« 第8回 篠ノ井線-現存するもう一つの日本三大車窓-姨捨駅 | トップページ | 第9回 大糸線②-アルプス東側を縦断する山あり谷あり山岳線-後半 JR西日本部 »

2011年1月24日 (月)

第9回 大糸線①-アルプス東側を縦断する山あり谷あり山岳線-前半 JR東日本部

 篠ノ井線を南下し松本から北上します。本州を代表する山岳路線・大糸線です。まずは、JR東日本所有の電化区間、松本から南小谷まで。

 松本を出発した列車は、北アルプスの手前、穏やかな安曇野を進みます。そんな安曇野の中心が碌山美術館、大王わさび田で有名な穂高駅。

Dsc02211 Dsc02212

この先の険しさを感じさせない穏やかな平地の中にあります。

 大糸線の中心となるのが信濃大町駅。

Dsc02216

 ここから北アルプスが迫ってきます。お出迎えは仁科三湖。木崎湖が迫ってきますが、バックの山々が見えずちょっと残念。

Dsc02226Dsc02229 

途中、雪に埋もれた簗場駅、そして分水嶺・佐野坂にあるスキー場がすぐ隣に出現しました。

Dsc02231 Dsc02232

 天気の具合から北アルプスの雄姿はお預けになりました。気持ちを切り替え、スキーの聖地・白馬駅を過ぎると、姫川の谷沿いに進みます。やがて電化区間かつJR東日本終りの南小谷駅に到着。ここから大雪と深い谷の非電化区間・JR西日本部と大糸線の別の一面が登場します。

Dsc02235Dsc02237_2 

|

« 第8回 篠ノ井線-現存するもう一つの日本三大車窓-姨捨駅 | トップページ | 第9回 大糸線②-アルプス東側を縦断する山あり谷あり山岳線-後半 JR西日本部 »

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/50677845

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 大糸線①-アルプス東側を縦断する山あり谷あり山岳線-前半 JR東日本部:

« 第8回 篠ノ井線-現存するもう一つの日本三大車窓-姨捨駅 | トップページ | 第9回 大糸線②-アルプス東側を縦断する山あり谷あり山岳線-後半 JR西日本部 »