« 立春2題 70&80年代 フェバリット・ソングス その7 & 春おぼろのスカイツリー | トップページ | 第10回 上越線-鉄道技術からみた本物の山岳路線、逆に観光的にはマイナーです。 »

2011年2月 7日 (月)

デビー・ギブソンな夜・・六本木 70&80年代 フェバリット・ソングス その8①②③

 ミッドタウンのBillboard Tokyo 開催された80年代歌姫Dギブソンのライブの興奮を引きづりながら帰宅しました。

Dsc02384

 19:00からのステージ、①Only in my dream Electric Use Lost in you eyes 満席200人ちょっとの観客みんなで盛り上がったこと。日本楽曲のカバーアルバムを制作した関係から、福山龍馬・桜坂、小田和正・ラブストーリーは突然に、米米クラブ・浪漫飛行、平井健・瞳をとじて、など披露してくれてうれしい限り。なかでもDギブソンの声質と絶妙なマッチングで震えが来たのが尾崎豊・I Love You でした。せつなさ全開で、洋楽泣ける歌ベスト3に入る③に引けを取らないのです。尾崎豊の息子がCMで披露していますが、Dギブソン好い感じ。

 ショーの構成も、バーレスクを思わせるキャバレー風レビュショーに始まり、オールスタンディングの①まで、あっっっっという間でした。なお、小さいステージなので、リードギター、ベース、パーカッション、ドラム、キーボード、Dギブソンの電子ピアノのコンパクトな構成ですが、どれもGood! 今宵は家のオーディオで余韻を楽しむことにします。なお、Billborad Tokyo & Osaka では、クール&ザギャング、山崎まさよし、姿月あさと(元宝ジェンヌ)、George Duke(ディスコの名曲Shainy on)、杏里、セルジオメンデスなどなど、凄いラインナップが控えています。

|

« 立春2題 70&80年代 フェバリット・ソングス その7 & 春おぼろのスカイツリー | トップページ | 第10回 上越線-鉄道技術からみた本物の山岳路線、逆に観光的にはマイナーです。 »

70&80年代Songs+α」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/50807187

この記事へのトラックバック一覧です: デビー・ギブソンな夜・・六本木 70&80年代 フェバリット・ソングス その8①②③:

« 立春2題 70&80年代 フェバリット・ソングス その7 & 春おぼろのスカイツリー | トップページ | 第10回 上越線-鉄道技術からみた本物の山岳路線、逆に観光的にはマイナーです。 »