« 第九号 快速・リゾートビューふるさと | トップページ | キハ58物語 JR九州初代社長・石井幸孝氏著 »

2011年1月31日 (月)

第一○号 普通・キハ58&28

 1/22 17:30 富山駅2番線ホームに彼らはやってきました。高岡色の2両編成です。発車まで約30分、70-80年代世話になった鉄道ファンが別れを惜しむ猶予を与えられます。

Dsc02263 Dsc02267 Dsc02266 Dsc02265

 土日11回の登場。3月には定期運航から退くことが決まっています。油臭い香り、本物の網棚、パノラミックウィンドウの運転席、40年近い軌跡が今も続いている実感にあふれる時間。19:11に越中八尾駅に向かって出発、富山駅に戻ってきます。

Dsc02270 Dsc02276

 関係者の皆さんに感謝するとともに、Rail Magazine のキハ58特集最後の一文を掲載します。「これまでの彼らの日本全国津々浦々での活躍、日本を支えてきた実績に相ふさわしい産業・文化遺産としての評価と扱いを蒸気機関車に劣ることなく受けてほしいと願う」

|

« 第九号 快速・リゾートビューふるさと | トップページ | キハ58物語 JR九州初代社長・石井幸孝氏著 »

列車・車両(Trains)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/50740582

この記事へのトラックバック一覧です: 第一○号 普通・キハ58&28:

« 第九号 快速・リゾートビューふるさと | トップページ | キハ58物語 JR九州初代社長・石井幸孝氏著 »