーペエンター監督「クリスティーン」も忘れられません。

 

1985

・それから

 夏目漱石の有名な作品を、森田芳光監督が映画化したもの。ちなみに、このブログののようなものは森田監督の代表作にあります。それで、この作品 とにかく、出演者が凄いんです。松田優作,藤谷美和子,小林薫,笠智衆,中村嘉葎雄,草笛光子,風間杜夫, 美保純,イッセー尾形,川上麻衣子,羽賀健二,そして 泉じゅん!もでていたんです。軽い文芸作風でしたが、違和感なく好きな作品でした。

・キリングフィールド

 カンボジアの内戦を描いていて、物語の内容に賛否あった作品です。それでも、国外に逃げるために急造したパスポート用の写真がうすく消えていこうとするハラハラ、死体・骨だらけの場所・道に衝撃は今でも忘れられません。

・「田舎の日曜日」のセピア風画面、「ビルマの竪琴」の中井貴一も印象に残っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月17日 (水)

末広がりで縁起良さアップ 開業88周年・JR烏山線(後篇・出会ったあれこれ)

 87日、烏山線訪問の際に、いろいろと出会いました。国鉄色キハ40系と共に、楽しい思い出です。

 

 思いがけなく、カシオペアが、宇都宮駅にやってきました。時間調べていなくタマタマなのです。

P8070769


 牽引のEF510機関車の横には、がんばろう東北のマークがしっかりと描かれていました。

P8070775


 宇都宮駅を出発です。前日の札幌から既に1千キロ以上、終着上野駅はもうすぐですね。

P8070776


 東北本線・岡本駅付近では、北斗星とも出会いました。長旅、お疲れさまあ!

P8070781


 宝積寺駅でのキハとモハ(クハ)との出会い。盲腸線の始発らしい光景でした。

P8070839


 最後にキハ40系あれこれです。地元の足として、烏山線のますますの活躍を期待します・・・いつまでも。

車内P8070845


扇風機のボタンP8070844


運転台P8070811


七福神・福禄寿キハ40P8070846


東北本線・鬼怒川の鉄橋P8070843


ミラーを使った1P8070830


最後に全景と記念きっぷを。P8070842
P8070914_4






P8070914_2


P8070914


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月16日 (火)

日本が世界に誇る技術の金字塔・東京スカイツリー 8月15日終戦記念日を迎えて

 終戦記念日の815日。私は生まれていませんが、その66年後にこのような塔が出来上がるなんて誰が想像したでしょう。東京タワーも、東海道新幹線も、霞が関ビルも、みんなみんな想像できなかったはずです。でも、そそり立つ現実がそこにあります。それも、思い切り力強く。ツリーの足元にあるビルには「上を向いて、がんばろう 日本」が。軽い言葉だけでない、その重みがキチンと伝わってきます。勇気を、そして元気を与えてくれるツリーなのです。

 活躍したクレーンもそろそろ引き際な2011年暑い8月。ツリーのその雄姿を記憶にとどめることにします。

 

 「上を向いて がんばろう 日本」の垂れ幕を足場にした、夏雲をしたがえ、近未来都市を予感させる姿。

P8151111


 方向を変えて、都営線・押上駅B3出口から。少し首が疲れました。

P8151106


 地表側は夏雲ですが、ツリー上部では 秋雲も。ツリーの高さが、二つの季節を感じさせてくれます。見とれてしまいました。

P8151113


 十軒橋のたもとでは、写生をする子供たちの姿がありました。暑さを吹き飛ばす元気な笑顔。

P8151115


 いつものミラー越しです。

P8151119


 下町の小道にも、不思議とマッチする姿です。

P8151122


 業平町で、新しいミラー越しを発見。嬉しいです。

P8151123


 最後のクレーンが、南方向の肩越しにチョッコリ乗っかっています。沢山のクレーンさん達、ありがとうございました。

P8151126


 2011年しか見られない、秋雲をバックにしたクレーン付きツリーを815日の記録の最後の1枚にしました。

P8151127

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

末広がりで縁起良さアップ 開業88周年・JR烏山線(中篇・烏山駅②)

 8月7日の乗車記録、烏山駅の素朴なたたずまいに加え、過去の思い出にもめぐり合えました。

 

 民家風の瀟洒な烏山駅です。ポイント切り替え設備が、イイ感じ。

P8070800


 駅の外から撮影したのですが、停車中キハ40系の対面にある使われなくなったホームが静かにたたずんでいました。

P8070801


 駅前にありました。JRバス関東の停留所だったところが。30数年前、ここから国鉄・真岡線の茂木駅までJRの前身・国鉄バスに乗車したのです。

P8070802


 どうですか、つばめマークのオンパレード。つばめ達に巡り合えて、嬉しかったなあ。

P8070803


 駅に戻って、改札内からの停車中キハ40系を1枚。

P8070805


 ホームには「開業88周年」の垂れ幕が、掲げられています。末広がりの8が2個も。88なんて、とても縁起がいい感じです。

P8070810


 ホームにたたずむキハ40系の国鉄色が、ほんとうに郷愁をさそいます。いつまでも走ってほしい。そう声をかけてしまいました。

P8070793

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

末広がりで縁起良さアップ 開業88周年・JR烏山線(中篇・烏山駅①)

 前篇からの続きです。終着駅・烏山。懐かしい感じがつまった駅です。30数年前訪問から久々。当時はJR真岡線・茂木駅までつばめマークの国鉄バスが走っていたのです。その跡も残っていて、感慨ひとしおなのでした。その烏山駅の今を記録します。

 

 片面のみの烏山駅に入線してきました。

P8070812


 終着駅・烏山。鉄路の先が無くなっています。

P8070807


 ホームからの光景は、終着らしい雰囲気で一杯です。

P8070794


 烏山駅の改札口には、無事カエルが待っていてくれます。乗客を見守ってくれてありがとう。

P8070797


 続きは、烏山駅の周辺とキハ40系です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月13日 (土)

NHK名曲アルバム 1万通からのベスト10 

旧盆の入りの13日です。残照の中、旧日光街道を少しだけ歩いた記録は後ほど。

前日の12日夜、黒柳徹子さんとウエンツさんの司会で名曲アルバムの特集が組まれました。

好きなクラシック楽曲が聴けました。嬉しかったです。

 

月の光が16位。とびきりの夜を感じさせてくれる、大大大好きな曲です。

別れの曲が7位、クラシックのmyベストです。いわずもながピアノの詩人・ショパンのこの上ない抒情的な1曲。大林監督の「さびしんぼう」で切なさを演出した曲でもあります。尾道にも行ったなあ。

ボレロが6位。ディズニーシーでのショーで使われたことのある曲で、クラッシック関係ない人も知る有名な曲です。徐々に盛り上がり、映像的なイメージをふくらましてくれる1曲でもあります。

 

参考までベスト10は、次の通りです。なるほど、と頷いてしまいました。今宵、月の光を頭の中のBGMとして寝ることにしましょう。

 

16位 月の光 ドビッシー

10位 威風堂々 エルガー

9位 運命交響曲 ベートーベン

8位 木星 ホルスト

7位 別れの曲 ショパン

6位 ボレロ ラヴェル

5位 第九交響曲 ベートーベン

4位 モルダウ スメタナ

3位 カノン バッヘルバル

2位 新世界から ドボルザーク

1位 四季 ヴィヴァルディ

 

(写真は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月12日 (金)

末広がりで縁起良さアップ 開業88周年・JR烏山線(前篇・沿線風景)

 87日にキハ40系の聖地・JR烏山線を訪問しました。

 88周年記念に国鉄色キハ40系復活と、縁起ものの七福神で盛り上がっています(写真)

P8070804


 早速、宇都宮駅からスタートします。国鉄色キハ40系が入線してきました。この配色、懐かしくていいですね。(撮影の都合で上り下り撮ったものが混ざっています)

P8070777


 キハ401003番でした。ワンマン列車らしい運転席付近ですね。

P8070778


 烏山線の起点・宝積寺駅に停車中のキハ40系です。

P8070837_2


 宝積寺駅を出発すると、東北本線とお別れし右側にカーブしていきました。

P8070835


 緑一面の稲穂の中を、鉄路がとおっています。

P8070833


 仁井田駅付近では、思いっきり丸い樹木が目立っていました。思わず1枚。

P8070831


 4駅目の大金駅です。宝積寺駅間のキップは、縁起もので人気があります。

P8070828


 列車交換できる大金駅タブレット交換です。

P8070827


 大金駅を出発すると、少しずつ山の風景になります。鉄橋出現。

P8070822


 次の小塙駅は、のどかな風景の中にありました。

P8070821


 勾配を登りだします。

P8070819


 烏山線では珍しいトンネルです。少し山深いところでした。

P8070817


 木漏れ日の中を走ります。

P8070815


 那須烏山市街に入ってきました。

P8070814


 鉄路が無くなっている姿が見えます。終着・烏山駅に入ってきました。(続く)

P8070813


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

公開映画ベスト10回顧・その2 1985年作品 最強の悪役・ターミネーター出現

 1977年から本格的に小屋に足を運び、早30数年。ぴあの雑誌版も廃刊になった今、記録を残している1984年から2009年に向けた回顧をしています。その第2回。

 

 バラエティに富んだジャンルで、見ごたえある作品の多い1年でした。

 1位は説明抜きです。だって、ターミネーターですから。

 

10 姉妹坂

9 ラブホテル

8 パリ・テキサス

7 路

6 目撃者/刑事ジョンブック

5 恋におちて

4 バック・トゥー・ザ・フーチャー

3 シュート・ザ・ムーン

2 ビジョン・クエスト

1 ターミネーター

 

10位、血のつながらない四人姉妹が織りなす青春の姿を暖かくも激しい語り口で綴った大林監督作品。4姉妹を紺野美佐子、浅野温子、沢口靖子、富田靖子が演じるというのも凄かったですが、子供のころのシーンで両親の間に4人の計6人が手をつなぎ石段を歩くシーンでは、心がジンワリした記憶が今でも残っています。

 9位、名美 という名前をみたらドキッとする40-50代の人は多いと思います。速水典子と寺田農、監督があの相米慎二。佐藤浩市もチョイ役ででていたんですよね。昭和を感じる日活の文芸風作品の頂点に立つと信じています。タクシーのラジオから流れる山口百恵の「夜へ」も切なさを盛り上げました。それにしても、雨のシーンが多かったなあ。

 8位、ヴィム・ベンダース監督作品で、カンヌパルムドールを受賞した作品。パリとテキサスの話かとおもったらテキサス州パリスだったということは、当時多くコメントがでていました。ライクーダの音楽が乾いた作風にマッチしているんですよね。別れた妻子との再会と別離を綴るロードムービーです。妻役のナスターシャ・キンスキーの悲しげな美しさが、印象に残っています。

 3位、オキニのアランパーカー監督作品。ほとんど取り上げられなかった作品ですが、これまたオキニのダイアンキートン主演だったせいもあり、この超シリアスな夫婦の危機、家族の崩壊映画にひかれてしまいました。ちなみに、字幕はあの戸田奈津子さん、劇場はシネマスクエアとうきゅうでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月10日 (水)

公開映画ベスト10回顧・その1 1984年作品 インディの興奮で揺れた有楽座が懐かしい!

 1977年から本格的に小屋に足を運び、早30数年。ぴあの雑誌版も廃刊になった今、記録を残している1984年から2009年に向けた回顧をしていきます。

 まだ、小屋(劇場)で鑑賞するのがあたりまえだった時代、1984年からスタートです。

 有楽座、日比谷映画が閉館し、日劇マリオンが開館した、劇場のターニングポイントにもなった重き年でした。

 

10 欲望のあいまいな対象

9 パッションダモーレ

8 ワンス・アポン・ナ・タイム・アメリカ

7 人魚伝説

6 地獄の7

5 上海にかける橋

4 スプラッシュ

3 廃市

2 カメレオンマン

1 インディジョンズ・魔宮の伝説

 

7位、白都真理さんの体当たり濡れ場でひそかに知られた日本ATG作品です。とあることの目撃者となったために夫を理不尽に殺され、自分も命を狙われながらも復讐の人魚と化していく姿に、バイオレンス作品であることを超越した気高さに、ぞくっとした記憶が蘇ります。

 5位、中国映画祭で観た作品です。当時の中国ではなかなか受け入れられなかったであろう、今でいうシンングルマザーの苦悩と思い、そこから得られる幸せを共感できる作品でした。

 

 3位、パンのCMや三谷幸喜さんとの離婚で話題になった小林聡美さん主演、大林監督の16ミリ作品です。下北沢の小さな小屋での単館上映でした。九州・柳川の旧家を舞台に広げられる姉妹の静かにも熱き恋物語が繰り広げられます。

 

 2位、ウッディアレン、ミアファローの抜群のコンビネーションで笑わせてくれます。これも、新宿の小屋で単館上映でした。ゼリグという、思いこんだら誰にでもなってしまう、カメレオンマンと呼ばれる男性と、それを見守る女医さんとのやりとりが素敵です。

 1位、言わずもがなの1作。初日第1回に行きました。熱気に燃えた有楽座が揺れたシーンは、無人の貨物輸送機からのゴムボート脱出での見事な着地(その後大変でしたが)、トロッコでレールが無くなってジャンプそして・・のところです。揺れただけでなく歓声も凄かった。まさにライブ感覚でした。今でもその記憶が蘇るほど強烈だったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 9日 (火)

ひたちなか海浜鉄道・湊線(前面風景) 全線復旧 関係者の皆さんお疲れ様でした(後篇)

 民家のようにも見える瀟洒な那珂湊駅の風景から、後篇が始まります。

P8070906_2


 第3セクター・ひたちなか鉄道の本社もこの駅舎の東側部分にありました。復旧に尽力された皆さんがいらっしゃるところですね。

P8070909_2


 那珂湊駅を出発すると、阿字ケ浦駅までの間、真新しい補強痕も見えました。

P8070883_2


 海岸線に近づくと、稲穂がなくなり、おいもの畑が広がります。

P8070885


 ホームが損壊した磯崎駅です。痕が見えますけれど、しっかり修復されていました。

P8070887


 終着の阿字ヶ浦駅が見えてきました。いかにも海沿いの終点といった感じです。

P8070888


 駅名表示も楽しい阿字ヶ浦駅です。

P8070889


 ミキ300系と終着風景のコラボはいかがでしょうか。サボの「田」の字が可愛らしいです。

P8070892


 (おまけ)車内の「がんばっぺ!茨城」ステッカーで、みんなの力も一つになりますね。

P8070895


 (おまけ2)自販機の電光掲示板に運行情報があるなんて、実用的ですね。

P8070897


 とにもかくにも、復旧にご尽力された関係者の方々に、ねぎらいとお礼の気持ちでいっぱいです。

P8070891

P8070913

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 8日 (月)

ひたちなか海浜鉄道・湊線(前面風景) 全線復旧 関係者の皆さんお疲れ様でした(前篇)

 311日の震災で被災した茨城県の第3セクター湊線が全線復旧しました。

730日の全線復旧イベントに行くことは出来ませんでしたが、一週間遅れの87日訪問した記録です。ひたちなか海浜公園ではROCKフェスティバルが開催されているにも関わらず、(その喧騒とは・・後から追記しました)全く無縁ののんびりとした地域の時間が流れていました。街角アートも開催されていて、活気あります。復興乗車票を購入したり、駅前の日の出食堂で刺身定食をいただいたり、少しだけ復興支援になれば嬉しいです。

 

 勝田駅では、1番線ホームを譲り受けています。とってもこじんまりした改札口。

P8070858_2


 ミキ300系と、反射鏡を使ってのスーパーひたち751系と共演です。

P8070865_2


 常磐線とお別れです。

P8070868_2


 2つ目の金上駅です。震災の時にはホームが沈下しました。復旧した今は、手前のポイントが堂々としていました。

P8070869_2


 中根駅に向かう沿線では、稲穂のあおさが見事です。ただ、鉄路には新しい砂利がひかれ、被災の痕を感じました。

P8070873_2


 のどかな中根駅です。

P8070874_2


 次の那珂湊駅が近づいてきました。バラエティに富んだ車両が見えます。

P8070875_2


 全線復旧イベントで運転された旧型ディーゼルカーがお出迎え。キハ2004+キハ2005+キハ205です。乗りたかったなあ。

P8070877_2


 愛らしい感じの那珂湊駅下り線ホームです(帰りに撮影しました)。

P8070902_2


 キハ205のアップです。サボがイイ感じ(帰路撮)。

P8070903


 上り線と合わせたホーム全景です。どこか懐かしい風景です。

P8070905_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

FNS歌謡祭 日本を勇気づける200曲から

 8月6日フジテレビで放送されました。

 なるほど、という曲をピックアップ。

 30位からは、抜けなく さすがの30曲でした。勇気づけるって、いろいろなつけ方があるんだなあ、と改めて感じた次第です。

 なにはともあれ、1位は、納得の1曲でした。4位が嬉しい限りです。

 この中でMy20曲を順不同で①から⑳をメモ記載しています。

(写真は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています。下記はAmazonへのリンクです)

 

順位  アーティスト  曲名

200松山千春 大空と大地の中で

199いきものがかり ありがとう

198RE:JAPAN 明日があるさ

195ビリーバンバン また君に恋知てる

193小林旭 熱き心に

190ゴダイゴ ビューティフルネーム

189ゆず HEY

188母に捧げるバラード

185尾崎豊 太陽の破片

182ミスチル クロスロード

181西田敏行 もしもピアノのが弾けたなら

180沢田研二 危険な二人①

179JUJU 明日がくるなら

177佐良直美 世界は二人のために

175山本コータローとウィークエンド走れコータロー

174V6 愛なんだ

173ジューシーフルーツ ジェニーはご機嫌斜め

172I WISH 明日への扉

171テレサテン 時の流れに身をまかせ②

169zone 君がくれたもの

168さだまさし 関白宣言

167太田裕美 木綿のハンカチーフ③

165大滝栄一 幸せな週末

164石川優子&チャゲ 二人のアイランド

163西城秀樹 Young man

162浜崎あゆみ SEASONS

161槇原敬之 遠く遠く

160篠原涼子 恋しさとせつなさと心強さと

159杉山清貴 二人の夏物語

158大黒摩季 ららら

155TM Network Get Wild

154森進一 襟裳岬

153青山テルマ そばにいるね

152山本譲二 みちのく一人旅

151White Burrey 夏まつり

150沢田研二 勝手にしやがれ

148人と用 ハナミズキ

147甲斐バンド HERO

146広末涼子 マジで恋する5秒前

145水谷豊 カリフォルニアコネクション

144H Jungle 時には起こせよムーブメント

142Kinki Kids 全部だきしめて

141ベッツィ&クリス 白い色は恋人の色

140山本コータロー 岬めぐり⑤

139一風堂 すみれセプテンバーラブ

138奥田民夫 愛のために

136松山千春 長い夜

135アグネスチャン ひなげしの花

134ツイスト 燃えろイイ女

133ELT 出会った頃のように⑥

132沢田研二 TOKYO

130五十嵐浩晃 ペガサスの朝⑦

128Glay However

127松任谷由美 春よ来い

123谷村信司 昴

122森山良子 さとうきび畑

121森山直太朗 桜

120円広志 夢想花

117The Boom 島唄

115麻丘めぐみ 私の彼は左きき

114さとう宗之青葉城恋唄

113ザ・タイガース 君だけに愛を

112大塚愛 さくらんぼ

111藤井フミヤ True Love

110元ちとせ ワダツミの木

109森進一 港町ブルース

108桑田恵祐 白い恋人たち

107Judy&Mary Over Drive

106森田公一 青春時代

103田中星児 ビューティフルサンデー⑧

102絢香 三日月

100アリス チャンピオン

99松田聖子 天国のキッス

97コブクロ 桜

96チャゲ&飛鳥 SAY YES

94平井堅 瞳を閉じて

93Glove Feel Like Dance

92もんた ダンシングオールナイト

91XJAPAN 紅

90ZARD 眠れない夜を抱いて⑨

89ミスチル しるし

88青い三角定規 太陽がくれた季節⑩

87SMAP 夜空ノムコウ

86美空ひばり 真赤な太陽

85福山雅治 桜坂

83中山美穂&WANDS世界中の誰よりきっと

82今井美樹 PRIDE

79マイラバ hello again

78嵐 love so sweet

77平山三紀 真夏の出来事

76米米クラブ 君がいるだけで

75中村雅俊 ふれあい

74ドリカム 何度でも⑫

73サザン みんなのうた

72広瀬香美 ロマンスの神様⑬

70フィンガーファイブ 学園天国

69松平健 マツケンサンバⅡ

68TOKIO 宙船

67小泉今日子 なんてったてアイドル

65加藤登紀子 知床旅情

64井上陽水 少年時代⑭

62近藤真彦 ギンギラギンにさりげなく

61EXILE Lovers Again

59松田聖子 夏の扉⑮

58爆風スランプ RUNNER

57Orange Range 花

56安全地帯 悲しみにさようなら

55加藤和彦 あの素晴らしい愛をもういちど

54福山雅治 HELLOW

53PUFFY アジアの純心

51KIRORO 未来へ

50吉田拓郎 旅の宿

49コブクロ&絢香 Winding Road

47森山良子 この広い野原いっぱい

46氷室京介 KISS ME

45平原綾香 Jupiter

44大事マンブラザース それが大事

43いきものがかり YELL

42チェッカーズ 涙のリクエスト

41プリプリ 世界で一番熱い夏

40RCサクセション 雨上がりの夜空に

39Superfly 愛をこめて花束を

38TOKIO ANBITIOUS TRAIN

37trf BOY MEETS GIRL

36ゆず 栄光の架け橋

34ELT Fragile

33キャンディーズ 暑中お見舞い申し上げます

32EXILE I WISH FOR YOU

31山口百恵 秋桜

30岡本真夜 TOMMOROW

29ALFEE メリーアン

28千昌男 北国の春

27ZARD 負けないで

26徳永英明 輝きながら

25SMAP らいおんハート

24ミスチル 名もなき詩

23モーニング娘 LOVEマシーン⑰

22AKB48 ヘビーローテーション

21安室奈美恵 Can You Celebration

20ピンクレディー 渚のシンドバッド

19桑田佳祐&ミスチル 奇跡の地球

18KAN 愛は勝つ⑱

17ゆず 夏色

16加山雄三 海その愛

15槇原敬之 どんなときも

14SMAP がんばりましょう

13ウルフルズ ガッツだぜ!!⑲

12リンドバーグ 今すぐKISS ME

11TUBE シーズンインザサン

10郷ひろみ ゴールドフィンガー99

9久保田利伸 LALALA LOVE SONG

8水前寺清子 三百六十五歩のマーチ

SPEED BODY&SOUL

6和田アキ子 あの鐘を鳴らすのはあなた

AKB48 EVERY DAY カチューシャ

ZOO CHO CHO TRAIN

3美空ひばり 川の流れのように

SMAP 世界に一つだけの花

1坂本九 上を向いて歩こう

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 6日 (土)

ディズニーランドへのアプローチ・京葉線 前面風景 舞浜-越中島(上り編)

 これから混雑の本番を迎えるディズニーリゾート。

 皆さん、パレードやショー後の夜に乗車するので、見ることがあまりない日中の上り線風景(昨日ブログに続く724日乗車)です。これがナカナカの大展望。お勧めです。

 

 まずは、舞浜駅ホームからのシンデレラ城とリゾートラインのコラボです。わくわくを演出していますね。

P7240737


 舞浜駅を出発します。下りの武蔵野線205系がやってきました。

P7240738


 旧江戸川橋梁越しに大観覧車とBay sideの高層ビル群が遠望できます。

P7240740


 葛西臨海公園駅です。通過線を走行しました。

P7240745


 葛西臨海公園駅を過ぎ、荒川大橋梁手前です。

P7240746


 下り線にE257系特急がやってきました。海と菜の花をイメージカラーにした青と黄色の車体が房総らしい車両です。でも、どこか今風ではない風貌。個人的にはそれがいいんですが。

P7240748


 新木場駅の手前では、りんかい線と繋がっている鉄路が中央に2線あります。

P7240749


 新木場駅停車中の先頭車からの遠望です。この景色、夜景も最高なんです(と久々の川平調)。

P7240750


 辰巳国際水泳場が目の前です。バックの高層ビル群がアクセント。

P7240753


 曙運河越しの遠望です。

P7240757


 潮見駅の手前、遠望の締めくくりでした。

P7240761


 潮見駅を過ぎると、水路の中に沈んでいく京葉線です。越中島駅はこのさき暗やみの中です。

P7240763

 どうでしょうか。15分間くらいの乗車時間ですが、京葉線・・・なかなかGood!ですよ。

 これから本格的な夏休み。沢山の笑顔をのせた京葉線の出番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 5日 (金)

ディズニーランドへのアプローチ・京葉線 前面風景 越中島-舞浜-新浦安(下り編)

 夏休み本番、東京ディズニーリゾートが熱いです。

 多くのゲストを運ぶ京葉線724日日曜日午前の前面風景です。乗車車両はE233系。

 都心を走る鉄路の中では抜群の展望なのです。

 

 越中島駅を出発し、潮見駅の手前で地上にでます。左の1本は越中島貨物駅への支線です。

P7240688


 潮見駅が見えてきました。バックには人気のアパホテル潮見駅前がひかえています。

P7240690


 潮見駅を通過すると、いよいよ Tokyo Bay Townを遠望できる曙運河を上を走行します。右には東京辰巳国際水泳場が見えました。

P7240694


 運河越しの、高層ビル群です。

P7240697


 曙運河をまたぐと、新木場駅です。上りE233系が発車しています。

P7240700


 新木場駅の北側には、スカイツリーが遠望できました。夢の島の緑を前に、存在感ばっちりでした。

P7240701


 新木場駅を発車すると、葛西臨海公園の大観覧車が見えてきました。

P7240704


 荒川をわたる大鉄橋です。

P7240706


 通過線から葛西臨海公園駅を望みます。島式ホームに人はまばらでした。

P7240709


 葛西臨海公園を望みます。

P7240710


 程なく、旧江戸川越しに東京ディズニーリゾート(TDL)のパノラマが広がりました。

P7240711


 舞浜駅が見えてきました。TDLの施設がすぐ右側に広がります。

P7240715


 シンデレラ城とモノレール線です。楽しそうなアプローチですね。

P7240716


 舞浜駅を発車すると、向かいからモノレールが現れました。ブルーラインです。

P7240718


 ディズニーシーもちら見できます。

P7240722


 やがて、かつて首都圏住みたい街ベスト3に入った新浦安のマンション群が現れます。

P7240725


 新浦安駅はいつも乗降客が多いです。上りのE233系がやってきました。ここで、折り返します。上りの風景も楽しみです。

P7240732


 新浦安駅では、通過待ちをしていた各駅停車のE233系が反対番線にいたのです。

P7240734


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

新潟・福島豪雨 只見線の復旧を願って

 729日からの豪雨で只見線が大きな被害を受けています。

 金山町観光情報のブログの写真は衝撃でした。

 只見川第5、第6、第7橋梁の悲惨な姿を前にすると、日常の足を失ってしまった地元の方を思うと胸が苦しいです。

 なんとか復旧させてほしい!そう願うのみです。

 

 昨年125日に乗車した時の写真から何点か。

 会津川口駅の隣には、穏やかな川の姿がありました。

Dsc01889


 流域のダムの横を走りました。

Dsc01898


 朝日を浴びて、川面が輝いていました。

Dsc01904


 只見駅の周辺も心配です。

Dsc01909


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

EXILE魂 久保田利伸・La La Laがヒットした1996年のミリオン

731日のゲストは久保田利伸さん。

両者のコラボは、1曲1曲 最高でした。

 

そんな中、La La La Love Song がヒットした1996年の代表曲が紹介されました。

なんと、ミリオンが26曲もあったそうな。

紹介された曲は、7曲です。

 

Departures Globe

・そばかす ジュディマリ

・チェリー スピッツ

Pride 今井美樹

・恋心 相川七瀬

・これが私の生きる道 Puffy

・あなたに逢いたくて 松田聖子

 

 バラエティに富んだ1990年代半ばのヒット曲が勢ぞろいです。

 聖子さんは、今度 特集するので、今日はGlobe

 小室サウンド数々あれど、1980年代の代表はMy Revolution1990年代前半はEz toDance(trf)、そして1曲を選ぶなら、Departuresですね。

 シンプルなピアノのイントロから、Keikoの静かな歌いだし。やがて、クライマックスに向かい、ボリュームが大きくなればなるほど切なく聴こえるKeikoの熱唱。ポップなだけでない、壮大なスケールの楽曲なんです。Cho Cho Trainとは異なる志向の、雪降るスキー場に向かう列車のBGM代表です。

(写真(Departures収録のアルバム)は、Amazonのアソシエイトプログラムを利用しています。下記はAmazonへのリンクです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »