« 災害支援で活躍 -磐越西線① 鉄道旅行の魅力満載路線- | トップページ | 災害支援で活躍 -磐越西線③ 森と水とロマンの鉄道 津川駅から会津若松駅- »

2011年4月17日 (日)

災害支援で活躍 -磐越西線② 森と水とロマンの鉄道 新津駅から津川駅-

 スカイツリーも春おぼろにつつまれた4月17日です。磐越西線の記述を続けましょう。

P4170232

 磐越西線 西の起点・新津駅は信越本線上にあり、秋田駅までの羽越本線南端の起点駅でもあります。JR東日本の車両工場も近隣にあり、まさに新潟県鉄道の中軸をになっているのです。加えて、駅弁の種類も多く、オキニの三色だんご(43日に紹介)も味わえるので嬉しい限りです。信越本線も羽越本線も電化しているので、この新津駅で出会うデイーゼルカーは、皆 磐越西線のものです。この日もキハ47系が出迎えてくれました。なんといっても、手差し式行き先プレートがいい感じです。新津駅発車後、越後平野を目で楽しみ、ディーゼル音を耳で楽しみ、三色だんごに舌鼓を打ちます。

Dsc01389_2 Dsc01390

 新潟平野南東部を進み、五泉駅を過ぎて、新津駅から30分程走ると、馬下駅からは平野にも別れを告げ、森の中に入り込んでいきます。やがて、阿賀野川がすぐそばに。沿線有数の温泉地・咲花駅に到着です。ホーム1面のみの小さな小さな駅。

Dsc0142100660028dp 

 けれど、SLばんえつ物語はしっかり止まります。観光客の下車もチラホラ。ちなみに阿賀野川沿いに湧く温泉露天風呂に入浴すると、目線は川面と同じになって、まさに一体感を感じることができます。

 咲花駅を過ぎると、まさに森と水とロマンが広がっていきます。阿賀野川と、両岸をおおう森の風景に、ディーゼル音が重なり、鉄道旅行の醍醐味を味わえるのです

Dsc01432 Dsc01434

 新津駅を出発して1時間強、阿賀町の中心地・津川駅に到着します。観光列車のSLばんえつ物語号もここで小休止。森と水とロマンの路線はその真髄に向かい、さらに東に進みます。

Dsc01395 Dsc01413

|

« 災害支援で活躍 -磐越西線① 鉄道旅行の魅力満載路線- | トップページ | 災害支援で活躍 -磐越西線③ 森と水とロマンの鉄道 津川駅から会津若松駅- »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/51418356

この記事へのトラックバック一覧です: 災害支援で活躍 -磐越西線② 森と水とロマンの鉄道 新津駅から津川駅-:

« 災害支援で活躍 -磐越西線① 鉄道旅行の魅力満載路線- | トップページ | 災害支援で活躍 -磐越西線③ 森と水とロマンの鉄道 津川駅から会津若松駅- »