« ご無沙汰! 只見線① (の前日) | トップページ | 根岸 子規庵 »

2010年12月 6日 (月)

ご無沙汰! 只見線② (当日)

12月5日 会津若松5:59発小出行き に乗車してきました。約25年ぶり。

一日3便の小出行き一番列車です。

キハ40の2両編成で、いよいよ出発です。車内は、小生入れて4名。ちなみに全員が小出まで乗車していました。

Dsc01863 Dsc01864

西若松駅で会津鉄道とわかれ、いよいよ只見の地に向かいます。

Dsc01865

雲が早朝の空を埋め尽くしている会津盆地。

その盆地を見降ろしながら走ってきた列車が、盆地最後の駅・会津坂下駅で小休止です。

Dsc01871

ここからは、エンジンを唸らせながら山間をのぼっていきます。

エンジン音がなくなったころから車窓には只見川の姿がチラホラ。湖のように穏やかな水面が、鏡のように雲や山や森を映していました。

森の木はほとんどが木の葉を落として冬支度。来年の紅葉の美しさがなんとなく目に浮かびます。ちなみに、前回は2月、今回12月訪問でなぜか紅葉時には縁がありません。

Dsc01877

しばらくすると次の小休止駅、会津宮下。駅員さんが手に持っているのはタブレット。

タブレット交換かあ、ローカル線らしい風景です。まさに、只見線に乗っている、と実感。

車内に戻って、2両目の誰もいないロングシート車の窓越しに、会津宮下の駅名表示をパチリ。

Dsc01880 Dsc01881

走り続けた列車は、8:02に只見線の中心駅である会津川口駅へ。

まったくの遅れなし。さすが日本の鉄道。列車行き違いもくるいなしでした。

隣がすぐ只見川で、心休まるロケーションです。そういえば、水のある風景っていいですよね。砂浜、磯、川面、湖畔、滝。

Dsc01894

深い山の途中にありました川面を穏やかにしている原因(?)であるダムが。

やがて、平地が続くようになったら、飯田線名物「渡らずの鉄橋」もどきも発見。

Dsc01898 Dsc01908

連続した家々が見えてきたところで、列車は、只見駅に到着しました。

8:53定刻通り。会津若松から2時間56分。

Dsc01909

ここからいよいよ六十里越え。ほとんどがトンネルの中、瞬間的に見える景色の美しいこと。

写真の反対側に迫りくる山々の雄姿あったのですが、写真間に合わずトンネルの中へ。

そして新潟県側の大白川駅へ。いつの間にか、空は快晴です。

Dsc01910_2 Dsc01913

  ここからは徐々に乗客も増えてきて、地元の脚・只見線の雰囲気になってきました。途中、須原では駅前に開業前のスキー場の姿も。

Dsc01914

列車は、定刻の10:13に小出駅に到着。

只見線を満喫した4時間ちょっと でした。「またくるね」、がんばってくれたキハ40に一声かけて、只見線ホームを後にしました。

Dsc01915 Dsc01917

東京へは、浦佐駅から快晴の中を上越新幹線で戻ります。到着がほぼお昼なので、累計23時間の只見線訪問旅程でした(おしまい)。

Dsc01920 Sh350163

|

« ご無沙汰! 只見線① (の前日) | トップページ | 根岸 子規庵 »

キップ・スタンプ(Tickets & Stamps)」カテゴリの記事

路線・駅(Railways)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568121/50226775

この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰! 只見線② (当日):

« ご無沙汰! 只見線① (の前日) | トップページ | 根岸 子規庵 »